【辞 書】 仏説摩訶般若波羅蜜多心經   【経を聞く】
           【横書き】

増 汚  生 ¬  シ   行 感 私  そ  空 ¬  シ  
え れ  じ こ  ャ   っ じ た  れ  な こ  ャ  
も も  る の  |   た た ち  が  の の  |  
  せ  こ 世  リ   こ こ の  こ  だ 世  リ  
減 ず  と に  プ   と と 目  の    の  プ  
り    も 存  ト   や も に  我    中  ト  
も 汚    在  ラ       映  々    で  ラ  
し れ  滅 す  よ   知 想 る  が    常     
な を  す る      識 っ ¬  生    に  ∧  
い 離  る か      も た 物  き    移  お  
 れ  こ に        こ 質  る    り  釈  
  る  と 映      す と の  世    変  迦  
  こ  も る      べ も   界    わ  様  
  と  な 実      て   世  の    る  の  
  も  い 体      実   界  本    現  弟  
  な    の      体   で  質    象  子  
  く    な      は      な    に  の  
       い      な      の    は  名  
       も      い      だ    実  前  
       の                 体  ∨  
       は                  が     
                          な     
A                         い     

な  こ  ¬  
る  の  観  
と  世  自  
悟  に  在  
り  存  菩  
苦  在  薩  
を  す  と  
離  る  い  
れ  も  う  
る  の  方  
智  は  は  
恵  実  深  
を  体  く  
知  の  智  
っ  な  慧  
た  い  を  
の  五  得  
だ  つ  る  
  の  行  
   要  の  
@  素  中  
   よ  で  
   り     
  










 迷  ∧  ∧    迷  眼    触  も    眼    知  感    な  ¬    ゆ   
 い  さ  し    わ  に    り  の    や    識  じ    い  こ    え   
 が  と  た    さ  写    ご  の         に  る       の    に   
 な  り  が    れ  る    こ  姿    耳    も  こ       空    シ   
 く  が  っ    る  世    ち  や    や    煩  と       を    ャ   
 な  な  て    こ  界    や            わ  に       良    |   
 る  く       と  か       声    鼻    さ  も       く    リ   
 こ  な  さ    は  ら    心  や    や    れ          知    プ   
 と  る  と    な  意    地            な  心       る    ト   
 も     り    い  識    良  匂    舌    い  に       者    ラ   
 な  こ  も       の    さ  い    や       浮       は    よ   
 い  と  な       領    や  や            か                
    も  け       域    不       身       ぶ       物        
    な  れ       に    快  味    体       象       質        
    け  ば       い    に  わ    や       に       的        
    れ  ∨       た    も  い            も       な        
    ば  迷       る    執  や    心               現        
    ∨  い       ま    着       に       意       象        
       も       で    し       も       志       に        
       な       何    な               に       煩        
       く       に    い               も       う        
               も                            こ        
                                            と        
 B                                          は        
  










永  す  そ    自    い  こ   持  知   煩  苦  苦    こ  老  
遠  べ  の    分    る  の   つ  る   う  し  し    と  い  
の  て  状    と    の  菩   こ  こ   こ  み  み    に  や  
安  のテ 態    他    で  薩   と  と   と  を  も    も  死  
ら  顛ン に    者       は   に  や   は  抑       煩  に  
ぎ  倒ト 住    を    物      実      な  え  苦    わ  す  
の  しウ し    区    質  般   体  得   い  る  し    な  ら  
状  た  て    別    の  若   は  る   の  道  み    い  実  
態  心  い    す    世  波   な  こ   だ  に  の       体  
に  を  る    る    界  羅   い  と   か  も  原       は  
入  遠  か    こ    の  蜜   か  に   ら  実  因       な  
っ  く  ら    と    中  多   ら  も      体  も       い  
て  離       も    で  に   で         は             
い  れ  何    な    の  よ   あ  煩      な  苦       老  
る  て  に    い    得  っ   る  っ      い  し       い  
の     対    状    失  て      て      の  み       と  
で     す    態    に  心      は      で  を       死  
あ     る    に    苦  を      な      あ  滅       が  
る     恐    住    悩  安      ら      り  す       な  
      れ    し    し  ん      な         る       く  
      も    て    な  じ      い         こ       な  
      な    い    い  て                と       る  
C     く    る                        も          
  










   あ ∧    ガ   そ  ¬
   な 往    テ   の  般
   た け    |   真  若
   が る        言  心
   た 者    ガ   は  経
   の よ    テ   次  
   さ      |   の   
   と 往        よ   
   り け    パ   う   
   と る    |   に   
   安 者    ラ   説   
   ら よ    ガ   か   
   ぎ      テ   れ   
   の 悟    |   る   
     り        の   
   成 の    パ   だ   
   就 岸    |       
   さ へ    ラ       
   れ 全    サ       
   ん く    ン       
   こ 往    ガ       
   と け    テ       
   を る    |       
 E ∨ 者            

の 取 無 こ   そ   得 般 人 過
呪 り 上 の   れ   ら 若 々 去
文 除 の 仏   ゆ   れ 波 は ・
な く 真 の   え   た 羅   現
の の 言 智   人   の 蜜 す 在
で だ   慧   は   だ 多 べ ・
あ と 無 の   皆     に て 未
る   比 大   知     よ   来
 そ の い   る     り 永 の
  の 真 な   べ       遠 三
  真 言 る   き     こ の 世
  言 は 真   で     の 安 の
  は   言   あ     上 ら な
  こ す     る     な ぎ か
  の べ 大         い の で
  よ て い         正 状 こ
  う の な         し 態 の
  な 苦 る         い を 真
  般 し さ         知 与 理
  若 み と         恵 え に
  波 を り         を る 目
  羅   の             ざ
  蜜   真             め
D 多   言             た
  
智慧の教えの経。












  










  










  

--------------------------------------------------------------------------

般若心経 現代語訳(ひろさちや)

 観自在菩薩がかつてほとけの智慧の完成を実践されたとき、
肉体も精神もすべてが空であることを照見され、あらゆる苦悩を克服されました。

 舎利子よ。存在は空にほかならず、空が存在にほかなりません。
存在がすなわち空で、空がすなわち存在です。感じたり、知ったり、
意欲したり、判断したりする精神のはたらきも、これまた空です。

 舎利子よ。このように存在と精神のすべてが空でありますから、
生じたり滅したりすることなく、きれいも汚いもなく、増えもせず減りもしません。

 そして、小乗仏教においては、現象世界を五蘊(ごうん)・十二処・十八界
といったふうに、あれこれ分析的に捉えていますが、すべては空なのですから、
そんなものはいっさいありません。また、小乗仏教は、十二縁起や四諦といった
煩雑な教理を説きますが、すべては空ですから、そんなものはありません。
そしてまた、分別もなければ悟りもありません。大乗仏教では、悟りを開いても、
その悟りにこだわらないからです。

 大乗仏教の菩薩は、ほとけの智慧を完成していますから、その心にはこだわりが
なく、こだわりがないので恐怖におびえることなく、事物をさかさに捉えることなく、
妄想に悩まされることなく、心は徹底して平安であります。また、三世の諸仏は、
ほとけの智慧を完成することによって、この上ない正しい完全な悟りを開かれました。

 それ故、ほとけの智慧の完成はすばらしい霊力のある真言であり、すぐれた
真言であり、無上の真言であり、無比の真言であることが知られます。
それはあらゆる苦しみを取り除いてくれます。真実にして虚妄ならざるものです。

 そこで、ほとけの智慧の完成の真言を説きます。

 すなわち、これが真言です。

「わかった、わかった、ほとけのこころ。
 すっかりわかった、ほとけのこころ。
 ほとけさま、ありがとう」