【仏説観無量寿経】    
          
八 ど   ご     遠 合 頻   王 胸 洗 王   に を 提 ▲   加 ま   千     ▲
斎 う   ざ ¬   く 掌 婆   の 飾 い 妃   命 捕 婆 二   わ た   二 あ   一
戒 か   い 世   山 し 娑   も り き 韋   じ え 達 ▼   っ     百 る   ▼
を お   ま 尊   上 て 羅   と の よ 提   て   多 そ   て 文   五 と   次
お 慈   す の   の う 王   に 一 め 希   ひ 七 と の   い 殊   十 き   の
授 悲     お   釈 や は   行 つ て は   と 重 い と   た 菩   人     よ
け を     弟   尊 う こ   き 一   深   り に う き     薩   の 釈   う
く も     子   に や れ     つ 小 く   も か 悪 王     を   す 尊   に
だ っ     の   礼 し を   そ に 麦 王   そ こ 友 舎     中   ぐ は    
さ て     目   拝 く 食   れ ぶ 粉 の   こ ま に 城     心   れ 王   わ
い 尊     連   し 耆 べ   を ど に 身   に れ そ に     と   た 舎   た
 者     尊   て 闍     差 う 酥 の   近 た そ 阿     す   弟 城   し
そ を     者     崛 水   し の 蜜 上   づ 牢 の 闍     る   子 の   は
こ お     は   次 山 で   あ 汁 を を   く 獄 か 世     三   た 耆   聞
で 遣     わ   の の 口   げ を ま 気   こ に さ と     万   ち 闍   か
目 わ     た   よ 方 を   た つ ぜ づ   と 閉 れ い     二   と 崛   せ
連 し     し   う に す     め た か   を じ て う     千   ご 山   て
は に     の   に 向 す     て も い   許 こ 父 王     の   一 に   い
  な     親   申 か い       の     さ め の 子     菩   緒 お   た
神 り     し   し い で     ひ を 自   な   頻 が     薩   で い   だ
通       い   あ   か     そ 塗 分   か 家 婆 い     た   あ で   い
力 わ     友   げ   ら     か り の   っ 来 娑 て     ち   っ に   た
に た     で   た         に   体   た た 羅       も   た な    
  し                       を     ち 王             っ    
  に                                             て    
 1 









阿   で お 神 お 胸     門       向 ▲   で 韋 こ   教 釈   そ   頻 よ
闍   き ら 通 ら 飾 ¬   番   ¬   か 三   き 提 う   え 尊   し   婆 っ
世   ま れ 力 れ り 王   は   父   っ ▼   た 希 し   を は   て   娑 て
王   せ ま に ま に さ   答   は   て ち   の の て   説 ま   毎   羅 ま
は   ん す よ す ぶ ま   え   ま   尋 ょ   で 運 三   か た   日   王 る
こ      り   ど     て   だ   ね う     ぶ 週   せ     こ   の で
れ     わ 空 ま う 母   申   生   た ど   表 も 間   ら 富   の   も 鷹
を     た か た の 君   し   き     そ   情 の が   れ 楼   よ   と や
聞     し ら   汁 が   あ   て     の   も を 過   た 那   う   へ 隼
い     ど 飛 仏 を 小   げ   い     こ   お 食 ぎ     を   に   行 が
て     も ん 弟 つ 麦   た   る     ろ   だ べ た     お   し   っ 飛
      に で 子 め 粉       か         や   が     遣   て   た ぶ
母     は き の て に            阿   か 尊       わ   王     よ
の     と て 目   酥             闍   で い 頻     し   に     う
韋     て   連 父 蜜             世   喜 教 婆     に   八     に
提     も 父 尊 君 を             王   び え 娑     な   斎     す
希     制 君 者 に ま             が   に を 羅     り   戒     み
を     止 に や 差 ぜ             牢   満 聞 王         を     や
怒     す 教 富 し て             獄   ち く は     王   授     か
っ     る え 楼 あ お             の   て こ そ     の   け     に
て     こ を 那 げ 体             門   い と の     た   た      
言     と 説 尊 て に             番   た が 間     め          
っ     が い 者   塗             に             に          
た       て が   り                                      
                                                     
 2 









じ こ   わ こ わ   そ そ   今 し   及 王 の     耆     そ   父 仏  
り う   け と た   れ れ   ま か   ぶ 位 中 ¬   婆 そ   し   を 弟 ¬
じ い   に は し   は に   で し   と を に 王   と の   て   た 子 母
り っ   は 旃 ど   王 も   一 母   説 望 は さ   と と   剣   す ど は
と て   ま 陀 も   族 か   度 を   か ん   ま   も き   を   け も 罪
後 ふ   い 羅 は   の か   も 殺   れ で こ     に 聡   と     も 人
ず た   り の と   家 わ   聞 害   て 父 の わ   阿 明   っ   何 悪 だ
さ り   ま す う   柄 ら   い す   い を 世 た   闍 で   て   日 人  
り の   せ る て   を ず   た る   る 殺 が し   世 思       も だ 罪
し 大   ん こ い   汚     こ と   そ 害 始 ど   王 慮   母   生   人
た 臣    と 聞   す 今   と い   う し ま も   に 深   の   か あ で
  は     で く   も 王   が う   で た っ の   一 い   韋   し や あ
        す に   の さ   あ 非   す も て 聞   礼 月   提   て し る
  剣       忍   で ま   り 道     の 以 く   し 光   希   お げ 父
  の     も び   す が   ま な     が 来 と   て と   を   く な の
  つ     は ま     母   せ 行     一 多 こ   申 い   殺   と 術 味
  か     や せ     君   ん い     万 く ろ   し う   害   は を 方
  に     こ ん     を     を     八 の で   あ 大   し   も 使 を
  手     こ       殺     し     千 悪 は   げ 臣   よ   っ っ す
  を     に こ     害     た     人 王     た が   う   て て る
  か     い の     な     も     に が 毘         と   の 悪 の
  け     る よ     さ     の     も い 陀     同   し   ほ 王 だ
  て       う     る     な       て 論     僚   た   か で か
          な     な     ど         経     の       だ あ ら
                ら                              る  
 3 









会 阿 も 世   わ 遣     釈 憂 ▲   こ そ   母 悔     お     耆       そ
わ 難 恐 尊   た わ ¬   尊 い 四   め し   を い 阿   や ¬   婆   ¬   こ
せ 尊 れ を   し し 世   に に ▼     て   殺   闍   め 王   が   お   で
て 者 多 こ   は て 尊   礼 や こ   一 宮   害 ふ 世   く さ   申   前   阿
く を い こ   今 わ     拝 つ う   歩 中   す た 王   だ ま   し   は   闍
だ お こ に   深 た あ   し れ し   も の   る り は   さ     あ   わ   世
さ 遣 と お   く し な   て は て   外 役   こ の     い ど   げ   た   王
い わ で 迎   憂 を た   申 て 閉   へ 人   と 大 こ    う   た   し   は
 し あ え   い い は   し   じ   出 に   を 臣 の     か       の   驚
  に り す   に た 以   あ 遠 こ   る 命   思 に 耆     母       味   き
  な ま る   沈 わ 前   げ く め   こ じ   い 許 婆     君       方    
  っ す な   ん っ か   た 耆 ら   と て   と し の     を       に   恐
  て か ど   で て ら     闍 れ   が     ど を 言     殺       な   れ
    ら と   お く       崛 た   で 母   ま 求 葉     害       っ   を
  わ   い   り だ い     山 韋   き を   っ め を     す       て   な
  た ど う   ま さ つ     の 提   な 王   た   聞     る       く   し
  し う こ   す い も     方 希   い 宮     た い     よ       れ   て
  に か と     ま 阿     に は   よ の     だ て     う       な   耆
    目 は     し 難     向     う 奥     ち 自     な       い   婆
    連       た 尊     か 悲   に 深     に 分     こ       の   に
    尊 あ     が 者     い し   し く     剣 の     と       か   い
    者 ま       を       み   た に     を 行     だ          っ
    と り               と     閉     捨 い     け           た
      に                     じ     て を     は            
                                  て                    
 4 









と 世   こ     あ か 韋   天 そ   右 で そ   そ 韋   お ま 目 に す   遠  
親 尊   の ¬   げ な 提   の し   に き の   こ 提   出 た 連 あ る   く 韋
族 も   よ 世   て ぐ 希   花 て   阿 た お   に 希   ま ご と っ と   釈 提
で ど   う 尊   泣 り は   を     難 蓮 体   釈 が   し 自 阿 て ま   尊 希
い う   な     き 捨 こ   降 帝   が の は   尊 礼   に 身 難 韋 だ   に は
ら い   悪 わ   く て の   ら 釈   つ 花 金   の 拝   な も の 提 そ   向 こ
し っ   い た   ず   お   し 天   き の 色   お を   っ 耆 ふ 希 の   か う
ゃ た   子 し   れ そ 姿   て や   そ 上 に   姿 終   た 闍 た の 頭   っ い
る 因   を は     の を   釈 梵   っ に ま   が え   の 崛 り 思 を   て い
の 縁   生 こ   釈 足 仰   尊 天   て お ば   あ て   で 山 に い あ   礼 お
で が   ん れ   尊 も ぎ   を や   い 座 ゆ   っ 頭   あ か 命 を げ   拝 わ
し あ   だ ま   に と 見   供 四   る り く   た を   る ら じ お な   し る
ょ っ   の で   向 に て   養 天     に 輝     あ     そ て 知 い   た と
う て   で 何   か 身     し 王     な き     げ     の 王 り う      
か     し の   っ を す   て な     っ       る     姿 宮 に ち     悲
  あ   ょ 罪   て 投 す   い ど     て さ     と     を に な に     し
  の   う が   申 げ ん   る が     お ま           消 飛 り       み
  よ   か あ   し 出 で           り ざ           し ん   釈     に
  う     っ   あ し 胸     空       ま           て で た 尊     涙
  な     て   げ て 飾     か     左 な           王 い だ は     を
  提         た 声 り     ら     に 宝           宮 か ち 耆     流
  婆           を を     一     目 で           に せ に 闍     し
  達                   面     連                   崛      
  多                   に                         山      
                                                       
 5 









そ   金 も そ       清 ど   哀 今   そ わ   善 こ   こ   わ   世 ▲
れ   色 と の   そ   ら う   れ 世   の た   く の   の   た   界 五
は   に へ 金   こ   か か   み 尊   姿 し   な 世   濁   し   を ▼
ち   輝 も 色   で   な 世   を の   を は   い 界   り   は   お ど
ょ   く ど に   釈   世 の   求 前   見 も   も は   き   そ   教 う
う   台 っ 輝   尊   界 光   め に   た う   の 地   っ   の   え か
ど   の て く   は   を で   て     り 二   た 獄   た   よ   く 世
須   形 釈 光   眉   お い   懺 こ   し 度   ち や   悪   う   だ 尊
弥   と 尊 は   間   見 ら   悔 の   た と   が 餓   い   な   さ  
山   な の     の   せ っ   い よ   く こ   多 鬼   世   世   い わ
の   る 頭 ひ   白   く し   た う   あ ん   す や   界   界     た
よ     の ろ   毫   だ ゃ   し に   り な   ぎ 畜   に   に     し
う     上 く   か   さ る   ま 身   ま 悪   ま 生   は   生     の
で     に 数   ら   い 世   す を   せ 人   す の   も   れ     た
あ     と 限   光    尊     投   ん の     も   う   た     め
っ     ど り   を           げ     言     の   い   い     に
た     ま な   放     こ     出     葉     が   た   と     憂
      り い   た     の     し     を     満   い   思     い
        世   れ     わ     て     聞     ち   と   い     も
      そ 界   た     た     礼     い     あ   は   ま     悩
      れ を         し     拝     た     ふ   思   す     み
      が 照         に     し     り     れ   い         も
      ま ら                               ま         な
      た し                               せ         い
                                        ん          
 6 









照 そ ▲   成 そ   方 ど   阿 輝         お う 釈   そ ま 満 す   現 そ
ら の 六   就 し   法 う   弥 い ¬   そ   見 る 尊   れ た ち な   れ し
し 口 ▼   す て   を か   陀 て 世   こ   せ わ は   ら 水 あ わ   た て
た か す   る     お 世   仏 お 尊   で   に し     さ 晶 ふ ち      
  ら る   方 そ   教 尊   の り     韋   な い こ   ま で れ       そ
  輝 と   法 の   え     も ま こ   提   っ す の   ざ で た 七     の
  き 釈   を す   く わ   と す の   希   た が よ   ま き 国 つ     中
  出 尊   教 が   だ た   に が さ   は   の た う   な た   の     に
  て は   え た   さ し   生   ま   釈   で を な   国 鏡 ま 宝     す
    に   て と   い に   れ わ ざ   尊   あ そ 数   々 の た で     べ
  そ こ   く わ     そ   た た ま   に   る な 限   が よ 他 で     て
  の や   だ た     の   い し な   申     え り   す う 化 き     の
  一 か   さ し     極   と は 仏   し     て な   べ に 自 た     仏
  つ に   い の     楽   思 今 の   あ     い い   て 澄 在 国     が
  一 ほ    心     世   い   世   げ     る 仏   現 み 天       た
  つ ほ     が     界   ま 中 界   た     の が   れ き の ま     の
  が え     一     の   す で は         を た   た っ 宮 た     清
  頻 ま     つ     す     も み           の   の た 殿 蓮     ら
  婆 れ     に     が     極 な         韋 世   で 国 の の     か
  娑       な     た     楽 清         提 界   あ   よ 花     な
  羅 五     り     を     世 ら         希 が   る   う ば     国
  王 色           想     界 か         に         な か     土
  の の     観     い     の で                   国 り     が
  頭 光     が     描       光                     が      
  を が           く       り                            
 7 









十 や     行 そ   生 修 描 わ   描 行 あ 世     ▲   世 す   目 い そ
善 さ 一   い の   れ め く た   く を る 界 ¬   七   界 る   で た の
を し つ   を 世   さ た た し   が 完   か そ   ▼   に と   遠 け と
修 い に   修 界   せ い め は   よ 成 だ ら な   そ   帰 心   く れ き
め 心 は   め に   よ と の 今   い し か そ た   こ   る が   釈 ど 頻
る を     る 生   う 願 い       て ら れ は   で   こ お   尊 も 婆
こ 持 親   が れ     う ろ そ     仏 そ ほ 知   釈   と の   を   娑
と っ 孝   よ た     未 い な     に な ど っ   尊   の ず   仰 少 羅
  て 行   い い     来 ろ た     な た 遠 て   は   な か   ぎ し 王
  む を     と     の な の     ら は く い   韋   い ら   見 し は
  や し     願     す 方 た     れ 思 な る   提   位 開   て も  
  み       う     べ 法 め     た い い だ   希   に か     さ 王
  に 師     も     て を に     阿 を と ろ   に   至 れ   頭 ま 宮
  生 や     の     の 説 極     弥 極 こ う   仰   る て   を た の
  き 年     は     人 き 楽     陀 楽 ろ か   せ   こ     地 げ 奥
  も 長           々   世     仏 世 に     に   と 二   に ら 深
  の の     次     を ま 界     を 界 お 阿   な   が 度   つ れ く
  を 者     の     西 た の     は に い 弥   っ   で と   け る 閉
  殺 に     三     方 清 す     っ か で 陀   た   き こ   て こ じ
  さ 仕     種     の ら が     き け に 仏       た の   礼 と こ
  ず え     の     極 か た     り   な は       の 迷   拝 な め
          善     楽 な を     と 清 る こ       で い   し く ら
          い     世 行 想     想 ら の の       あ の   た 心 れ
                界 を い     い か で         る       の て
                に           な                      
 8 









ず         の わ   深     ▲   因 た 三             そ 道     戒  
に 阿   韋   た た   く ¬   八   な が 種     釈   こ   れ 理 三   め 二
心 難   提   め し   思 そ   ▼   の な の ¬   尊   の   を を つ   を つ
に よ   希   に は   い な   釈   で さ 行 韋   は   よ   教 信 に   守 に
と     よ     今   を た   尊   あ る い 提   続   う   え じ は   り は
ど そ       清     め た   は   る 清 は 希   け   な   勧          
め な   よ   ら 煩   ぐ ち   さ    ら   よ   て   三   め 大 さ   行 仏
  た   く   か 悩   ら は   ら     か 過     仰   種   る 乗 と   い ・
多 は   こ   な に   す わ   に     な 去 そ   せ   を   こ の り   を 法
く こ   の   行 苦   が た   阿     行 ・ な   に   清   と 経 を   正 ・
の れ   こ   い し   よ し   難     い 現 た   な   ら     典 求   し 僧
人 か   と   を め   い の   と     で 在 は   る   か     を め   く の
々 ら   を   説 ら     い   韋     あ ・ 知       な     口 る   す 三
に わ   尋   き れ     う   提     り 未 っ       行     に 心   る 宝
説 た   ね   示 る     こ   希       来 て       い     と を   こ に
き し   た   そ 未     と   に     さ の い       と     な 起   と 帰
ひ が       う 来     を   仰     と す る       い     え し     依
ろ 説         の     よ   せ     り べ だ       う     て       し
め く         す     く   に     を て ろ       の       深      
る 教         べ     聞   な     得 の う       で     他 く     い
が え         て     い   っ     る 仏 か       あ     の 因     ろ
よ を         の     て   た     正 が         る     人 果     い
い 忘         人               し   こ            々 の     ろ
  れ         々               い   の             に       な
                                                       
 9 









苦 な で   見     そ   世 し   で 天     さ   得 心 そ   見 顔 仏   極 わ
し 悪 も   る ¬   の   界 か   き 眼 ¬   ら   る は し   る か の   楽 た
み い     こ 世   と   を し   な 通 そ   に   で 喜 て   こ た 力   世 し
に 行 世   と 尊   き   見 仏   い を な   釈   あ び そ   と ち に   界 は
責 い 尊   が     韋   さ に     得 た   尊   ろ に の   が を よ   を 今
め を が   で わ   提   せ は     て は   は   う 満 国   で 映 っ   想  
ら し 世   き た   希   る 特     い 愚   韋    ち 土   き し て   い 韋
れ て を   ま し   が   こ 別     な か   提     あ の   る 出     描 提
る 善 去   す は   釈   と な     い な   希     ふ き   の す ち   く 希
こ い ら     今   尊   が 手     か 人   に     れ わ   で よ ょ   こ と
と 行 れ         に   で だ     ら 間   仰       め   あ う う   と 未
で い た     仏   申   き て       で   せ     そ て   る に ど   の 来
し を 後     の   し   る が     は     に     こ す       く   で の
ょ す の     お   あ   の あ     る 力   な     で ぐ     そ も   き す
う る 世     力   げ   で っ     か が   っ     た れ     の り   る べ
  こ の     に   た   あ て     遠 劣   た     だ た     清 の   よ て
  と 人     よ       る       く っ         ち す     ら な   う の
  が 々     っ        そ     を て         に が     か い   に 人
  な は     て         な     見 お         無 た     な 鏡   し 々
  く       そ         た     と り         生 を     国 に   よ が
    さ     の         に     お           法 見     土 自   う 西
  多 ま     世         も     す ま         忍 て     を 分     方
  く ざ     界         極     こ だ         を         の     の
    ま     を         楽     と                            
                          が                            
 10 









名 こ   夕 そ   な 沈 気 そ   向 そ   目 そ   で   思     ▲   極 そ
づ の   日 れ   っ も を し   か の   が れ   は   い ¬   九   楽 う
け よ   の を   て う と て   っ 観   見 に       を そ   ▼   世 い
る う   す 見   い と ら 心   て を   え は   ど   か な   そ   界 う
  に   が お   る し れ を   座 始   る ま   の   け た   こ   を 人
  想   た わ   の て ず 乱   り め   も ず   よ   て や   で   見 た
  い   が っ   を   に さ     る   の     う     未   釈   る ち
  描   は た   見 西 い ず   は に   は 生   に   そ 来   尊   こ は
  く   っ 後   る の ら     っ あ   み れ   し   の の   は   と  
  の   き     が 空 れ 思   き た   な な   て   世 人   韋   が い
  を   り 目   よ に た い   り っ   日 が   西   界 々   提   で っ
  日   と を   い 太 な を   と て   没 ら   方   を は   希   き た
  想   見 閉     鼓 ら 一   夕 は   の 目   を   想     に   る い
  と   え じ     が   点   日 ま   光 が   思   い た   仰   で ど
  い   る て     浮 次 に   を ず   景 見   い   描 だ   せ   し う
  い   よ も     ん に 集   思 姿   を え   描   く ひ   に   ょ す
      う 開     で   中   い 勢   見 な   く   が た   な   う れ
  第   に い     い 夕 し   描 を   る い   の   よ す   っ   か ば
  一   す て     る 日 て   く 正   が の   だ   い ら   た    阿
  の   る も     よ が 他   が し   よ で   ろ     西         弥
  観   の       う ま の   よ て   い な   う     方         陀
  と   で そ     に さ こ   い 西     い   か     に         仏
      あ の       に と     に     限                   の
      る           に           り                    
                                                   
 11 









整 に ま   た 映 は そ   百 そ   あ     内 こ   瑠 そ   よ 水   想     ▲
然 通 た   よ え ま れ   も れ   っ そ   に の   璃 し   う を   い 水   十
と じ そ   う 輝 た ぞ   の は   て の   も 想   で て   す 想   描 の   ▼
仕 て の   で い 八 れ   宝 八     下   外 い   あ 氷   を い   き 清   次
切 い 極   あ て 万 の   玉 角   瑠 に   に を   る の   想 描     く   に
ら て 楽   り い 四 宝   で 形   璃 は   も 成   と 透   う き   心 澄   水
れ   世     る 千 玉   飾 の   の 清   透 し   い き   が お   を み   を
て し 界   と あ の は   ら 柱   大 ら   き お   う と   よ わ   乱 き   想
い か の   て り 色 千   れ で   地 か   と え   想 お   い っ   さ っ   い
る も 瑠   も さ が の   て あ   を な   お た   い っ     た   な た   描
  そ 璃   ま ま あ 光   い り   さ 七   り な   を た     な   い よ   く
  れ の   ば は っ に   る     さ つ   映 ら   起 よ     ら   よ う   が
  ぞ 大   ゆ ま て き     そ   え の   り     す う         う す   よ
  れ 地   く る   ら     の   て 宝   あ 極   が す     次   に を   い
  の に   て で そ め     八   い で   う 楽   よ を     に   す は    
  区 は   見 千 れ き     つ   る 飾   よ 世   い 想     そ   る っ    
  域     る 億 が       の     ら   う 界     い     の   の き    
  が 黄   こ も 瑠 そ     面     れ   す の     描     水   で り    
  七 金   と の 璃 れ     は     た   を 瑠     き     が   あ と    
  つ の   は 太 の ぞ     そ     金   見 璃           氷   る 心    
  の 道   で 陽 大 れ     れ     の   る の     そ     と     に    
  宝 が   き を 地 の     ぞ     柱   で 大     れ     な          
  で 縦   な 集 に 光     れ     が   あ 地     が     っ          
    横   い め   に               ろ が           た          
                              う                        
 12 









大     想 そ   消 見 を ▲   名 こ   空 と そ   数 ま   そ そ   の 花 そ
地 こ   い し   え え 一 十   づ の   ・ こ し   限 た   び の   ぼ の の
を の   続 て   失 る つ 一   け よ   無 ろ て   り 台   え 台   っ よ 一
見 よ   け た   せ よ 一 ▼   る う   常 か そ   な の   て の   て う つ
た う   る だ   な う つ さ     に   ・ ら の   い 両   い 上   光 で 一
と に   が 眠   い に 想 て     想   無 吹 光   さ 側   る に   明 あ つ
い 想   よ っ   よ し い こ     い   我 き の   ま に     は   の り の
う い   い て   う て 描 の     を   の 寄 中   ざ は     百   台   宝
こ 描     い   に   き 観     描   教 せ か   ま       の   と ま に
と く     る   し 目   が     く   え て ら   な そ     宝   な た は
が こ     と   な を そ 成     の   が こ 清   楽 れ     で   る 星 五
で と     き   け 閉 れ 就     を   響 れ ら   器 ぞ     で     や 百
き が     を   れ じ が し     水   き ら か   が れ     き     月 の
る で     除   ば て き た     想   わ の な   あ 百     た     の 色
  き     い   な も わ な     と   た 楽 風   り 億     千     よ の
  れ     て   ら 開 め ら     い   る 器 が     の     万     う 光
  ば         な い て       い   の を お   そ 花     の     に が
        常   い て は さ         で 鳴 こ   の で     楼     輝 あ
  ほ     に     も っ ら     第   あ ら り   台 飾     閣     き り
  ぼ     こ     目 き に     二   る す     を ら     が        
  極     の     の り そ     の     と い   飾 れ           大 そ
  楽     こ     前 と の     観       た   っ た           空 の
  世     と     か   よ     と     苦 る   て 幡           に 光
  界     を     ら   う           ・     い と             は
  の               す                 る                
 13 









宝     ▲   す     こ   必 迷 も   極 苦         名 こ   そ 大 さ
の ¬   十   べ こ   の   ず い し   楽 し ¬   こ   づ の   の 地 ら
樹 地   二   て の   こ   そ の こ   世 み 阿   こ   け よ   あ を に
を 想   ▼   邪 よ   と   の も の   界 を 難   で   る う   り 一 す
想 観   釈   観 う   は   清 と 大   の 逃 よ   釈     に   さ 層 す
い が   尊   と に   決   ら で 地   大 れ     尊     想   ま は ん
描 成   が   い 観   し   か あ を   地 た そ   が     い   を っ で
く 就   阿   う ず   て   な る 観   を い な   阿     描   一 き 三
が し   難   の る   疑   国 罪 ず   想 と た   難     く   々 り 昧
よ た   と   で こ   っ   に が る   い 思 は   に     の   詳 と の
い な   韋   あ と   て   生 消 な   描 う こ   仰     を   し 見 境
  ら   提   る を   は   れ え ら   く 未 の   せ     地   く る 地
      希    正   な   る て     方 来 教   に     想   説 こ に
  次   に     観   ら   の   八   法 の え   な     と   く と 入
  に   仰     と   な   で 命 十   を す を   っ     い   こ が っ
  は   せ     い   い   あ を 億   説 べ 心   た     い   と で た
  極   に     い       る 終 劫   き て に             は き な
  楽   な               え と   聞 の と         第   で る ら
  世   っ     そ         た い   か 人 ど         三   き の  
  界   た     う         後 う   せ 々 め         の   な で そ
  の         で         に 長   る の て         観   い あ の
            な         は い   が た           と     る 国
            い           間   よ め                 が の
            な           の   い に                    
            ら                                      
 14 









言 の そ   五 そ   宮 そ   お ま   琥 蝦 紅 瑠   持 そ 樹 そ   想 描  
葉 太 れ   百 の   殿 の   お た   珀 蛄 色 璃   っ の は れ   う き 宝
に 陽 ら   億 宮   が 網   っ 樹   な 色 の 色   て 花 等 ぞ   が   の
表 や の   の 殿   あ と   て 々   ど の 光 の   い や し れ   よ そ 樹
し 月 宝   宝 の   っ 網   い の   す 中 を 中   る 葉 く の   い れ を
よ を 玉   玉 中   て の   て 上   べ か 出 か     の み 樹     ら 想
う 一 の   で に     間     に   て ら し ら     一 な の     が い
が つ 光   で は   そ に   そ は   の は   は     つ 七 高     七 描
な に は   き 多   れ は   れ 美   宝 緑 瑪 金     一 つ さ     重 く
い あ 遠   た く   は 五   ぞ し   の 真 瑙 色     つ の は     の に
  わ く   胸 の   ま 百   れ い   光 珠 色 の     が 宝 八     並 は
  せ 百   飾 天   る 億   の 真   で の の 光     ま で 千     木  
  た 由   り の   で の   樹 珠   さ 光 中 を     た で 由     に ま
  よ 旬   を 童   梵 美   に で   ま を か 出     異 き 旬     な ず
  う を   身 子   天 し   七 で   ざ 出 ら し     な 花 で     っ 一
  で 照   に が   の い   重 き   ま し は       っ や あ     た つ
    ら   つ い   宮 花   に た   に   蝦 玻     た 葉 り     よ 一
  そ し   け て   殿 で   重 網   輝 そ 蛄 璃     宝 を       う つ
  の     て     の 飾   な が   い の の 色     の つ こ     す の
  み ま   い そ   よ ら   っ 一   て 他 光 の     色 け れ     を 樹
  ご る   る れ   う れ   て 面   い   を 中     を て ら       を
  と で     ぞ   で た   い に   る 珊 出 か       い の       思
  さ 百     れ   あ     る       瑚 し ら       て 宝       い
  は 億         る                 は         の        
                                                   
 15 









み す そ   宝 そ   次 ち   よ た   で あ こ   そ そ   こ な     は さ
な べ の   に し   か ょ   う く   天 り の   ろ れ   と し ま   実 ま
映 て 中   飾 て   ら う   に さ   の   葉   い ぞ   が   た   に ざ
し が に   ら そ   次 ど   き ん   宝 そ の     れ   な 葉     美 ま
出 映 は   れ の   へ 帝   ら の   玉 の 一   花 の   い の こ   し な
さ し     た 実   と 釈   め 美   の 葉 つ   の 葉     並 れ   い 宝
れ 出 世   天 が   多 天   き し   飾 に 一   上 と     び ら     の
て さ 界   蓋 放   く の   な い   り は つ   に 葉     も の     輝
い れ 中   と つ   の 宝   が 花   の 千 は   は の     よ 宝     き
る   で   な 大   実 の   ら は   よ の 長   七 間     く の     が
  さ な   る い   が 瓶     金   う 色 さ   つ に     と 樹     互
  ら さ     な   わ の   葉 色   で と も   の は     と 々     い
  に れ     る   き よ   と に   あ 百 広   宝 さ     の は     に
  さ る     光   出 う   葉 輝   る 種 さ   で ま     っ 整     入
  ま 仏     明   て に   の き     の も   で ざ     て 然     り
  ざ の     は   い     間       模 等   き ま     い と     ま
  ま す         る そ   で ま     様 し   た な     て 向     じ
  な ぐ     幡     の   ま る     が く   実 美     少 か     り
  仏 れ     と     花   わ で     あ 二   を し     し い      
  が た     数     か   っ 火     っ 十   つ い     も あ     そ
  た は     限     ら   て の     て 五   け 花     乱 っ     の
  の た     り     は   い 輪       由   て が     れ て     色
  国 ら     な         る の     ま 旬   い 咲     る 列     ど
  々 き     い                 る で   る き       を     り
  も の                                              
 16 









大 蓮 一   色 そ   七 そ   も 美 そ       ▲   名 こ   は そ   ま  
き の つ   と の   つ し   っ し の   極   十   づ の   っ し   た こ
さ 花 一   り 水   の て   と く そ   楽   三   け よ   き て   そ の
は が つ   ど 路   宝 分   も き れ   世   ▼   る う   り そ   の よ
み あ の   り は   の れ   す ら ぞ   界   次     に   と れ   す う
な り 流   の 黄   色 て   ぐ め れ   に   に     想   想 ら   が に
十   れ   砂 金   を 十   れ き の   は   極     い   い の   た 極
二 そ に   が で   た 四   た   池   八   楽     描   描 幹   を 楽
由 の は   敷 で   た の   宝 実 の   つ   世     く   く や   一 世
旬 花 七   か き   え 支   玉 に 水   の   界     の   の 枝   つ 界
で の つ   れ て   て 流   か な は   池   の     を   で や   一 の
あ 形 の   て い   い と   ら め     が   池     樹   あ 葉   つ 宝
る は 宝   い て   る な   わ ら 七   あ   の     想   る や   順 の
  ま で   る       り   き か つ   る   水     と     花   々 樹
  る で     底         出 で の       を     い     や   に を
  く き     に     そ   て あ 宝       想     い     実   想 想
  ふ た     は     れ   い っ の       い           な   う い
  っ 六     汚     ぞ   る て 輝       描     第     ど   が 描
  く 十     れ     れ   の   き       く     四     を   よ き
  ら 億     の     が   で そ を       が     の         い お
  と も     な     み   あ れ 映       よ     観     す     わ
  し の     い     な   る は し       い     と     べ     っ
  て                     て                   て     た
                                                  な
                                                  ら
 17 









僧 そ 楽 ま   音 そ   国 ▲   第 こ   こ 美 そ   ま   あ 無 そ   ま 宝
を の 器 た   楽 の   土 十   五 の   と し の   た   る 我 の   た 玉
念 響 の 空   を 楼   の 四   の よ   を い 光       い や 流   樹 か
じ き よ に   奏 閣   各 ▼   観 う   ほ 鳴 は   宝   は 六 れ   々 ら
る は う は   で の   地 ま   と に   め き 百   玉   仏 波 か   を わ
こ み に 楽   て 中   に た   名 想   た 声 も   か   が 羅 ら   う き
と な   器   い に   は     づ い   て は の   ら   た 蜜 お   る 出
を 等 奏 が   る は     そ   け 描   て 常 宝   は   の な こ   お た
説 し で 浮     数   五 の   る く   い に の   金   す ど る   し そ
く く る ん     限   百 よ     の   る 仏 色   色   が の す   て の
の 仏 の で     り   億 う     を     を を   の   た 教 ば   い 水
で を も お     な   の に     八     念 持   す   を え ら   る は
あ 念 が り     い   み い     功     じ つ   ば   ほ を し      
る じ な       天   ご ろ     徳       鳥   ら   め 説 い     花
    く 兜     人   と い     水     法 と   し   た き 響     の
  法 て 率     が   な ろ     想     を な   い   た 述 き     間
  を も 天     い   宝 な     と     念 り   光   え べ は     を
  念 お に     て   の 宝     い     じ     が   る         ゆ
  じ の い         楼 で     い       そ   輝   声   苦     る
    ず る     す   閣 飾           僧 の   き   と   ・     や
    か 宝     ば   が ら           を や   出   な   空     か
    ら 幢     ら   あ れ           念 さ   て   る   ・     に
    鳴 神     し   る た           じ し   い       無     流
    り の     い                 る く   る       常     れ
                                            ・      
 18 









大 姿     た そ   説 わ   深     ▲   す こ   そ の     こ   宝  
勢 を 釈   め な   き た   く ¬   十   べ の   の き も   れ   の こ
至 現 尊   に た   示 し   思 そ   五   て よ   国 わ し   を   樹 の
の し の   説 た   そ は   い な   ▼   邪 う   に め こ   総   と よ
二 て こ   き ち   う 今   を た   釈   観 に   生 て の   観   宝 う
菩 お の   ひ は     そ   め た   尊   と 観   れ 重 よ   想   の に
薩 立 お   ろ し     な   ぐ ち   は   い ず   る い う   と   大 想
が ち 言   め っ     た   ら は   さ   う る   の 罪 に   い   地 い
つ に 葉   る か     た   す     ら   の こ   で が 観   い   と 描
き な と   が り     ち   が わ   に   で と   あ 消 ず       宝 き
そ り と   よ と     の   よ た   阿   あ を   る え る   第   の お
っ   も   い 心     た   い し   難   る 正     て な   六   池 わ
て そ に    に     め     の   と    観       ら   の   を っ
お の       と     に     い   韋     と     命     観   見 た
ら 左 無     ど           う   提     い     を は   と   た な
れ 右 量     め     苦     こ   希     い     終 か   名   と ら
た に 寿           悩     と   に           え り   づ   い  
  は 仏     多     を     を   仰     そ     た 知   け   う ほ
  観 が     く     除     よ   せ     う     後 れ   る   こ ぼ
  世 突     の     く     く   に     で     に な       と 極
  音 然     人     教     聞   な     な     は い       が 楽
    空     々     え     い   っ     い     必 長       で 世
    中     の     を     て   た     な     ず い       き 界
    に                           ら       間       る の
                                                   
 19 









美 そ   と そ     次         こ ど で と     う ま こ   く 黄   で そ
し の   想 の ま   の ¬   そ   と う き 観 ¬   や つ こ   ら 金   き の
い 花   い 蓮 ず   よ 韋   こ   が す ま 世 世   う る に   べ の   な 光
絵 び   描 の 七   う 提   で   で れ し 音 尊   や こ 韋   よ 輝   い 明
の ら   く 花 つ   に 希   釈   き ば た ・     し と 提   う き     は
よ に   の び の   想 よ   尊   る 無 が 大 わ   く が 希   も を     ま
う は   で ら 宝   い     は   で 量   勢 た   礼 で は   な ど     ば
で 八   あ の で   描 そ   韋   し 寿 世 至 し   拝 き     か れ     ゆ
あ 万   る 一 で   く の   提   ょ 仏 尊 の は   し の ま   っ ほ     く
る 四     つ き   が 仏   希   う と が 二 今   て た の   た ど     輝
  千     一 た   よ を   に   か そ 世 菩 世   申 で あ     集     い
  の     つ 大   い 見   仰    の を 薩 尊   し   た     め     て
  す     が 地     た   せ     菩 去 を の   あ 釈 り     て      
  じ     百 の     て   に     薩 ら 拝 お   げ 尊 に     も     は
  が     の 上     ま   な     が れ ま 力   た の 無           っ
  あ     宝 に     つ   っ     た た せ に     足 量     そ     き
  っ     の 蓮     り   た     を 後 て よ     を 寿     の     り
  て     色 の     た         見 の い っ     お 仏     ま     と
        を 花     い         た 世 た て     し を     ば     見
  ま     持 が     と         て の だ       い 見     ゆ     る
  る     っ あ     思         ま 人 く 無     た た     さ     こ
  で     て る     う         つ 々 こ 量     だ て     に     と
  天     い と     な         る は と 寿     き             が
  の     る 想     ら             が 仏                    
          い                                          
 20 









そ そ   五 上 宝 そ   美 さ 蓮   ひ そ   放 飾 そ   あ こ   花   そ   ま  
れ れ   百 の 柱 し   し ら の   ろ の   っ ら の   る の   び   れ   た  
ぞ ぞ   億 幔 は て   い に 花   く 光   て れ 花   の 蓮   ら   ら   そ  
れ れ   も 幕 百 そ   真 そ の   地 明   い て び   で の   は   が   の  
八 の   の は 千 の   珠 れ 芯   上 は   る い ら   あ 花   小   一   す  
万 宝   美 ち 万 台   の が は   を ま     て と   る に   さ   つ   じ  
四 玉   し ょ 億 座   網 八 釈   お る       花     は   い   一   は  
千 に   い う の の   で 万 迦   お で     そ び         も   つ      
の は   宝 ど 須 上   い の 毘   っ 七     れ ら     こ   の   は   そ  
異 八   玉 夜 弥 に   ろ 金 楞   て つ     ぞ の     の   で   っ   れ  
な 万   で 摩 山 は   い 剛 伽   い の     れ 間     よ   も   き   ぞ  
っ 四   飾 天 を 四   ろ 宝 宝   る 宝     の は     う   大   り   れ  
た 千   れ の 重 本   に ・ で     で     宝 そ     な   き   と   八  
金 の   て 宮 ね の   飾 甄 で     で     玉 れ     花   さ   見   万  
色 光   い 殿 た 宝   ら 叔 き     き     は ぞ     び   が   え   四  
に が   る の よ 柱   れ 迦 た     た     千 れ     ら   二   る   千  
輝 あ     よ う が   て 宝 台     天     の 百     が   百   よ   の  
き り     う に あ   い ・ 座     蓋     光 億     八   五   う   光  
        で 高 り   る 梵 と     の     明 の     万   十   に   に  
さ そ     あ く       摩 な     よ     を 宝     四   由   す   輝  
ら の     り   そ     尼 っ     う       玉     千   旬   る   い  
に 光       宝 れ     宝 て     に       で     も   は   が   て  
  は       柱 ぞ     や お                       あ   よ   い  
          の れ       り                       る   い   る  
            の                                          
 21 









で も こ   映 正 そ   描 た   台 も   法         名 こ   仏 と と 金 い そ
き と の   し し の   い だ   座 し   蔵     さ   づ の   の こ り 剛 た れ
る で 観   見 く 花   て し   を そ   菩 ¬   ら   け よ   す ろ ど の る ら
  あ が   る 想 び   は こ   想 の   薩 阿   に   る う   ぐ で り 台 と の
  る 成   よ い ら   な の   い 仏   の 難   釈    に   れ 見 の と こ 金
  罪 就   う 描     ら 観   描 を   本 よ   尊     想   た る 花 も ろ 色
  が し   に い 宝   な を   く 想   願     が     い   は も の な で の
  消 た     て 玉   い 行   観 い   の こ   阿     描   た の 雲 り さ 輝
  え な   そ         う   を 描   力 の   難     く   ら の と   ま き
  て ら   れ ち 光     と   行 こ   に よ   に     の   き 思 も 真 ざ が
        ら ょ       き   う う   よ う   仰     を   を う な 珠 ま ひ
  必 五   を う 台     に   が と   っ な   せ     華   あ ま る の な ろ
  ず 万   み ど 座     は   よ す   て す   に     座   ら ま と 網 す く
  極 劫   な 鏡           い る   で ば   な     想   わ の い と が 宝
  楽 と   は に 宝     決     な   き ら   っ     と   し す う も た の
  世 い   っ 自 柱     し     ら   あ し   た     い   て が よ な と 大
  界 う   き 分 を     て         が い         い   い た う り な 地
  に 長   り の そ     雑     ま   っ 花             る を に   る に
  生 い   と 顔 れ     然     ず   た は         第     と   あ   満
  れ 間   想 か ぞ     と     こ   も           七     り い る す ち
  る の   う た れ     想     の   の も         の       た い な わ
  こ 迷   が ち 一     い     蓮   で と         観       る は わ た
  と い   よ を つ           の   あ も         と         色 ち り
  が の   い   一               る と                        
            つ                                          
 22 









常 仏 目   の     は だ   人 ま   が そ そ こ   く 導         ▲   す  
に 像 を   で 阿   っ か   々 こ   そ の の の   だ か な   ¬   十   べ こ
想 が 閉   あ 弥   き ら   の と   の 心 ま た   さ れ ぜ   こ   六   て の
い   じ   る 陀   り そ   心 に   ま が ま め   っ る な   の   ▼   邪 よ
浮 そ て     仏   と な   に ▲   ま 仏 三     て 方 ら   観   釈   観 う
べ の い     を   想 た   し 智   仏 と 十 そ   い で     が   尊   と に
る 蓮 て     思   い た   た 慧   な な 二 な   る あ 仏   終   は   い 観
が の も     い   描 ち   が ▼   の る 相 た   か り は   わ   ま   う ず
よ 花 開     描   く は   っ が   で と 八 た   ら   ひ   っ   た   の る
い に い     く   が ひ   て 海   あ い 十 ち   で ど ろ   た   阿   で こ
  座 て     に   よ た   現 の   る う 随 が   あ の く   な   難   あ と
  っ い     は   い す   れ よ     こ 形 仏   る 人 す   ら   と   る を
  て て           ら   て う     と 好 を     の べ       韋    正
  お も     ま     阿   く に     に の 想     心 て   次   提     観
  い       ず     弥   だ 広     な 仏 い     の の   に   希     と
  で 金     そ     陀   さ く     り の 描     中 世   仏   に     い
  に 色     の     仏   る 深       す く     に 界   を   仰     い
  な に     像     に   の い     そ が と     も で   想   せ      
  る 輝     を     思   で 仏     し た き     入 人   い   に     そ
  よ く     思     い   あ が     て で       り 々   描   な     う
  う 一     い     を   る た       あ そ     満 を   く   っ     で
  す 体     描     か     は     こ り の     ち 教   が   た     な
  を の     く     け           の   心     て え   よ         い
                て           心   が           い         な
                                                      ら
 23 









そ そ   宝 大     想 ま 仏 そ   想 ま   同     よ こ   い ま 樹 七 き  
れ れ   の 勢 こ   い た と し   う た   じ こ   う れ   る た 々 つ お こ
ら ぞ   樹 至 の   描   同 て   が 大   大 の   に ら   の い を の わ う
の れ   々 の 観   く 右 じ そ   よ き   き 観     の   を ろ 見 宝 っ し
蓮 の   を 二 が   が 側 よ の   い な   な が   き よ   見 い   で た て
の 宝   照 菩 成   よ の う 左     蓮   蓮 終   わ う   る ろ そ 飾 な 仏
花 の   ら 薩 就   い 蓮 に 側     の   の わ   め す   で な の ら ら 像
に 樹   す の し     の 金 の     花   花 っ   て が   あ 宝 上 れ   が
一 の   の 像 た     花 色 蓮     が   が た   は     ろ で を た 心 蓮
仏 下   を が と     に の の     も   一 な   っ ま   う 飾 美 極 の の
と に   見 み き     大 光 花     う   つ ら   き る     ら し 楽 目 花
二 は   る な       勢 を に     一         り で     れ い 世 が に
菩 ま   で 金 阿     至 放 観     つ   仏 さ   と 自     た 宝 界 開 座
薩 た   あ 色 弥     菩 っ 世         の き   見 分     網 の の い っ
の 三   ろ の 陀     薩 て 音     仏   左 ほ   え の     が 幔 大 て て
像 つ   う 光 仏     の い 菩     の   側 ど   る 手     大 幕 地   お
が の     明 の     像 る 薩     右   に の   よ の     空 が や 明 ら
座 蓮     を 像     が の の     側   あ 蓮   う 中     一 ひ 池 ら れ
っ の     放 と     座 を 像     に   る の   に に     面 ろ や か る
て 花     っ 観     っ 想 が     あ   と 花   す あ     に く 立 に の
お が     て 世     て い 座     る   想 を   る る     か お ち は を
い あ       音     い 描 っ     と   う ま   の も     か お 並 っ 思
で っ       ・     る き て         が っ   で の     っ い ぶ き い
に て             の             よ た   あ の     て     り 描
                を             い く   る             と  
 24 









  念 迷     名 こ   見 あ あ そ   心 そ   教 そ   み 光     わ な  
  仏 い こ   づ の   た り わ し   に こ   え の   な 明 以   た り  
  三 の の   け よ   と   せ て   と で   を 観   す   上   っ    
  昧 も 観   る う   い も て     ど 行   聞 に   ぐ ま の   て そ  
  に と が     に   う し み そ   め 者   く 入   れ た 観   い の  
  入 で 成     想   こ 合 て れ   て は   の る   た さ が   る よ  
  る あ 就     い   と 致   ら   忘 そ   で と   教 ま 成   の う  
  こ る し     描   が す も を   れ の   あ き   え ざ 就   を な  
  と 罪 た     く   で る し 経   な 聞   る か   を ま し   見 一  
  が が な     の   き な そ 典   い い     ら   説 な た   る 仏  
  で 消 ら     を   る ら れ に   よ た     観   く 宝 な   の 二  
  き え       像     そ と 説   う こ     を   の の ら   で 菩  
  る て は     想     れ 相 い   に と     終   を 樹     あ 薩  
  の   か     と     は 違 て   す を     わ   聞 や 行   る の  
  で こ り     い     ほ す あ   る       る   く 鴨 者     像  
  あ の 知     い     ぼ る る   が 観     ま   で や は     が  
  る 身 れ           極 な こ   よ が     で   あ 雁       そ  
   の な     第     楽 ら と   い 終         ろ や 極     の  
    ま い     八     世 そ と     わ     常   う 鴛 楽     国  
    ま 長     の     界 れ 照     っ     に     鴦 の     に  
    で い     観     を は ら     て     す     な 水     満  
      間     と       妄 し     か     ぐ     ど の     ち  
      の             想       ら     れ     が 流        
                    で       も     た       れ        
                                          や        
 25 









こ と     化 お そ   百 よ ま   澄 四 ち ま   で ま 無   阿   お     ▲
ま こ ま   身 い の   億 う た   み 大 ょ た   あ ば 量   難   す     十
か ろ た   の で 円   の に お   き 海 う 眉   る ゆ 寿   よ   が ¬   七
な が     菩 に 光   三 大 体   っ 水 ど 間     く 仏       た こ   ▼
特 あ 無   薩 な の   千 き の   て の 須 の     輝 の   よ   と の   さ
徴 り 量   が り 中   大 く 毛   い よ 弥 白     き お   く   光 観   ら
が   寿   つ   に   千   穴   る う 山 毫       体   知   明 が   に
そ そ 仏   き そ は   世 そ か     に を は     そ は   る   を 成   釈
な の の   そ れ 百   界 の ら     ひ 五 右     の 百   が   想 就   尊
わ そ お   っ ぞ 万   を 頭 放     ろ つ に     高 千   よ   い し   は
っ れ 体   て れ 億   あ の た     び あ ゆ     さ 万   い   描 た   阿
て ぞ に   い の 那   わ 後 れ     ろ わ る     は 億       く な   難
い れ は   る 化 由   せ ろ る     と せ や     六 の       が ら   と
る に 八     身 他   た に 光     し た か     十 夜       よ     韋
  は 万     の 恒   ほ あ 明     て ほ に     万 摩       い 次   提
  ま 四     仏 河   ど る は     お ど め     億 天         に   希
  た 千     に 沙   で 円 ま     り で ぐ     那 の         無   に
  八 の     は の   あ 光 る       あ り     由 黄         量   仰
  万 す     ま 化   る の で     清 っ       他 金         寿   せ
  四 ぐ     た 身     広 須     ら て そ     恒 の         仏   に
  千 れ     数 の     さ 弥     か   の     河 よ         の   な
  の た     限 仏     は 山     に そ 大     沙 う         真   っ
          り が       の       の き     由 に         の   た
          な                 目 さ     旬                
          い                 は は                      
 26 









無     の の そ   仏 こ ま   念 す   た     た   説 そ   な 仏 そ さ
生 こ   で な の   の と た   仏 べ   を こ   だ   く の   る を の ら
法 の   あ い 仏   心 に     三 て   す の   思   こ 光   こ 念 一 に
忍 観   る 慈 の   を な こ   昧 の   べ よ   い   と 明   と じ つ そ
を が     悲 心   見 り の   と 仏   て う   を   は や   が る 一 の
得 成     を は   た   観   名 が   見 に   こ   と お   な 人 つ そ
る 就     も 大   て 仏 を   づ た   た 想   ら   て 体   い 々 の れ
こ す     っ い   ま の 行   け を   て い   し   も の   の を 光 ぞ
と れ     て な   つ お え   る 見   ま 描       で 特   で 残 明 れ
が ば       る   る す ば     た   つ く   心   き 徴   あ ら は に
で       仏 慈   こ が す     て   る も   の   な     る ず ひ ま
き 来     は 悲   と た べ     ま   こ の   目   い そ     そ ろ た
る 世     す の   に を て     つ   と は   を     し     の く 八
  に     べ 心   な 想 の     る   に     開     て     中 す 万
  は     て で   る い 仏     の   な さ   い     化     に べ 四
  仏     の あ     描 の     で   る ま   て     身     摂 て 千
  が     人 り     く お     あ     ざ   明     の     め の の
  た     々       の す     る     ま   ら     仏     取 世 光
  の     を こ     で が     か     な   か     に     り 界 明
  前     摂 の     あ た     ら     世   に     つ       を が
  に     め わ     る を           界   見     い     お 照 あ
  生     取 け     か 想     こ     の   る     て     捨 ら り
  れ     ら へ     ら い     の     仏   が     詳     て し  
        れ だ       描     観     が   よ     し     に て  
        る て       く     を         い                
 27 









す     想 こ   く 仏 さ   ま す     持 眉   描 そ   特 そ   は だ
べ こ   い の   だ が ま   つ な こ   つ 間   く れ   徴 し   っ か
て の   描 よ   さ た ざ   る わ う   お の   こ に   の て   き ら
邪 よ   く う   る は ま   こ ち し   す 白   と は   一 無   り ▲
観 う   想 に   で 目 な   と さ て   が 毫   で ま   つ 量   と 智
と に   と 想   あ の 仏   に ま 無   た を   あ ず   を 寿   無 慧
い 観   い い   ろ 前 が   な ざ 量   が 想   る     想 仏   量 ▼
う ず   い 描   う で た   る ま 寿   お い     眉   い を   寿 の
の る     く     さ を     な 仏   の 描     間   描 想   仏 す
で こ   第 の     と 見     世 を   ず く     の   く い   を ぐ
あ と   九 を     り た     界 見   か な     白   こ 描   想 れ
る を   の ひ     を て     の た   ら ら     毫   と こ   い た
 正   観 ろ     得 ま     数 て   現       を   か う   描 も
  観   と く     る つ     限 ま   れ 八     き   ら と   く の
  と   名 す     こ る     り つ   て 万     わ   始 す   が は
  い   づ べ     と こ     な る   く 四     め   め る   よ 心
  い   け て     を と     い な   る 千     て   る も   い を
      る の     約 に     仏 ら     の     は   が の     一
  そ     仏     束 よ     が       す     っ   よ は     つ
  う     の     し っ     た そ     ぐ     き   い       に
  で     お     て て     を れ     れ     り     そ     し
  な     す             見 は     た     と     の     て
  い     が             た       特     想     仏      
  な     た             て       徴     い     の      
  ら     を                     を                  
 28 









ま お そ   放 宝     高 頭   人     な そ   化 そ   そ そ     次     ▲
た い の   た の こ   さ に   々 ま   い の   身 の   の の こ   に ¬   十
数 で 光   れ 色 の   二 は   す た   天 化   の 円   後 お の   観 さ   八
限 に 明   て を 菩   十 宝   べ 全   人 身   仏 光   ろ 体 菩   世 て   ▼
り な の   い そ 薩   五 玉   て 身   が の   が の   に は 薩   音     釈
な り 一   る な の   由 で   を か   つ 仏   お 中   は 金 は   菩 無   尊
い   つ     え 顔   旬 で   照 ら   き に   い に   縦 色     薩 量   は
化 そ 一       は   の き   ら 放   そ は   で は   横 に 高   を 寿   さ
身 の つ     そ 金   化 た   し た   っ そ   に わ   が 輝 さ   想 仏   ら
の そ に     の 色   身 立     れ   て れ   な た   と い 八   い を   に
菩 れ は     白 に   の 派   そ る   い ぞ   る し   も て 十   描 は   阿
薩 ぞ 数     毫 光   仏 な   の 光   る れ     と   に   万   く っ   難
が れ 限     か り   が 冠   す 明     五     同   百 頭 億   が き   と
つ の り     ら 輝   立 を   が は     百     じ   千 に 那   よ り   韋
き 化 な     八 き   っ つ   た       の     よ   由 は 由   い と   提
そ 身 い     万     て け   が 迷     化     う   旬 肉 他     想   希
い の 多     四 眉   お て   そ い     身     な   の 髻 由     い   に
  仏 く     千 間   い い   こ の     の     す   円 が 旬     描   仰
そ に の     の の   で て   に 世     菩     が   光 あ で     き   せ
れ は 化     光 白   に     現 界     薩     た   が り あ     お   に
ら   身     明 毫   な そ   れ に     と     の   あ   り     わ   な
の   の     が は   る の   て い     数     五   る         っ   っ
化   仏       七     中   い る     限     百             た   た
身   が       つ     に   る       り     の             な    
の           の     は                               ら    
 29 









と 宝 で 裏     な 菩   い そ   そ そ   八 あ ま   す つ     あ そ   す 仏
こ 玉 き に ま   る 薩   る の   れ の   万 り た   べ け ま   る の   べ と
ろ で た あ た   の は     光   ぞ そ   四   手   て て た     よ   て 菩
が で 台 る こ   で こ     明   れ れ   千 十 の   み い こ     う   の 薩
な き 座 千 の   あ の     は   の ぞ   の 本 ひ   な て の     す   世 が
い た と 輻 菩   る す     や   色 れ   絵 の ら   映   菩     は   界  
  花 な 輪 薩     ば     わ   は の   模 指 に   し そ 薩     た   に 自
  が り の が     ら     ら   ま 絵   様 先 は   出 の は     と   満 由
  あ   相 足     し     か   た 模   が の 五   し 中 八     え   ち 自
  た 足 が を     い     で   八 様   あ そ 百   て に 十     て   て 在
  り を お お     手         万 に   る れ 億   い 極 億     い   お に
  一 お の あ     を     ひ   四 は     ぞ も   る 楽 の     え   い さ
  面 ろ ず げ     さ     ろ   千 八     れ の     世 光     ば   で ま
  に さ か に     し     く   の 万     に さ     界 明     紅   に ざ
  散 れ ら な     の     す   光 四     は ま     の で     の   な ま
  り る 五 る     べ     べ   を 千     印 ざ     う で     蓮   る な
    と 百 と     て     て   放 の     を ま     る き     の     す
  行 き 億 き     人     の   っ 色     押 な     わ た     花     が
  き に の に     人     人   て が     し 蓮     し 胸     の     た
  わ は 光 は     を     々   い そ     た の     い 飾     色     を
  た   明       お     を   る な     よ 花     よ り     の     と
  ら   で 足     導     照     わ     う の     う を     よ     っ
  な     の     き     ら     り     な 色     す       う     て
  い           に     し             が     を       で      
                    て                                  
 30 









頭     そ ま   功 こ   知 こ こ   こ     ま   想 こ   あ た   な お  
の そ   れ し   徳 の   れ れ の   の ¬   た   い の   る だ   い ら そ
肉 こ   以 て   が 菩   な ま 観   観 も   釈   描 よ           れ の
髻 で   上 そ   得 薩   い で を   を し   尊   く う     頭     る 他
を こ   の の   ら は   長 の 行   行 観   は   想 に     の     の  
想 の   功 お   れ     い 悪 う   う 世   阿   と 想     肉     は さ
い 菩   徳 す   る た   間 い な   が 音   難   い い     髻     仏 ま
描 薩   が が   の だ   の 行 ら   よ 菩   に   い 描     と     と ざ
き を   得 た   で そ   迷 い     い 薩   仰     く     無     同 ま
  想   ら を   あ の   い も さ     を   せ   第 の     見     じ な
次 い   れ は   る 名   の さ ま     想   に   十 を     頂     で 特
に 描   る っ     を   も ま ざ     い   な   の 観     の     あ 徴
宝 こ   こ き     聞   と た ま     描   っ   観 世     相     り を
冠 う   と り     く   で げ な     こ   た   と 音     と       そ
を と   は と     だ   あ と わ     う       名 菩     が     ほ の
想 す   い 想     け   る は ざ     と       づ 薩     仏     と 身
い る   う い     で   罪 な わ     す       け の     に     ん に
描 な   ま 描     も   が ら い     る       る 真     及     ど す
く ら   で く     は   除 ず に     な        の     ば     異 べ
が     も な     か   か   あ     ら         お     な     な て
よ ま   な ら     り   れ は わ               す     い     る そ
い ず   い       知   る か ず               が     だ     こ な
  そ           れ     り                 た     け     と え
  の           な                       を     で     が て
              い                                      
 31 









ま   そ   こ 見 ま   で 照 そ   二 し   同     ▲   そ     見 あ そ こ
た   の   と る た   き ら し   百 か   じ こ   十   う こ   え る れ う
こ   た   が だ     る し て   五 し   で の   九   で の   る も ら し
の   め   で け こ     て 全   十 そ   あ 菩   ▼   な よ   よ の の て
菩   こ   き で の     金 身   由 の   る 薩   次   い う   う の よ 順
薩   の   る   菩     色 か   旬 円     の   に   な に   に よ う 々
は   菩   の す 薩     に ら   を 光     お   ま   ら 観   す う す に
▲   薩   で べ の     輝 放   照 は     体   た   す ず   る に も 他
智   を   あ て わ     き た   ら 縦     の   大   べ る   の   ま の
慧   無   る の ず       れ   し 横     大   勢   て こ   で き た い
▼   辺     仏 か     縁 る   て が     き   至   邪 と   あ わ   ろ
の   光     が 一     の 光   い と     さ   菩   観 を   る め ま い
光   と     た つ     あ 明   る も     は   薩   と 正     て る ろ
で   名     の の     る は     に         を   い 観     は で な
ひ   づ     清 毛     人       百     前   想   う と     っ 自 特
ろ   け     ら 穴     々 ひ     二     の   い   の い     き 分 徴
く   る     か か     は ろ     十     観   描   で い     り の へ
す         な ら     み く     五     世   く   あ       と 手 と
べ         光 放     な す     由     音   が   る         の 及
て         明 た     拝 べ     旬     菩   よ             中 ん
を         を れ     す て     で     薩   い             に で
照         見 る     る の           と                   い
ら         る 光     こ 国                               っ
し           明     と 々                               て
            を     が を                                
 32 









揺 国 世 こ   よ そ そ     異 そ   光 そ   ま   国 そ そ     そ   こ 地
れ 土 界 の   う れ の こ   な の   明 の   た   土 の の こ   の   の 獄
動 か の 菩   に ぞ 揺 の   る 他   に 肉   こ   の 一 一 の   た   上 や
く ら 大 薩   気 れ れ 菩   と の   満 髻   の   広 つ つ 菩   め   な 餓
  上 地 を   高 の 動 薩   こ 姿   ち の   菩   大 一 一 薩   こ   く 鬼
  方 が 座   く 花 く を   ろ か     上   薩   な つ つ の   の   す や
  は い ら   す の と 歩   が た   ひ に   の   す の の 宝   菩   ぐ 畜
  光 っ れ   ぐ う こ ま   な ち   ろ は   頭   ぐ 台 花 冠   薩   れ 生
  明 せ る   れ る ろ れ   い は   く 一   の   れ の に に   を   た の
  王 い と   て わ に る     す   仏 つ   肉   た 中 は は   大   力 世
  仏 に き   い し は と     べ   の の   髻   光 に そ 五   勢   を 界
  の 揺 に   る さ 五 き     て   は 宝   は   景 は れ 百   至   持 の
  国 れ は     は 百 に     観   た の   紅   が す ぞ の   と   っ 苦
  土 動 七     ち 億 は     世   ら 瓶   の   み べ れ 宝   名   て し
  ま き つ     ょ の す     音   き が   蓮   な て 五 の   づ   お み
  で   の     う 宝 べ     菩   が あ   の   映 の 百 花   け   い か
    下 宝     ど の て     薩   現 っ   花   し 仏 の が   る   で ら
  そ 方 で     極 花 の     と   れ て   の   出 が 宝 あ   の   に 人
  の は で     楽 が 世     同   る     よ   さ た の り   で   な 々
  大 金 き     世 咲 界     じ     さ   う   れ の 台     あ   る を
  地 光 た     界 き が     で     ま   で   て 清 が     る     救
  も 仏 極     の   揺     少     ざ   あ   い ら あ           う
  ま の 楽         れ     し     ま   る   る か っ           の
  た             動     も     な         な て           に
                く                                    
 33 









想 組     る ▲   大 こ   度 こ   迷     名 の こ   な     悩 蓮 み 無 そ
い ん ま   と 二   勢 の   と の   い こ   づ お う   ら こ   む の な 量 し
描 で ず   い 十   至 観   な 観   の の   け す し   す の   人 花 極 寿 て
き 座 西   う ▼   の が   く を   も 菩   る が て   べ よ   々 の 楽 仏 そ
  り 方   想 以   二 成     行   と 薩     た 大   て う   を 台 世 の の
次   極   い 上   菩 就   常 う   で を     を 勢   邪 に   お 座 界 分 す
に そ 楽   を の   薩 し   に な   あ 想     想 至   観 観   救 に に 身 べ
そ の 世   起 観   を お   仏 ら   る い     い 菩   と ず   い 座 集 と て
の 蓮 界   す を   想 わ   が 迷   罪 描     描 薩   い る   に り ま 観 の
蓮 の に   が 行   い る   た い   が く     く を   う こ   な   り 世 世
の 花 生   よ っ   描 こ   の の   除 な     想 見   の と   る 尊   音 界
花 に れ   い た   い と   清 世   か ら     と た   で を   の い 大 ・ に
が 包 て     な   た を   ら 界   れ       い て   あ 正   で 教 空 大 お
開 ま       ら   と     か に   る は     い ま   る 観   あ え 一 勢 ら
く れ 蓮         い 余   な 生     か       つ     と   る を 面 至 れ
あ て の     次   う す   国 ま     り     第 る     い     説 に の る
り い 花     に   の と   に れ     知     十 の     い     き 満 分 数
さ る の     は   で こ   い る     れ     一 を           示 ち 身 限
ま あ 中     自   あ ろ   る よ     な     の       そ     し あ と り
を り で     分   る な   こ う     い     観 大     う     て ふ が な
想 さ 両     が     く   と な     長     と 勢     で     苦 れ   い
い ま 足     往     観   が こ     い       至     な     し て    
描 を を     生     世   で と     間       菩     い     み      
く         す     音   き は     の       薩                  
                ・   る 二                                
 34 









の も 大     名 こ   い こ   忘 こ   合 説 さ さ   よ そ   ま   放 そ   の
で の 勢 無   づ の   え の   れ の   致 き ざ ら   う こ   た   た し   で
あ の 至 量   け よ   る 観   な 観   し 述 め に   す で   自   れ て   あ
る も の 寿   る う     が   い を   て べ き ま   を 仏   分     そ   る
 と 二 仏     に     終   よ 終   い て も た   見 や   の   自 の    
  に 菩 は     想     わ   う え   る お   水   る 菩   目   分 蓮    
  お 薩 数     い     っ   に て     り そ の   の 薩   が   を の    
  い と 限     描     た   す か       し 流   で が   開   照 花    
  で と り     く     な   る ら     そ て れ   あ 大   く   ら が    
  に も な     の     ら   の も     れ 仏 も   る 空   の   す 開    
  な に い     を         で       は が 鳥     一   を   の く    
  り   化     普     無   あ そ     経 た の     面   想   を と    
    こ 身     観     量   る の     典 の さ     に   い   想 き    
  常 の を     想     寿     教     に 声 え     満   描   い に    
  に よ 現     と     仏     え     説 も ず     ち   く   描 は    
  そ う し     い     の     を     い ま り     わ   が   く 五    
  の な て     い     極     よ     て た も     た   よ   が 百    
  身 観             楽     く     あ   樹     っ   い   よ の    
  を を 観     第     世     心     る み 々     て       い 色    
  守 修 世     十     界     に     こ な の     お         の    
  ら め 音     二     を     と     と 尊 間     ら         光    
  れ る ・     の     見     ど     と い の     れ         が    
  る         観     た     め       教       る              
            と     と     て       え                      
                                を                      
 35 









お 現 と   の     い を ま   功 た   で 必 な し   と は     想 ま     ▲
す し き   世 阿   う 想 し   徳 だ   き ず っ か   う か さ   い ず ¬   二
が   に   界 弥   ま い て   が 仏   る そ た し   て り き   描 池 も   一
た と は   で 陀   で 描 無   得 の   の の 願 な   い 知 に   く の し   ▼
を き 大   自 仏   も く 量   ら 像   で 仏 の が   想 れ 説   が 上     釈
現 に 空   由 は   な な 寿   れ を   あ の 力 ら   い な い   よ に 心   尊
さ は 一   自 神   い ら 仏   る 想   る 真 に     の い た   い 一 か   は
れ 一 面   在 通       の   の い     の よ 無   及 ほ よ     丈 ら   続
る 丈 に   に 力     そ お   で 描     お り 量   ぶ ど う     六 西   い
  六 満   さ を     れ す   あ く     す   寿   も で に     尺 方   て
  尺 ち   ま 思     以 が   る だ     が よ 仏   の あ       の 極   阿
    わ   ざ い     上 た     け     た く が   で る 無     無 楽   難
  ま た   ま の     の に     で     を 心 菩   は か 量     量 世   と
  た る   な ま     功 そ     も     見 を 薩   な ら 寿     寿 界   韋
  は ほ   お ま     徳 な           た こ の   い   仏     仏 に   提
  八 ど   す に     が わ     は     て ら と     愚 の     の 生   希
  尺 の   が は     得 っ     か     ま し き     か お     像 れ   に
  の 大   た た     ら た     り     つ て に     な 体     が た   仰
  小 き   を ら     れ す     知     る 想 お     人 の     お い   せ
  さ な   現 か     る べ     れ     こ い た     間 大     い と   に
  な お   さ せ     こ て     な     と 描 て     で き     で 思   な
    す   れ       と の     い     が く に     は さ     に う   っ
    が   る す     は 特             な         は     な な   た
    た     べ       徴             ら               る ら    
    を     て                                     と      
 36 









三     そ   下     な ▲   な こ   人 こ   あ こ 二 お     前 ま   輝 そ
種 人   の   品 ¬   っ 二   づ の   々 の   る れ 菩 す 観   に た   い し
の 々   中   下 極   た 二   け よ   を 二   と が 薩 が 世   説 円   て て
心 の   で   生 楽     ▼   る う   お 菩   知 観 の た 音   き 光   い こ
を 中       ま 世     こ    に   導 薩   る 世 頭 を ・   示 の   る の
起 で   ま   で 界     こ     想   き は   の 音 の し 大   し 中     よ
し そ   ず   の に     で     い   に と   で 菩 特 て 勢   た の     う
て の   上   九 往     釈     描   な も   あ 薩 徴 お 至   通 化     に
往 国   品   種 生     尊     く   る に   る で を い の   り 身     現
生 に   上   類 す     は     の     阿     あ 見 で 二   で の     さ
す 生   生   が る     さ     を     弥     り る に 菩   あ 仏     れ
る れ   か   あ も     ら     雑     陀       こ な 薩   る や     た
の た   ら   る の     に     想     仏     こ と る は     宝     お
で い   説     に     阿     観     を     れ に か       の     す
あ と   き     は     難     と     助     が よ ら ど     蓮     が
る 願   始           と     い     け     大 っ   こ     の     た
  う   め     上     韋     い     て     勢 て 人 で     花     は
  も   よ     品     提           ひ     至   々 も     な      
  の   う     上     希     第     ろ     菩   は 同     ど     み
  は         生     に     十     く     薩   た じ     は     な
            か     仰     三     す     で   だ             金
            ら     せ     の     べ                       色
                  に     願     て                       に
                        と     の                        
                                                       
 37 









阿 大 す   宝 修 は こ     た 願 こ   修 口 戒 心 そ   で     生 こ   二 そ
弥 勢 な   で 行 じ と そ   だ い の   め に を を れ   き 次   れ の   つ の
陀 至 わ   で 僧 め に の   ち   人   る と 守 持 は   る の   る 三   に 三
仏 菩 ち   き や   よ 国   に 一 々   も な っ ち ど     三   の 種   は 種
は 薩     た 声 数 り に   往 日 が   の え て   の     種   で の   深 の
大 と 観   宮 聞 限   生   生 か そ   で る 修 む よ     の   あ 心   心 心
い と 世   殿 た り 阿 れ   す ら れ   あ も 行 や う     行   る を     と
な も 音   と ち な 弥 る   る 七 ら   る の す み な     を     そ   三 は
る に 菩   と   い 陀 と   こ 日 の       る に も     修     な   つ 何
光 そ 薩   も さ 化 仏 き   と の 功     三 も 生 の     め     え   に か
明 の は   に ら 身 は に   が 間 徳     つ の き か     る     る   は と
を 人 金   迎 に の   は   で こ を     に   も と     人     も   回 い
放 の 剛   え は 仏 観     き の も     は 二 の い     々     の   向 え
っ 前 で   に 数 や 世 そ   る 功 っ     六 つ を え     は     は   発 ば
て に で   お 限 数 音 の     徳 て     念 に 殺 ば     み         願  
そ お き   い り え ・ 人     を そ     の は さ       な     必   心 一
の い た   で な き 大 が     積 の     行 大 ず 一     往     ず   で つ
人 で 台   に い れ 勢 懸     ん 国     を 乗   つ     生     そ   あ に
を に 座   な 天 な 至 命     だ に       の い に     す     の   る は
照 な を   る 人 い の に     な 生       経 ろ は     る     国     至
ら り さ     は ほ 二 努     ら れ       典 い や     こ     に     誠
し   さ     七 ど 菩 め       た       を ろ さ     と           心
    げ     つ の 薩 励       い         な し     が            
菩   て     の   を ん       と           い                  
薩               だ                                      
 38 









こ   決 ふ そ   す さ   そ そ   そ お     生 そ   乗 ふ こ   励 菩 こ   た
れ   し た し   べ ら   れ し   な す こ   れ し   っ と の   ま 薩 の   ち
を   て た て   て に   を て   わ が の   る て   て 自 人   さ た と   と
上   忘 び そ   の わ   聞 光   っ た よ   の 仏   い 分 は   れ ち き   と
品   れ 極 れ   世 ず   き り   た に う   で の   る を 来   る と 観   も
上   な 楽 ら   界 か   お 輝   特 そ に   あ 後     見 迎     と 世   に
生   い 世 の   を の   わ く   徴 な し   る に     れ を     も 音   手
の   力 界 仏   訪 間   っ 宝   を わ て     つ     ば ま     に ・   を
も   を に が   れ に   て の   見 っ 極     き     そ の     そ 大   さ
の   限 帰 た   る 次   た 林   る た 楽     し     の あ     の 勢   し
と   り っ か     々   だ が     さ 世     た     身 た     人 至   の
名   な て ら     と   ち 尊     ま 界     が     は り     を の   べ
づ   く く さ     仏   に い     ざ に     っ     す に     ほ 二   て
け   得 る と     が   無 教     ま 生     て     で し     め 菩   お
る   る と り     た   生 え     な れ           に て     た 薩   迎
    こ   を     に   法 を     特 る     た     金 お     た は   え
    と 教 得     仕   忍 説     徴 と     ち     剛 ど     え     に
    が え る     え   を き     と       ど     の り     て 数   な
    で を こ         さ 述     菩 阿     こ     台 あ     そ 限   る
    き 記 と     ひ   と べ     薩 弥     ろ     座 が     の り   の
    る 憶 を     ろ   る る     た 陀     に     に っ     心 な   で
    の し 約     く   の と     ち 仏     そ       て     を い   あ
    で て 束         で       に の     の       喜           る
    あ   さ         あ               国       び            
    る   れ         る               に                    
 39 









過 そ   極 そ   台     手 こ   ほ 今 行 な 金 な 阿     極 道 聞 限 必   ▲
ぎ の   楽 し   座 こ   を う   め こ い り 色 い 弥 こ   楽 理 い ら ず   二
る 金   世 て   に の   さ し   た こ を   に 聖 陀 の   世 を て な し   三
と 色   界 合   座 人   し て   た に し Λ 光 者 仏 よ   界 信 も い も   ▼
そ の   の 掌   っ が   の 千   え 来   仏 り た は う   に じ 驚 が 大   次
の 台   七 し   て ふ   べ の   て て 真 の 輝 ち   に   生 て き   乗   に
花 座   つ て   い と   て 化   仰 そ 実 子 く と 観 修   れ 大 戸 そ の   上
が は   の 仏   る 自   お 身   せ な の よ 台 と 世 行   た 乗 惑 の 経   品
開 大   宝 が     分   導 の   に た 道   座 も 音 す   い の う 意 典   中
く き   で た     を   き 仏   な を 理 そ を に ・ る   と 教 よ 味 を   生
  な   で を     見   に が   る わ を な 持   大 人   願 え う を 心   に
  宝   き ほ     れ   な た     た よ た た 従 勢 が   い を な よ に   つ
  の   た め     ば   る と     し く は せ 者 至 そ   求 け こ く た   い
  花   池 た     そ     と     の 理 大 て に の の   め な と 理 も   て
  の   の た     の     も     国 解 乗 そ 取 二 命   る さ は 解 っ   説
  よ   中 え     身     に     に し の の り 菩 を   も ず な し て   こ
  う   に る     は           迎 た 教 人 か 薩 終   の   く   口   う
  で   生 と     す     皆     え か え の こ を え   が こ   真 に    
  あ   れ       で     で     る ら に 前 ま は よ   い の 深 実 と    
  り   る た     に     い     の   か に れ じ う   る 功 く の な    
        ち     金     っ     で わ な お て め と     徳 因 道 え    
  一     ま     色     せ     あ た っ い 現 数 す     を 果 理 る    
  夜     ち     の     い     る し た で れ 限 る     も の を と    
  が                 に     V は   に   り と     っ     は    
                          と           き     て          
 40 









    こ   仏 こ   い ひ 退 そ   仏 そ   説 極 ま   見 お そ   宝 そ  
    れ   が の   ろ ろ く し   を こ   く 楽 た   る 照 し   で の  
    を   た よ   い く こ て   ほ で   の 世     こ ら て   で 人  
    上   か う   ろ す と 七   め そ   を 界 す   と し 仏   き の  
    品   ら に   な べ の 日   た の   聞 の で   が に と   た 体  
    中   直 し   ▲ て な を   た 人   く さ に   で な 菩   蓮 は  
    生   接 て   禅 の い 経   え は   こ ま 大   き る 薩   の 金  
    の   さ 一   定 世 位 て   る 金   と ざ 乗   る と が   花 色  
    も   と 小   ▼ 界 に 後   の 色   が ま の       い   が に  
    の   り 劫   を に 至 に   で の   で な 教     目 っ   あ 光  
    と   を を   修 行 り     あ 台   き 音 え     が せ   る り  
    名   得 経   行 っ   た   る 座   る が を     開 い     輝  
    づ   る て   す て ま だ     か   の み 聞     い に     き  
    け   こ 無   る 仏 た ち     ら   で な い     て 光        
    る   と 生     が 空 に     降   あ 奥 て     す 明     足  
        を 法     た 中 こ     り   る 深 い     べ を     の  
        約 忍     に を の           い た     て 放     下  
        束 の     仕 飛 上     礼     真 こ     を っ     に  
        さ 位     え 行 な     拝     実 と     は て     は  
        れ に       し い     し     の に     っ そ     ま  
        る 至     そ て さ     合     道 よ     き の     た  
        の り     の   と     掌     理 り     り 身     七  
        で       も   り     し     を       と を     つ  
        あ       と   か     て                     の  
        る       で   ら                              
 41 









仏 こ   こ た す   見 こ   ほ そ さ Λ こ   五 と 観     求 そ ひ ま   ▲
を う   と だ る   れ の   め な と 仏 の   百 も 世 こ   め の た た   二
見 し   が ち と   ば 人   た た り の と   の に 音 の   る 功 す 因   四
た て   で に 花   そ は   た を を 子 き   化 現 ・ 人   も 徳 ら 果   ▼
て 一   き 極 は   の こ   え 迎 求 よ 五   身 れ 大 が   の を こ の   次
ま 日   る 楽 閉   身 の   て え め   百   の   勢 そ   が も の 道   に
つ 一     世 じ   は よ   仰 る る そ の   仏 金 至 の   い っ 上 理   上
る 夜     界 身   す う   せ の 心 な 化   を 色 の 命   る て な を   品
こ が     の を   で す   に で を た 身   出 に 二 を     極 い 信   下
と 過     七 包   に を   な あ 起 は の   現 輝 菩 終     楽 さ じ   生
が ぎ     つ み   金 ま   る る し 今 仏   さ く 薩 え     世 と て   に
で る     の     色 の     V た 心 は   せ 蓮 を よ     界 り 大   つ
き と     宝 仏   の あ       か が い   て の は う     に を 乗   い
る 花     で の   蓮 た     と ら 清 っ   そ 花 じ と     生 求 の   て
が が     で 後   の り         ら せ   の を め す     れ め 教   説
  開     き に   花 に       わ か い   人 持 多 る     た る え   こ
は き     た つ   に し       た で に   を た く と     い 心 を   う
じ       池 き   座         し   手   お せ の き     と を け    
め 七     の し   っ ふ       は こ を   迎   聖       願 起 な    
の 日     中 た   て と       こ の さ   え さ 者 阿     い こ さ    
う の     に が   い 自       こ 上 し   に ら た 弥       し ず    
ち う     生 っ   る 分       に な の   な に ち 陀              
は ち     れ て     を       来 い べ   る   と 仏              
  に     る               て             は              
                                                     
 42 









世 犯 守 五       ▲   第     こ   喜 経 供 ま   説 そ   つ 二   で そ
界 さ っ 戒   ¬   二   十 以   れ   び て 養 た   く し   る 十   き の
に な て を   次   五   四 上   を   を す し そ   の て   こ 一   な さ
生 い 五 受   に   ▼   の の   上   得 べ   の   を 極   と 日   い ま
れ よ 逆 け   中   釈   観 こ   品   る て そ 人   聞 楽   が 経     ざ
た う の     品   尊   と と   下   初 の の は   く 世   で っ     ま
い に 罪 八   上   は   名 を   生   地 教 仏 ひ   こ 界   き て     な
と 努 を 斎   生   ま   づ 上   の   の え が ろ   と の   る 後     す
願 め つ 戒   に   た   け 品   も   位 を た く   が さ     に     ぐ
い   く を   つ   阿   る の   の   に さ か す   で ま           れ
求 そ ら た   い   難    も   と   至 と ら べ   き ざ     は     た
め れ ず も   て   と     の   名   る る 奥 て   る ま     じ     特
る ら   ち   説   韋     の   づ     ▲ 深 の   の な     め     徴
も の ま     こ   提     往   け     智 い 世   で 音     て     を
の 功 た そ   う   希     生   る     慧 教 界   あ が     は     は
が 徳 い の       に     の         ▼ え を   る み     っ     っ
い を ろ 他       仰     想         を を め     な     き     き
る も い さ       せ     と         得 聞 ぐ     尊     り     り
  っ ろ ま       に     い           き っ     い     と     と
  て な ざ       な     い         心   て     教     見     見
  西 あ ま       っ               に 三 仏     え     た     る
  方 や な       た               大 小 が     を     て     こ
  極 ま 戒                       き 劫 た           ま     と
  楽 ち 律                       な を を                 が
    を を                                              
 43 









        こ   八 現 そ   み そ   生 ま そ   座 ふ こ   ら い 苦 現 多    
        れ   種 在 こ   な し   ま だ こ   っ と の   れ ろ ・ れ く こ  
        を   の ・ で   四 て   れ そ で   て 自 人   る い 空   の の  
        中   ▲ 未 こ   諦 そ   る の ひ   い 分 は     ろ ・ 金 修 人  
        品   禅 来 の   の の   こ 頭 ざ   る を こ     な 無 色 行 が  
        上   定 を 人   道 花   と を ま     見 の     苦 常 の 僧 そ  
        生   ▼ 知 は   理 の   が あ ず     れ よ     し ・ 光 や の  
        の   を る た   を 開   で げ い     ば う     み 無 を 聖 命  
        も   身 ▲ だ   ほ く   き な て     そ す     を 我 放 者 を  
        の   に 智 ち   め と     い 合     の を     離 の っ と 終  
        と   つ 慧 に   た き   身 う 掌     身 ま     れ 道 て と え  
        名   け ▼ 阿   た     を ち し     は の     る 理 そ も よ  
        づ   る と 羅   え そ   包 に 仏     す あ     こ を の に う  
        け   こ 神 漢   る の   ん た に     で た     と 説 人 従 と  
        る   と 通 の   の 世   で ち 向     に り     が い の 者 す  
            が 力 さ   を 界   い ま か     蓮 に     で て 前 に る  
            で を と   聞 の   た ち っ     の し     き   に 取 と  
            き 得 り   く さ   蓮 極 て     花 て     る 出 お り き  
            る   を   こ ま   の 楽 礼     の 大     の 家 い か    
            の 煩 開   と ざ   花 世 拝     台 い     を の で こ 阿  
            で 悩 き   が ま   が 界 す     座 に     ほ も に ま 弥  
            あ を     で な   開 に る     に 喜     め の な れ 陀  
            る 離 過   き 音   く   と       び     た が り て 仏  
              れ 去   る が                     た       は  
              る ・                           え          
 44 









あ そ   生 蓮   座 そ   ほ わ 過   ま こ   花 と そ     求 乱 沙 一   ▲
る し   れ の   っ の   め た 去   こ の   を も の こ   め さ 弥 日   二
  て   る 花   て 人   た し ・   と と   持 に 命 の   る ず 戒 一   六
  宝     は   い が   た は 現   に き   た 現 を よ   も   を 夜   ▼
  の     す   る ふ   え こ 在   よ 空   せ れ 終 う   の そ 守 の   次
  池     ぐ     と   て こ ・   い 中   て   え に   が の り 間   に
  の     に     自   仰 に 未   功 に   そ 金 よ 戒   い 功       中
  中     閉     分   せ 来 来   徳 声   の 色 う 律   る 徳 あ あ   品
  で     じ     を   に て の   を が   人 の と を     を る る   中
  七     て     見   な そ 仏   積 し   の 光 す 守     も い い   生
  日     そ     れ   る な が   ん て   前 を る り     っ は は   に
  を     の     ば   の た た   だ     に 放 と そ     て 具 八   つ
  経     身     そ   が を の     Λ   お ち き の     極 足 斎   い
  て     を     の   聞 迎 教     善   い     徳     楽 戒 戒   て
  は     包     身   こ え え     良   で 七 阿 が     世 を を   説
  じ     み     は   え る に     な   に つ 弥 身     界 守 守   こ
  め           す   る の よ     も   な の 陀 に     に っ り   う
  て     西     で     で く     の   る 宝 仏 そ     生 て      
  花     方     に     あ し     よ   の で が な     れ   あ    
  が     極     蓮     る た         を で 多 わ     た 少 る    
  開     楽     の     V が     そ   見 き く っ     い し い    
  く     世     花       っ     な   る た の た     と も は    
  の     界     に     と た     た     蓮 聖 人     願 行      
  で     に             か     は     の 者 は     い い      
                      ら             と         を      
 45 









こ   な 尊 そ   く た こ   聞 楽 め     心 善   ▲   こ   そ   至 ほ  
れ   る い し   ら と れ   く し ぐ こ   を 良   二   れ   し   る め 蓮
を   の 教 て   い え ら     い り の   持 な   七   を   て     た の
中   で え 七   の ば の     よ あ 人   つ も   ▼   中   半     た 花
品   あ を 日   わ 元 こ     う い が   も の   次   品   劫     え が
下   る 聞 を   ず 気 と     す   そ   の の   に   中   を       開
生     い 経   か な を     や そ の   が う   中   生   経     尊 く
の     て て   な 若 聞       の 命   い ち   品   の   て     い と
も     喜 後   間 者 き     法 人 を   る     下   も   後     教 こ
の     び に   に が お     蔵 の 終     親   生   の   に     え の
と             す わ     菩 た え     に   に   と   阿     を 人
名     一 観   西 ば り     薩 め よ     孝   つ   名   羅     聞 は
づ     小 世   方 や そ     の に う     行   い   づ   漢     い 目
け     劫 音   極 く の     四 阿 と     を   て   け   と     て を
る     を ・   楽 ひ 命     十 弥 す     尽   説   る   な     喜 開
      経 大   世 じ を     八 陀 る     し   こ       る     び き
      て 勢   界 を 終     願 仏 と         う       の        
      阿 至   に 曲 え     に の き     人           で     須 合
      羅 の   生 げ る     つ 国       々           あ     陀 掌
      漢 二   れ 伸 と     い の 善     に           る     お し
      と 菩   る し       て 清 知     思                 ん て
        薩     す       説 ら 識     い                 の 仏
        に     る       く か に     や                 位 を
        会             の で       り                 に  
        い             を         の                    
 46 









除 五 こ   教     き こ   ほ め     こ 愚 大   さ       ▲   第  
か 十 の   え さ   わ の   め ぐ こ   と か 乗   ま       二   十 以
れ 億 教   る ら   め い   た り の   が な の   ざ   ¬   八   五 上
る 劫 え     に   て ろ   た あ 人   な 人 経   ま   次   ▼   の の
の と に     善   重 い   え い が   い は 典   な   に   釈   観 こ
で い し     知   く ろ   る   そ       を   悪   下   尊   と と
あ う た     識   悪 な   の そ の     多 け   い   品   は   名 を
る 長 が     は   い 経   を の 命     く な   行   上   さ   づ 中
  い っ     合   行 題   聞 人 を     の す   い   生   ら   け 品
  間 て     掌   い を   く の 終     悪 よ   を   に   に   る の
  の 仏     し   の 聞     た え     い う   す   つ   阿    も
  迷 の     て   罪 く     め よ     行 な   る   い   難     の
  い 名     南   が こ     に う     い こ   も   て   と     の
  の を     無   除 と     大 と     を と   の   説   韋     往
  も 称     阿   か に     乗 す     し は   が   こ   提     生
  と え     弥   れ よ     経 る     て し   い   う   希     の
  で る     陀   る り     典 と     も な   る       に     想
  あ こ     仏           の き     少 い           仰     と
  る と     と     千     経       し が           せ     い
  罪 に     称     劫     題 善     も             に     い
  が よ     え     の     を 知     恥 こ           な      
    り     る     間       識     じ の           っ      
          よ     の       に     る よ           た      
          う                     う                  
          に                     な                  
 47 









こ   ▲ こ   こ そ   な 二 そ       世 宝 そ   に こ   で な そ そ 大  
れ   智 の   の の   リ 菩 の   こ   界 の し   満 の   あ く な の 勢 こ
を   慧 よ   上 人     薩 花   う   の 蓮 て   ち 言   る な た 人 至 の
下   ▼ に   な は   経 が が   し   宝 の そ   あ 葉   V っ は の の と
品   を し   い こ   典 大 開   て   の 花 の   ふ が     た 仏 前 二 き
上   身 て   さ れ   の い く   四   池 に 光   れ 終   と か の に 菩 阿
生   に 十   と を   奥 な と   十   の 乗 を   て わ     ら 名 お 薩 弥
の   つ 小   り 聞   深 る き   九   中 り 見   い る   ほ   を い を 陀
も   け 劫   を き   い 光     日   に   て   る と   め わ 称 で お 仏
の     を   求     教 明 深   を   生 そ 喜   の そ   た た え に 遣 は
と   初 経   め 信   え を い   経   れ の び   を の   た し た な わ  
名   地 て   る じ   を 放 慈   て   る 仏     見 人   え は こ り し 化
づ   の     心 て   お っ 悲   後   の の そ   る は   て こ と   に 身
け   位 す   を よ   説 て を   に   で 後 の         仰 こ に   な の
る   に べ   起 く   き そ 持   は   あ に ま     化   せ に よ   り 仏
    至 て   す 理   に の つ   じ   る つ ま     身   に 来 り Λ   と
    る の   の 解   な 人 観   め     き 命     の   な て   善 こ 化
      教   で し   る の 世   て     し を     仏   る そ さ 良 れ 身
      え   あ       前 音   蓮     た 終     の     な ま な ら の
      を   る       に ・   の     が え     光     た ざ も の 観
      さ           お 大   花     っ る     明     を ま の 仏 世
      と           い 勢   が     て と     が     迎 な よ と 音
      る           で 至   開     極       部     え 罪   菩 ・
                  に の   く     楽       屋     る が   薩  
                                      中     の     が  
 48 









さ の そ 解 さ た そ   い     落 こ   重 説 施 こ   五       ▲   た ま
わ 迷 の 脱 ま め こ   っ こ   ち の   ね い さ の   戒       二   だ た
や い 人 ・ ざ に で   せ の   る よ   て て れ よ   や   ¬   九   ち  
か の は 解 ま 阿     い 人   こ う   そ 少 た う   八   次   ▼   に 仏
な も こ 脱 な 弥 善   に が   と な   れ し も な   斎   に   釈   極 ・
風 と れ 知 不 陀 知   そ そ   に 罪   を も の 愚   戒   下   尊   楽 法
に で を 見 可 仏 識   の の   な 深   誇 恥 を か   や   品   は   世 ・
変 あ 聞 の 思 の に   人 命   る い   っ じ も な   具   中   ま   界 僧
っ る い す 議 持 め   の を     人   て る 盗 人   足   生   た   に の
て 罪 て ぐ な つ ぐ   前 終     は   さ こ み は   戒   に   阿   生 三
  が   れ 力 力 り   に え         え と       な   つ   難   ま 宝
多 除 た た を の あ   押 よ     そ   い が さ 教   ど   い   と   れ の
く か だ 徳 説 す い   し う     の   る な ら 団   を   て   韋   る 名
の れ ち を き ぐ     寄 と     犯     く に の   犯   説   提   こ を
美   に ほ   れ 哀   せ す     し       私 共   し   こ   希   と 聞
し 地 八 め ま た れ   て る     た     い 利 有   破   う   に   が く
い 獄 十 た た 徳 み   く と     悪     ろ 私 物   っ       仰   で こ
花 の 億 た そ と の   る き     事     い 欲 を   て       せ   き と
を 猛 劫 え の   心           の     ろ の 奪   い       に   る が
吹 火 と る 戒 光 か     地     た     な た い   る       な   の で
き は い の ・ 明 ら     獄     め     悪 め     も       っ   で き
散 た う を 定 の そ     の     に     い に 僧   の       た   あ た
ら ち 長 聞 ・ 持 の     猛     地     行 教 侶   が           る も
す ま い く 慧 つ 人     火     獄     い え に   い            の
  ち 間   ・   の     が     に     を を     る             も
 49 









苦 世 こ   悪 も       ▲   こ   求 そ   お 声 そ   後 宝 す   そ 花
し 界 の   い っ   ¬   三   れ   め こ   説 で の   に で る   の の
み に よ   行 と   次   十   を   る で   き そ 花   は で と   人 上
を 落 う   い も   に   ▼   下   心 そ   に の が   じ き た   を に
受 ち な   を 重   下   続   品   を の   な 人 開   め た ち   お は
け   愚   し い   品   い   中   起 教   る を く   て 池 ま   迎 み
な は か   て 五   下   て   生   す え     心 と   そ の ち   え な
け か な   い 逆   生   釈   の   の を     安 き   の 中 極   に 化
れ り 人   る や   に   尊   も   で 聞     ら     花 に 楽   な 身
ば 知 は   も 十   つ   は   の   あ い     か 観   が あ 世   る の
な れ     の 悪   い   阿   と   る て     に 世   開 る 界     仏
ら な そ   が の   て   難   名     た     し 音   く 蓮 に     と
な い の   い 罪   説   と   づ     だ       ・   の の 生     菩
い ほ 悪   る を   こ   韋   け     ち     大 大   で 花 ま     薩
  ど い     犯   う   提   る     に     乗 勢   あ に れ     が
  の 行     し       希        こ     の 至   る 包 る     お
  長 い             に         の     奥 の     ま こ     い
  い の     そ       仰         上     深 二     れ と     で
  間 報     の       せ         な     い 菩     て が     に
    い     他       に         い     教 薩       で     な
  限 と     さ       な         さ     え が     六 き     っ
  り し     ま       っ         と     を 清     劫       て
  な て     ざ       た         り       ら     を 七      
  く 悪     ま                 を       か     経 つ      
    い     な                         な     て の      
 50 









す 声 そ   は     見 ま そ   も 一 十 こ   と き そ   教 し   教 い 善  
が で の   じ そ     る し   と 声 回 う   勧 な こ   え か   え た 知 こ
た   と   め の   た で て   で 一 口 し   め い で   ら し   る わ 識 の
と そ き   て 蓮   ち 太 い   あ 声 に て   る の 善   れ そ   の り に 愚
  の 観   そ の   ま 陽 よ   る 称 称 そ     な 知   た の   を 慰 め か
罪 人 世   の 花   ち の い   罪 え え の     ら 識   通 人   聞 め ぐ な
を の 音   花 に   極 よ よ   が る る 人       は   り は   く   り 人
除 た ・   が 包   楽 う そ   除 た と が     た さ   に 臨     尊 あ が
き め 大   開 ま   世 に の   か び         だ ら   仏 終     い い そ
去 に 勢   く れ   界 輝 命   れ に 仏 心     口 に   を の     教   の
る ひ 至     て   に い を   る 八 の か     に     念 苦     え そ 命
教 ろ の     十   生 て 終     十 名 ら     無 Λ   じ し     を の を
え く 二     二   れ   え     億 を 声     量 も   る み     説 人 終
を す 菩     大   る そ る     劫 称 を     寿 し   こ に     い の え
お べ 薩     劫   こ の と     と え 続     仏 心   と 責     て た よ
説 て は     が   と 人 き     い た け     の に   が め       め う
き の 慈     過   が の       う こ て     み 仏   で さ     仏 に と
に も し     ぎ   で 前 金     長 と 南     名 を   き い     を い す
な の み     る   き に 色     い に 無     を 念   な な     念 ろ る
る の に     と   る 現 の     間 よ 阿     称 じ   い ま     じ い と
  ま あ         の れ 蓮     の っ 弥     え る     れ     る ろ き
  こ ふ         で る の     迷 て 陀     な こ     て     こ と  
  と れ         あ の 花     い   仏     さ と           と    
  の た         る を が     の   と     い が           を    
                                  V で                
 51 









    上 約 が そ   求       無 尊 ま さ   極 五 ▲   観     こ   心 そ
    な 束 で こ   め そ     生 い つ ら   楽 百 三   と 以   れ   を の
    い さ き で   る し     法 こ る に   世 人 一   名 上   を   起 人
    さ れ   釈   心 て     忍 と こ 阿   界 の ▼   づ の   下   す は
    と   そ 尊   を 五     の で と 弥   の 侍 釈   け こ   品   の こ
    り こ の は   起 百     さ あ が 陀   広 女 尊   る と   下   で れ
    を れ 国 す   し 人     と る で 仏   大 と が    を   生   あ を
    求 を に べ   て の     り と き と   な と こ     下   の   る 聞
    め 聞 生 て     侍     を ほ て 観   す も の     品   も     い
    る い れ の   そ 女     得 め   世   ぐ に よ     の   の     て
    心 た た も   の も     た た 心 音   れ そ う     も   と     喜
    を 数 な の   国         た か ・   た の に     の   名     び
    起 限 ら に   に そ       え ら 大   光 教 お     の   づ      
    し り 諸 対   生 れ         喜 勢   景 え 説     往   け     た
    た な 仏 し   れ ぞ       す び 至   を を き     生   る     だ
    の い 現 て   た れ       べ   の   見 聞 に     の         ち
    で 天 前     い こ       て こ 二   た い な     想         に
    あ 人 三 み   と の       の れ 菩   て て る     と         さ
    る も 昧 な   願 上       迷 ま 薩   ま   と     い         と
        を 往   っ な       い で を   つ た       い         り
      み 得 生   た い       が に 見   っ ち 韋               を
      な る す     さ       晴 は た   た ま 提     第         求
      こ と る     と       れ な て     ち 希     十         め
      の   こ     り       て い         は     六         る
          と     を                         の          
 52 









こ そ 迷 二 善   見 な こ       仏 ま 観         よ ま   よ     出 ▲
と れ い 菩 良   た が の   そ   が た 世 ¬   釈   い た   い ¬   て 三
で ら の 薩 な   て ら 観   な   た   音 こ   尊   の こ   で 世   申 二
あ を も の も   ま   仏   た   の Λ 菩 の   は   で の   し 尊   し ▼
る 心 と 名 の   つ 無 三   は   前 こ 薩 教   阿   し 教   ょ     あ そ
  に で を た   る 量 昧   こ   に れ ・ え   難   ょ え   う た   げ の
  念 あ 聞 ち   こ 寿 を   の   生 ま 大 は   に   う の   か だ   た と
  じ る く が   と 仏 行   教   れ で 勢     仰   か か     い     き
    罪 だ た   が お う   え   る の 至 Λ   せ    な     ま     阿
  常 が け だ   で よ も   を   経 悪 菩 極   に     め     の     難
  に 除 で 無   き び の   た   V い 薩 楽   な     は     教     は
  思 か も 量   る 観 は   も     行 を 世   っ     ど     え     座
  い れ   寿     世     ち   と い 観 界   た     の     は     か
  続 る は 仏     音 そ       名 も ず と         よ     何     ら
  け の か の     ・ の   決   づ さ る 無         う     と     立
  る で り 名     大 身   し   け ま 経 量         に     名     ち
  な あ 知 と     勢 は   て   る た V 寿         た     づ      
  ら る れ 観     至 こ   忘     げ   仏         も     け     釈
    か な 世     の の   れ     と と お         て     た     尊
  な ら い 音     二 世   て     は 名 よ         ば     ら     の
  お   長 ・     菩 に   は     な づ び                     前
  さ ま い 大     薩 あ   な     ら け                       に
  ら し 間 勢     を り   ら     ず                         進
  の て の 至           な                               み
        の           い                                
 53 









  の 大 数   も お ▲   み お     の こ           無 友 こ   知 白  
  で い 限   の 帰 三   な よ 釈   名 の   ¬   釈   量 と の   る く も
  あ に り   の り 三   大 び 尊   を こ   そ   尊   寿 な よ   が 清 し
  る 喜 な   た に ▼   い 韋 が   心 と   な   は   仏 リ う   よ ら 念
    び い   め な こ   に 提 こ   に を   た   阿   の   な   い か 仏
      天   に り う   喜 希 の   と 心   は   難   国 さ 人     な す
    う 人       し   ん た よ   ど に   こ   に   に と は     蓮 る
    や や   こ 阿 て   だ ち う   め と   の   仰   生 り       の も
    う 竜   の 難 釈   の は に   よ ど   こ   せ   れ の 観     花 の
    や や   釈 は 尊   で 釈 お   と め   と   に   る 場 世     と が
    し 夜   尊 山 は   あ 尊 説   い よ   を   な   の に 音     た い
    く 叉   の 上 大   る の き   う と   し   っ   で 座 ・     た る
仏   釈 も   教 で 空     こ に   こ い   っ   た   あ り 大     え な
説   尊     え   を     の な   と う   か       る   勢     ら ら
観   を そ   を そ 歩     教 っ   で の   り        仏 至     れ  
無   礼 の   説 こ ん     え た   あ は   と         が の     る ま
量   拝 説   き に で     を と   る     心         た 二     尊 こ
寿   し 法   聞 集 耆     聞 き    す   に         の 菩     い と
経   て を   か う 闍     い       な   と         家 薩     人 に
    立 聞   せ す 崛     て 目     わ   ど         で が     で そ
終   ち い   た べ 山       連     ち   め         あ す     あ の
    去 て     て に       や     無   る         る ぐ     る 人
    っ み     の         阿     量   が           れ     と は
    た な               難     寿   よ           た        
                            仏   い                    
 54 [TOP]ヘ