【 無我の思想 】    
【横縦書き】へ

--- 仏教のアートマン(永遠不変の魂)否定 ---

仏典でしばしば言及される「無我」あるいは「非我」と翻訳されるアナートマン(anatman)という語は、「我、自身」を意味するアートマン(atman)に、英語で言えば「un-」とか「non-」を意味するアン(an-)を付けたものです。それは明らかにアートマンを否定する言葉です。仏教はこの無我あるいは非我という言葉を駆使してなにを語ろうとしたのでしょうか。本論は仏教を特徴づけているこの無我の思想を理解しようとするひとつの試みです。

【佐倉哲エッセイ集】の編集です。

引用文へ▼



第一章 ブッダの背景
仏教の無我説は何もない真空状態の中に突然生まれてきたのではなく、それなりの理由があって生まれてきたはずです。否定の主張にはそれが否定した、ある特定の主張の存在が前提となっているはずだからです。だれも肯定していないところにわざわざ否定の主張をするわけがありません。つまり、アートマン否定の背景にはアートマン肯定説があったはずです。それがまさにバラモン教であり、ウパニシャッドの思想(バラモン教の哲学的展開)です。

第二章 ブッダの沈黙

しかし、仏教は、たとえば、「アートマンは有る」というウパニシャッドの主張に対して、同じ次元で「アートマンは無い」と単純に言い返したのではありませんでした。仏教の批判は、ウパニシャッド(やその他の宗教各派)の主張が依って立つ土台そのものに向けられた、もっと根本的なものだったからです。つまり、ブッダは、「アートマンは有る(無い)」という主張は間違っていると批判したのではなく、そのような問答は無意味であると批判したのです。ここに仏教のアートマン批判のもっとも顕著な特徴があります。

第三章 ブッダの主張

人間の知識や経験の届かない、形而上学的問題に関しては、ブッダは「わたしが説かないことは説かないと了解せよ」と沈黙をもって応えましたが、人間の知識や経験の届く範囲に関して、とくに人間存在については、ブッダは「わたしが説くことは説くと了解せよ」と言って、いくつかの重要な主張を残しました。アートマンについても、死後においても生残るなどという形而上学的空想問題としては沈黙を保ちましたが、経験や知覚の世界の問題としてはアートマンに関して明確に無我の主張をしました。


無我の思想

--- 第一章 ブッダの背景 ---

"The Buddhist schools differed among themselves to a great degree; they have, however, one thing in common -- the denial of substance (atman)."

「各仏教学派はその教義においてそれぞれ大いなる相違を示しているが、それでも一つの共通点をもっている。それはアートマンの否定である。」

(T.R.V. Murti, The Central Philosophy of Buddhism, p26)



ウパニシャッドのアートマン説

仏教の無我説は何もない真空状態の中に突然生まれてきたのではなく、それなりの理由があって生まれてきたはずです。否定の主張にはそれが否定した、ある特定の主張の存在が前提となっているはずだからです。だれも肯定していないところにわざわざ否定の主張をするわけがありません。つまり、アートマン否定の背景にはアートマン肯定説があったはずです。それがまさにバラモン教であり、ウパニシャッドの思想(バラモン教の哲学的展開)です。


ブ 安 不 不 ま
ラ 泰 老 生 こ
フ で   の と
マ あ 不 ア に
ン り 滅 |  
で     ト こ
あ   不 マ の
る   死 ン 偉
      は 大
        な

(『ブリハッド 4:4:25』)
  
初期ウパニシャッドの思想家ウッダーラカやその弟子ヤージャニャヴァルキヤはつぎのような主張をしています。

 も 束 あ   悟 つ 繰 か そ し 生 底 え な 体 拠 一 有 真
 の 縛 た こ る い り ら れ か 命 に ざ け 的 り 切 ∧ 実
 で ・ か れ と て 返 で は し の 潜 る れ な 所 の 真 の
 あ 羈 も が   万 す あ 真 生 去 ん も ど も と 生 実 自
 る 絆 故 解 死 有 の る 実 命 っ で の も の し 類 在 己
   を 郷 脱 後 の で   な の た 存 と   と て は V は
   脱 か の に 真 あ ・ も 本 と 在 し し し い 有 に ア
   し ら 境 完 理 る ・ の 体 き し て か て る ∧ ほ |
   て 連 地 全 た が ・   は こ て わ し 認   真 か ト
   故 れ で に る   人 ア 死 の い れ 有 識 わ 実 な マ
   郷 去 あ 有 有 し は | ぬ 肉 る わ ∧ す れ 在 ら ン
   に ら る と ∧ か 無 ト こ 体   れ 真 る わ V な で
   帰 れ  合 真 し 限 マ と は ・ の 実 こ れ を い あ
   る て そ 一 実 人 の ン が 滅 ・ 人 在 と は 根   り
   よ 人 れ す 在 が 生 で な び ・ 格 V は 有 底 ・  
   う が は る V 師 存 あ い る   の は で を と ・  
   な       を に を る   が   根 見 き 具 し ・  

        (長尾雅人、服部正明、『バラモン経典・原始仏典』、27頁)
  

く 次 次 先 あ そ 不 の そ 人
・ の の 端 た こ 死 な の 間
・ 身 葉 に か か の か 肉 が
・ 体 に 達 も ら ア に 体 死
  に 移 し 草 出 | 解 は ぬ
  移 る た の て ト 消 自 と
  っ よ 青 葉 い マ す 然  
  て う 虫 の っ ン る 現  
  い に が   て は が 象  

(長尾雅人、服部正明、『バラモン経典・原始仏典』)
  
この不死のアートマンの考え方は受け継がれ、インドにおける仏教以外のすべての宗教哲学の基本的な考えになっていきます。たとえば、中期ウパニシャッドの『カータカ・ウパニシャッド』においては、瞑想(ヨーガ)の目的は目に見えないこの人間存在の根底に潜んでいると想定される「絶対者アートマン」すなわち、不変不滅の魂のような存在を内観することであると説いています。アートマンを認めることは宗教的救済の根拠となっているわけです。また、後期ウパニシャッドの『マイトリ・ウパニシャッド』では、物質的アートマンと純精神的アートマンの二種に分けて、前者を捨てて後者と一体となることが解脱の道である、と説いています。

ヒンズー教の時代に至っても、この伝統は受け継がれ、たとえば、かの有名な『バガヴァッド・ギータ』のなかでは、武士族(クシャトリヤ)の王子アルジュナが、親族が相別れて戦争になった状態に苦しみ、親族を殺すような行為はしたくないと深く悩みますが、この悩みを救ったのがクリシュナ神でした。すなわち、クリシュナ神は、剣が殺すことのできるのは肉体だけであって、本当の個人存在であるアートマンは剣によって殺すことのできない永遠不滅の魂なのだから、恐れず武士の努めを果たせ、と勇気づけるのです。 <


   悲 戦 ア ・ 彼 王 私 良 ク び ら ¬   に 見 ア 更 息 ア 
   し 車 ル ・ ら 国 は い リ   の ク   言 て ル に 子 ル 
   み の ジ 親 が が 勝 結 シ 私 親 リ   っ   ジ     ジ 
   に 座 ュ 族 私 何 利 果 ュ の 族 シ   た こ ュ 義 孫 ュ 
   心 席 ナ を を に を に ナ 身 を ュ     の ナ 父   ナ 
   乱 に は 殺 殺 な 望 は ∧ 体 見 ナ     上 は   友 は 
   れ 座 こ し し る ま な 神 は て ∧     な こ 親 人 そ 
   て り の て て   な る V 震   神     い れ 友 た こ 
     込 よ   も 享 い ま よ え 私 V     悲 ら た ち に 
     ん う ど   楽   い     の よ     哀 す ち が   
     だ に う 私 や ゴ   戦 総 四       を べ を 立 父 
       告 し は 生 ー ク い 毛 肢 戦     感 て 見 っ 親 
     弓 げ て 彼 命 ヴ リ に 立 は お     じ の た て   
     と   幸 ら が ィ シ お つ 沈 う     て 縁   い 祖 
     矢 戦 せ を 何 ン ュ い   み と     沈 者 両 る 父 
     を い に 殺 に ダ ナ て ・ 込 し     み が 軍 の   
     投 の な し な よ ∧ 親 ・ み て     込 立 の を 師 
     げ さ れ た る   神 族 ・   立     み っ 間 見   
     捨 な よ く   私 V を   口 ち       て に た 叔 
     て か う な ・ に よ 殺   は 並     次 い ・   父 
         ・ い ・ と   せ   ひ ぶ     の る ・     
         ・   ・ っ   ば   か こ     よ の ・   兄 
              て       ら れ     う を     弟 
  

     真 存 と ら そ 苦 し   は た お し た 在 い つ み ・ 
     理 在 な れ れ 楽 か   な   い な ち し て い 込 ・ 
     を は る な に を し   い 他 て く も な も て む ・ 
     見 な こ い 耐 も ク     の   な ・ か 生 嘆 彼 ク 
     る い と 人 え た ン     身 少 る ・ っ 者 く に リ 
     人   が   よ ら テ     体 年 こ ・ た に   答 シ 
     々 実 で 苦   し ィ     を 期 と   こ つ し え ュ 
     は 有 き 楽 ア   ー     得   も ま と い か た ナ 
       ∧ る を ル 来 の     る 青 な た は て も   ∧ 
     こ 個   平 ジ た 子       年 い 我 な も 分 あ 神 
     の 我 非 等 ュ り よ     賢 期   々 い 嘆 別 な V 
     両 V 有 の ナ て       者   主 す   か 臭 た は 
     者 に ∧ も   は 物     は 老 体 べ あ ぬ く は 微 
     の は 身 の そ 去 質     こ 年 ∧ て な も 語 嘆 笑 
     分 非 体 と れ り と     こ 期 個   た の る く し 
     か 存 V 見 ら   の     に を 我 こ も だ   べ て 
     れ 在 に る の 無 接     お 経 V れ     賢 き   
     目 は は 賢 接 常 触     い る は か こ 私 者 で 両 
     を な ∧ 者 触 で は     て   こ ら こ は は な 軍 
     見 い 真 は に あ       迷 そ の 先 に 決 死 い の 
     る   の   苦 る 寒     う し 身   い し 者 人 間 
         V 不 し   暑     こ て 体 存 る て に 々 で 
           死 め         と ま に 在 王 存 つ に 沈 
  


       身 捨 誰 彼 身 不 こ 彼 彼 理 ま そ に 常 こ と こ 
       体 て を が 体 生 と は は 解 た れ 属 住 の 知 の 
       を   し 不 が   も 生 決 し 彼 故 す で 不 れ 世 
       捨 新 て 滅 殺 常 な じ し て が   る 滅 滅   界 
       て し 殺   さ 住 い た て い 殺 戦 身 び の   を 
         い さ 常 れ     こ 生 な さ え 体 る も   あ 
       他 衣 せ 住 て 永   と ま い れ   は こ の   ま 
       の 服     も 遠   も れ   る ア 有 と を   ね 
       新 を 誰 不   で   な ず 彼 と ル 限 な 滅   く 
       し 着 を 生 彼 あ   く   は 思 ジ で く ぼ   満 
       い る 殺   は り     死 殺 う ュ あ   す   た 
       身 よ す 不 殺     ま ぬ さ 者 ナ る 計 こ   す 
       体 う か 変 さ 太   た こ ず     と り と   も 
       に に   で れ 古   存 と   そ 彼 言 難 は   の 
       行   人 あ る よ   在 も 殺 の が わ い 誰   を 
       く 主 が る こ り   し な さ 両 殺 れ 主 に   不 
         体 古 と と 存   な い れ 者 す る 体 も   滅 
       ・ は い 知 が す   く   も は と   ∧ で   で 
       ・ 古 衣 る な る   な   し よ 思   個 き   あ 
       ・ い 服 人 い     る   な く う   我 な   る 
            を は           い   者   V い     
  

   戦 そ す あ 罪 な も の 戦 た な と と も さ あ そ 常 あ 
   う れ れ な 悪 わ し み い ま い っ い   ら な れ に ら 
   決 故 ば た を な あ が   た か て う 戦 に た 故 殺 ゆ 
   意   地 は 得 け な そ ア ま ら   の 慄 ま は   さ る 
   を ア 上 殺 る れ た の ル 訪 で 義 は く た 万   れ 者 
   し ル を さ で ば が よ ジ れ あ 務   べ   物   る の 
   て ジ 享 れ あ     う ュ た る に ク き あ に   こ 身 
     ュ 受 れ ろ 自 こ な ナ     基 シ で な つ   と 体 
      ナ す ば う 己 の 戦 よ 開   づ ャ は た い   が に 
     よ る 天   の 義 い   か   く ト な は て   な あ 
       で 界 ・ 義 務 を 幸 れ   戦 リ い 自 嘆   い る 
     立 あ を ・ 務 に 得 運 た   い ヤ   己 く     こ 
     ち ろ 得 ・ と 基 る な 天   に ∧   の べ     の 
     上 う     名 づ   ク 界   優 王   義 き     主 
     が   勝   誉 く   シ の   る 族   務 で     体 
     れ   利   と 戦   ャ 門   も     を は     ∧ 
         す   を い   ト で   の 士   考 な     個 
         る   捨 を   リ あ   は 族   慮 い     我 
         と   て 行   ヤ る   他 V   し       V 
                         に に   て       は 
                                         


  (上村勝彦訳、『バガヴァッド・ギーター』、岩波文庫、28〜37頁) 
  

ブッダ以前のヴェーダ聖典やウパニシャッドの思想から、より新しいヒンズー教の教えに至るまで、アートマンはいろいろな形で説かれていますが、それらに共通するアートマンの特徴としては、 (ア)死後も生残る永遠不変の存在である。
(イ)見えないけれど、それこそが真の自己である。
(ウ)それは宗教的救いの根拠である。 などをあげることができると思います。

-------------------------

このように古代のヴェーダ聖典から、バラモン教、ウパニシャッド、ヒンズー教にいたるまで、アートマン思想を宗教の根底に置くインドの世界の真っただ中に仏教は生まれ、一貫してそれらと対立してきました。仏教の無我(アナートマン)説は、このアートマン説に対する批判であったと考えられます。


無我の思想

--- 第二章 ブッダの沈黙 ---

"The Buddhist schools differed among themselves to a great degree; they have, however, one thing in common -- the denial of substance (atman)."

「各仏教学派はその教義においてそれぞれ大いなる相違を示しているが、それでも一つの共通点をもっている。それはアートマンの否定である。」

(T.R.V. Murti, The Central Philosophy of Buddhism, p26)



(1)ブッダの沈黙
しかし、仏教は、たとえば、「アートマンは有る」というウパニシャッドの主張に対して、同じ次元で「アートマンは無い」と単純に言い返したのではありませんでした。仏教の批判は、ウパニシャッド(やその他の宗教各派)の主張が依って立つ土台そのものに向けられた、もっと根本的なものだったからです。

最も古層に属する原始仏典のひとつ(スッタニパータ、4章と5章)には、ブッダの宗教観としてつぎのような洞察が残されています。


そ 固 ま 他 :   他 け な 諸 下 も   め い か 他 か   称 か こ 他 或
れ 執 た 人 真   人 だ ろ 々 劣 し   い だ れ 人 れ   し れ れ の る
ゆ す 諸 に の   の し う の で も   め い ら の ら   て ら ら 人 人
え る 々 導 :   教 世   教 あ 他   い て は 教 は   い は の 々 々
に こ の か バ   え 人   え る 人   自 論 こ え 自   る す う は が
  と こ れ ラ   を は   の と に   分 争 の を 分   の べ ち ¬ ¬
諸 も と る モ   劣 み   う い 非   の し よ ¬ の   で て で 下 最
々 な が と ン   っ な   ち う 難   仮   う 下 教   あ 自   劣 高
の い ら い は   た 自   で な さ   説   に 劣 え   る 分 ど な の
論   に う     も 己   勝 ら れ   を   互 で を   が ら れ も 教
争   つ こ     の の   れ ば て   ¬   い あ ¬     こ が の え
を   い と     だ 説   た   い   真   に る 完     そ 真 で だ
超   て が     と を   も   る   理   異  全     真 実 あ 
越   断 な     説 堅   の   が   で   な と で     理 の る と
し   定 い     い く   は   ゆ   あ   っ い あ     に 説  称
て   を       て 主   一   え   る   た う る     達 で と す
い   し       い 張   つ   に      執        し あ 称 る
る   て       る し   も       と   見   と     た る す も
・           か て   な       説   を   称     者 の る の
・           ら     い       く       し     で か   を
・           で     こ                     あ ?    
            あ     と                     る      
            る     に                     と      
                                               
     中村元訳、『ブッダのことば  スッタニパータ』 
  
ブッダが宗教に見たものはドグマへの執着であり、その愚かさです。そのために、ブッダは、ある特定の種類の(形而上学的)質問に対しては沈黙したと仏典は記しています。このことを「無記」あるいは「無捨置」といいます。

ブッダの沈黙は宗教や哲学の形而上学的論議そのものに対する批判です。「人が死後も存在して生き続けるかどうか」と言う質問は、ブッダが答えることを拒否した14(あるいは10)種類の形而上学的質問のうちの一つだったのです。それは、「毒矢のたとえ」や「ヴァチャとの対話」などの経に残されています。


 て 説 も こ だ わ わ 世 尊 な か で 世 は す か ¬ に な そ 園 ジ ひ 
 世 か し の か た た 尊 は い   あ 界 永 わ れ こ 次 い の に ェ と 
 俗 れ 世 意 ら し し が わ と 人 る は 遠 な   れ の と と お | こ 
 の な 尊 味 わ に に わ た か は と 無 で ち 無 ら よ こ き ら タ ろ 
 生 い が を た と と た し | 死 か 限 は    視 の う ろ   れ ヴ 世 
 活 よ わ 尋 し っ っ し に | 後   で な | さ 考 な へ 尊 た ァ 尊 
 に う た ね は て て に 説   存 魂 あ い | れ え 考 行 者   ナ は 
 帰 な し て 世 容 嬉 説 か こ 在 と る と    て 方 え っ マ   の   
 る ら の み 尊 認 し か れ れ す 身 か か 世 い を が て |   な サ 
 と   た よ の で い れ な ら る 体     界 る 世 起 静 ル   か | 
 し わ め う と き こ な か の と は 魂 世 は   尊 こ 思 ン   の ヴ 
 よ た に | こ る と か っ さ か 別 と 界 永   は っ し キ   ナ ァ 
 う し   | ろ こ で っ た ま   個 身 は 遠   説 た て ャ   | ッ 
  は こ   へ と は た   ざ 人 な 体 有 で   か   い プ   タ テ 
   修 れ   参 で な と   ま は も は 限 あ   れ   た ッ   ビ ィ 
 ∧ 学 ら   っ も い い   な 死 の 同 で る   ず   が タ   ン の 
 中 を の   て な し う   考 後 で 一 あ と         は   デ 郊 
 略 放 こ     い   こ   え 存 あ な る か   捨   そ 人   ィ 外 
 V 棄 と         と   方 在 る も と     て   の 影   カ   
   し を         は   を し と の か 世   置   心 の   の   
                   世         界                 
  

 る 現 病 し る マ と っ ま 活 る マ わ こ 愚 な ¬   ¬   も そ ¬ 
 の 実 死 な と | い て た が と | た と か こ マ   師   と の マ 
 で に は い い ル う は 人 可 い ル し を に と |   よ   に よ | 
 あ そ あ い う ン こ じ 間 能 う ン を 要 も を ル       き う ル 
 る れ り う 考 キ と め は で 考 キ 拒 求   教 ン   そ   て な ン 
 | ら   考 え ャ も て 死 あ え ャ も し お え キ   の   修 こ キ 
 | を 悲 え 方 プ な 人 後 る 方 プ う   ま て ャ   よ   行 と ャ 
   征 嘆 方 が ッ い は 存   が ッ と そ え や プ   う   せ を プ 
   服 苦 が あ タ   修 在 と あ タ し の は る ッ   な   よ 教 ッ 
   す 憂 あ ろ よ   行 し い っ よ て よ わ と タ   こ     え タ 
   る 悩 ろ う     生 な う て   い う た 言 よ   と   と て よ 
   こ は う と 人   活 い こ は 人 る の し っ     は   言 や   
   と あ と   間   が と と じ 間   説 が た わ   あ   っ る わ 
   を る   人 は   可 い は め は ∧ く そ こ た   り   た か た 
   わ   ま 間 死   能 う な て 死 中 こ の と し   ま   こ ら し 
   た   さ は 後   で 考 い 人 後 略 と よ も は   せ   と   は 
   し   に 死 も   あ え   は も V を う な そ   ん   が わ お 
   は     後 存   る 方   修 存   し に い の      あ た ま 
   教   生 存 在     が   行 在   な 説 の よ       る し え 
   え   老 在 す     あ   生 す   い く に う       か の に 
                                              
  

                                   教 尊 以 わ か マ 
                                   説 者 上 た な | 
                                   を マ の し い ル 
                                   受 | こ が こ ン 
                                   け ル と 説 と キ 
                                   入 ン を く は ャ 
                                   れ キ 世 こ 説 プ 
                                   た ャ 尊 と か ッ 
                                     プ は は な タ 
                                     ッ 語 説 い よ 
                                     タ ら く と   
                                     は れ と 了 ゆ 
                                     歓 た 了 解 え 
                                     喜   解 せ に 
                                     し   せ よ   
                                     て   よ   わ 
                                     世      た 
                                     尊       し 
                                     の       が 
                                             説 
(「毒矢のたとえ」、長尾雅人編集『バラモン教典・原始仏典』、中公バックス、473〜478頁)
  

 い だ れ か あ さ   と い   他 お   ら 二 世 そ 舎 あ か 
 旨 が の 存 る ら ・ い  ¬ は も ¬   人 尊 の に る よ 
 を   意 し か に ・ う   ヴ 虚 わ 世 さ は を 時 あ と う 
 答 世 見 な 別 ヴ ・ 意    ァ 妄 れ 尊 て 友 訪   ら き に 
 え 尊 で い で ァ ∧ 見 ¬ ッ で る よ   誼 ね ヴ わ   わ 
 た は あ か あ ッ 中 で で チ あ か   彼 に て ァ れ 世 た 
     る 等 る チ 略 あ は ャ る   あ は み き ッ た 尊 し 
   そ か の か ャ V る   よ と こ な 世 ち た チ   は は 
   の を こ   は ・ か 世   思 れ た 尊 礼   ャ     聞 
   い 問 と 人   ・  尊 わ わ の は に 譲   と   サ い 
   ず う に は 霊 ・   は た れ み   問 あ   い   | た 
   れ た つ 死 魂         し る が 世 う る   う   ヴ   
   の   い 後 と   ¬ 世 は か 真 界 て 挨   外   ァ   
   意   て も 身   そ 界    で は 言 拶   道   ッ   
   見     な 体   う は そ   あ 常 っ を   の   テ   
   を   世 お と   で 常 う   っ 住 た 交   行   ィ   
   も   尊 存 は   は 住 は   て で   わ   者   の   
   と   が 在 同   な で 思     あ   し   が   祇   
   ら   い す 一   い な わ     る   て       園   
   な   ず る で    い な     と   か       精   
  

             智 破 そ 見 っ う 人 霊 ヴ す け 見   か 
             通 滅 れ 取 て な は 魂 ァ る ら る ¬ く 
               を は の い 種 死 と ッ と れ が い て 
             正 と   結 る 類 後 身 チ 世 る ゆ っ   
             覚 も 苦 縛 も の に 体 ャ 尊 の え た ヴ 
               な を に の 問 も と よ は で に い ァ 
             涅 い と と で い な は     あ     ッ 
             槃   も ら あ ∪ お 一 ∩ か る か 世 チ 
             に 厭 な わ り に 存 体 世 よ か よ 尊 ャ 
             役 離 い れ   対 す で 界 う  う は は 
             立     て 見 す る あ は に   に     
             た 離 悩 い 惑 る か る 常 教   一 い さ 
             な 欲 み る の 見 ど か 住 え   切 か ら 
             い   を の 林 解 う ど か て   の な に 
               滅 と で に は か う ど 言   見 る 問 
               尽 も あ 迷     か う っ   解 わ う 
                 な る い 独 な   か た   を ざ て 
               寂 い   込 断 ど         し わ 言 
               静     み に の         り い っ 
                       陥 よ         ぞ を た 
                                         
(マッジマニカーヤ 中部経典72、増谷文雄訳「火は消えたり」『仏教の根本聖典』、大蔵出版)
  
このように、ブッダは「人は死後にもなお存するかどうか」というような種類の形而上学的問いには答えなかった、と仏典は記録しています。そのような問いに対する見解はドグマ(独断)に過ぎないからです。

 り  よ  い  教  存  で  に  も  ∧  ¬ 
 ま     だ  え  続  あ  立  の  我  弟 
 せ  ま  ろ  は  し  る  脚  で  が  子 
 ぬ  っ  う     て    し  は  も  た 
   た  か  ま  生  と  た  な  の  ち 
    く    っ  き  か  教  い  V  よ 
    愚     た  続     え  の  な    
    か  ¬  く  け  ¬     で  ど  ∧ 
    な  ま  愚  る  我  つ  あ  は  我 
    教  っ  か  で  は  ま  る     ∩ 
    え  た  な  あ     り  か  真  ア 
    で  く  教  ろ  死     ら  実  | 
    あ  そ  え  う  後  ¬     と  ト 
    る  の  で       我  こ  し  マ 
    と  通  あ  と  永  と  の  て  ン 
    言  り  る  い  遠  世  よ  捉  ∪ 
    わ  で  と  う  不  界  う  え  V 
    ね  す  言  よ  変  は  な  ら  や 
    ば     え  う  に  一  も  れ    
    な  師  な  な     つ  の  る    

(マッジマニカーヤ 中部経典22)
  
「真実として捉えられるものではない」というのは、それが実証できない主張、つまり単なる空想的独断に過ぎないこと、を意味しています。

このように、「アートマンは有る」というウパニシャッドの主張に対して、ブッダは、同じ次元で「アートマンは無い」と単純に言い返したのでは有りません。現代仏教学者が、ときどき、初期の仏教は決して「アートマンは存在しない」と主張したのではないというのは、この意味からです。 初期の仏教では決して「アートマン(我)が存在しない」とは説いていない。・・・アートマンが存在するかしないかという形而上学な問題に関しては釈尊は返答を与えなかったといわれている。(中村元、『仏教語辞典』「無我」、1316頁) ブッダの批判は、「アートマンは有る」とか「アートマンは無い」という主張が依って立つ土台そのものに対する、もっと根本的な批判だったのです。つまり、ブッダは、「アートマンは有る(無い)」という主張は間違っていると批判したのではなく、そのような問答は無意味であると批判したのです。ここに仏教のアートマン批判のもっとも顕著な特徴があります。



(2)キサー・ゴータミーの物語

このような、死後も生残る永遠の魂としてのアートマンに対する仏教の立場は、とくに人の死の問題に関する仏教の態度に典型的に表れています。たとえば、キサー・ゴータミーの美しい物語はそのもっとも有名なものだと言えるでしょう。


 き そ に な 村 が ¬ と へ ん キ   し せ い う し て な あ そ キ 
 返 の で さ へ 赤 そ こ と 坊 サ   れ る   人     ん ま の サ 
 る 実 も い 帰 ん れ ろ 急 を |   な よ と が 近 会 と り 小 | 
 の を あ  っ 坊 は で い 抱 ・   い う す い ご う か   さ ・ 
 で 使 る   て を い 仏 だ い ゴ   ・ な す る ろ 人 赤 半 な ゴ 
 あ い   芥   生 か 陀   て |   ・ 魔 め か 評 ご ん 狂 赤 | 
 ろ     子 芥 き に の そ   タ   ・ 力 る ら 判 と 坊 乱 ん タ 
 う 何   の 子 返 も 答 し 仏 ミ     を     の に を の 坊 ミ 
   か   実 の ら お え て 陀 |        な そ 高 訴 生 て が | 
   の   は み せ 気 は 同 が は     そ ん こ い え き い 死 と 
   魔   イ を て の 以 じ 滞 希     の と へ ゴ た 返 で ん い 
   術   ン 二 あ 毒 外 よ 在 望     人 か 行 |   ら あ で う 
   に   ド ・ げ だ で う し に     は 赤 っ タ 人 せ っ   若 
   よ   の 三 よ か あ に て 燃     持 ん て マ 々 て た 彼 い 
   っ   農 粒 う ら っ 訴 い え     っ 坊 相 ・ は 欲   女 母 
   て   家 も     た え た       て を 談 ブ 彼 し   は 親 
   死   な ら ・ わ   た 郊 死     い 生 す ッ 女 い   悲 が 
   者   ら っ ・ た     外 ん     る き る ダ に と   し い 
   が   ど て ・ く     の だ     か 返 が と 同 い   み た 
   生   こ き   し     森 赤     も ら よ 言 情 っ   の   
  

 赤 去 森 ほ タ 家   れ の な し に こ の 半   ら し ¬ た う そ 
 ん り に と ミ か   な 葬 い か   お 言 狂   な た た   と う 
 坊   帰 ん | ら   か 式   し 村 ど 葉 乱   い こ だ   す 思 
 は す っ ど に 家   っ も う   人 り の の    と し   る っ 
 つ が て 村 も へ   た 出 ち 第 は し 意 キ     の     と て 
 い す く 中 少 か     し で 二 喜 て 味 サ     な そ   き   
 に が る を し け     た は の ん 喜 が |     い の     キ 
 生 し こ ま ず め      父 条 で ん 分 ・     家 芥   そ サ 
 き い ろ わ つ ぐ     と や 件 芥 で か ゴ     か 子   の | 
 返 気 に っ わ る     い 母 に 子   ら |     ら 粒   背 ・ 
 り 持 は て か う     う の 対 粒 村 な タ     も は   後 ゴ 
 は ち     っ ち     よ 葬 し を に か ミ     ら     か | 
 し に 彼 仏 て に     う 式 て 提 と っ |     っ い   ら タ 
 な な 女 陀 き       な も は 供 っ た に     て ま   仏 ミ 
 か っ は の た キ     返 し   し て   は     こ ま   陀 | 
 っ て 狂 い   サ     事 た ¬ よ 返         な で   が が 
 た い 乱 る   |     し し と う し   ま     け 死   声 走 
 の た も も   ・     か   ん と た   だ     れ 者   を り 
 だ   消 と   ゴ     聞 子 で す 彼   仏     ば を   か 去 
 が   え の   |     か 供 も る 女   陀     な 出   け ろ 

(長尾雅人、「仏教の思想と歴史」『大乗仏典』、中央公論社、22〜23頁)
  
ブッダは、死人を生き返らせる奇跡も行なわず、「死んでも魂が生き残る」などという慰めの言葉も語りません。こうして、

 嘆 さ 及 か 見 人 だ   ま じ   そ 老   死 ¬ 
 き と ば れ る が か   さ つ   し い   を 生 
 悲 っ ぬ は と 死 ら   に に   て に   の ま 
 し て も も き ん     こ 生   死 達   が れ 
 み   の う   で 師   の あ   ぬ し   れ た 
 を   な わ   な が   と る         る も 
 捨   の た   く 教   お も         道 の 
 て   だ し   な え   り の         が ど 
 去     の   っ ら   で ど         な も 
 れ   と 力   た れ   あ も         い は 
      の   の た   る の             
           を よ     さ             
             う   ・ だ             
             に   ・ め             
                 ・ は             
(スッタニパータ、575〜590)
  
というのが仏教の死に関する考えでした。

このようなブッダの死の問題に対する実例をみると、わたしたちは、さきほど引用したブッダのマールンキャプッタへの言葉がより良く理解できます。 マールンキャプッタよ、人間は死後も存在するという考え方があってはじめて人は修行生活が可能である、ということはない。また人間は死後存在しないという考え方があってはじめて人は修行生活が可能である、ということもない。マールンキャプッタよ、人間は死後も存在するという考え方があろうと、人間は死後存在しないという考え方があろうと、まさに、生老病死はあり、悲嘆苦憂悩はある。現実にそれらを征服することをわたしは教えるのである。(再出) 形而上学的空想的存在(アートマン、死後も永遠に生きつづける魂)を想定しないで人間苦を超克する方法 -- ブッダはそれを教えたのでした。



(3)弟子たちの印象

わたしたちは、「キサー・ゴータミーの物語」のような仏典から、ブッダの弟子たちがブッダのどこに魅かれていたのか垣間見ることができます。つまり、ブッダは奇跡を起こす驚愕すべき超人的宗教家でもなく、霊界の秘密を知っていると大言壮語する神秘的宗教家でもなかったこと、まさにそのことがブッダの魅力であり、人々がそれに感動したことをこのような物語からわたしたちは想像することができます。

このような、ブッダの教えに感動した人々の印象は、つぎのような定型句としても、じつは数多くの経典に残されています。よく知られているように、経典は「このようにわたしは聞いた(如是我聞)・・・」と言うふうに始まるのが決まりですが、それらの経はしばしば、つぎのようなブッダの教えに感動する聞き手の言葉で終わっています。


 っ  と  ¬  の  を  を  の  か  素 
 て  く  眼  中  示  現  を  な  晴 
 法     あ  に  す  す  起  大  ら 
 を  世  る  燈  が  が  こ  徳  し 
 示  尊  も  火  ご  ご  す     い 
 し  は  の  を  と  と  が  た  か 
 た  さ  は  も  く  く  こ  と  な 
 も  ま  見  た        と  え  大 
 う  ざ  よ  ら  あ  迷  く  ば  徳 
 た  ま    し  る  え          
    な  と  て  い  る  覆  倒  素 
    方  い     は  も  わ  れ  晴 
    便  う        の  れ  た  ら 
    を  が     暗  に  た  る  し 
    も  ご     闇  道  る  も  い 

(増谷文雄、『新しい仏教のこころ』、講談社、71頁)
  
この定型句によれば、ブッダの教えは、それを聞いた人々にとって、「眼あるものは見よ」というがごときだったと言うのです。それがブッダの教えを聞いた人々の印象だったのです。つまり、ブッダは、人知でははかりえない神秘的なことを権威的態度で「信じよ」と説いたのではなく、ここに来て自分の目で確かめよ、と眼前で示すがごとく、はっきりと知ることのできるものであった、と言うのです。同じような定型句として、また、次のようなものもあります。

 自  知  よ  来  時  こ  す  教 
 ら  者  く  り  を  の  な  法 
 知  が  涅  見  隔  教  わ  は 
 る  そ  槃  よ  て  法  ち  世 
 べ  れ  に  と  ず  は     尊 
 き  ぞ  導  い  し        に 
 も  れ  く  う  て  現     よ 
 の  に  も  べ  果  に     り 
 で     の  き  報  証     て 
 あ        も  あ  せ     善 
 る        の  る  ら     く 
             も  れ     説 
             の  る     か 
                も     れ 
                の     た 
(同上、74頁)
  
ブッダの教えは、「現に証せられるもの」、つまり、現実の世界で実証できるものであり、「時を隔てずして果報あるもの」、つまり、未来の果報を約束するものではなく、今ここでその結果が現れるものであり、また、上記と同じように、「来り見よというべきもの」、つまり、ここに来て自分の目で確かめよ、と眼前で示すがごとく、はっきりと知ることのできるものであった、と言うのです。それが、ブッダの教えに感動した人々の印象でした。このようなブッダの教えに感動した人々の印象は、神秘的形而上学的な問題に対するブッダの沈黙という態度とまったく一致するものです。



(4)懐疑論者の改心
ところで、ブッダの神秘主義的形而上学的事柄に対する態度に関するある興味深い事件がブッダの時代におきています。神秘主義的形而上学的事柄に対して沈黙したのは、実は、ブッダだけではありませんでした。そのころ、サンジャヤという名の懐疑論者が似たような主張をしています。

 確 把 し な ¬ そ   と そ そ そ そ し   る ¬ る ¬ 次   と サ 
 定 捉 て ど 善 の    う う れ う か   で あ  も の   い ン 
 的 さ も と 悪 他   と で で と ら し   あ の と し よ   う ジ 
 な れ   い 業       は は は し わ   ろ 世 考 も う   質 ャ 
 返 得 か う の       な な 異 い た   う は え わ に   問 ヤ 
 答 な れ よ 果       い い な と く     存 た た 答   を は 
 を い は う 報       の と る も し     在 の く え   受 ¬ 
 与 あ 同 な は       で も と 考 は     す で し た   け 来 
 え い 様 形 存       は 考 も え そ     る あ が     た 世 
 な ま に 而 在       な え 考 な う      る ¬     と が 
 か い こ 上 す       い な え い だ     と な あ     き 存 
 っ な と 学 る       と い な   と     あ ら の     に 在 
 た 答 さ 的 か       も   い   は     な ば 世       す 
 と 弁 ら 問 ど       考       考     た   は       る 
 い を 意 題 う       え       え     に   存       か 
 う し 味 に か       な       な     答   在       ? 
   て の 関 ?       い       い     え   す        
                                             
(中村元、『インド思想史』、45〜46頁)
  
事件というのは、この懐疑論者サンジャヤの弟子であったサーリプッタ(Sariputta 舎利佛)とモッガラーナ(Moggallana 目建連)が、同門の250人を引き連れてブッダに帰依したという事件です。サーリプッタもモッガラーナもブッダのもっとも重大な弟子になり、しばしば仏典に登場します。とくにサーリプッタはブッダの弟子の中でもっとも知的で頭が切れたと言われており、後年の年老いたブッダのかわりにしばしば弟子たちの前で説法します。「わたしは疲れたからすこし横になって休もうと思う。おまえが私の代わりに話をしてくれ」と言うブッダに代わって、サーリプッタはアーナンダらとともに、しばしば説法の仕事を勤めます。

注目すべきことは、なぜサーリプッタやその他の250人もの懐疑論者サンジャヤの門弟たちがブッダの教えに魅かれたのか、というところです。あきらかに、その理由の一つは、ブッダが神秘主義的形而上学的問題に対して沈黙をまもっていたことに関連しています。それが懐疑的な人々を同感させるものだからです。つまり、懐疑論者サンジャヤの弟子たち250人がブッダに帰依したという歴史的事件は、ブッダが神秘主義的形而上学的問題に対しては沈黙したのだという仏典の記述が事実であったことの状況証拠となっています。

もちろん、ブッダは形而上学的問題に対しては沈 黙しましたが、形而下的問題、つまり、人間が経験し観察できる事柄に関しては、いくつかの重要で特徴のある主張をしました。「わたしが説かないことは説かないと了解せよ。わたしが説くことは説くと了解せよ。」(再出)ブッダは、このように、主張できることと主張できないことを明確に区別していた、と考えられます。そして、サーリプッタたちは、ブッダが語るべきでないことに沈黙を保っていたことに同感しただけでなく、経験し観察できる世界に関して語られたブッダの主張に深く同意するところがあったに違いありません。仏典はそのあたりの事情についても、少なからず記録を残しています。

すなわち、サーリプッタはあるとき、托鉢をするブッダの弟子アッサジに出会い、「あなたの師は、いかなる説を有し、何を説かれるのか」と訪ねます。アッサジは「わたしは出家してまだ日が浅く、新参であるから、その教えを深く説くことはできない。」と答えますが、サーリプッタは、少しでもいいから、その教えとするところを語ってくれと求めます。そこで、アッサジは次のように、たどたどしく語ったと言います。


 説  如   滅  も  そ  如  因  も 
 き  来   に  ろ  の  来  に  ろ 
 た  は   つ  も  因  は  よ  も 
 も  そ   い  ろ  を     っ  ろ 
 う  の   て  の  説     て  の 
    よ   も  法  き     生  法 
    う      の  た     ず  は 
    に         も     る    
              う          
(増谷文雄訳、『仏教の根本聖典』、57頁)
  
それだけ聞くだけで、サーリプッタは、アッサジの師(ブッダ)がいかなる思想の持ち主であるかを理解した、と仏典は記しています。ここでアッサジがサーリプッタに語ったのは無常と縁起の思想です。つまり、私たちの経験するもの、観察できるもの、すべてはさまざまな原因や条件に依存して生まれかつ消滅する --- そういう思想です。サーリプッタはすぐさまこのことを親友モッガラーナに語り、しばらくして、250人の門弟をつれて、サンジャヤの反対を押し切って、ブッダに帰依します。懐疑論者たちがブッダへ魅せられたというこの事件は、ブッダが神秘主義的形而上学的問題に対して沈黙をまもっていたことを裏付ける事件であったといえます。



(5)ブッダにとって「一切」とは

ブッダは、サーバッティという所に滞在していたとき、「一切」とはなにか、次のように教えたと記述されています。


 を 何 何 し そ さ し 言 と こ 誰   こ 心 身 も 耳 そ   み よ   て み 
 越 故 故 ま の ら ょ 葉 主 れ か   れ と 体 の に れ   な く   話 な 
 え な で う 主 に う だ 張 と が   が 心 と   聞 は   さ 聞   そ さ 
 て ら し か 張 彼   け す は こ   ¬ の 身 舌 こ     ん い   う ん 
 い   ょ も を を   に る 別 の   一 作 体 と え 眼     て   と   
 る 彼 う 知 説 問   終 と の ¬   切 用 に 舌 る と   い 下   思 わ 
 か の か れ 明 い   わ き ¬ 一      接 に も 眼   っ さ   い た 
 ら 主   ま で 詰   ら   一 切   と の 触 味 の に   た い   ま し 
 で 張   せ き め   ざ そ 切    呼 こ さ わ   見   い     す は 
 す が   ん ず る   る れ  を   ば と れ わ 鼻 え   何 ¬     ¬ 
   彼       と   を は を 否   れ で る れ と る   で 一     一 
   の     病     得 結 説 定   る す も る 鼻 も   し 切     切 
   知     に     な 局 こ し   も   の も に の   ょ       
   識     倒     い   う     の     の に     う と     に 
   領     れ     で         で       お 耳   か は     つ 
   域     て               す       う と           い 
(サンユッタニカーヤ 33.1.3)
  
後代の仏教の一部では、インドの土着宗教の世界観を取り入れて煩雑な宇宙観を持つようにもなりますが、ブッダの世界観が本来どんなものであったかをこの経典は示しています。



(6)神々に対する信仰の否定

このような神秘的形而上学的な問題に対するブッダの態度は、当然ながら、そのまま神々に対する信仰の否定として現れます。ブッダはしばしば「信仰を捨てよ」と説きました。たとえば、


 ピ   い 領 そ   信 汝 そ 信 ア バ ヴ   ∧ 
 ン   た 域 な   仰 も の 仰 | ド ァ   ブ 
 ギ   る の た   を ま よ を ラ ラ ッ   ッ 
 ヤ   で 彼 は   捨 た う 捨 ヴ | カ   ダ 
 よ   あ 岸 死   て   に て ィ ヴ リ   は 
     ろ に の   去     去 ・ ダ や   言 
     う       れ     っ ゴ や     っ 
                   た |       た 
                   よ タ       V 
                   う マ         
                   に が         

(スッタニパータ 1146、中村元訳)
  
というような言葉は、もっとも旧い層に属する仏典に残されています。原始仏典研究の中村元氏も、仏教はもともと信仰なるものを説かなかった、と語られています。 「信仰を捨て去れ」という表現は、パーリ仏典のうちにしばしば散見する。釈尊がさとりを開いたあとで梵天が説法を勧めるが、そのときに釈尊が梵天に向かって説いた詩のうちに「不死の門は開かれた」と言って、「信仰を捨てよ」(pamuncantu saddham)という(Vinaya, Mahavagga, I, 5, 12)。この同じ文句は、成道後の経過を述べるところに出てくる(DN, XIV, 3 ,7)……。最初期の仏教は信仰なるものを説かなかった。(中村元『ブッダのことば』p.430-431) そのため、神々への祈願や呪文、犠牲や祭祀、運命判断、胡麻たき、まじないなど、すべて神秘的な力に預かろうとする宗教的行為は、原始仏典の中ではことごとく否定されています。


 て そ な 合 水 ¬ そ い そ と 深 た   陸 祈 そ た 祈 っ ¬ 来 そ す 深 た 
   の ら 掌 の 油 の た し す き と   に 祷 の と 願 て 大 た の る き と 
 沈 油 ば し 底 よ と と て る 湖 え   あ 合 大 す し   石 っ と が 湖 え 
 む は   て に 沈 き す   が の ば   が 掌 い る   陸 よ て き よ の ば 
 で   な   下 め   る つ よ 水     る の な な 合 に       い 水   
 あ 人 ん 湖 れ   大 が ぼ い の こ   で 力 る ら 掌 上 浮   そ   の こ 
 ろ 々 じ の  油 勢 よ は   中 こ   あ に 石 ば し れ か   こ   中 こ 
 う の は 回   よ の い 割   に に   ろ よ は   て  び   に   に に 
 か 合 い り と 沈 人   れ     一   う っ   汝     い   大   大 一 
   掌 か を 祈 め 々       油 人   か て 大 は 湖 と で   勢   き 人 
   祈 に 回 り   が   油   の の       勢 い の   よ   の   な の 
   祷 思 っ を な 集   は   つ 人   ・ 浮 の か ま       人   石 人 
   の う た な ん ま   水   ぼ が   ・ か 人 に わ   浮   々   を が 
   力 か と し じ り   の   を あ   ・ び 々 思 り   か   が   投 あ 
   に   す   油 来   面   投 っ      い の う を   び   集   じ っ 
   よ   る   よ て   に   じ て     で   か 回   上   ま   た て 
   っ             浮   た       て     っ   が   り   と   

(スッタ・ニパータ1043-1046、中村元訳)
  



(7)経典に登場する神々

このために、ブッダの教えが物語として書かれた後代の経典の中にときどき登場する神々でさえも、たとえば演劇における「通行人」や「見物人」のような、いてもいなくてもよいような脇役しか与えられておらず、せいぜい、修行者に質問したり、修行者を賛美したり、修行者に懇願したり、またあるときは修行者を誘惑する悪魔となったりするだけです。それによって、神々というものが救済的意義をまったくもたないことがわかるような特別な仕掛けがなされていることがわかります。つまり、仏典を読んでいくことによって、人々が次第に神々への執着心を捨てて、宗教的迷信を内側から壊滅させていくプログラムが仏典そのものに組み込まれているのです。

とくに、梵天(ブラーフマン)という神は、バラモン教・ウパニシャッドの伝統の中では、「最高神」「最高我」「最高ブラフマン」「世界を創造した創造神」「宇宙の主宰神」「究極的絶対者」であり、人々の救いは、梵天(ブラーフマン)と一体となることであって、人間の救いの究極的根拠となっていますが、この梵天は仏典の中ではまったく異なるものとして描かれます。たとえば、有名な「梵天勧請」という経典のなかで、ブッダが悟りを開いた直後、その悟った内容(縁起の法・涅槃の法)を他人に説くことをブッダは躊躇するという場面があるのですが、そのとき、この物語に登場する梵天は、


 ・ 傾 静 退 で 進 心 ・ い   あ   あ 
 ・ い 観 い は ん は 正 ま   あ   あ 
 ・ て す て な で   覚 や         
    い る   く 説   者 如   世   世 
   る ほ     法   ∩ 来   は   は 
     う     す   ブ ・   滅   滅 
     に     る   ッ 阿   び   び 
           ほ   ダ 羅   る   る 
           う   ∪ 漢         
           に   の           

(長尾雅人編『バラモン経典・原始仏典』、中央公論社)
  
と考えて、ブッダの前に現れて、「膝を地に着けて、世尊の方に向かって合掌して」、次のように懇願(勧請)します。

 な 了 や お 世 衰 心 聞 い 人 汚 あ 世 お 法 善 法 世 
 り 解 が 説 尊 退 も い ま 々 れ ま に 説 を き を 尊 
 ま す て き が し   て は も て り は き   人 お   
 し る 法 に 法 て   い 彼 お い 塵 そ く   よ 説   
 ょ 者 を な を い   な ら り な に の だ     き   
 う と   っ   ま   い も ま い   眼 さ     く   
       た   す   の 法 す     が い     だ   
       ら   が   で を               さ   
                                 い   
                                     
(同上)
  
ブッダはしばらくしてからついに悟りの法を説くことを決心して、つぎのように、梵天に告げます。

 案 害 そ 説 人 卓 わ ブ   盲 聞 耳   開 不 
 じ す れ か 々 越 た ラ   信 い を   か 死 
 て る が な の し し |   を て 持   れ を 
 で で 人 か た た が フ   捨 お つ   た 得 
 あ あ 々 っ め 法 こ マ   て の も     る 
 っ ろ を た に を の 神   よ れ の     た 
 た う   の     す よ     の は     め 
   と   は     ぐ               の 
             れ               門 
             た               は 
(同上、434頁)
  
こうしてブッダの説法が始まった、というのがこの経典の内容です。ここには、世界宗教文学史上おそらく最大のアイロニーが語られています。通常、インドでもどこでも、宗教的救いというものは人間が神にお願いするものです。そのことをこの物語の著者はよく知っているのです。そのことを知っているからこそ、ここではわざと、「宇宙の主宰神」「究極的絶対者」であるところのブラーフマ神(梵天)を登場させて、その神を人間(ブッダ)の前にひざまずかせ、合掌させて、神が人間にお願いするという逆立ちの話に仕立て上げているのです。救いの根拠は神々ではなく人間であるという革命的思想が実に見事にこの物語に折り込まれています。「耳を持つものは、聞いておのれの盲信を捨てよ。」

 を こ   と 執 も 神
 越 の   ら 着 の 々
 え 執   わ に を も
 よ 着   れ   欲 人
       て   し 間
        い   が も
       る   り  
              
(スッタニパータ 333、中村元訳)
  
神々を必要としない宗教の誕生です。

-------------------------

このようにしてみると、「死後も生残って、永遠に存在し続けるアートマン」など、人間の知識領域を超えたことがらについていろいろ主張する者に対して、「愚かである」と言ったブッダの言葉は、仏典の様々なところに書き残されているブッダの基本的な世界観や人間観にまったく一致する言葉であったといえます。神秘的形而上学的問題に関するブッダの沈黙は徹底していたと考えられます。


無我の思想

--- 第三章 ブッダの主張 ---

"The Buddhist schools differed among themselves to a great degree; they have, however, one thing in common -- the denial of substance (atman)."

「各仏教学派はその教義においてそれぞれ大いなる相違を示しているが、それでも一つの共通点をもっている。それはアートマンの否定である。」

(T.R.V. Murti, The Central Philosophy of Buddhism, p26)


人間の知識や経験の届かない、形而上学的問題に関しては、ブッダは「わたしが説かないことは説かないと了解せよ」と沈黙をもって応えましたが、人間の知識や経験の届く範囲に関して、とくに人間存在については、ブッダは「わたしが説くことは説くと了解せよ」と言って、いくつかの重要な主張を残しました。アートマンについても、死後においても生残るなどという形而上学的空想問題としては沈黙を保ちましたが、経験や知覚の世界の問題としてはアートマンに関して明確に無我の主張をしました。



(1)無常の思想
ブッダの主張のなかでも、とくに重要なのは、「諸行無常」、すなわち、すべてわたしたちが経験や知覚するものは無常であるという主張です。経験世界のすべては、生まれ、変化し、滅するのであって、常住不変なるものはない、という主張です。これが無我の主張の根拠となりました。

 こ 定 た ¬  か す 少 定 ¬ 変 定 ¬  も 世 世 そ  園 ジ サ あ か 
 の 恒 っ 比  の こ し 恒 比 易 恒 大  う 尊 尊 の  の ェ | る よ 
 世 永 た 丘  比 し も 永 丘 せ 永 徳  し を の 時  精 | ヴ 時 う 
 に 住 こ よ  丘 ば な 住 よ ざ 住 よ  て 拝 い    舎 タ ァ   に 
 は に れ    に か い に   る に    言 し ま 一  に 林 ッ 世 わ 
 存 し だ    示 り  し こ も し こ  っ て す 人  あ な テ 尊 た 
 し て け    し の   て の の て の  た   と の  ら る ィ は し 
 な   の    て 土 そ   世 が   世      こ 比  れ 給 |   は 
 い 変 も    言 を し 変 に あ   の      ろ 丘  た 孤 の   聞 
 の 易 の    っ 爪 て 易 は ろ   も      に が    独     い 
 で せ と    た の   せ   う   の      い      の     た 
 あ ざ い      上 世 ざ   か   に      た              
 る る え      に 尊 る      て      り              
  も ど      の は も                             
   の も      せ   の                             
   は        て   は                             
                                              
(相応部経典22:97、増谷文雄訳「爪にのせたる土」『仏教の根本聖典』、大蔵出版、84頁)
  

 世 す 比 す あ 苦 楽 縁 ま 身 鼻 比 称 ¬ 称 一 ¬ 世 世 そ 給 サ あ か 
 間 べ 丘 べ る な な と た は は 丘 せ 比 せ 体 大 尊 尊 の 孤 | る よ 
 と て よ て い る る し   破 破 よ ら 丘 ら ど 徳 を の 時 独 ヴ 時 う 
 称 が   破 は も も て そ 壊 壊   れ よ れ の よ 拝 い   の ァ   に 
 せ 破 こ 壊 非 の の 生 れ す す 眼 る   る よ   し ま 一 園 ッ 世 わ 
 ら 壊 の す 楽 も も ず ら る る は の 破 の う 世 て す 人 の テ 尊 た 
 れ し よ る 非     る の     破 で 壊 で な 間   と の 精 ィ は し 
 る 遷 う の 苦     と 触 意 舌 壊 あ す あ 意   も こ 比 舎 |   は 
 の 流 に で な     こ ∩ は は す る る ろ 味 世 う ろ 丘 に の   聞 
 で す   あ る     ろ 感 破 破 る   が う に 間 し に が あ ジ   い 
 あ る   る も     の 官 壊 壊     ゆ か お と て い   ら ェ   た 
 る が     の     感 ∪ す す     え  い 称 言 た   れ |     
  ゆ     も     受 を る る     に   て せ っ り   た タ     
   え           は           世   世 ら た       林     
   に                       間   間 れ         な     
                           と   と る         る     
                                 が               
                                                 
(相応部経典35:82、増谷文雄訳「世間は壊れる」『仏教の根本聖典』、大蔵出版、)
  
ブッダはこのように、「定恒永住にして、変易せざるものは、この世には存しない」、と主張しました。しかし、それは、古代ギリシャ哲学のように、単に「万物は流転する」というような主張ではなく、この諸行無常という経験世界の観察を、人間が経験する悲しみや苦しみと関連づけました。そこにブッダの思想の特徴があります。

つまり、ブッダは、この世のすべてのものは無常にして結局破壊にいたってしまうものに過ぎないのに、そのことを理解せずそれに執着してしまうことから人の悲しみや苦しみが生じると考えました。そのために、「定恒永住にして、変易せざるものは、この世には存しないのである」という理解を徹底すること(覚り)によって執着心をなくし、執着心が無くなればひとは苦しみから解放される(解脱)と考えたのです。



(2)無常だから無我である
ところが、すでに第一章で見たように、ブッダの思想は、死後も生残る魂、永遠不変の魂、すなわちアートマン(永遠の個我)の存在が当然のことと考えられていたウパニシャッドの宗教世界の真っただ中に生まれました。しかも、アートマンを認識することは彼らの宗教的救いの根拠となるものでした。そのために、アートマンを救いの根拠とするウパニシャッド哲学の伝統と、すべてが無常であり、そのことを理解して執着から解放されて自由になれ、という仏教の思想とが、真っ正面から対立することになります。こうして、仏典は、「無常だから無我である」、というブッダの主張を繰り返し繰り返しすることになったのだと思われます。

 と 自 恒 絶 世 さ そ す す   で 原 い す す ¬ 教 無 原 
 い 我 常 対 界 い の べ べ   お 始 う べ べ す え 常 始 
 う な ・ 者 の な よ て て   目 仏 文 て て べ の と 仏 
 よ ど 不 と 中 ま う は が   に 典 句 は は て 前 い 典 
 う あ 変 し に れ に 苦 無   か の は 無 苦 は 提 う の 
 に る ・ て   て 無 し 常   か い   我 で 無 に こ 中 
 で わ 自 の   い 常 み な   る た   で あ 常 な と で 
 あ け 在 自   る と で の     る   あ り で っ が は 
 る は な 己   自 苦 あ だ   ・ と   る   あ て す   
   な       分 に り か   ・ こ      り い べ   
   い       と     ら   ・ ろ   と     る て   
                                   の   
(梶山雄一、『空の思想 仏教における言葉と沈黙』、8頁)
  
たとえば、次のような経が典型的です。

 ¬ と こ こ ¬ ¬ ¬ ¬ 恒 ∩ 感 思 ¬   ¬ ア こ ¬ ¬ 苦 ¬ ¬ 無 人 ¬ 
 い い れ れ そ 苦 そ 無 常 な 覚 う ア   い | れ そ 苦 で そ 無 常 間 ア 
 い う は は れ で れ 常 で ど ∧ か ッ   い ト は れ で あ れ 常 で の ッ 
 え こ 我 我 で す で で あ の 受   ギ   え マ 我 で す ろ で で あ 肉 ギ 
   と が が は   は す ろ 人 V   ヴ     ン が は   う は す ろ 体 ヴ 
 大 は ア も   大     う 間 や   ェ   大 で も   大 か     う ∧ ェ 
 徳 正 | の 無 徳 無 大 か の 思   ッ   徳 あ の 無 徳 楽 無 大 か 色 ッ 
 よ し ト で 常 よ 常 徳 無 心 考   サ   よ る で 常 よ で 常 徳  V サ 
  い マ あ で  な よ 常 の ∧   |      あ で  あ な よ   は | 
   で ン る あ   も  で 部 想   ナ     と る あ   ろ も    恒 ナ 
    あ で   り   の   あ 分 V   よ      い   り   う の     常 よ 
   ろ あ こ     は   ろ ∪ や         う こ     か は     で   
   う る れ 苦       う は 意   そ     こ れ 苦          あ こ 
   か   は で   苦   か   志   れ     と は で           ろ れ 
      我 あ   で      ∧   で     は 我 あ           う を 
       で り   あ       行   は     正 で り           か ど 
       あ     ろ       V   こ     し あ               の 
       る 変   う       や   れ     い る 変             よ 
         異   か       意   を     で   異             う 
         す   楽       識   ど     あ こ す             に 
         る   で       ∧   の     ろ れ る             思 
         も   あ       識   よ     う は も             う 
         の   ろ       V   う     か 我 の             か 
         を   う           に      が を               
             か                                     
                                                  

(マッジマニカーヤ、35:20)
  
ここで、「肉体(色)、感覚(受)、思考(想)、意志(行)、意識(識)」などいわれているものは「五蘊(スカンダ)」といって、初期の時代から仏教では人間存在を構成している要素と考えられていたものです。すなわち、すべての存在はさまざまな原因や条件や要素に依存して成立しているという縁起の考え方から生まれた仏教の人間観です。ブッダは人間存在を成立させている要素の一つ一つを取り上げて、そのどれも、無常であり、苦であり、変異するものであるから、そのどれも、永遠不変の存在と信じられているアートマンではありえない、と主張したのです。

これはとくに注目すべき主張です。なぜなら、ブッダは、「アートマンは存在しない」という全称命題的言明を意図的に避け、人間存在を成立させている要素の一つ一つ取り上げて、これも無常であるから(常住であるはずの)アートマンではない、あれも無常であるから(常住であるはずの)アートマンではない、というふうな仕方で、知覚し経験できる範囲内の事柄に関してのみ言及するという方法をとっているからです。しばしば、アナートマンは「無我」ではなく「非我」と翻訳すべきであるという主張が仏教学者によってなされるときがありますが、まさにそのとおりで、人間存在を成立させている一つ一つが、これも非我であり、あれも非我である、という主張がなされているわけです。

つまり、ここでも、形而上学的問題については断定的判断を下さないというブッダの態度が貫かれていることが分かります。また、これとはすこし別の形の人間分析からもおなじような主張がなされていることがありますが、いずれにしても、人間存在というものを、知覚し経験できる範囲内だけで分析しているところがブッダらしいところです。


 意 ま 身 舌 鼻 言 比 見 あ も こ あ こ こ ¬ す す す 比 
 に た に に に う 丘 な る っ の ら れ れ こ べ べ べ 丘 
 つ   つ つ つ も た け が て よ ず わ 我 れ て て て た 
 い   い い い 同 ち れ ま   う   が に 我 無 苦 無 ち 
 て   て て て じ よ ば ま   に  我 あ が 我 な 常 よ 
 言   言 言 言 で   な に   正 と ∧ ら も な る な   
 う   う う う あ 耳 ら こ   し   ア ず の る も る 眼 
 も   も も も る に ぬ れ   き   |   に も の も は 
 同   同 同 同   つ   を   智   ト   あ の は の 無 
 じ   じ じ じ   い       慧   マ   ら は 無 は 常 
 で   で で で   て       を   ン   ず   我 苦 で 
 あ   あ あ あ               V       で で あ 
 る   り る る               に       あ あ る 
                                 る る   
                                        
(サンユッタニカーヤ 35:1、増谷文雄訳)
  
そこにないものを見ようとしたりしないで、人間存在を「あるがままに見」れば、人間存在を成立させているどの要素もすべて無常であり、アートマンの恒常不変の性質をもつものない、というわけです。



(3)あるがままに見よ
ここに出ている「あるがままにこれを見なければならぬ」という表現は、無我の思想が語られる経典の中でしばしば一緒に出てくる定型句です。

たとえば、あるとき、マハー・チュンダという弟子が、ブッダに「入門したばかりの新参の修行僧でも、自己に関する誤った見方や世界に関する誤った見方を捨てることが可能でしょうか」という質問をしたとき、ブッダは次のように答えています。


 で 捨 誤 自 知 ア こ こ 属 ¬ あ 自 も 
 き て っ 己 る | れ れ す こ る 己 し 
 る る た や な ト は は る れ が や   
 で こ 見 世 ら マ わ わ も は ま 世   
 あ と 方 界 ば ン れ れ の わ ま 界   
 ろ が を に   で の で で れ に を   
 う     関   は   は は に 観     
       す   な   な な   察     
        る   い   い い   し     
                          
           と               

(マッジマニカーヤ 8:3)
  
このような「あるがままにこれを見なければならぬ」という表現には、アートマンや永遠不変の魂などの観念は、あるがままにものを観察した結果ではなく、そこに「あって欲しい」と願う人間の執着心の産物である、というブッダの批判が含意されています。自己や世界に関する誤った見方とは、いうまでもなく、自己や世界を無常であるとあるがままに観察せず、観察できない常住不変なる何者かを、存在の「背後」や「根底」に読み込もうとする見方のことです。

こうして、人間の経験や観察範囲を超えた形而上学的神秘的問題としてのアートマン問題に関しては、ブッダは沈黙しましたが、人間の経験や観察できる範囲内における人間存在に関しては、そのすべてが無常であるために、アートマンではない(非我である)、と主張しました。アートマン(永遠不変の魂)の概念が、仏教の根本的な前提である無常(すべては変滅する)の考え方と矛盾すると考えられたからです。



(4)縁起の思想
さて、無常の観察と人間苦の経験を結びつけたところに、ブッダの思想の特徴があることを指摘しましたが、この二つを結びつけたのが、じつは縁起の思想(プラティーチャ・サムットパーダ、パティッチャ・サムパーダ)だと考えられます。現代の仏教学では、この縁起の思想こそが実はブッダの悟りの内容であったと考えられていますが、縁起とは「縁って起こること」あるいは「依存して起こること」を意味します。この縁起の考え方のもっとも簡潔な表現が、次のような定型句として原始仏典のいたるところに見いだされます。

あ こ   あ こ   あ こ   あ こ 
れ れ   れ れ   れ れ   れ れ 
が が   が が   が が   が が 
滅 生   無 無   生 生   有 有 
す じ   く い   じ じ   り る 
る な     こ   る る     こ 
  い     と     こ     と 
   こ     に     と     に 
  と     縁     に     縁 
  に     っ     縁     っ 
  縁     て     っ     て 
  っ           て       
  て                   
                      
(マッジマニカーヤ 79:7)
  
ものにはそれを成立させている原因や条件があり、もしその原因や条件がなくなれば、それは消えてしまう、という観察です。

この縁起の思想がブッダの悟りの内容であったと考えられるのは、まず何よりも、原始仏典そのものがそう書いているからですが、縁起の思想こそがブッダの発見の核であったと考えるには他にも十分な根拠があります。まず第一に、縁起の概念は無常の現象を説明します。つまり、ものごとはただ単純に「流転している」のではなく、そこには実はさまざまな依存関係が有り、ものがそれ自体で独立自存しているのではなく、さまざまな原因や条件に依存していからこそ、ものは常住ではなく無常であると、いう具合にです。この考えは、とくにナーガールジュナ(西暦150〜250頃)によって、ものは常住自存の実体(自性やアートマン)によって存在しているのではないことを主張した空の思想の根拠となりました。(「空の思想:縁起論」)

さらに、ものが常住自存の実体(自性やアートマン)によって存在しているのではなく、様々な条件に依存して生起・消滅しているのだ、という縁起の観察は、無常であるものに執着するところに苦しみの原因があり、執着から解放されると苦しみから解放されるというブッダの救済思想の根拠ともなっています。もっとも古い仏典には次のように縁起の思想が記されています。


 つ 観 知 愚 実 執 世 そ 私 わ ¬ 師   そ こ 世 心 あ こ ¬ メ 
 く じ る 鈍 に 着 の れ は た メ は   も れ の を な の 先 ッ 
 っ た こ で 知 を 中 を 知 し ッ 答   そ ら 中 修 た こ 生 タ 
 て 人 と あ る 縁 に そ り に タ え   も の に 養 は と ! グ 
 は は あ り こ と あ な 得 苦 グ た   ど 苦 あ さ ヴ を あ | 
 な 再 り   と し る た る し |     こ し る れ ェ わ な さ 
 ら 生   繰 な て 種 に と み よ     か み 種 た | た た ん 
 な の 苦 り く 生 々 説 お の       ら は 々 方 ダ し に が 
 い 素 し 返 し 起 様 き り 生 そ     現   様 だ の に お た 
  因 み し て す 々 示 に 起 な     わ   々 と 達 説 尋 ず 
   を の 苦 執 る な そ   す た     れ   な わ 人 い ね ね 
     生 し 着   苦 う   る は     出     た   て し た 
     起 み を   し     も       た     し   く ま   
     の に つ   み     と       の     は   だ す   
     元 近 く   は     を       で     考   さ     
     を づ る         問       す     え   い     
       く 人         う       か     ま         
         は         た            す         

(スッタ・ニパータ 1049-1051、中村元訳)
  
仏教の基本的な教えであるとしてよく取り上げられる「四諦」や「八正道」の考えもこの縁起の思想から出たものです。「四諦」とは「苦・集・滅・道」というふうに漢訳されますが、「苦しみ・苦しみの原因・原因の滅却・滅却の道」という意味であって、まさに縁起の思想そのものが表現されています。「八正道」とは、苦しみの原因を滅却するための道を「正しい見方、正しい言葉の使い方、正しい行動の仕方、正しい心の持ち方、等」の八つにわけて説明するためのもので、いわば縁起思想の実践論と言えます。

苦しみを成立させている原因を壊滅することによってひとは苦しみから解放されるという縁起の思想の観点に立てば、なぜ、ブッダが「信仰を捨てよ」と説いたかがよりよくわかります。信仰宗教的な世界では、苦しみから解放されるために、ひとびとは苦しみの原因や条件を分析解明することなく、神頼みの祈祷や願掛けや犠牲の儀式、あるいは呪文(マントラ)や呪術や苦行や洗浴の儀式など、すべて神秘的な力に依存していましたが、縁起の思想はそれら因果の筋道の見えないすべてのあやしげな方法を否定するからです。縁起思想の実践論である「八正道」に信仰や儀式や呪術が含まれていないのはまさにそのゆえです。人間苦が解決できないのは、神秘的力に対する信仰(祈祷や供犠)が足りないからではなく、苦しみの原因に対する無知(無明)ゆえである、というのがブッダの縁起思想でした。ブッダはこうしていわゆる信仰宗教というものを否定しました。



(5)縁起思想と因果応報
縁起の思想によってブッダは宗教を否定しましたが、その縁起の思想によってブッダはまた唯物論も否定しました。ブッダ当時の唯物論者として有名なのはアジタという人でしたが、彼は

 無 供 施   受 そ な 悪 善 現 し 死   消 身 賢 愚 
 意 犠 し   け の し 行 行 世 た 後   滅 体 者 者 
 義 も も   る 果 た を あ も が に   し が も も 
 な   祭   こ 報 か   る 来 っ は     破     
 も   祀   と を ら   い 世 て 何     壊     
 の   も   も   と   は も   も     さ     
 で       な   て     存   残     れ     
 あ       い         せ   ら     る     
 る                 ず   な     と     
 ・                     い           
 ・                                 
 ・                                 
(中村元『インド思想史』45頁)
  
などと主張したと言われています。

ブッダは、神々への信仰や祭祀や供犠がなどを否定したことにおいては唯物論者アジタと同じでしたが、かれと違って、
まず第一に、来世が存在しないと主張したのではなく、来世のような知覚や経験を越えた空想的事柄に関しては、肯定も否定もせず、沈黙しました。
そして、第二に、アジタと異なって、因果応報の原理はこれを受け入れました。因果応報の思想はほとんどの宗教にも見られるもので、バラモン教・ヒンズー教やジャイナ教などの伝統にも色濃くあり、それは特別に仏教の思想というわけでは有りません。仏教がそれを受け入れることとなったのは縁起思想と在家仏教の発展のゆえだと考えられます。

すでにみたように、縁起思想によれば、人間の苦しみにはそれをもたらした原因や条件があり、苦しみからの解放はその原因や条件を滅却する行為によって得られる、という思想ですから、その意味において、縁起思想には因果応報のある原理がすでに内包されています。仏教は伝統的因果応報をそのまま受け入れたわけではありませんが、苦しみを作る原因や条件となる行為を避けよ、という点において、縁起思想と伝統的因果応報の考えは一致していたのです。そのために、善いことをすればよい結果が、悪いことをすれば悪い結果が生まれる、という素朴なひとびとの考えは、そのまま、縁起の思想から正当化されて認められることになったと考えられます。


 理 た し 発 後 信 一 絶 空 た 一 こ 死 誰 天 す で で 施 道   え と 初 
 想 が た 達 世 じ 般 対 間 の 般 の 後 で の な の あ 論 徳   が で 期 
 郷   も し の て 民 の 的 で 民 天 に も 細 わ み っ ・ 的   説 あ の 
 と 天 の た 大 い 衆 境 に あ 衆 の 天 能 か ち 用 た 戒 に   か っ 仏 
 受 の で 形 乗 た は 地 存 る の 思 に 力 な   い   論 善   れ た 教 
 け 場 あ で 仏 の 俗 を 在   信 想 お に 内 天 ら こ ・ い   た が 教 
 取 合 り あ 教 で 信 天 す た 仰 は も 応 容 は れ の 生 生       団 
 ら と   る に あ の と る だ で   む じ 規 一 て 天 天 活     在 で 
 れ 同 彼   お ろ と い 天   あ 仏 く て 定 つ い の 論 を     家 は 
 た じ 岸 浄 け う お う を 仏 っ 教 と 布 や で る 原 の し     の   
 の く と 土 る   り こ 考 教 て 独 さ 施   あ   語 三 た     信 教 
 で   は も 浄 ・   と え で   自 れ を 階 っ   は つ ら     者 え 
 あ 一 完 ま 土 ・ 死 ば た は 仏 の た 行 層 て   い は 天     に の 
 る 般 成 た の ・ 後 を の   教 も の い 的     ろ 在 に     対 中 
   民 を   信   の 借 で こ は の で   な ∩   い 家 生     し 心 
    衆 意 絶 仰   理 り は の そ で あ 道 区 後   ろ 信 ま     て は 
   に 味 対 は   想 て な 世 れ は る 徳 別 代   あ 者 れ     は ニ 
   は す 的     郷 表 く 界 を な   的 は に   る に る     主 ル 
     る な こ   に し   に 教 く   に な 現   が 対 と     と ヴ 
   死 こ 境 の   行 た あ 対 義     善 か れ     す い     し ァ 
   後 と 地 天   か の く し の 当   で っ た   い る う     て | 
   の ば を の   れ で ま て 中 時   あ た よ   ず 教 教     ∧ ナ 
     で 表 思   る あ で ど に の   れ の う   れ え え     生 に 
     あ 現 想   と る   こ 取 イ   ば で な   も の で     天 達 
     っ   の     が   か り ン     あ ∪   単 三 あ     V す 
                   に 入 ド     る     数 本 る     の る 
                     れ の           形 柱       教 こ 

(『仏教語大辞典』、東京書籍、昭和58年発行、979頁)
  

原因をもたぬ結果はなく、また、結果を生まぬ原因もない。このような因果の依存関係を縁起思想は説くわけですから、善行をなそうが悪行をなそうがどちらも同じ結果を生むという唯物論者の主張はブッダによって退けられることになります。こうして、存在の依存関係を無視して、ただいたずらに神秘的力に頼む宗教を否定したブッダは、おなじ理由で、来世について断定的な主張をし、また存在の依存関係を無視した唯物論も否定することになりました。形而上学的問題に対する沈黙と縁起の思想のゆえに、仏教は宗教と唯物論の両方を否定したのです。



(6)中道の思想

ブッダは「死後にも魂のようなものとして自我が永遠に生残る」という宗教の独断も、「死後は自我は生残らない」という唯物論者の独断も、どちらも沈黙をもって否定しました。このような二つの独断的見解をそれぞれ「常見」「断見」と言います。そして、そのどちらにも与しないブッダの沈黙の立場を「中道」と呼びました。

もともと、中道とは、「禁欲主義」と「快楽主義」の両極端の態度を批判したブッダの修業の態度を示す言葉でしたが、こうして、宗教と唯物論の「常見・断見」二つの形而上学的独断に陥らないブッダの沈黙の立場も「中道」と呼ばれるようになったわけです。

この中道思想が現代の仏教でも生きている事実は、つぎのような【ダライ・ラマ14世の言葉】に見受けられます。


 中 仏 グ そ 含 瞑 精 他 こ ど 宗 一 仏 も 二 二 見 そ 二 生 す 自 人 
 間 教 ル れ ん 想 神 面 と ち 教 面 教 の つ つ 当 し つ き る 分 類 
 に は | が で な 的 で も ら で で は で の の た て の る も た は 
 止 二 プ や い ど で は 受 の は は そ あ キ 世 ら   グ も の ち   
 ま つ に は る を あ   け グ な 仏 の る ャ 界 な そ ル の と を   
 っ の 属 り   そ る 仏 入 ル い 教 ど   ン   い こ | と   過   
 て グ す ど   の   教 れ | か は ち   プ     に プ   ひ 激   
 い ル る ち   う   は な プ ら 心 ら   が     は が   と な   
 る | こ ら   ち   非 い に   の に   あ     よ あ   え 物   
   プ と の   に   常   属   科 も   る     り る   に 質   
   の も         に   す   学 属   よ     深 よ   信 主   
     許             る   で さ   う     い う   仰 義   
     さ                 あ な   な     考 に   に 者   
     な                 る い         察 見     だ   
     い                             が え     と   
                                     る         
                                               
【ダライ・ラマ14世の言葉】
(『空と縁起:人間は一人ではいきられない』、大谷幸三訳、157〜158頁)
  
しかし、「中道」という言葉は便利で何にでも使えますが、はなはだ誤解されやすい言葉でもあります。必ずしも中間というような意味とは限らないからです。それが最初に使われた「禁欲主義」と「快楽主義」の場合に関して言えば、中間と解してもあながち間違いではないかも知れませんが、「常見・断見」二つの形而上学的独断に対する中道は、二つの見解の中間という意味ではありません。宗教も唯物論も、人間の知識の及ばぬことに関して空想的独断を犯しているということにおいては同じ立場だからです。簡単に言えば、「常見・断見」に対する中道とは、仏教が、宗教も唯物論も同じ穴のムジナとして見ていることを示す厳しい批判の言葉と言えます。



(7)解脱と無我
縁起の思想はすでに指摘したように、無常の現象を説明するものですが、それはおそらく、苦の原因と考えられる無常の現象をより深く理解しようとするブッダの努力の中で発見されたものだと推察されます。その発見は同時に、苦からの解放(解脱)の可能性の発見ともなったと推察されます。なぜなら、ものがそれ自身に内在する永遠不変の本体によって存在しているのではなく、さまざまな原因や条件や要素に依存して一時的に成立しているにすぎないとすれば、苦を成立させている条件を取り除けば苦から解放が可能となる --- そのように考えることができたからです。

後に、ナーガールジュナは、このことに関連して次のように述べています。


 恒 本 恒 原 世 道   あ 宗 も 本 そ 
 常 体 常 因 間 徳   り 教 よ 体 の 
 的 を 的 を の も   え 的 ら が 善 
 と 持 で 持 慣 非   な 修 ず い で 
 な っ あ た 行 道   い 行 に か あ 
 ろ て る な も 徳   で の 生 な る 
 う い か い あ も   あ 生 じ る 諸 
   る ら も り な   ろ 活 る も 事 
   も   の え く   う は な の 物 
   の   は な な       ら に の 
   は     い る       ば     
           し             
                         
(『廻諍論』55〜56、梶山雄一訳)
  
善なることやものが、原因や条件なしに恒常的に成立しているならば、人間の宗教的あるいは道徳的努力というものは無意味となってしまう、という意味です。さらにまた、

 こ 四 よ ∩ こ 得 苦 苦 す 止 何 原 す 苦 そ 苦 そ そ 苦 苦 苦 他 
 と 種 っ も の る の の な 滅 を 因 な の の を の の の の の に 
 に の て の よ た 止 止 わ が 断 が わ 止 原 認 苦 原 存 生 生 よ 
 な 尊 成 が う め 滅 滅 ち あ 滅 な ち 滅 因 め は 因 在 じ じ る 
 る い 立 恒 に に に が   り す い   を を ず ど が を る る 生 
   真 す 常 し あ 至 な   え る な 苦 認 認   う な 否 原 原 起 
   理 る 不 て る る い   よ こ ら の め め   し い 定 因 因 ∧ 
   が と 変   の 道 な   う と ば 生 な な   て と す を で 縁 
   な 考 の   だ は ら   か に   じ い い   生 き る 否 あ 起 
   い え 本   ろ 何 ば     よ   る こ こ   じ に こ 定 る V 
     る 体   う を       っ     と と   よ   と す   と 
     と に   か         て     に に   う   に れ   は 
     ∪                     な よ   か   な ば     
                           る り       る       
                                             
(同上)
ナーガールジュナは、ここで、恒常不変の存在を認めることは、縁起を否定することであり、それは結局ブッダの四つの真理(苦・集・滅・道)を否定することになる、という批判をしています。仏教は神々に依存しない宗教として誕生しましたが、仏教はまた、伝統的に宗教的救済の根拠として考えられてきた魂のような恒常不変の実体を認めることこそが逆に宗教的道徳的実践を無意味にしてしまうものであるという主張を展開しました。

-------------------------

このように、人間の知識や経験の届かない、形而上学的問題に関しては、ブッダは沈黙をもって応えましたが、人間の知識や経験の届く範囲に関しては、いくつかの重要な主張をしています。そして、それらはすべて深く無我の思想と関っていることがわかります。すなわち、無常の思想(恒常不変なものはない)、縁起の思想(ものは恒常自存していない)、空の思想(恒常不変の実体はない)、解脱思想(ものは恒常不変ではないからこそ苦からの解放が可能となる)など、ブッダの主張のすべては、自己や世界が恒常不変のアートマンや実体によって存在しているのだという考え方を否定する、無我の思想によって貫かれていると言えるでしょう。


和の思想と空の思想

--- なぜ仏教が日本で受け入れられたか ---



仏教が十七条憲法に取り入れられた理由
 十七条憲法の第一原理は和の思想であるけれど、和の思想は仏教ではない。にもかかわらず、仏教が十七条憲法に取り入れられたのには理由がある。その理由は仏教というものが和の思想の実現に役立つものと判断されたからである。

独断主義を禁ずる和の思想は、自分が必ずしも聖者であるのでもなく、また人が必ずしも愚者であるのでもない、という人間皆凡夫の立場である。悟りに至っている者はまれである。また、何から何まで完全に邪悪な者も、同じようにまれである。ほとんどの者は聖愚合わせ持つ凡夫にすぎない、という。

これは、はなはだ覚めた人間凝視である。欲や怒りや怨みに取りつかれているとき、私たちはなかなか、このように考えることはきない。さまざまな「正義」の装いをつけて、自分の貪欲や怒りや怨みを正当化するが常である。ここに聖徳太子が仏教を和の思想の確立に役立つものとして十七条憲法に取入れた理由があるのであろう。

仏教は人の心を柔和にする、十七条憲法の草案者たちはそう信じたに違いない。第二条、第五条、第十条、そして第十四条はそのことを物語っている。


仏教の空の思想
 しかし、仏教思想との関係においては、和の思想にはもう一つの興味深い点がある。いわゆる「空の思想」として知られている大乗仏教の哲学である。それは西暦紀元前後流した般若経文学のなかで顕著になり、二世紀の哲学僧ナーガールジュナ(龍樹)によって哲学に昇華され、それ以後の仏教の発展に大きな影響を与えた思想の一つである。

ナーガールジュナの貢献は「ものはすべて空である」といういささかショッキングな般若経の主張を、仏教思想のなかでも最も伝統的な概念のひとつであった「縁起」(プラティーチャサムットパダ:依って起ること)という言葉で説明をしたことである。


原始仏教の思想
 仏教はそもそも、インドの伝統的バラモン思想によって広く信じられていた、永遠に存在する個我(アートマン)の概念に対するブッダの激しい批判から始まった。

ブッダはまことにあっさりと、そのよう個我など無い、と主張したのであった。それが有名な無我(アン・アートマン)の思想である。

バラモン思想においは「永遠に存在する個我」は宗教的救いにとってなくてはならない概念であった。

例えば、バラモン思想の伝統を継ぐヒンズー教の聖典のひとつである『バガヴァッド・ギータ』のなかの物語の一つは、肉親が相分かれて戦わなければならなくなって深く悩む一人の王に対して、クリシュナ神は、まことの自己とは刃で殺しても死なない個我である、と説いて王の悩みを解決するのであった。

ところが、ブッダにとって、すべては変滅するもの(無常)であり、自己も例外ではなかった。

だから、そういう自己に執着しないことをこそ、悲苦からの解放(解脱)と考えたのであった。

ブッダにとって、「永遠に存在する個我」などというものは、自己に対する執着が生んだ虚妄にすぎないのであった。


ナーガールジュナの空の思想
 ナーガールジュナの空の概念は、このブッダの無我の概念を人間だけではなく、すべての存在に適用して、ブッダの思想をより普遍化したものである。

だから、空の概念は、よく俗説に言われるように、すべての存在は夢や幻のごとく人間の心のなかにしか存在しない、というような説ではない。

そうではなく、変滅する現象の背後に、なおも、ある不変な何ものかを想定しようとする人間の執着、それを否定する思想なのである。

ナーガールジュナは、さらにそれを単に無常として述べたのみならず、縁起(依存関係)の概念で説明したのである。

 ものの存在や性質はそれ自体にあるのではなく、むしろ、他との関係のなかにのみある、ということこそがナーガールジュナの主張の中心であった。

彼はその主張によって、ものはそれ自体に内在する自性(スヴァバーヴァ)によって存在し、その本質が規定されていると主張していた、当時もっとも強力な仏教学派のひとつサヴァスティバーダ派(説一切有部)の自性説を批判していたのである。

空とは、すなわち、ナーガールジュナによれば、いかなるものにも自性(スヴァバーヴァ)などというものは無い、という意味なのである。

ものの存在の意味を、他との関係から切り離して、その内側に潜んでいる「なにかそれ自体に特有の不変のもの」に求めるのは空しい努力である、と彼は主張したのである。

 もののアイデンティティーをそれ自体内に求めることができないとすれば、どこに求めるべきか。

この問の答えにナーガールジュナが用意したものこそが縁起(プラティーチャサムットパーダ、依って起こること)の思想であった。

ナーガールジュナより数百年前に成立した初期の仏典においては、縁起の意味は、「これがあることに依ってあれがあり、これが無いことに依って、あれがない。あれがあることに依ってこれがあり、あれが無いことに依ってこれが無い。」

というような短い句に託されて、何度も何度も繰り返し語られている。

縁起とは、ものの生起や変滅がさまざまな条件に依存していることを述べた言葉だったのである。

悲苦はそれを成立させている原因や条件に依存している、だからこそ、その原因や条件を洞察し、取り除くことができれば、悲苦からの解放(解脱)は可能なのだと教えたのがブッダの教える縁起の思想であった。

ナーガールジュナはこの縁起という言葉に注目して、それを自性と対立させたのである。

 彼は「それこれに依存して生じたものは、自性として生起していない」とか「ものが自性として成立しているなら、ものは依存関係によっての存在とならない」とか「原因と条件から生起しもののなかに(不変の)実在を妄想すること、それが迷いである」などという言葉で、他から独立した、永遠自存の個など幻想であり、そのような考え方は、あらゆるものが他との関係のなかで変滅しているという無常と依存関係(縁起)の事実に矛盾することを説いたのである。

永遠不変の実在という概念は、ものが原因と条件から生起変滅することを否定するものだからである。


空の思想と和の思想
 このようにして、ナーガールジュナは仏教の空の思想を確立していったのである。

さて、もし仏教の空の思想が、このように、個というものは、人であっても物であっても、そのアイデンティティーも存在も、他から切り離されて独立には意味をなさないという思想であり、個の存在もアイデンティティーもさまざまな関係のなかで初めて意味をもつものである、という思想であるすれば、それは和の思想にとって、はなはだ都合のよい哲学であることはあきらかであろう。

なぜなら、和の思想の中心思想は、個の独善主義を批判し、他との関係の確立のなかにこそ個の主張の存在の場が確保されとするものだからである。

聖徳太子の時代に、空の思想はまだ日本では明らかにされていなかったれど、たとえば、同じ外来思想であるキリスト教が日本に根をおろさず、仏教だけが深い影響を与えることができた理由のひとつは、仏教の底をながれるこの非独善的傾向にあるに違いない。

 仏教思想はインドにおいては異端思想であった。

日本の和の思想も近代西欧文明のなかでは異端思想である。

自己のなかに独立自存する不変の「真の自己」があり、その声に従うのは天賦の権利であり、それが幸福である、という思想は魅惑的な思想である。

今日、日本に必要なものは「個の確立」である、という主張も今日の日本の評論家に多くみられる。

はたして本当にそうだろうか。

「自己本位」と「則天去私」という二つの立場の間を生涯さまよった夏目漱石は「自分以外のものを信ずるほど、はかないことはない。しかし、その自分がいちばん頼りにならない、と分かったとき、森田君、人はどうすればよいか?」、と弟子のひとりに聞いているが、こういう問いを問うことができる自己を凝視続けることこそが、漱石を含め多くの日本人のこころに納得できるものなのではないだろうか。

真の自己を規定する永遠不変の絶対者が、どこか自己の内か外にあるとするような独善的絶対主義につながる考え方は、絶対神を信じたことのない日本人の人間観からあまりにもかけ離れた思想である。

無常の思想であり、縁起の思想であり、無我の思想である仏教が日本に深く根を下ろし、絶対神の思想であり、永遠の魂の思想であり、独善的排他主義の思想であるキリスト教が日本に根を下ろすことが出来なかったのは、日本人の根本的人間観が和の思想のそれであったからである。

人間は皆凡夫であり、それゆえ誰も自己の正義や価値観を他人に押し付ける権利をもたない、また他人の意見が自分と違うからといってそれを排斥してはならない、むしろ、皆和して衆議によって得られる理によって共同体を運営せよ、というあの十七条憲法の和の思想が日本人の根本的人間観・社会観であったからである。