表具 Q&A ↓今までにあった質問です。↓
1-【ふすまを貼ったが】
2-【ふすまが破れた】
3-【雪見障子の外し方】
4-【クロス】
5-【裏打ち】
6-【掛け軸:額】

【表具関係の質問】は【こちら】で

【破れた「ふすま」の補修】

破れた箇所の幅の広いほうを短辺とする長方形の厚紙(名刺ぐらい)を中に入れ、回転させて
厚紙と上紙を糊で貼って下さい。




【ふすまを自分で貼るには。】 1.縁を外す。  イ>釘で打ちつけていない襖は縁を上が下へたたいて外す。  ロ>ダンボールや発砲スチロールで作った襖の縁は外せません。   万一外した場合は木工用ボンドで接着して下さい。(油性ボンドを使用しないこと)  ハ>縁は4本とも異なります、元の場所に戻せるように印を付ける。 2.引手  イ>ドライバーなどて釘をとって下さい。(新しく取り替えたほうが良いでしょう)  ロ>ダンボールや発砲スチロールで作った襖の引手は接着してあるので引取って下さい。   (取れにくい場合はバーナーで暖めると接着剤が柔らかく成って取れやすい) 3.上紙  イ>スーパーなどで売っている糊の付いた紙は非常に施工しにくいので、表具屋で紙と糊を分けて   もらって下さい。(既に求められた方も下記のとうりに施工)  ロ>襖より8ミリほど大きく紙を切る。  ハ>紙全体に水を丁寧に含ます。(受け紙を貼る時は薄糊) *糊付きの場合は受け紙を貼る。  ニ>縁の部分のみ糊に木工用ボンドを30%混ぜたものを塗る。  ホ>4角を特にしっかり引伸ばして貼って下さい。  ヘ>中が乾きやすいので、重ねて乾きを調整する。 (注意!)  A.ダンボールや発砲スチロールの襖は本来貼り替え不能です。業者に以来して下さい。   (襖が、そります。)  B.押入の裏も必ず貼って下さい、そります。
【障子の貼り方】 1.洗剤をつけて汚れと糊をきれいに落として、十分乾燥させる。 2.糊は小麦湖で作られた物を使う。スーパーなどで障子貼り用の透明な糊を売っていますが、 乾くと糊が取れなくなります。 3.中の組子はペンキローラーで糊をつけると便利です。 4.障子紙は巾90センチのロール紙を障子を横に寝かせて転がして貼って下さい。 5.十分乾いてから霧を吹いて下さい。
【雪見障子の外し方】 三つのタイプがあります。  1-障子本体の上の部分が半分外れます。   スライド障子を上から引き抜くことが出来ます。    (ごく稀です) 2-スライドする障子を左右に寄せて外す。 (若干の数であります) 3-スライドする障子の左右どちらかの下溝に薄い木が  埋め込んであります。    尖ったもの突き刺して引き出して下さい。  (見ただけでは解りません)  前に外した小さい穴跡が残っているはずです。  (多くの雪見障子はこの形式です。)
【クロス貼り】 下地に気を付けて下さい。
【絵や書の裏打ち】 自分で本紙の裏打ちをする時は、台の上に障子紙を本紙より大きめに切り、 霧吹きでむらなく水を引きます。その上に本紙の裏を上にしてしばらく下の水分を本紙に 含ます。 本紙が十分に伸びないないときは、改めて本紙の裏へ霧吹きで水を含まし、 十分に伸びたところで撫で刷毛で「しわ」を取り除く。次に裏打ちする紙に糊を付けて 貼り付ける。 裏打ちできた本紙は表を上にして仮貼り(乾燥の為に作られた、ふすま)に縁だけ糊を 付けて貼り付ける。仮貼りと本紙が着かない様に中に空気を入れて1日以上乾燥さす。 乾燥したら、竹ヘラで仮貼りと本紙の間に入れてはがします。
【掛け軸:額に関する質問】 無量寿などの欄間は本紙の余白を、 下と上のバランスを、どのくらいの割合 で空ければよかったですか? たしか、下を広めにするんだったと 思いますが? ---------------------------------- 上が1寸5分だったら下は1寸6分 上が2寸だったら下は2寸1.5-2分ぐらい 後は本紙の文字のバランスによります。 ------------------------------------ 質問をお待ちしています。