ことば <言> 

          【横書き】へ
 喜 弱 私   罪 聖   た 人   希 神 無 弱 貧 幸   希 私   病 偉   弱 成
 び く の   の な   だ に   望 は 力 い し せ   望 の   気 大   く 功
 に 何 姿   醜 る   失 尊   し 私 に 人 く に   し 願   に な   な を
 満 も は   さ 人   敗 敬   た に な を な な   た い   な 事   っ 収
 ち 出 変   に に   に さ   全 必 っ 助 っ る   全 は   っ を   て め
 溢 来 わ   泣 な   終 れ   て 要 て け て 為   て 何   て す   し る
 れ な ら   い る   わ る   の な し る し に   の 一   し る   ま 為
 て い な   た 為   っ 為   こ 事 ま 為 ま 神   こ つ   ま 為   っ に
 私 け い     に   た に   と 何 っ に っ に   と 叶   っ に   た 神
 は れ     神 神         を も た 権 た 富   を え   た 神     に
 歌 ど     の に   思 神   私 か   威   を   私 ら     に   謙 力
 う       愛 徳   い に   は も 神 を 生 願   は れ   神 健   遜 を
         の を   上 手   受 知 に 願 き っ   受 な   の 康   を 願
         深 願   が 柄   け っ 頼 っ る た   け か   心 を   学 っ
         さ っ   ら を   た て る た 厳 の   た っ   に 願   ぶ た
         悟 た   な 願     お こ の し に     た   叶 っ   よ の
         る の   い っ     ら と に さ       け   う た   う に
         為 に   様 た     れ を   知       れ   様 の   に  
         に     に の     る 学   る       ど   に に      
                 に       ぶ   様                    
                         様   に                    
                         に                        
クレド(弱い者の信仰宣言)      原詩:ある兵士の祈り
  








な  あ  そ    や  み  た  あ    あ  そ  た  あ
り  な  ん    す  ん  だ  な    か  の  だ  な
た  た  な    ら  な  い  た    る  場  い  た
い  に       ぐ  が  る  が    く  の  る  が
   わ          こ  だ  そ    な  空  だ  そ
   た          こ  け  こ    る  気  け  こ
   し          ろ  で  に       が  で  に
   も          が                    



相田みつを
  







わ そ く ほ み さひ つ北 行南 行西 行東 小野 そよ じあ 味一 い 決欲 丈雪 風雨 ¬
た う に め ん むで まに っに っに っに さ原 しく ぶら 噌日 つ しは 夫に にに 雨
し い も ら な さり らけ て死 てつ て病 なの てみ んゆ とに も てな なも もも に
は う さ れ に のの なん こに そか 看気 藁松 わき をる 少玄 し いく か夏 まま も
な も れ も で なと いか わそ のれ 病の ぶの すき 勘こ し米 ず か  らの けけ ま
り の ず せ く つき かや がう 稲た をこ き林 れし 定と の四 か ら  だ暑 ずず け
た に   ず の はは らそ らな の母 しど のの ずわ にを 野合 に ず  をさ    ず
い       ぼ おな やし な人 束あ ても 小陰  か い  菜と わ    もに    
        う ろみ めょ くあ をれ やあ 屋の  り れ  を  ら    ちも      
        と おだ ろう てれ 負ば りれ に     ず  た  っ     負     
        よ ろを とが もば い   ば い     に  べ  て     け     
        ば あな いあ い        て           い     ぬ     
        れ るが いれ い                    る           
          きし  ば と                                
                い                                
                い                                
宮沢賢治
  







広主 主何 寛そ私 ど人私 そ無 真 すけい 完条 す口 すほ 私主
いが よ度 容のに うに自 の礼 心 べっっ 全件 っ先 ぐん たが
心許  で に人害 か 身 人や か てした にを かだ にの ち 
でし 人も 許のを  許も に侮 ら をてん 許つ りけ 許わ に私
許て を  すた加 謙し  接辱 許 水過許 すけ 許で すず もた
すく 許際 こめえ 虚て多 すな す に去し こた すな こか  ち
こだ す限 とにた なもく るど こ 流のた とり こく とな 人を
とさ こな を祈人 心らの こ  と しこら を限 と  を間 をゆ
をる とく 教りを でわこ と全 を てと  教定 を心 教で 許る
教よ を許 えな  許なと がく 教  を  えし 教の えも すし
えう 教す てがま すけで で受 え 許持  てた え底 て  こて
てに え  くらえ これ  きけ て すち  くり てか く恨 とく
く  て忍 だ 以 とば  るな く こ出  だせ くら だみ をだ
だ  く耐 さ 上 をな  力か だ とし  さず だ  さを 教さ
さ  だ深 い に 教ら  をっ さ をた  いに さ  い心 える
い  ささ   た えな  与た い 教り     い   に てよ
   いを   い てい  えか   えせ         と くう
    与   せ くの  ての   てず         ど だに
    え   つ だで  くよ   く          め さ 
    て   に さす  だう   だ          る い 
    く   し い   さに   さ          こ   
    だ         い    い          と   
    さ                         な   
    い                         く   
ジャン・ガロ(Jean Galot, S.J.)
  







神  来 そ そ 変 神 神 あ そ 自 こ 苦 一 そ 変 変 受 変 神
と  る れ れ え は の の の 分 の し 日 し え え け え よ
共  べ な に て 全 御 方 ま の 罪 み ず て る る 入 る  
に  き り よ く て 心 が ま 願 深 も つ そ 勇 こ れ こ 私
最  次 に っ だ を に そ に う い 平 生 れ 気 と る と に
上  の 幸 て さ 善 自 う 受 よ 世 安 き ら を の 平 の お
の  世 せ 私 る き ら な け う を へ る を   出 静 出 与
幸  で に が と も を さ 入 に   続 一 見   来 な 来 え
せ  は 生 こ 信 の 明 っ れ で   く 瞬 分   る 心 な く
を  と き の 頼 へ け た る は   道 一 け   も を い だ
得  こ   世 し と 渡 よ   な   と 瞬 る   の   も さ
る  し   で つ   す う   く   し を 知   は   の い
よ  え   の つ   の に       て 楽 恵       を  
う  に   人     な         受 し を         
に      生     ら         け む            
       も     ば         入              
                       れ              


 「平静の祈り」ラインホルド・ニーバー
  







い恨あ 心人人喜 悲愛誤祈受手黙人 黙そあ 黙心叱黙 そ目誰愛黙 黙何わ黙
つみな のののび しが解りけをっか っのな っをらっ しににがっ っもたっ
もやた 奥言幸を い無さな入貸てら て王た て傷れて てつも深て て語して
兄 の に葉せ周 時視れされし愛求 愛国の 愛つて愛 黙か気く愛 愛らが愛
弟焦沈 秘やを囲  さるいてたしめ すを心 すけもし っなづ本し しず愛し
をり黙 め態増に 黙れ時 くくなら る は るる言な ていか物な なにしな
尊 の ら度や撒 っるに れてされ こ人  こ言いさ 愛よれにさ さ たさ
重酷う れですき てこも なもいず とへ愛 と葉訳い すうなない いしよい
し評ち たイよ散 愛と黙 い    をのが をにを  るにいる   ばう 
大がに 苦ラうら すをっ そ  却 学優君 学もせ  こ善よた   しに 
切潜  しだ心し る忍て の  っ びし臨 び言ず  というめ   ば  
にま  みっ掛  こび愛 人  て ないす ない   を行に    外  
すな  をたけ  となし た  退 さ思る さ返   学為奉    に  
るい   なな  をがな ち  け いい王 いさ   びを仕    さ  
こよ  忍らさ  学らさ の  ら  や国  ず   なしし    え  
とう  耐黙い  び い た  れ  りで      さな     表  
をに  深っ   な   め  る  であ      いさ     わ  
心   くて   さ   に  時  満る       い     さ  
が   捧愛   い      に  たよ             ず  
け   げし          も  しう             に  
な   なな              に                
さ   ささ                               
い   いい                               
 ジャン・ガロ(Jean Galot, S.J.) 「愛のいのり」(大滝玲子:訳)より
  







永 人 進 私   愛 理 神   助 暗 悲 疑 ま 愛 私  平 神
遠 の ん た   さ 解 よ   け 闇 し い た を が  和 よ
に た で ち   れ さ 私   導 の み の 争 も 憎  を わ
生 め 赦 は   る れ に   い あ の あ い た し  実 た
き に す 自   こ る 慰   て る あ る の ら み  ら し
る 死 こ 分   と こ め   下 所 る 所 あ す あ  せ を
こ ぬ と を   よ と ら   さ に 所 に る こ る  る あ
と こ に 与   り よ れ   い 光 に 真 所 と 所  た な
が と よ え   も り る     を 喜 実 に が に  め た
出 に っ る   愛 も こ     も び を 和 出    に の
来 よ て こ   す 理 と     た を 絶 解 来    用  
る っ 赦 と   る 解 よ     ら   望 を る    い  
か て さ に   こ す り     す   の 分 よ    て  
ら   れ よ   と る も     こ   あ 裂 う    下  
で     っ   を こ 慰     と   る の に    さ  
す     て   望 と め     が   所 あ      い  
      与   ま を る     出   に る         
      え   せ   こ     来   希 所         
      ら   て   と     る   望 に         
      れ   下   を     よ   を 一         
          さ         う     致         
          い         に     を         
(フランシスコの 平和の祈り)
  







一     次     一
生     に     生
懸     い     懸
命     い     命
や     こ     や
っ     と     っ
て     は     て
負           勝
け           つ
る           こ
こ           と
と           の

(赤毛のアン)
  







示  そ  人  表  あ    比  正  自  喜  精  思  他  安
す  れ  は  現  な    較  直  分  ん  神  い  人  心
よ  相  必  出  た    的  に  の  で  的  ま  を  感
う  応  ず  来  の    容  誉  仲  い  情  す  誉  の
に  の  あ  る  感    易  め  間  る  緒  が  め  な
な  反  な  よ  謝    で  る  の  人  的     る  い
る  応  た  う  と    あ  事  よ  は  に     事  人
で  を  に  に  評    る  が  い     良     は  は
し     対  な  価    と     所     い     難   
ょ     し  る  を    思     を     状     し   
う     て  な       い     見     態     い   
         ら       ま     つ     に     と   
                 す     け     あ          
                       て     っ          
                             て          


(ナラモア 心理学者)
  







例   病   祈   あ   多   医     現   そ    最   祈
を   気   り   ら   数   師     実   れ    も   り
目   や   と   ゆ   の   と     的   は    強   は
撃   ゆ   言   る   人   し     な   地    力   人
し   う   う   他   た   て     力   球    な   間
て   う   厳   の   ち   の     で   の    エ   が
い   つ   粛   治   が   わ     す   引    ネ   生
ま   か   な   療       た         力    ル   み
す   ら   努   で       し         と    ギ   出
    救   力   失       は         お    ィ   し
    わ   に   敗                 な    |   う
    れ   よ   し                 じ    で   る
    た   っ   た                      す    
        て   の                           
            ち                           
            に                           


(アレクシス・カレル 生理学者)
  







チ    前      可    そ    問    す
ャ    向      能    こ    題    べ
ン    き      性    に    の    て
ス    の      を    何    中    の
が    人      さ    ら    に    人
隠    に      が    か    は    間
さ    と      そ    の         の
れ    っ      う              抱
て    て      と              え
い    は      す              る
ま           る               
す                           


(ロバート・シュラー 牧師)
  







味 と ∧ そ 下 左 そ い 自 自 わ す 右 い 左 つ 然 長 そ 人 到 時 イ
わ い 汝 し さ の れ う 分 分 た っ の ら の ま し い れ に 底 々 エ
え う の て る 手 か こ と の し か 手 れ 手 り だ 間 に 要 人 非 ス
る こ 信 つ の で ら と は 底 ら り の た に イ ん 疑 つ 求 間 常 と
の と 仰 ま だ 救   を こ を に 照 光 の 救 エ だ い い し に に い
で ば 汝 り と い   知 ん よ   ら で だ い ス ん が て て で 無 う
す が を は 思 と   ら な く   し わ と を は わ は わ い き 理 ひ
    救   い っ   せ も み   て た 思 持 右 か れ た る ぬ な と
    え   ま て     の さ     し い っ の っ な し よ よ   は
    り   す       だ せ     を ま て 手 て か は う う    
    V           と         す   に く っ   に な    
                              光 る た   み こ    
                              を よ     え と    
                              持 う     ま を    
                              ち だ     す      


(八木重吉 詩人)
  







  世 き で き 世 想 人 欲 き 想 平 想 な 国 そ み 想 お お
  界 み も み 界 像 類 望 み 像 和 像 ん の ん ん 像 れ れ
  は た   は を し が や た し の し て た な な し た た
  そ ち た お い て 兄 空 ち て な て な め に が て ち ち
  う も だ れ っ み 弟 腹 に み か み く に 難 た み の の
  な い 俺 の し な に の で な に な な 殺 し だ な 上 下
  る つ は こ ょ よ な 必 き よ 生 よ る し い 今 よ に に
  の か そ と に   る 要 る   き   よ 合 こ 日   は は
  さ お ん を 共 す の は か 所 て す   っ と の   空 地
    れ な 夢 有 べ さ な な 有 い べ 宗 た じ た   し 獄
ジ   た も 想 し て   く   な る て 教 り ゃ め   か な
ョ   ち の 家 て の   な   ん こ の だ   な に   な ん
ン   と じ と い 人   り   て と 人 っ 死 い 生   く て
レ   い ゃ い る 々       な を 々 て ん さ き   な な
ノ   っ な う こ が       い   が 同 だ   て   る く
ン   し い か と         こ     じ り   い   よ な
    ょ   も を         と     さ す   る     り
    に   し           を       る   こ      
    な   れ                   こ   と      
    れ   な                   と   を      
    ば   い                              
  







問   あ    信   素   神
題   り    頼   朴   様
を   と    を   に   と
解   あ    さ   子   い
決   ら    さ   供   う
し   ゆ    げ   の   友
て   る    る   よ   人
く   所    こ   う   に
れ   か    と   に   対
ま   ら    は       し
す   や            て
    っ             
    て             
    く             
    る             



(ヘレン・ケラー)
  







気   も   こ   閉   け   別   幸
付   う   ち   じ   れ   の   福
か   一   ら   た   ど   一   の
な   つ   に   ほ   私   つ   扉
い   の   向   う   た   が   の
こ   方   か   ば   ち   開   一
と   に   っ   か   は   き   つ
が       て   り       ま   が
多       開   な       す   閉
い       か   が           じ
の       れ   め           る
で       て   て           時
す       い   い           は
        る   て            
                            

(ヘレン・ケラー)
  







愛  ふ  し    真  弱  強    し  悲  よ
に  し  あ    実  い  い    あ  し  ろ
近  あ  わ    に  も  も    わ  み  こ
い  わ  せ    近  の  の    せ  が  び
よ  せ  が    い  が  が    に  集  が
う  が  集    よ  集  集    近  ま  集
な  集  ま    う  ま  ま    い  っ  ま
気  ま  っ    な  っ  っ    よ  た  っ
が  っ  た    気  た  た    う  方  た
す  た  よ    が  方  よ    な  が  よ
る  方  り    す  が  り    気     り
   が  も    る     も    が     も
                      す      
                      る      


(星野冨弘)
  







た     し     教     人
だ     か     わ     間
孤     し     る     は
独     霊     こ     社
に     感     と     会
お     を     が     の
い     う     で     な
て     け     き     か
の     る     よ     で
み     の     う     も
で     は           の
あ                 を
る                  



ゲーテ
  







は ま 生 な 平 平 ぼ そ 幸 は 自 ぼ そ た
ず た 命 ぜ 和 和 く の 福 じ 分 く れ と
だ 死 に か に に ら と に め 達 ら が え
か に 意 と 死 生 は き な て の が 小 ど
ら も 味 い ぬ き   は り ぼ 役   さ ん
  意 を う こ     じ う く 割   か な
  味 与 に と     め る ら を   ろ に
  を え   が     て   は 認   う  
  与 る   で           識   と  
  え も   き           し      
  る の   る           た      
    は               と      
                    き      


「人間の土地」 サン=テグジュペリ 作
  







早   遅   し   必   逢   人
過   す   か   ず   う   は
ぎ   ぎ   も   逢   べ   一
な   ず   一   え   き   生
い       瞬   る   人   の
時               に   う
に               は   ち




森信三
  







決  そ  あ  今  い  不  わ  正  実  だ  や  時  そ  し  す     
し  れ  り  か  く  幸  た  体  は  か  っ  に  う  か  べ     
て  ゆ  が  ら  つ  の  し  だ  そ  ら  て  は  や  し  て     
怨  え  た  思  も  帽  も  っ  れ  み  く  不  す  幸  の    幸
ん  神  い  え  か  子  小  た  が  ん  る  幸  や  せ  人    せ
だ  仏  幸  ば  ぶ  を  さ  り  幸  な     と  す  と  が    の
り  の  せ  そ  せ     い  す  せ  逃     い  と  い  幸    帽
し  な  の  れ  ら     時  る  の  げ     う  や  う  せ    子
て  さ  帽  が  れ     か  の     て     帽  っ  も  を     
は  る  子  み  た     ら  だ     し     子  て  の  求     
な  こ  で  ん  が              ま     を  く  は  め     
ら  と  あ  な                 う     か  る     て     
ぬ  を  っ                    が     ぶ  も     い     
      た                          っ  の     る     
                                 て  で           
                                    は           
                                    な           
                                    い           

【坂村真民詩集】
  







何 こ  理 支 許 愛  示 存 ¬ 私 神  ア 山 道  必 存 ど ほ ¬
が れ  解 え し し  さ 在 わ 達 は  メ 奥 端  要 在 ん ら ど
必 以  し あ あ 合  れ に た に 幾  ン の の  と す な っ ん
要 上  あ う う う  て 値 し   万  ボ 小 小  さ る 存 こ な
な に  う こ こ こ  い す た   通  ウ 沼 石  れ 十 在 の も
の 信  こ と と と  る る ち   り  に に に  愛 分 も 小 の
で 仰  と        よ 十 が   の  も 生 も  さ な   石 に
し に           う 分 必   方    息    れ 理   に も
ょ             に な 要   法    す    て 由   も 意
う             思 価 と   で    る    い が   ね 味
か             い 値 さ             る あ    が
?             ま が れ             ・ り     あ
              す あ て             ・       る
                る い             ・       ん
                こ る                     だ
                と こ                     よ
                 と                      
                を                        

フェリーニ監督の名作「道」
  







健 光 ゆ 色 無 正 立 気 相 正  少 正 あ 自 非 互  ふ 二 う 完 完 気  長 立 立 愚 二
康 を っ 目 理 し 派 付 手 し  し し と 分 難 い  ざ 人 そ 璧 璧 付  持 派 派 か 人
で 浴 た を な く で い を い  ひ い で に で に  け の ぶ な を い  ち す す で が
  び り 使 緊 あ あ て 傷 こ  か こ 疑 あ き 非  て う い ん め て  し ぎ ぎ い 睦
風 て   わ 張 り り い つ と  え と わ っ る 難  い ち て て ざ い  な る な る ま
に い ゆ ず に た た る け を  め を し た 資 す  る ど い 不 さ る  い こ い ほ じ
吹 る た   は い い ほ や 言  に 言 く か 格 る  ほ ち る 自 な ほ  こ と ほ う く
か 方 か     と と う す う  す う な ど が こ  う ら ほ 然 い う  と は う が い
れ が に     か か が い と  る と る う   と  が か う な ほ が  だ   が い る
な い       い   い も き  ほ き ほ か   が  い が が こ う い  と   い い た
が い       う   い の は  う は う     あ  い   い と が い      い   め
ら               だ    が   が     っ      い だ い            に
                と    い   い     て        と い            は
                     い   い     も                        

「祝婚歌」吉野 弘
  







け   持   そ   他   同   関   諸   諸
っ   っ   れ   人   じ   心   君   君
し   て   ほ   が   よ   を   自   が
て   く   ど   諸   う   持   身    
期   れ   関   君   に   っ   に    
待   る   心   の       て   た    
す   な   を   こ       い   い    
る   ど       と       る   し    
な   と       に       の   て    
                    と        



(バ-トランド・ラッセル)
  







人    食    涙
生    べ    と
の    た    と
味    も    も
は    の    に
分    で    パ
か    な    ン
ら    け    を
な    れ     
い    ば     
           



(ゲーテ)
  







 一  何  捨  重  と  殿  大  乞  上  人
 心  事  て  く  か  様  根  食  手  生
 に  も  身  見  く  に  俳  に  な  は
 な     に  ず  余  な  優  な  役  芝
 す     な     り  る  が  る  者  居
 べ     っ     人  事     こ  が  の
 し     て     生  も     と     如
             を  あ     も     し
                る     あ      
                      れ      
                      ば      



(福沢諭吉)
  







生   く   人    暖   太   震   寒
命   ぐ   生    か   陽   え   さ
の   っ   の    く   を   た   に
尊   た   悩    感       者    
さ   者   み    じ       ほ    
を   ほ   を    る       ど    
知   ど                     
る                         




(ホイットマン)
  







 わ  助  弱  医  一  去  一   無  わ  一  若
 が  け  り  し  人  り  人   駄  が  人  し
 生  て  し  得  の  得  の   な  生  だ  わ
 活  そ  鳥  な  苦  な  憂   ら  活  に  れ
 は  の  の  ば  痛  ば  慮   ず  は  救  心
 無  巣  一     ∩     ∩         い  痛
 駄  に  羽     な     う         得  み
 な  帰  を     や     れ         ば  た
 ら  し  ば     み     い            る
 ず  得        ∪     ∪             
    ば        を     を             



(飯田史彦)
  







あ   大   あ   一   街   山   孤
る   勢   る   人   に   に   独
の   の   の   の   あ   は   は
で   人   で   人   る   な    
あ   間   は   間       く    
る   の   な   に            
    ¬   く                
    間                    
                        
    に                    



(三木 清)
  







無     黙     し     最
言     っ     よ     も
は     て     う     強
黄     い     と     い
金     る     思     返
で     の     う     事
あ     に     と     を
る     限     き      
      る     は      



(夏目 漱石)
  







罪    先    悪    固
で    入    で    定
あ    観    あ    観
る    は    り    念
               は



(阪神 野村監督)
  







不   同   そ   幸   人
幸   じ   れ   福   間
が   だ   と   と   に
つ   け   ま   ほ   は
ね   の   っ   か    
に       た   に    
必       く        
要                
で                
あ                
る                



(ドストエフスキー)
  







存   唯   善   悪   存   善   存   も   悪
在   一   の   こ   在   も   在   し   は
理   の       そ   し   ま   し   悪   必
由               な   た   な   が   要
な               い       け       で
の               こ       れ       あ
で               と       ば       る
あ               に                
る               な                
                る                



(アナトール・フランス)
  







仏   許 そ 瞑   仏 他 ど 宗 一 仏 二 二   そ そ 二 ひ 自 人  ◇ 
教   さ れ 想   教 面 ち 教 面 教 つ つ   こ し つ と 分 類  ◆ 
は   な が な   は で ら で で は の の   に て の え た は    
二   い や ど   非 は の は は そ キ 世   は   グ に ち    中 
つ     は を   常   グ な 仏 の ャ 界   よ   ル 信 を    道 
の     り そ   に   ル い 教 ど ン     り   | 仰 過      
グ     ど の   精   | か は ち プ     深   プ に 激    ◆ 
ル     ち う   神   プ ら 心 ら が     い   が 生 な    ◇ 
|     ら ち   的   に   の に あ     考   あ き 物      
プ     の に   で   属   科 も る     察   る る 質    ‖ 
の     グ 含   あ   す   学 属 よ     が   よ も 主    ダ 
中     ル ん   る   る   で さ う     見   う の 義    ラ 
間     | で       こ   あ な な     当   に と 者    イ 
に     プ い       と   る い も     た   見   だ    ・ 
止     に る       も       の     ら   え   と    ラ 
ま     属         受       で     な   る   す    マ 
っ     す         け       あ     い       る    一 
て     る         入       る             も    四 
い     こ         れ                     の    世 
る     と         な                     と      
      も         い                            
---終り---