星野富弘 詩画集「四季抄 風の旅」より
【本の購入】
           【横書き】へ
さくら
  む 桜 口 私   湧 埋 私 友 桜 車   ・   し の の は   き っ は 人 の 椅   さ 食 ゃ 花 周   お あ て 満 が 木 子   く べ む を り   さ っ し 開 枝 の を   ら て し   に   え て ま の を 下 押   ・ し ゃ   咲   る く っ 花 曲 ま し     ま と   い   こ る た の げ で て     っ     て   と 感   中 る 行 も     た     い   が 動   に と く ら           た   で を         っ               き           て               ず                
  








口 ひ 私 く 看 部 あ し 真   ・
の と か ち 護 屋 な と っ   く
大 声 い な 婦 の た や 白   ち
き あ う し さ 中 か か い   な
な げ と の ん の 来 で 服   し
看 て   花   人 る   を   ・
護   そ の あ が と   来    
婦 と の よ な       て    
さ び 人 う た う          
ん 出 は な は っ          
だ て   人   と          
っ い   で   り          
た っ   す   す          
  た       る          
くちなし
  








¬ 忍 私 そ     私   動 動   ・     考 な 大 私 な ど 黒   ・
ブ 耐 の う   動 の 忍 か け   は     え ぜ ぜ は ぜ ぶ い   し
ッ と 体 気 忍 け よ 耐 な る   な     る   い     水 土   ょ
 い を づ 耐 な う が い 人   き     の み の   き を に   う
と う ギ い な い に 必 で が   り     だ に 人   れ 吸 根   ぶ
解 棘 リ た ど で   要 い     ん     ろ く の   い っ を   ・
け の ギ 時   い 動 だ る     ・     う い 愛   に て 張    
た は リ   必 る け   の             こ の   咲   り    
よ え に   要 の な   に             と 中   け        
う た 縛   だ に も   は             ば に   る        
な 縄 り   ろ   の                 か い   の        
  が つ   う   が                 り て   だ        
気   け   か                           ろ        
が   て                               う        
し   い                                        
た   た                                        
                
  








あ 元 ¬ 言 同 自 そ は さ 私   ・     強   同 同 私 花 し 茎 私   ・
の 気 頑 葉 じ 分 れ さ つ の   さ     い 受 じ じ も を か が の   な
時 か 張 で 花 の か ん き 指   つ     茎 け 光 水 こ 咲 し 簡 首   の
の い ろ は を 義 ら で の の   き     に て を を の か 菜 単 の   は
赤   う な さ 足 君 く 花 間   ・     な い   飲 花 せ の に よ   な
い    か し の は れ を に         ろ る   ん と た 花 折 う   ・
花   っ っ て く   た             う     で     は れ に    
が   て た   つ   っ                   い     そ て      
咲   言 け   ひ   け                   る     こ し      
い   っ ど   も   ね                         か ま      
て   た     に                             ら っ      
い   っ     も                             芽 た      
る   け                                   を        
よ   ね                                   出        
                                        し        
                
  








と ¬   こ 神 静 二 朝 ブ   ・     心 根 苦 留 し 描 こ 私   ・
思 花 高 の 秘 か つ の ラ   す     の 本 労 め か き の の   ら
っ に 慢 花 な に め 光 イ   か     中 か し て し 出 花 未   ん
た 描 に を 光 反 の の ン   し     に ら て お 私 す の 熟   ・
  か 感 描 景 り つ 中 ド   ゆ     咲 ス 育 き は こ 千 な    
  せ じ い を 返 ぼ で の   り     か ッ て た こ と 分 筆    
  て た て 見 っ み   す   ・     せ パ た い の は の で    
  も   や て て が   き         て リ 花   花 出 一 は    
  ら   ろ い ゆ 六   間         お 切 を   を 来 の      
  お   う た く つ   か         き っ     い な 美      
  う     ら 花 に   ら         た て     つ い し      
     な   び 割   さ         い 私     ま   さ      
      ど   ら れ   し           に     で   も      
      と   の た   込           く     も          
                む           れ     心          
                            た     に          
                
  








空 私 た 人   旅 た 風 き い   ・       お ・ 蕗     あ 今   む か 国   ・
が も だ 間 う す だ に み つ   た     む な ・ の あ   な は お ず い 語   ふ
と 余 一 に れ る 一 吹 た だ   ん     ず た ・ 薹 の   た も ぼ か た 辞   き
べ 分 つ と し 姿 つ か ち っ   ぽ     か の そ   こ あ を う え し て 典   の
る な   っ く が の れ が た   ぽ     し 心 し 綺 ろ り 思   て い が を   と
よ も   て て   も て 空 か   ・     い の て 麗 の ま い   し 漢 み ひ   う
う の   ど な   の   を           つ よ 憂   文 せ 出   ま 字   き   ・
な を   う ら   を   と           づ う 鬱 薔 字 ん す   い も   な    
気 捨   し な   持   ん           り に   薇 は が こ   ま     が    
が て   て か   っ   で           で       わ   と   し     ら    
し れ   も っ   て   行           し       す   も   た          
た ば   必 た       く           た       れ                  
よ     要 よ       の                   ま                  
      な         を                   せ                  
      も         見                   ん                  
      の         た                                      
      は         よ                                      
                
  








白 お 現 い ひ 歩 道 き 臭 摘 お   ・     輝     野     ほ   ・
い ま れ つ っ く の ら い ん ま   ど     き 小   の   多 ん   し
十 え る か そ 人 隅 わ と で え   く     が さ 風 草   く と   お
字 の の お り の で れ い ゆ を   だ     あ な に が   の う   ん
架 花 を ま と 足   者 わ く 大   み     る し ゆ     言 の   ・
に   待 え 生 許   の れ 人 切   ・       ぐ れ   い 葉      
似   っ を き を   お   が に           さ る   ら は こ    
て   て 必 て 見   ま   い             に よ   な   と    
い   い 要 い 上   え   た             も う   い   な    
た   た と た げ   だ                   に       ら    
    か す       っ                                
    の る       た                                
    よ 人       け                                
    う が       ど                                
    に                                          
                
  








美 知 美 知 花   ・     神 あ   私   花   ・
し っ し ら は   て     様 た ね は 咲 が   ひ
く て い な 自   っ     の り て 上 い 上   な
咲 い の い 分   せ     深 ま い を て を   げ
け る だ か の   ん     い え る 向 い 向   し
る か ろ ら 美   ・     愛 の   い る い   ・
の ら う   し         を こ   て   て    
だ   か   さ         感 と            
ろ       を         じ だ            
う                 る け            
か                   ど            
                
  








こ わ す 真 見 や 護 折 花 毒 神 か ひ ・  ど 美 お な 花   白   桜   椿 ・
の た べ 紅 か が っ り を 蛇 さ よ と ま  う し ま ぜ よ 彼 百 死 の 首 の な
身 し て の け て て に か の ま わ た む  し さ え い   岸 合 体 木 の 花 し
を も   実 の 秋 い 来 ま 模 は い た し  て と た つ 美 花 は が の よ は の
    神 を 悪 に る る く 様 そ 茎 き ぐ  つ   ち も し は う 埋 下 う   は
よ   さ 結 い は   者 び を こ だ で さ  な 人 の   い 墓 め ま に に   な
ろ   ま ぶ こ     の に え に か 折 ・  が の そ   も 場 き っ は 落   ・
こ   の だ の     手 似 が   ら れ    る 命 ば   の に 声 て   ち    
ん   な ろ 草     よ せ き     て    の と に   た 咲 が い   る    
で   さ う も     り て       し    か   死   ち く す る   と    
い   る                   ま        が   よ と き と   い    
よ   こ                   う        あ     い で い   う    
う   と                            る     う   う        
                                 の                  
                                 か                  
                
  








力 引 岸 花   あ 天 か   ・       お 淋 ひ 楽 む   ・
を き 壁 び   き に ら   き     人 ま し と し ら   ら
た か に ら   ら は み   く     間 え い つ そ が   ん
く え 打 は   め い 会   ・     に も 顔 ひ う っ   ・
わ す ち     て の う         似   を と で て    
え 距 つ     た ぼ や         て   し つ   咲    
る 離 け     れ ろ つ         い   て の   い    
波 が る     さ う           る   い 花   て    
の 長 海     が と           な   る は   い    
激 い の     る す           あ         る    
し ほ 波     や る                     と    
さ ど       つ や                          
            つ                          
                
  








私 そ 一 許 精 神 動 木   ・     大 ひ   そ 今 役   ・
は ん 生 さ 一 様 き は   つ     自 と   の ま 割   つ
友 な 懸 れ 杯 に ま 自   ば     然 枝 開 と さ を   ば
達 木 命 た 枝 与 わ 分   き     の の き な に 果   き
の を   高 を え る で   ・     縮 椿 か り 散 た   ・
よ   伸 さ 張 ら こ           図 も け で ろ し    
う   び ま り れ と           だ   た は う      
に   よ で   た が               つ   と      
思   う       で               ぼ   し      
っ   と     そ き               み   て      
て   し     の な                   い      
い   て     場 い                   る      
る   い     所                     花      
    る     で                            
                
  








  母 そ 固   母   ・     母 暖   弱 母 淡   ・
菊 の れ く 菊 の   き     の か   さ の い   ば
の 手 で 握 の 手   く     色 な   と 色 花   ら
花 は い り 花 は   ・     を   混 悲 を は   ・
に   て し に           し   じ し し      
似   や め 似           て   り み て      
て   わ   て           い   合 が い      
い   ら   い           る   っ   る      
る   か   る               た          
    な                              
                
  








小 そ 車 見 ふ   ・     本 そ ペ 風 母 こ 神   ・
さ こ 椅 て と   さ     当 ん ン に の の 様   な
な に 子 い 誰   ざ     に な ペ 揺 肩 腕 が   ず
花   を る か   ん     来 日 ン れ を を た   な
が   ま よ が   か     る が 草 る た 動 っ   ・
咲   わ う     ・     よ   の   た か た    
い   し な           う   実   か し 一    
て   す 気           な   を   せ て 度    
い   と が           気   見   て 下 だ    
た     し           が   て   も さ け    
      て           し   い   ら る      
                  た   た   お と      
                      ら   う し      
                            た      
                            ら      
                
  








あ で わ   ・     こ 私 す お あ   軽 赤 老 つ い   ・
な も た   け     と も ご っ っ 右 や ん 人 つ い   れ
た   し   ん     も 前 い ・ ・ 足 か 坊 が じ 日   ん
の そ は   ぎ     な は な       だ を 歩 の だ   げ
や の 傷   ょ     く   ぁ 半 片 左   お い 花     つ
さ 傷 を   う       あ   ひ 足 足   ぶ て の     つ
し の 持   ・     毎 ん 人 ね で     っ 行 む     じ
さ と っ         日 な が り 立 右   て く こ     ・
が こ て         や 見 歩   っ 足   い   う      
し ろ い         っ 事 く   た     る   を      
み か る         て な っ     左   足          
て ら           い 技 て     足   ど          
く             た を           り          
る             の             も          
              か                        
                
  








や う 限 泥 そ 生 う 草 草   ・     人 そ う 絵 言 一 人 二   ・
わ れ り だ れ い れ に む   つ     が れ た を え 番 に 番   む
ら し な ら を 茂 し ぐ し   ゆ     恋 が を 書 な 言 は 目   ら
か い く け む っ い ち る   く     し 言 う く い い 言 に   さ
な ん   の し た ん を 母   さ     い え た の も た え 言   き
土 だ ぐ 手 れ 草 だ こ は   ・     の る う か ど い な い   つ
の ろ ち も る も ろ ぼ           か よ の も か こ い た   ゆ
上 う は   こ   う し           も う か 知 し と   い   く
に な 続 流 と   な て           知 な も れ さ が   こ   さ
も   く れ も     い           れ 気 知 な に     と   ・
ど き け る     き る           な が れ い 絶     し    
れ っ ど 汗     っ             い し な   え     か    
て と   も     と               て い  なら          
                                 いれ          
                                 かな          
                                 らい          
                
  








私 棒 一 一   ・     美 金 そ 洗 私 朝 今   結 私 体 私 朝 結   ・
も の 本 本   あ     し よ の 面 の 陽     婚 が を の   婚   が
  先 の の   さ     い り 十 器 許 の レ   ゆ 痛 持 顔 顔 ゆ   く
あ は 棒 茎   が     雫 も 本 か に 中 |   び く ち を を び   あ
ん 夏 を が   お     ん   の ら 来 で ス   輪 な 上   洗 輪   じ
な の 登     ・     ゛ 銀 指 冷 た   の   は い げ き う は   さ
ふ 空 っ           落 よ 先 た あ  つカ     よ る ず と     い
う   て           ち り か い な  き|   い う と つ き い   ・
に   行           て も ら 水 た  ぬテ   ら に き け   ら    
登   く           い     を が  けン   な     な   な    
っ               る     す    てを   い     い   い    
て                     く    く    と     よ   と    
行                     っ    る    い     う        
き                     て         っ     に   い    
た                     い         た         っ    
い                     る                   た    
                
  








強   今 弱   い   ・     玉 燃 朝 ち 明 悲 束 よ   ・
さ 草 日 さ 風 つ   や     を え の っ る し の ろ   ふ
を が   を に か   ぶ     見 つ 庭 ぽ さ み 間 こ   う
知 風   思 揺 草   か     つ き に け の も の び   ち
っ に   っ れ が   ん     け た   な 中   こ は   ょ
た 揺   た る     ぞ     た 線     で ま と     う
  れ     の     う       香   か 見 た       そ
  る     を     ・       花   た れ         う
  の     見             火   ま ば         ・
  を     て             の   り            
                                       
  見                                    
  て                                    
                
  








思 お み か 蚊 も 花 花   弁 そ 夕 か 畑   ・     今   あ 白 私 初 あ 一 思   ・
い れ ょ あ に ん を の い 当 れ 方 い の   み     に あ ん い か め れ 人 い   ね
出 は う ち さ ぺ 抜 咲 つ の を   こ 草   ょ     向 ん た 布 も て は の 出   こ
す   が ゃ さ と い い も お 売 ひ に を   う     か な に に 知 買 白 少 の   じ
こ   を ん れ 地 て た   か っ ょ 桑 一   が     っ に も 草 れ っ い 年 向   ゃ
と   食   た 下 売 や し ず て い を 日   ・     て も   の な て 運 が こ   ら
ば   う   跡 た っ つ ょ を は っ く 中           嬉   汁 い も 動 走 う   し
か   と   が ぴ た は っ 買   と れ む         走 し   を   ら ぐ っ 側   ・
り   ば   い の こ 安 ぱ っ   出   し         っ そ   飛   っ つ て か    
で   か   っ 間 と く い て   か   り         て う   び   た を く ら    
す   に   ぱ は も な   来   け             く に   散   日   る      
    な   い     る こ て   て             る     ら   の          
    る   だ   あ か ぶ く   み                   せ              
    と   っ   っ ら の れ   ょ                   な              
    い   た   た と つ た   う                   が              
    う       よ   く っ   が                   ら              
    け       ね   だ け   を                                  
    れ           煮 ね   と                                  
                
  








愛 ふ し   真 弱 強   し 悲 よ   ・     き 装 運 そ 私 ほ 冬   ・
に し あ   実 い い   あ し ろ   き     も っ 動 れ を の 着   き
近 あ わ   に も も   わ み こ   く     の た 会 は つ か に   ん
い わ せ   近 の の   せ が び   ・     の 母 を 樟 つ な 着   も
よ せ が   い が が   に 集 が         袖 が 見 脳 ん   替   く
う が 集   よ 集 集   近 ま 集         の   に の だ や え   せ
な 集 ま   う ま ま   い っ ま         に   来 に   さ た   い
気 ま っ   な っ っ   よ た っ         お   て お   し 日   ・
が っ た   気 た た   う 方 た         い   く い   さ      
す た よ   が 方 よ   な が よ         だ   れ だ   が      
る 方 り   す が り   気   り         っ   た っ          
  が も   る   も   が   も         た   母 た          
                す                 の            
                る                              
                
  








空 ひ   い 永 あ 一 病   勝 疲 寂 ひ   ・       母 椿 冬 冬 い ひ   ・
に と   っ 遠 な 日 気   利 れ し と   た     輝 の の の を く と   つ
向 は   て を た を の   し き く は   い     い よ 葉 風 越 つ つ   ば
か     い 見 が 終 時   て っ て     さ     て う が に し の の   き
っ     る つ   え も     て   空   ん     い に   磨 た 葉 花   ・
て     の め ひ て     空   空 に   ぼ     る   輝 か の が の    
寝     で よ と 床     に 空 に 向   く         い れ だ   た    
て     し と を に     向 に 向 か   ・         て た ろ   め    
い     ょ   無 つ     か 向 か っ             い   う   に    
る     う  向限 く     う か い て             る            
      か  けの 時       い   寝                          
         る空 も           て                          
         のに             い                          
         は              る                          
                
  [TOP]