【相田 みつを】
相田 みつを
【相田みつを美術館】 【購入はこちら】
           【書の表示ページ】へ      【横書き】へ
  








諦 い 手   ひ 諦 よ 頭 骨 自 不 そ い   み と な    
念 ら を   ろ 念 く で 身 分 完 う の   る も ん   ・
の れ あ   が の わ な に の 全 す ち   こ か で   諦
世 な わ   っ 世 か く し 至 さ れ が   と く も   念
界 い せ   て 界 る   み ら が ば け   だ 一 い   ・
が   ず   く は   か て な     で     所 い    
    に   る     ら   さ よ 人 や     懸 ん    
    は     そ   だ よ が く 間 っ     命 だ    
          こ   全 く   わ の て     や      
          か   体 わ   か   み     っ      
          ら   で か   る   る     て      
                る       こ            
                        と            
                        だ            
  








に  自  す  こ  つ     
ん  然  る  ろ  ま   七 
げ  な  ほ  ん  づ   転 
ん  ん  う  だ  い   八 
だ  だ  が  り  た   起 
も           り     
の                 
  








い 無 仏 純 こ   咲 精 少 見 誰 谷 人    
う 為 教 粋 の   き 一 し て に 間 里   無
そ 不 で な よ   ま 杯 の も も の は   為
う 待 は 行 う   す の か ら   白 な   不
で と   為 な     美 け え   百 れ   待
す     を       し ひ な   合 た    
              さ き い   の      
              で も の   花      
                な で   は      
                く す          
                  が          
  







  








か 捨 自 て 荷 も ど い こ 自 自 い た か い い
ら て 分 下 物 の ん い と 分 分 つ い ま く い
ね る の さ は で な で で の の で せ い ら で
  ん か い み も 大 す す 道 足 も つ ま の す
  で ら よ ん ね 事 か よ を で 前 な せ ろ か
  す だ   な   な     歩   を こ ん く  
    も   捨         く   む と よ て  
        て             い は   も  
                      て ね      
  








悩 い ほ 生 い 悩 人 ど に
み え と き っ み そ ん ん
と な け て ぱ や れ な げ
苦 い さ い い 苦 ぞ 人 ん
し よ ま る 抱 し れ で は
み う に ん え み に も ね
を な も だ て を     ぇ
ね     ね          
  







  








ゆ な ゆ ぐ い え い だ ゆ な ゆ ぐ
く み く ち い ん ら れ く み く ち
が だ が を ん り ぬ に ん だ ん を
い を い こ で ょ か も だ を だ こ
い な い ぼ す し ら 気 ね な ね ぼ
  が   し よ な   が   が   し
  し   て   く   ね   し   て
  て       て   は   て    
  








だ  外  わ  つ  人  外
ろ  灯  た  け  の  灯
う  を  し  る  た  と
か  つ  は  ん  め  い
   け  ど  だ  に  う
   ら  れ  よ     の
   れ  だ  な     は
   る  け         
  








人 欲 人 物   腹 わ い お   こ 三 人 気
間 望 間 欲   立 る い だ   と 日 の が
の の は 色   つ く 気 て   も も こ 小
わ 固 ね 欲   わ ち に ら   あ ね と さ
た ま え 名   た い な れ   る む 気 く
し り   誉   し わ る れ     れ に て
  だ   欲     れ し ば     ぬ な 臆
  な         り           っ 病
            ゃ           て で
  








い う じ じ こ 一 に
う そ ぶ ぶ と 番 ん
と を ん ん は い げ
き   に が   や ん
だ         な  
  








く よ く 人 そ す そ く が が  ・
る く る の う る こ や ま ま  忍
か わ し か す ん を し ん ん  ・
ら か み な れ だ が い を を   
  っ が し ば よ ま だ す す   
  て   み     ん ろ る る   
      や     を う ん ん   
              が だ だ   
              ね よ よ   
  







  








ひ 人 な ま ひ ま ふ  ・
と 生 い よ と よ た  人
つ の   う つ う つ  生
が 的   こ な よ あ  の
い は   と ら な っ  的
い     が     た  ・
            ら   
  








い そ い そ 生 い 受 過 死 う
の れ の れ き ま け 去 に ま
ち が ち が て 自 継 の か れ
で わ で あ い 分 い い わ か
す た す な る の で の り わ
  し   た   番   ち 永 り
  の   の   を   を 遠  
                の  
  








咲 自 い 実 名  ・
か 分 の を も  自
せ の ち つ な  分
て 花 い け い  の
  を っ る 草  花
    ぱ   も  ・
    い       
  








す  姿  打  じ  た  い  仕  ア
ば  は  ち  ぶ  だ  い  事  ノ
ら  み  込  ん  ひ     は  ネ
し  ん  ん  の  た     な   
い  な  で  仕  す     ん   
      い  事  ら     で   
      る  に        も   
  







  








な 一 と 行 金 か か
の 体 こ き 追 ね ね
? ど ろ つ い と か
  こ は く か   ね
        け    
        て    
        も    
  








な じ 人 ひ 道 つ 道  ・
ら ぶ の ら は く は  道
な ん つ く 自 る 自  ・
い の く   分   分   
  道 っ   で   で   
  に た           
  は も           
    の           
    は           
  








そ 吐 ど そ 本 は 追 人
れ く ん の 音 じ い 間
が か な 時 を め つ  
大   本   吐 て め  
事   音   く   ら  
    を       れ  
            て  
  








い し た ほ い だ あ 一 い お  ・
っ ぼ だ し の め れ 番 ま ま  あ
て っ 一 い ち だ も 欲 一 え  る
み て ツ も が よ こ し 体 さ  日
な   に の け   れ い 何 ん  自
    的 を で   も   が な  分
    を       じ        へ
            ゃ        ・
  








な べ や べ べ ど あ  ・
あ ん っ ん ん ん の  べ
  か ぱ か か な ね  ん
  い り い い に ぇ  か
  な   は を 上    い
  ん     し 手    ・
  だ     て な     
  よ     も       
        ね       
  







  








な に 骨 ほ み な に み ト ほ ト ト  ・
り せ を ん ん る せ せ マ ん マ マ  み
た も 折 も な ん も よ ト も ト ト  ん
が の っ の そ だ の う を の の が  な
る に て な れ よ に と メ な ま ね  ほ
      の ぞ     す ロ ん ま え  ん
      に れ     る ン だ で    も
        に     か に よ い    の
              ら     れ    ・
                    ば     
  








自 人 な す み 誇 自 名 財 あ  ・
分 間 っ っ ん り 分 誉 産 の  飾
が と て ぱ な 高 に     ね  り
わ し ご だ 落 き つ そ 肩 え  物
か て ら か と 飾 い の 書    ・
る の ん に し り て 他 き     
か 本     て 物 い         
ら 当       を る   地     
  の             位     
  








育 た 目 い 自 い い 土 涙 人 名 栄 人 割 ア わ  ・
て く に ま 分 の つ の を の も 養 の れ ス た  目
る ま 見 は の ち か 中 こ 足 な 不 足 目 フ し  に
ん し え   花 い く ふ ら に い 足 に の ァ の  み
で い な た を っ る か え ふ 雑 の ふ 中 ル 住  え
す 根 い だ 咲 ぱ 春 く て ま 草 名 ま   ト み  な
  を     か い の 根 歯 れ で も れ わ の 家  い
        せ の 日 を を る は な て た 小 は  を
        る   に 張 く た あ い ば し さ 道  ・
        た     る い び る 雑 か は な ば   
        め     ん し に け 草 り     た   
        に     で ば   れ で い     の   
              す り   ど す る         
  








な 感 慣 慣 ど な 慣
く 動 れ れ ん れ れ
な が る る な る る
る な と な こ な な
か く     と    
ら       に    
        も    
  








く そ こ ひ  あ ど こ こ つ  あ 生 ほ あ  ・
れ う こ と  な ん れ ろ ま  な き ん な  ひ
る い ろ り  た あ か ん ず  た て と た  と
人 っ か で  に こ ら で い  に い う に  り
が て ら も  め と 先 も て  め て に め  で
あ     い  ぐ が   い も  ぐ よ よ ぐ  も
れ     い  り あ   い い  り か か り  い
ば        逢 っ     い  逢 っ っ 逢  い
         え て        え た た え  ・
         た も        た     て   
         か い        か         
         ら い        ら         
  







  








重 語 深 語 だ 語 無 悲 無 憂  憂 語 君  む  ・
い れ い れ け ら い し い い  い ら 看  か  憂
悲 な 憂 な な な の み の ・  無 ざ よ  し  ・
し い い い ん い で ・ で ・  き れ    の   
み ほ | ほ で   も ・ は ・  に ば 双  人   
| ど だ ど す   あ ・ あ が  似   眼  の   
だ   か       り が り    た   の  詩   
か   ら       ま   ま    り   色  に   
ら   で       せ   せ           あ   
で   す       ん   ん           り   
す                           ま   
                            し   
                            た   
  








ふ う ま あ な  ・
か れ な ら み  う
く い こ わ だ  れ
な が が れ で  い
る   ふ る    ・
    か た     
    く び     
    な に     
    り       
  








草 歩 道 歩  ・
が か に く  道
生 な な か  ・
え け る ら   
る れ       
  ば       
  








弱 わ な し む
い た ま な り
人 し け い を
間 は な で  
だ   い    
か        
ら        
  








た つ そ や 本 お  ・
の か の っ 腰 な  仕
し れ ほ て 入 じ  事
い な う ご れ や  ・
か い が ら て る   
ら で   ん   な   
          ら   
          ば   
  







  








運 そ こ 欲 こ あ こ あ  ・
転 う の 望 う あ れ れ  運
手 い 自 い な な も も  転
は う 分 っ り り ほ ほ  手
自 自   ぱ た た し し  ・
分 分   い い い い い   
  の   の           
  








な 単 世 通 う だ ば 正
あ 純 の ら そ か か 直
  じ 中 な ば ら を 者
  ゃ   い か と み は
  ね     り い る  
  ん     も っ    
  だ       て    
  よ            

  








か い 一 大 い ど い ど
け の 番 事 ち う い う
て ち 大 な ば で も で
ゆ を 事 こ ん も の も
く   な と   い は  
こ     は   い    
と         ん    
だ         だ    
          よ    
  








           な た 黙 吐 愚 黙 そ あ な ど ど 長  ・
        そ  み だ っ か 痴 っ ん る ら う ん い  道
      そ し  だ 黙 て な や て な ん ぬ し な 人  ・
    人 の て  な っ 歩 い 弱 歩 と だ 道 て に 生   
  い 間 と な  ん て く で 音 く き な と も 避 に   
ふ の と き あ  か   ん な を こ は   い 通 け は   
か ち し な    見   だ     と そ   う ら よ な   
く の て ん    せ   よ     だ の   も な う あ   
な 根 の だ    ち         な 道   の け と     
る が   よ    ゃ           を   が れ し     
の          ダ                 ば て     
は          メ                   も     
           だ                         
           ぜ                         
  







  








時 つ 逢 人 そ こ 楽 生
で い っ 間 れ と し き
す て て が は の い て
  話 人 人   一 と き
  を 間 間   つ 思 て
  す に と     う  
  る            
  








う こ あ 美 う
つ こ な し つ
く ろ た い く
し が の と し
い     思 い
      え も
      る の
        を
  








み ち か し い み か み な み か ア
て ゃ ん な い て ん ん に て ん ノ
い ん の く わ い の な も い の ネ
て と ん て け て ん 承 か て ん  
く   さ も や く さ 知 も く さ  
れ   ま ね べ れ ま で   れ ま  
る   が   ん る が ね   る が  
よ       か よ       よ    
        い              
        な              
        ん              
        か              
  








い そ あ そ 自 い い 過 な 二 十 こ そ 父 父   ・
の れ な れ 分 ま の 去 ん 十 代 う の と と   自
ち が た が の   ち 無 と 代 前 し ま 母 母  い分
で わ の   番 こ の 量 百 前 で て た の で  のの
す た い   を こ バ の 万 は 千 か 両 両 二  ち番
  し の   生 に ト   人 | 二 ぞ 親 親 人  の 
  の ち   き   ン   を ? 十 え で で    バ 
    で   て   を   越   四 て 八 四    ト 
    す   る   受   す   人 ゆ 人 人    ン 
            け   ん     く        ・ 
            つ   で     と          
            い   す                
            で                    
  








い そ い そ 生 い 受 過 死 う  ・
の れ の れ き ま け 去 に ま  自
ち が ち が て 自 つ の か れ  分
で わ で あ い 分 い い わ か  の
す た す な る の で の り わ  番
  し   た   番   ち 永 り  ・
  の   の   を   を 遠     
                の     
  







  








い や 試 や 思 あ
ま る し れ っ と
だ な が た て で
  ら な   も や
  い い     ろ
  つ       う
  で       と
  も        
  








生 新 今 生 今 自 昨
ま た 日 き 日 分 日
れ に   る の を ま
変       自 否 で
わ       分 定 の
る       に し  
  








    や み た あ あ そ た あ  ・
    す ん だ な か の だ な  た
    ら な い た る 場 い た  だ
  そ ぐ の る が く の る が  い
わ ん   こ だ そ な 空 だ そ  る
た な   こ け こ る 気 け こ  だ
し あ   ろ で に   が で に  け
も な   が              で
な た                  ・
り に                   
た                     
い                     
  








お あ あ 凡 あ ま 人 あ く
れ る や 夫 る よ 間 る る
だ よ ま だ さ う だ さ し
も   ち も   と も   い
の   だ の   き の   こ
    っ     だ     と
    て     っ     だ
          て     っ
                て
  








天 い そ 見 初 ボ
下 つ う せ め ロ
泰 で す て に は
平 も れ お    
だ   ば け    
  







  








き こ じ い し
め こ ぶ つ あ
る ろ ん も わ
  が の   せ
        は
  








わ 生 真 永 避 だ 病 老 生  ・
た か 理 遠 け れ ん い ま  真
し さ の の ら に で て れ  理
の れ 中 真 れ も 死   て  ・
い て に 理 な   ぬ       
の い     い           
ち る                 
  








青 い い や が や と あ  ・
春 ま つ る な れ 思 と  わ
浪 だ で な い た っ で  た
人   も ら   試 て や  し
      ば   し も ろ  の
              う  坐
                 右
                 銘
                 ・
  








出 お ち あ ち た 張  ・
る ん ょ ん ょ る り  琴
  ば う ば う ん す  の
  い ど い ど で ぎ  糸
  の い の い ダ て  ・
  音 い と い メ も   
  が   き     ダ   
      に     メ   
  








の よ こ の こ 相
う う っ う と 手
  に ち   じ が
  は の   ゃ あ
  な 思   け る
  ら う   ん  
  ん        
  







  








点 に き こ つ 人 に  ・
数 ん た の け か ん  点
は げ の 世 ら ら げ  数
後 ん で に れ 点 ん  ・
  が な 生 る 数 は   
  さ い ま た を ね   
  き ん れ め   え   
    だ て に       
    よ           
  








な じ な み あ あ あ あ  ・
る ぶ っ ん の の の の  肥
た ん た な 悲 と 苦 と  料
め が ん 肥 し き し き  ・
の 自 だ 料 み の み     
  分 な に も   も     
  に あ             
  








い 便 不 無 便 有 す 人 か   ・
い 利 便 い 利 れ べ 生 ね  空色
な な で と   ば て の が  即即
| ほ す       で      是是
  う         な      色空
  が         な      ・ 
            い        
            が        
  








道 あ あ 曲 曲 ま ま 鼻 眼  ・
元 た た が が っ っ は は  眼
禅 り り っ っ す す タ ヨ  横
師 ま ま て た ぐ ぐ テ コ  鼻
の え え み も に な      直
教 に の え の   も      ・
え 行 こ る は   の       
で う と       は       
す   を               
  








い に い 歩 ど 道 ど  ・
い 生 の く の を の  子
ぞ き ち と よ   よ  供
  て い も う   う  へ
  れ っ   に   な  一
  ば ぱ          首
    い          ・
  







  








ぐ  ¬  や  あ
ち  の  っ  ん
が  に  た  な
で    の  に
る  が  に  し
   つ     て
   く      
   と      
  








  た 泣 声 い だ す や い 強  ・
  だ く を る れ る せ う が  泣
な ひ が か も に こ が こ り  ・
け た い ぎ ん え と ま と な   
ば す い り か ん な ん な ん   
い ら   に   り い な い か   
い         ょ よ ど よ     
          な           
          ん           
          か           
  








人  い  つ
間  い  ま
だ  じ  づ
も  ゃ  い
の  な  た
   い  っ
   か  て
  








  し 自 そ 肥 土   ¬  ・
お な 己 ん 料 の 咲 こ  自
れ い 顕 な は 中 か の  己
の   示     の せ 花  顕
よ   を       た は  示
う           ん お  ・
な           だ れ   
             が   
  








読  い  書  人
む  つ  い  の
ん  わ  て  為
だ  り     と
ね  と      
え         
  







  








多 お 手 ぽ 百  ・
い ね を ん 円  お
こ が 合 と 玉  さ
と い わ 投 一  い
  こ す げ ツ  銭
  と   て    ・
  の         
  








で に 欠 不 な お
す ん 点 完 あ た
が げ だ 全   が
ね ん ら     い
    け     に
    の      
  








        仏 鬼 じ ほ ¬ 鬼 わ   ¬  ・
      鬼 が の ぶ ん あ が た   あ  家
  わ   心 そ う ん と の さ し   ん  主
  が     っ し な う ね け の   な  ・
  家 仏   と ろ ん に 人 ぶ こ 死 や   
家   心   さ で だ 傷 を   こ ん つ   
主   同   さ   よ つ 恨   ろ じ     
は   居   や    く ん   の ぇ     
じ   の   く     の で   中 ば     
ぶ             は ね   の い     
ん                     い     
                           
  








    く つ 泣     つ ど も だ     く つ  ・
う う る ら く う う ら ん ら れ う う る ら  う
ん ん し か に ん ん か な え に ん ん し か  ん
    か っ も     っ に ず も     か っ  ・
    っ た 泣     た か に わ     っ た   
    た ろ け     ろ   い か     た ろ   
    ろ う ず     う   る っ     ろ う   
    う             な て     う な   
                  あ       な あ   
                          あ     
  








く 雑 ば 人 た わ
る 草 か に ま か
し の り 踏 る っ
み   い ま か て
が   る れ    
      て    
  







  








な  い  黙  つ  語  い  い   ・
る  え  っ  ら  ら  わ  ま   黙
か  ば  て  い  な  な  は   ・
ら  べ  い  だ  い  い  な    
   ん  る  ろ  ほ  ほ  ん    
   か  ほ  う  う  う  に    
   い  う  が  が  が  も    
   に  が     い  い       
      い     い  い       
      い                
  








か  い  一  大  い  ど  い  ど
け  の  番  事  ち  う  い  う
て  ち  大  な  ば  で  も  で
ゆ  を  事  こ  ん  も  の  も
く     な  と     い  は   
こ        に     い      
と              ん      
だ              だ      
               よ      
  








無 世 変 人 ゆ み な 縁 因  ・
常 の っ 間 く ん に も も  無
だ 中 て 関 ん な も 変 変  常
か   ゆ 係 だ 変 か る り  ・
ら   く も ね っ も       
          て         
  [top]