【マザー・テレサ】  

           【横書き】へ
今 私 ど 人 主 今 私 優 主 今 私 友 主 今 私 貧 主
日 の ん は よ 日 の し よ 日 の を よ 日 の し よ
  心 な 人     声 い     足 欲     手 い  
私 を 人 で 今 私 を 言 今 私 を し 今 私 を 人 今
の お で あ 日 の お 葉 日 の お が 日 の お や 日
心 望 も る 一 こ 望 に 一 こ 望 る 一 こ 望 病 一
を み 愛 と 日 の み 飢 日 の み 人 日 の み ん 日
お で す い   声 で え   足 で 々   手 で で  
貸 し る う   を し て   を し を   を し い  
し た た 理   お た い   お た 訪   お た る  
い ら め 由   使 ら る   貸 ら れ   使 ら 人  
た   に だ   い   人   し   る   い   を  
し     け   下   々   い   た   下   助  
ま     で   さ   と   た   め   さ   け  
す         い   語   し   に   い   る  
              り   ま           た  
              合   す           め  
              う               に  
              た                  
              め                  
  








主 私 実 本 で 自 主   主 私 真 で 私 主   主 他 私 本 で 私 主
よ が は 音 も 分 よ   よ の 実 も は よ   よ 人 が 音 も の よ
  ふ 思 に   が       方 が   与       の 愛 に 心 心  
私 く い 気 胸 貧 私   私 こ わ 胸 え 私   私 中 し 気 に が 私
が れ 上 づ に し は   が そ か に る は   が の て づ 手 愛 は
自 あ が か 手 い 信   自 与 っ 手 べ 思   自 自 い か を に 思
分 が り さ を 者 じ   分 え た を き い   分 分 た さ 当 漲 い
自 っ と れ 当 で 切   自 ら の 当 こ こ   自 を の れ て っ こ
身 て 妬 ま て あ っ   身 れ で て と ん   身 愛 は ま て て ん
か い み し て る て   か て す て は で   か し   し み い で
ら た と た み こ い   ら い   み 何 い   ら て 他 た て る い
解 こ の   て と ま   解 た   て で ま   解 い 人     と ま
放 と 心     を し   放 の     も し   放 た で       し
さ を に       た   さ だ     与 た   さ 事 は       た
れ               れ と     え     れ 実 な        
ま               ま       て     ま に く        
す               す       い     す            
よ               よ       た     よ            
う               う       と     う            
に               に             に            
  








祈   私  そ  ど   私   受  世  だ  で   ノ  私
り   に  の  う   に   け  界  れ  も   |  は
の   あ  費  か   は   ま  の  か      ベ  皆
場   た  用          し  も  ら      ル  さ
だ   え  を      受   た  っ  も      平  ん
け   ら  貧      賞      と  見      和  が
し   れ  し      の      も  捨      賞  考
か   る  い      晩      貧  て      の  え
な   の  人      餐      し  ら      受  て
い   は  た      会      い  れ      賞  お
の      ち      は      人         者  ら
で      の      不      び  愛      に  れ
す      た      要      と  に      は  る
か      め      で      に  飢      あ  よ
ら      に      す      か  え      た  う
       お             わ         い  な
       つ             っ  死      し   
       か             て  に      ま   
       い             賞  瀕      せ   
       く             を  し      ん   
       だ                て          
       さ                い          
       い                る          
  








む   不   そ    骨   私    私   私
し   親   し    ば   の    も   の
ろ   切   て    か   身    貧   白
親   で        り   な    し   い
切   冷        の   り    い   サ
と   淡        子   も    人   リ
慈   で        ど   生    の   |
し   あ        も   活    ひ   は
み   り        と   も    と    
の   な        ひ        り   貧
う   が        と   病    だ   し
ち   ら        つ   に    と   い
に   奇        に   倒    い   人
間   蹟        な   れ    う   の
違   を        る   た    し   な
う   お        た   人    る   か
ほ   こ        め   や    し   で
う   な        の             
を   う        糧             
選   よ                      
び   り                      
た   は                      
い                          
  








そ    飢    着    わ    実    貧
し    え    物    た    際    し
て    て    を    し    に    い
家         着    た    キ    人
な    裸    せ    ち    リ    に
し    の    る    が    ス    ふ
の         の         ト    れ
キ         は    食    の    る
リ              べ    身    時
ス         住    物    体     
ト         ま    を    に    わ
に         い    あ    ふ    た
          を    げ    れ    し
な         あ    る    て    た
の         げ    の    い    ち
で         る    は    る    は
す         の         の     
          は         で     
                    す     
  








声  実   望  聞  な  食  お  オ  貧
も  際   ん  い  に  べ  金  キ  し
出  に   で  て  よ  物  を     い
な  は   い  ほ  り  を  恵     人
い  何   る  し  も  あ  ま     た
け  も   の  い  ま  た  れ     ち
れ  い   よ  と  ず  え  る     は
ど  わ         自  ら  よ     ね
も  な         分  れ  り      
ね  い         の  る  も      
   し         気  よ         
             持  り         
             ち  も         
             を            
  








ほ :   い ¬ か 死 ほ   い ほ み 握 貧 飢 で   ど 健
ん :   っ あ す の ん   い ん つ り し え も   ん 康
と 貧   て り か 直 と   た と め 合 い た ね   な な
に し   い が に 前 う   い う あ っ 人 人     ウ 人
す い   る と ふ に に   こ に う た は       ソ や
ば 人   の う る あ わ   と   視 手         で 経
ら っ   が  え る か   を   線           も 済
し て     っ る 人 る   こ   に           い 力
い       て 手 で の   め               え の
わ         が も よ   る               る 豊
                  の                 か
                  よ                 な
                                    人
                                    は
  








・ す も だ  ほ オ  私 も そ だ だ 心 思 人 あ オ
・ ん っ れ  ん キ  は っ れ れ れ の え び な キ
・ で と も  と    思 と は か か 飢 る と た  
・ い 親 自  う    う ひ 一 ら ら え け は の  
  る と 分  に    の ど 切 も も を れ 何 国  
  部 話 を  あ      い れ 愛 必 も ど 不 で  
  屋 し 必  な      貧 の さ 要 っ も 自 は  
  の た 要  た      し パ れ と て   由    
  ナ い と  の      さ ン て さ い   な    
  ン と し  ま      な に い れ る   く    
  バ 思 て  わ      ん 飢 な ず 人   生    
  | っ い  り      じ え い   は   き    
  で て な  に      ゃ て と   た   て    
  し い い  は      な い い   く   い    
  か る の  い      い る う   さ   る    
  存 子 だ  な      か よ 心   ん   よ    
  在 ど と  い      と り の   い   う    
  し も 思  と        も 貧   る   に    
  て が っ  い          し   で        
  い   て  え          さ   し        
  な   い  ま              ょ        
  い   る  す              う        
  人   人  か                       
  が   が  ?                       
  








と  い  私    名  隣  死  ひ    い  ニ  こ
ん  つ  は    前  に  後  と    っ  ュ  ん
で  で       も  住  何  り    ぱ  |  な
い  も  そ    知  ん  日  暮    い  ヨ  老
き  ど  う    ら  で  も  ら    い  |  人
つ  こ  い    な  い  た  し    る  ク  は
づ  に  う    か  る  っ  の    ん  で   
け  で  貧    っ  人  て  老    で  も   
る  も  し    た  が  発  人    す  ロ   
つ     い    り  病  見  が    よ  ン   
も     人    ね  気  さ          ド   
り     に       な  れ          ン   
な     つ       の  た          で   
の     か       に  り          も   
で     え                     東   
す     る                     京   
よ     た                     で   
      め                     も   
      に                         
  








感   み   だ   自   ら   今
ず   ん   れ   分   い   日
る   な   も   は   で   の
こ   か   か   い   も   最
と   ら   ま   て   結   大
で   見   っ   も   核   の
あ   捨   て   い   で   病
る   て   く   な   も   気
    ら   れ   く   な   は
    れ   な   て   く    
    て   い   も        
    い       い        
    る       い        
    と                
  








無  病  貧  権  搾  す  神  愛  最
関  気  し  力  取  ぐ  か  の  大
心  に  さ  の  や  近  ら  足  の
で  お  や  腐     く  く  り  悪
い  び     敗     に  る  な  は
る  や     や     住  よ  い   
こ  か           ん  う  こ   
と  さ           で  な  と   
   れ           い  愛      
   て           る  の      
   い           近  足      
   て           所  り      
   も           の  な      
               人  い      
               が  こ      
                  と      
  








愛  彼   天  ど   仕  わ   天  こ  苦  ・
す  ら   国  れ   事  た   使  の  し  ・
る  の   へ  ほ   に  し   で  会  ん  ・
こ  こ   行  ど   も  ど   あ  の  で  ・
と  と   っ  貧   劣  も   り  人  い  病
を  で   て  し   ら  の   ま  が  る  気
教  も   は  い   ず  貧   す  い  人  の
え  っ   じ  人   必  し   よ  た  に  人
ら  と   め  に   要  さ   う  わ  と   
れ  神   て  借   で  の   に  り  っ   
た  を   わ  り   あ  生      と  て   
と      か  が   る  活      慰  は   
い      る  あ      は      め      
う         っ             の      
こ         た                    
と         か                    
の                              
た                              
め                              
に                              
  








あ  世   い   苦  子  温  ま  親  明  前  あ  親
な  話   つ   し  ど  か  な  切  る  よ  な  切
た  す   で   ん  も  く  ざ  が  く  り  た  で
の  る   も   で  に  声  し  あ  な  も  に  慎
心  だ   よ   い  も  を  に  な  っ  も  出  み
を  け   ろ   る  貧  か     た  て  っ  会  深
与  で   こ   孤  し  け  ほ  の  帰  と  っ  く
え  な   び   独  い  る  ほ  表  れ  気  た  あ
な  く   に   な  人  こ  え  情  る  持  人  り
さ      あ   人  に  と  み  に  よ  ち  が  な
い      ふ   す  も  ば  に     う  よ  だ  さ
       れ   べ     に        に  く  れ  い
       た   て     あ        な     で   
       笑   に     ら        さ     も   
       顔         わ        い         
       を         れ                  
       む         る                  
       け         よ                  
       な         う                  
       さ         に                  
       い                            
  








周  家  毎  そ  て  よ  平  私  行  協
り  庭  日  れ  き  り  和  た  為  労
の  で  の  ぞ  ば  大  の  ち  に  者
人     生  れ  き  き  仕  の  愛  は
と     活  の  と  な  事  愛  を   
い     で  仕  こ  愛  に  の  あ   
っ        事  の  を  ほ  仕  ら   
し        で  仕  持  か  事  わ   
ょ           事  っ  な  は  す   
に           を  て  り     べ   
            果     ま     き   
            た     せ     で   
            し     ん     す   
            ま               
            し               
            ょ               
            う               
  








人   私   怒   私   た   そ   そ   あ
び   な   り   は   だ   の   れ   る
と   ら   を   物       た   な   人
が   使   感   が       め   り   び
平   え   じ   浪       に   の   と
気   る   る   費       働   理   が
で   も   の   さ       い   由   豊
捨   の   で   れ       て   が   か
て   を   す   る       き   あ   に
る           の       た   る   生
時           を       に   は   活
に           見       違   ず   で
            る       い   で   き
            と       あ   す   る
                    り       の
                    ま       は
                    せ        
                    ん        
  








知   そ   何   い   そ   読   自   目
っ   こ   も   や   れ   み   分   の
て   に   し       も   あ   が   不
い   何   な       自   げ   読   自
る   か   く       分   る   ん   由
だ   で   て       が   だ   で   な
け   苦   も       読   け   い   人
で   し           み   で   る   が
い   ん           た   い   新   そ
い   で           い   い   聞   ば
の   い           時       を   に
で   る           間       声   い
す   人           に       を   れ
    が           で       出   ば
    い           充       し    
    る           分       て    
    と                        
    い                        
    う                        
    こ                        
    と                        
    を                        
  








献  隣  オ  ユ  プ  愛  何  も  ど  私  オ
身  人  キ  ダ  ロ  の  か  っ  ん  は  キ
と  に  の  ヤ  テ  心  し  と  な  ね   
祈  奉  国  の  ス  を  た  も  人      
り  仕  の  人  タ  持  い  貧  で      
と  す  仏  で  ン  っ  と  し  も      
愛  る  教  も  ト  て  い  い         
に  の  徒  ヒ  で  い  う  人         
よ  は  で  ン  も  る     び         
っ     も  ズ  回  人     と         
て     ね  |  教  な     の         
で        教  徒  ら     た         
す        徒  で  歓     め         
よ        で  も  迎     に         
         も     し               
               ま               
               す               
               よ               
  








と 書 目 記 浮 洗 年 花 病 も あ で い 苦 こ 軽 き 社 人 私
て い の 入 浪 濯 と を 院 っ な も か し の 蔑 ら 会 間 は
も て 不 す 者 を っ 持 に と た ね な ん 世 さ わ か 的 ね
り あ 自 る の し た っ 入 身 た   け で で れ れ ら な  
っ げ 由 手 た て 人 て 院 近 ち オ れ い も て   拒 あ  
ぱ る な 助 め あ の い し な は キ ば る っ い   絶 つ  
な こ 人 け に げ た っ て こ     な 人 と る   さ か  
愛 と の す 社 る め て い と     ら た も 人   れ い  
の だ た る 会 と に あ る か     な ち ひ た     を  
表 っ め の 保 か 窓 げ 患 ら     い の ど ち     う  
現 て に だ 障   を る 者 は     の も い       け  
な   手 っ の ね 拭 と に じ     よ と 病       て  
の   紙 て 用   い か   め       に 気       い  
よ   を   紙   た     た         に       な  
        に   り     ら                 い  
                  ど                 人  
                  う                 た  
                  か                 ち  
                  し                    
                  ら                    
  








隣  友  兄  子  親  見  人  人  い
人  が  が  が  が  捨  間  間  ま
が  友  弟  親  子  て  を  が  の
隣  を  を  を  を  て        世
人              い        の
を              る        中
               の         
               よ         
               ね         
  








世 そ ほ 物 私 と 子 忙 生 ほ い ど そ あ 一 子
界 の ん 質 た て ど し 活 と ま う の な 対 ど
一 意 と 的 ち も も く を ん   し 子 た 一 も
の 味 う に が 少 た 働 も ど   よ が が の は
幸 で に は 接 な ち い っ の   う ほ 働 ね あ
せ は 子 豊 し く は て と 人   も う い   な
者   ど か て な 両 い 豊 が   な っ て   た
か   も じ い っ 親 て か     い て そ   の
も   を ゃ る て と   に     で お の   愛
し   愛 な 貧 い す   し     し か 子   を
れ   し い し ま ご   よ     ょ れ の   待
ま   て け い す す   う     う る パ   っ
せ   い れ 人   時   と       ん ン   て
ん   ま ど た   間           じ を   い
ね   す も ち   が           ゃ 稼   る
    よ   は                 い   の
                          で   よ
                          き    
                          て    
                          も    
  








し   何   家   子   住   愛
あ   も   庭   ど   ま   は
わ   持   を   も   う   家
せ   っ   愛   を   も   庭
に   て   し   愛   の   に
な   い   て   し   な    
れ   な   い       ん    
る   く   れ       で    
の   て   ば       す    
で   も           よ    
す                    
よ                    
  








み  愛  ど  み  地  異  異  人  ど  大  国
ん  す  の  な  位  な  な  び  こ  き  と
な  べ  人  お  で  っ  っ  と  へ  な  国
愛  き  も  な  は  た  た  で  行  違  の
に  人  み  じ  あ  教  外  す  っ  い  間
飢  で  ん  で  っ  育  見  か  て  は  に
え  す  な  す  て  や     ら  も  あ   
て           も  異        出  り   
い              な        会  ま   
ま              っ        う  せ   
す              た        の  ん   
                        は      
  








思 そ 服 そ そ あ そ 貧 も も 貧 仕 思 苦 あ
い し を の し な れ し し っ し 事 い し な
や て   人 て た は い   と い は お ん た
り 愛   た 私 が 神 人   心 人 も こ で が
を を   ち が   が び   の た っ す い た
あ     に     そ と   底 ち と な る が
た     パ     の が   か に ら ら 兄  
え     ン     人 飢   ら た く   弟 も
な     を     を え   微 い に   姉 し
か           愛 死   笑 し 感   妹  
っ           し に   む て じ   の  
た           て す   こ も     ひ  
か           い る   と       と  
ら           な と   が       り  
な           い し   で       ひ  
の           か た   き       と  
で           ら ら   る       り  
す           で     で       を  
            は     し          
            な     ょ          
            く     う          
  








そ き ほ そ 説 で そ で し や 見 服 裸 み だ 思 愛 パ で 飢
の れ う れ 教 き れ も め さ ず が の た れ い   ン も え
ほ い き は し る ら   し し 知 な 人 さ か や   が そ て
う に を 人 て だ の   て い ら い も れ の り   な れ い
が し も と き け 人   も 心 ず と い な ¬ へ   い は る
も て っ ふ か 少 び   ら づ と い ま い 自 の   た   人
っ あ て れ せ な と   え か い う す 飢 分 飢   め   が
と げ だ あ て く に   な い う こ   え  え   で   い
雄 て れ う も し 話   い を こ と   な で     は   ま
弁 ご か 場   ま す   と   と で   の あ     あ   す
な ら の に   し こ   い   だ は   で り     り    
の ん 家 は   ょ と   う   け あ   す た     ま    
で な を な   う は   意   で り     い     せ    
す さ   り         味     ま     と     ん    
か い   ま         で     せ     い          
ら     せ         裸     ん     う          
      ん         な           思          
                の           い          
                で           が          
                す                      
  








や  キ  私     慈  社  私
っ  リ  は     善  会  は
て  ス        事  福   
い  ト        業  祉   
る  の        家  家   
だ  た        で  で   
け  め        も  も   
で  に        な  な   
す           い  け   
か           の  れ   
ら           で  ば   
            す      
            よ      
  









ご  な  ヒ  い  私  両  捨  し  活  慈  社  私
く  い  ュ  ま  は  親  て  あ  動  善  会  が
当  ん  |  私  神  と  な  わ  す  の  福   
た  で  マ  が  に  も  か  せ  る  た  祉  も
り  す  ニ  し  捧  別  っ  だ  の  め  や  し
前  よ  ズ  て  げ  れ  た  っ  だ  に      
の     ム  い  た  な  で  た  っ         
こ     で  る  身  か  し  家  た         
と     も  こ  で  っ  ょ  も  ら         
な     な  と  す  た  う               
ん     ん  は  か  で  し               
で     で     ら  し                  
す     も        ょ                  
よ              う                  
  








愛 助 彼 貧 貧 生 日 愛 愛 祈 行 こ 神 神 心 心 祈 生 神 日
と け ら し し 活 本 が を り 動 と が が が が れ 活 に 本
平   を い い に の 奉 深 は で ば 見 見 澄 澄 ば に 飢 に
和   愛 人 人 祈 人 仕 く   愛 で え え め み   祈 え は
の   す を び り も を し   を な れ て ば     り た  
喜   る 知 と を 祈 生     あ く ば き       を 人  
び   よ れ を 持 っ み     ら   神 ま       持 が  
を   う ば 知 て て ま     わ   の す       つ た  
あ   に   る ば 下 す     し   愛         よ く  
た   な   よ   さ       た   が         う さ  
え   り   う   い       く   働         に ん  
ま       に           な   い         し い  
す       な           り   て         て ま  
        り           ま             く す  
        ま           す             だ    
        す                         さ    
                                  い    
  








愛  そ  そ  隣  愛  共  共  家  そ  平  神  家
は  し  の  人  が  に  に  庭  れ  和  の  庭
ま  て  愛  を  あ  な  祈  が  は  と  愛  に
た     は  訪  れ  れ  れ     隣  喜  を   
愛     自  ね  ば  ば  ば     人  び  も   
を     己     分  愛  共     に  が  た   
生     犠     か  し  に     も  み  ら   
み     牲     ち  合  あ     及  ち  せ   
ま     に     合  い  り     び     ば   
す     ま     い  ま        ま         
      で     ま  す        す         
      高     す                     
      ま                           
      り                           
      ま                           
      す                           
  








い   誰   路   酔   私   歩   狭
な   も   上   っ   が   き   い
か   手   に   払   シ   ま   路
っ   を   倒   っ   ョ   し   地
た   さ   れ   た   ッ   た   を
こ   し   て   中   ク       何
と   の   い   年   だ       度
で   べ   る   の   っ       も
す   る   の   男   た       曲
    人   に   の   の       が
    が       人   は       っ
            が           て
  








豊 日 も 心 物 だ だ 心 豊 語 も 何 手 ¬ や み 本 で そ 手 な ¬ ま 貧 ¬ こ こ ¬
か 本 っ の 質 れ れ の か り し も を 私 け な 人 も の を ぜ で た し カ の の け
さ の と 貧 的 か か 飢 そ か   し 貸 は 酒 が は   人 さ 救 も   さ ル 豊 豊 さ
の み も し な ら ら え う け 女 ま し   か ら き 彼 が し わ   日 の カ か か  
中 な っ さ 貧 も も は に た の せ て 短 も 無 っ も 飲 の れ 一 本 度 ッ な な 私
で さ と こ し 愛 必 な 見 り 人 ん あ い し 視 と わ ん べ ず 人 に 合 タ 国 美 は
貧 ん 貧 そ さ さ 要 い え   が で げ 間 れ さ 孤 た だ な   で は い や の し  
し   し   に れ と で る 助 路 し る し ま れ 独 し く い そ も 貧 は そ 大 い  
さ   い 一 比 て さ し こ け 上 た の か せ て で た れ の の い し 違 の き 国  
を   こ 切 べ い れ ょ の て に が は 日 ん の し ち だ で 人 た い い 他 な で  
忘   と れ   な ず う 日 い 倒     本   ・ ょ も か し に ら 人 ま の 心 孤  
れ   だ の 心 い   か 本 た れ   せ に  ・ う 兄 ら ょ 日   は す 土 の 独  
な   と パ の と     で と て   ん 滞   ・   弟 ! う 本 そ 少   地 貧 な  
い   思 ン 貧 い       思 い   え 在   ・   で   か 人 の な   に 困 人  
で   い の し う       い た   つ し       す     は 人 い   比 を を  
く   ま 飢 さ 心       ま ら   だ な               は で   べ 見 見  
だ   す え は の       す そ   と い               な し   れ ま ま  
さ     よ 深 貧         の   思 の               ぜ ょ   ば し し  
い     り 刻 し         場   い で               倒 う     た た  
     も で さ         で                     れ          
        す                                              
  








   奉   愛   信   祈
   仕   は   仰   り
   を   貧   は   は
   生   し   愛   信
   み   い   を   仰
   ま   人   生   を
   す   々   み   生
       の       み
       た        
       め        
       へ        
       の        
  








間 特 清 神 大 ど 必 神 黙 仕 祈 そ と 生
断 に い の 切 れ 要 と 想 事 る ん い 活
な 貧 心 み な ほ で 語 を を た な う の
い し で こ の ど は っ い 祈 め こ 言 中
祈 い 人 こ は そ あ て つ り に と い に
り 人 々 ろ   れ り い も で   は 訳 い
に 々 を を 神 が ま る し あ 仕 あ を ろ
な を 愛 自 と す せ こ て る 事 り す い
る 愛 し 分 共 ば ん と い か を 得 る ろ
の す   の に ら   を る の 中 ま 人 の
で る す も あ し   意 必 よ 断 せ た こ
す こ べ の り い   識 要 う す ん ち と
  と て と   体   す も に る   が が
  が の し 神 験   る な し 必   い 入
    人 て と で   こ け 続 要   ま り
      行 共 あ   と れ け は   す 込
      う に る   も ば れ な     む
      こ 生 に       ば い     の
      と き せ       よ の     で
      な   よ       い で     祈
      の           の す     れ
      で           で       な
      す           す       い
  








沈   祈   沈   祈
黙   る   黙   る
の   人   で   た
人   と   す   め
と   は       に
い           ま
っ           ず
て           必
よ           要
い           な
で           の
し           は
ょ            
う            
  








も 彼 平 そ 今 こ 私 し 奉 死 誰 貧 世 何 神
た ら 和 し 日 う た て 仕 ん に し 界 卒 さ
た に と て 必 い ち く す で も く 中 私 ま
ら   幸 私 要 う の だ る い 看 生 に を  
し   福 た な 人 手 さ に く 取 き 散    
て   を ち 糧 た を い ふ 人 ら   ら    
や     の を ち 使   さ 々 れ   ば    
っ     愛 お に っ   わ に る   っ    
て     を 与   て   し   こ   て    
く     使 え       い   と   い    
だ     っ く       者   な   る    
さ     て だ       に   く   兄    
い       さ               弟    
        い               姉    
                        妹    
  








聴  神  語  私  お  そ  神  祈  あ  祈
く  の  り  た  任  の  の  り  り  り
こ  み  か  ち  せ  な  み  と  ま  は
と  声  け  の  し  さ  手  は  せ  願
な  を  ら  心     る  の  自  ん  い
の     れ  の     ま  中  分     ご
で     る  深     ま  に  自     と
す        み     に  置  身     で
         に        き  を     は
  








何   そ   ¬   私   と   ど   救
よ   し   神   の   尋   う   わ
り   て   さ   答   ね   し   れ
も       ま   え   る   た   る
ま       を   は   人   ら   た
ず       愛       が   よ   め
祈       す       あ   い   に
る       る       っ   で   は
こ       こ       た   し    
と       と       ら   ょ    
       で           う    
        す                
  








与   自   痛   与   し   与   飽   私
え   分   み   え   か   え   く   が
つ   が   を   な   し   続   こ   お
く   傷   感   い   残   け   と   願
し   つ   じ   で   り   て   な   い
て   く   る   く   物   く   く   す
く   ほ   ま   だ   を   だ       る
だ   ど   で   さ       さ       こ
さ   に   に   い       い       と
い                            
  








お 寛 同 神 何 易 人 持 失 与 貯 も 人 お 錠 そ 優 神 心 注
願 大 時 に か し 々 ち っ え め の 々 く を し し は を が
い な に お を く と 物 て る れ な と も か て く あ 開 れ
も 心   願 く な 分 が し 機 ば の 分 の け 神 愛 な い る
し に   い だ り か 少 ま 会 貯 で か で て か し た て 神
ま し   す さ ま ち な い を め す ち は し ら て 方 下 の
し て   る い す 合 い ま   る   合 な ま 頂 い を さ 愛
ょ 下   と と   う ほ す   ほ   う く い い て   い に
う さ   き     こ ど     ど   た   込 た く      
  い         と           め   ん も だ      
  と         も           の   で の さ      
  い                           は い      
  う                             ま      
                                す      
  








あ 彼 必 見 あ 私 ¬ い 一 与 与 で 与
な ら 要 下 な た 余 つ 緒 え え も え
た が と す た ち っ も に た る   る
方 必 し よ 方 が た 言 働 い こ   こ
の 要 て う か 仕 物 っ い と と   と
愛 と い な ら え   て て い を   を
と し な 態 の て 残 い い う 義   学
親 て い 度 憐 い り る る 願 務   ば
切 い の も れ る 物 こ 人 い と   な
な る で   み 貧 は と た と 考   け
の の す   も し い   ち す え   れ
で は       い り   に る る   ば
す         人 ま     こ の   な
         た せ     と で   り
          ち ん     が は   ま
          は       大 な   せ
                  切 く   ん
                  で      
                  す      
  








神 苦 そ つ 二 人 神 神 神 神 次 享 こ
に し し ま 十 に が が が が の 受 の
触 ん て り 四 手 手 与 な 愛 よ す 地
れ で 貧 一 時 を を え さ さ う る 上
て い し 日 間 さ 伸 る る れ な た で
い る い 中   し べ よ よ る こ め 神
る 人 人 神   の て う う よ と に と
こ 々 々 の   べ く に に う が は 共
と の   み   る だ 人 人 に 必   に
  中   前   こ さ に の 人 要   あ
  に   に   と る 与 手 を と   る
  お   生     よ え 助 愛 な   幸
  ら   き     う る け す り   せ
  れ   る     に こ を る ま   を
  る   こ       と す こ す    
      と         る と      
                こ        
                と        
  








そ  手  も  女  誰  お  麻  裸  イ  私  イ  イ
れ  を  し  の  か  い  薬  の  エ  た  エ  エ
は  差  も  人  ら  で  中  姿  ス  ち  ス  ス
イ  し  私  の  も  に  毒     は  の  を  は
エ  の  た  姿  構  な  者  寂  私  方  歓  私
ス  べ  ち  で  わ  り     し  た  か  迎  た
そ  な  が  い  れ  ま  売  い  ち  ら  す  ち
の  い     ら  な  す  春  人  の  進  る  に
方  な  そ  っ  い     婦  の  も  ん  た  会
を  ら  の  し  寂        姿  と  で  め  い
見     人  ゃ  し     路     に  お  に  に
殺     た  る  い     上  ア  飢  出     い
し     ち  こ  父     の  ル  え  迎     ら
に     を  と  親     物  コ  た  え     っ
し     見  が        乞  |  人  に     し
た     殺  あ  母     い  ル  の  行     ゃ
こ     し  る  親     の  依  姿  き     い
と     に  か        姿  存     ま     ま
に     す  も  男     で  者     し     す
な     る  知  の              ょ      
る     な  れ  人              う      
の     ら  ま                        
で        せ                        
す        ん                        
  








神 そ で し 力 倒 無 最 何 神 こ 私 私 神
の れ も て 以 れ 価 も で は の た た に
目 が   で 上 る 値 有 も ご 世 ち ち と
に 愛 そ き に ま な 能 お 自 に の の っ
は に ん な 働 で も な で 分 な 一 愛 て
無 基 な い く 一 の 人 き で く 人 な 重
益 づ に こ こ 生 と 間 に し て と の 要
な い 働 と と 懸 す の な よ は し で な
こ て い で も 命 る 業 る う な て す の
と な て は   働 こ で し と ら     は
で さ も あ   く と さ   思 な      
し れ   り   こ が え   し い      
か て   ま   と お     召 者      
な い   せ   も で     せ で      
い な   ん     き     ば は      
の い         に       あ      
で な         な       り      
す ら         る       ま      
            の       せ      
            で       ん      
            す              
  








そ そ 幸 キ 今 楽 置 今 で 神 私 あ 悲 あ 忘 キ
れ の せ リ 日 園 か   も の た っ し な れ リ
は 時 が ス た を れ   実 楽 ち て み た て ス
可   見 ト だ 味 た   は 園 は は に の し ト
能   出 と 今 わ と   私 を 皆 な 奪 心 ま の
に   せ と   う こ   た 憧   り わ が う 復
な   た も   こ ろ   ち れ   ま れ   ほ 活
る   ら に   と で   は て   せ る   ど の
の     い   が       い   ん よ   に 喜
で     る   出       ま     う     び
す         来       す     な     を
          る             こ      
          の             と      
          で             が      
          す                    
  








崩  と     と  い     私  始  愛
壊  も     も  つ     た  ま  は
す  に     に  始     ち  る  ど
る  祈     祈  ま     の  の  こ
こ  っ     る  る     家  で  か
と  て     時  の     庭  し  ら
が  い     に  で     か  ょ   
あ  る     始  し     ら  う   
り  家     ま  ょ     で  か   
ま  族     り  う     す  ?   
せ  は     ま  か            
ん        す  ?            
  








そ 厄 そ な 介 ど 年 そ 反 孤 十 い ま 私 気 愛
し 介 れ ぜ 護 こ 老 の 省 独 分 っ た た づ は
て 者 は ? 施 に い こ し な に し は ち か 身
・ だ 彼   設 い た と て 生 愛 ょ 親 の う 近
・ か ら   ∩ る 人 に み 活 さ に た 夫 と の
・ ら が   あ の 々 気 ま を れ 住 ち   こ 人
・   邪   れ で は づ し し て ん が 妻 ろ |
・   魔   ば し 今 い ょ て い で     に 家
    だ   の ょ 日 て う い な い   子 始 族
    か   話 う   い   る い な   ど ま |
    ら   で ?   る   の と が   も り を
        す     で   で 感 ら   た ま  
        が     し   は じ     ち す  
        ∪     ょ   な            
        の     う   い            
        中     か   か            
        で     ?   と            
        す                      
  








謙   心   イ   す   傲
遜   の   エ   べ   慢
な   柔   ス   て   さ
人   和   の   を   は
に   で   よ   壊    
な       う   し    
る       に   て    
こ       生   し    
と       き   ま    
で       る   い    
す       秘   ま    
        訣   す    
        は        
  








好   奇   無   親   間   親   私
き   跡   関   切   違   切   は
で   を   係   と   い   に    
す   行   に       を   し    
    う           犯   す    
    こ           す   ぎ    
    と           こ   て    
    よ           と        
    り           の        
                方        
                が        
  








賜  神  受  ほ  求  神  受  ほ  訪  私  苦
物  か  け  ほ  め  が  け  ほ  れ  た  し
と  ら  入  え  給  送  入  え  て  ち  み
い  の  れ  み  う  り  れ  み  く  の  が
え  最  る  な  す  給  ま  を  る  生   
ま  も  勇  が  べ  う  し  も  時  活   
し  偉  気  ら  て  す  ょ  っ     に   
ょ  大  は     を  べ  う  て         
う  な           て               
  








忘  ¬  む  ほ  あ  ほ  親  ま  一
れ  愛  ず  ほ  ま  ほ  族  た  緒
な  は  か  え  り  え  と  は  に
い  近  し  み  親  み  い  血  住
よ  き  い  か  し  か  っ  の  ん
う  よ  時  け  く  け  た  つ  で
に  り  が  る  な  る  人  な  い
し    あ  よ  い  こ  た  が  た
ま  と  る  り  人  と  ち  っ  り
し  い  も  も  々  は  に  た   
ょ  う  の     に            
う  こ  で     対            
   と  す     し            
   を        て            
  








最   こ   私   分   そ   キ   価   苦
も   の   た   か   の   リ   値   し
貴   世   ち   ち   受   ス   は   み
い   で   の   合   難   ト   あ   そ
賜       苦   え   を   と   り   の
物       し   る           ま   も
に       み   も           せ   の
な       は   の           ん   に
る           と               は
の           な                
で           っ                
す           た                
            時                
  








イ 苦 イ 誰 愛 あ 真 大 あ 尊 彼 見 ど き 飢 愛 あ
エ し エ な と な 心 切 な 厳 ら 捨 う っ え 情 な
ス ん ス の 優 た こ な た を に て ぞ と て と た
ご で ご で し か め 人 に 認 人 な そ い い 優 の
自 い 自 し さ ら て た と め 間 い の ま る し ご
身 る 身 ょ に の 認 ち っ   と で 人 す 人 さ く
な 人 に う 飢   め な て   し 下 た   々 に 近
の の 他   え   て の     て さ ち   が   く
で 姿 な   て   や だ     の い を       に
す の ら   い   っ と                  
  も な   る   て                    
  と い   人   下                    
  に の   と   さ                    
  ま で   は   い                    
  し す                            
  ま                              
  す                              
  [TOP]