種田山頭火句集『草木塔抄』他 

拡大されます
種田山頭火と『草木塔』について 【横書き】へ
◆『草木塔』は、種田山頭火(1882−1940)の生涯を代表する句集である。
初の句集『鉢の子』を刊行したのが、50歳のとき。
『草木塔』は続く同題の第二句集『草木塔』を含む6つの句集を晩年にいたって集大成したもので、
山頭火の死の年、1940年に東京八雲書林から発行された。山頭火57歳の4月のことである。
◆山頭火、本名種田正一は、山口県佐波郡(現防府市)生まれ。
母の自死や家の破産など波乱多き生涯を送り、1925年、43歳のときに出家得度。
以後、乞食僧として日本各地を放浪した人である。
『草木塔』におさめられた句はそれ以後につくられたもので、句作の師である荻原井泉水の薫陶を
受けて、いわゆる自由律の俳句にそれまでにない新しい境地を開いた。
彼の句によって、俳句は近代人の内面の奥深い声から生まれた「うた」となった。
◆原本『草木塔』には701の句がおさめられているが、この青空文庫版『草木塔・抄』には うち150句を、さらに『草木塔』以後の作品である24句を収録した。

『草木塔』より
           (←矢印を押してくださ)


  ・ ・ ・
  へ こ 踏
  う の み
  へ 旅 わ
  う   け
  と 果 る
  し も 萩
  て な よ
  水 い す
  を 旅 す
  味 の き
  ふ つ よ
    く  
    つ  
    く  
    ぼ  
    う  
    し  

 昭
或和
は二
四年
国三
九年
州 
を或
あは
て山
も陽
な道
く 
さ或
まは
よ山
ふ陰
 道

・
生
死
の
中
の
雪
ふ
り
し
き
る

∧生
修を
証明
義ら
Vめ
 死
 を
 明
 ら
 む
 る
 は
 仏
 家
 一
 大
 事
 の
 因
 縁
 な
 り

・
鴉
啼
い
て
わ
た
し
も
一
人

放
哉
居
士
の
作
に
和
し
て

・ ・ ・
炎 し 分
天 と け
を ど 入
い に つ
た 濡 て
だ れ も
い て 分
て こ け
乞 れ 入
ひ は つ
歩 道 て
く し も
  る 青
  べ い
  の 山
  石  

行大
乞正
流十
転五
の年
旅四
に月
出 
た解
 く
 す
 べ
 も
 な
 い
 惑
 ひ
 を
 背
 負
 う
 て

・ ・ ・
ひ 松 松
さ 風 は
し に み
ぶ 明 な
り け 枝
に 暮 垂
掃 れ れ
く の て
垣 鐘 南
根 撞 無
の い 観
花 て 世
が   音
咲    
い    
て    
ゐ    
る    

さこ片大
びと田正
しに舎十
い山な四
と林る年
思独味二
へ住取月
ばの観 
さ 音い
びし堂よ
しづ守い
いかとよ
生とな出
活いつ家
でへた得
あばが度
つし し
たづそて
 かれ肥
 なは後
  まの

 ・  
 若  
 う  
母し  
上て  
の死  
霊を  
前い  
にそ  
本ぎ  
書た  
をま  
供へ  
へる  
ま   
つ   
る   
P1/13










   ∧添こ注
   みえの∪
   たら句∧
   見れに昭
   るて先和
   こい立四
   とたつ年
   もも句も
   なの∧・
   いでわV
   ・あかと
   Vるれい
   の きう
   前句て前
   にのつ書
   入理くは
   れ解つ 
   たのき 
    たぼ 
    めう 
    にし 
     V 
     に 

 ・
 ま
 た
 見
 る
 こ
 と
 も
 な
 い
 山
 が
 遠
 ざ
 か
 る

 あ昭
 な和
 た四
 こ年
 なも
 た五
 と年
 九も
 州ま
 地た
 方歩
 をき
 流続
 浪け
 しる
 たよ
 こり
 と外
 でな
 あか
 るつ
  た

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
生 食 し 雪 水 張 し ほ だ ま 笠 山 投 ひ 落
き べ ぐ が に り ぐ ろ ま つ に の げ と ち
残 る る ふ 影 か る ほ つ す と 奥 だ り か
つ だ る る あ へ る ろ て ぐ ん か し で か
た け や ふ る た や 酔 今 な ぼ ら て 蚊 る
か は し る 旅 障 死 う 日 道 を 繭 ま に 月
ら い ぐ 雪 人 子 な て の で と 負 だ く を
だ た る 見 で の な 木 草 さ ま う 陽 は 観
掻 だ る て あ な い の 蛙 み ら て の れ て
い い 山 を る か で 葉 穿 し せ 来 あ て ゐ
て た へ れ   の ゐ ふ く い て た る ゐ る
ゐ 雨 歩 ば   一 る る     あ   脚 る に
る と み     人         る       一
  な 入               く       人
  り る                        
P2/13










・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
あ 物 酔 し そ 年 秋 こ 岩 法 捨 つ け す す ぶ ど 百 れ こ
る 乞 う み れ と と こ か 衣 て か さ べ す ら う 舌 い ほ
ひ ふ て じ で れ な に げ こ き れ も つ き さ し 鳥 ろ ろ
は 家 こ み よ ば つ 白 ま ん れ た よ て の が よ 啼 う ぎ
乞 も ほ 食 ろ 故 た 髪 さ な な 脚 い こ ひ つ う い と に
ふ な ろ べ し 郷 雑 を し に い へ 日 ろ か て も て し 鳴
こ く ぎ る い こ 草 剃 く や 荷 と の ん り ゐ な 身 て か
と な と 飯 落 ひ に り 水 ぶ 物 ん 星 で さ る い の 水 れ
を り 寝 ば 葉 し す 落 が れ の ぼ 一 山 え 鳥 わ 捨 鳥 て
や 山 て か を い わ し 湧 て お と つ が ぎ 瓜 た て は ば
め に ゐ り 掃 つ る て い 草 も ま   ひ る は し ど つ か
山 は た の く く   去 て の さ つ   つ も 二 が こ る り
を 雲 よ 飯   つ   る ゐ 実 ま た   そ の つ 歩 ろ む  
観     で   く     る   へ     り な   い な    
て     あ   ぼ         う       し   て し    
ゐ     る   う         し           ゐ      
る         し         ろ           る      
P3/13










  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  雪 其 雪 水 月 茶 ゆ 雨 秋 い 笠 よ い 鉄 う
  へ 中 空 音 が の ふ ふ 風 た へ い つ 鉢 し
  雪 雪 の し 昇 花 空 る の だ ぽ 湯 ま の ろ
  ふ ふ 最 ん つ の か ふ 石 い つ か で 中 す
  る る 後 じ て ち ら る を て と ら 旅 へ が
  し 一 の つ 何 る 柚 さ 拾 足 り よ す も た
  づ 人 一 お を ば 子 と ふ り 椿 い る 霰 の
  け と つ ち 待 か の は   て だ 月 こ   し
  さ し を つ つ り 一 は   一 つ へ と   ぐ
  に て も き で ち つ だ   人 た 出 の   れ
  を 火 ぐ ま も ら を し   の   た 爪   て
  る を   し な し も で   箸     を   ゆ
    焚   た く て ら あ   を     き   く
    く       お ふ る   お     る   か
            く   く   く          

自 
嘲 

・
ま
た
も
や
旅
か
ら
旅
へ
旅
し
つ
づ
け
る
ば
か
り
で
あ
る

  昭 
 ど和 
 う六 
 し年 
 て  
 も熊 
 落本 
 ちに 
 つ落 
 けち 
 なつ 
 かく 
 つべ 
 たく 
  努 
  め 
  た 
  け 
  れ 
  ど 

・
笠
も
漏
り
だ
し
た
か

述    
懐    
P4/13










   ・
   人
   つ
  欲ひ
  しに
  が孤
  つな
  てら
  ゐず
  た 
  寝 
  床 
  は 
  め 
  ぐ 
  ま 
  れ 
  た 

 私行 
 は乞 
 あ流 
 て転 
 もの 
 なは 
 くか 
 果な 
 もさ 
 なで 
 くあ 
 さり 
 ま独 
 よ善 
 ひ孤 
 あ調 
 るの 
 いわ 
 てび 
 ゐし 
 たさ 
 がで 
  あ 
  る 

・ ・ ・ ・
家 笠 び ひ
を を つ さ
持 ぬ し び
た ぎ よ さ
な し り も
い み 濡 ど
秋 じ れ れ
が み て ば
ふ と 代 筍
か ぬ 掻 に
う れ く よ
な   馬 き
る   は に
ば   叱 よ
か   ら き
り   れ  
    て  
    ば  
    か  
    り  

 帰
 庵

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  
わ 春 い 雲 ひ あ 何 松 け も す ぬ 茶 雪  
が 風 つ が と ざ が 風 ふ う ず い の ふ  
ま の も い り み 何 す も 明 め て 木 る  
ま 鉢 一 そ き あ や ず い け を も に 一  
き の 人 い い ざ ら し ち さ ど ぬ か 人  
ま 子 で で て や み く に う る い こ 一  
ま 一 赤 よ ゐ か ん 人 ち な や て ま 人  
な つ と い て な な も 誰 窓 た も れ ゆ  
旅   ん 月 き あ 咲 食 も あ ん 草 そ く  
の   ぼ に つ さ い べ こ け ぽ の こ    
雨     す つ の て 馬 な て ぽ 執 は    
に     る き あ ゐ も か 青 ち 着 か    
は         め る 食 っ 葉 る を と    
ぬ         あ   べ た   や ぬ な    
れ         が     ほ     く い    
て         り     う       く    
ゆ               た       ら    
く               る       し    
P5/13










・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
雪 焚 こ な 空 月 人 山 ふ 手 日
の く こ ん の 夜 を の と が ざ
あ だ に と ふ   見 あ 子 と か
か け か い か あ 送 な の ど り
る の う ふ さ る り た こ く の
さ 枯 し 空 は だ ひ へ と い お
が 木 て が 落 け と お を ち 地
家 は わ な 葉 の り 日 百 じ 蔵
い ひ た ご し 米 で さ 舌 く さ
つ ろ し や づ を か ま 鳥 の ま
ぱ へ お か ん と へ 見 が う の
い た い な で ぐ る お 啼 れ 顔
の 山 て 柚 ゐ   ぬ く く ざ が
し が ゐ 子 る   か り   ま に
づ 晴 る の 水   る 御     こ
け れ 冬 二     み 飯     に
さ て 夜 つ       に     こ
  ゐ   三       す      
  る   つ       る      

置注∧淡こ水∧が∧明今昨  
か∪昭如れの其多鉢日日日私 
れこ和水かや中かのははまは 
ての八|らう一つ子水酒で酒 
い文年|はな人たVががはが 
るは十そ水句V に酒好酒好 
  月れのがと はよきがき 
 原十がやチ∧ 酒りな水で 
 本五私うヤ行 のも程よあ 
 で日のなン乞 や好度りり 
 は其境句ポ途 うきにも水 
 ∧中涯がン上 なに於好も 
 行庵で多にV 句なてきま 
 乞にないなに ∧る水でた 
 途てけやつは そかもあ好 
 上 れうて酒 のも好つき 
 V山ばにゐの 醇知きたで 
 の頭なとるや 不れで あ 
 章火ら念 う 醇なあ る 
 のVなじ な はいる   
 末 いて 句 別     
 尾 かゐ   と     
 に らる   し     
        て     
        V     

・
曼
珠
沙
華
咲
い
て
こ
こ
が
わ
た
し
の
寝
る
と
こ
ろ

 見昭  
 つ和  
 け七  
 て年  
  九  
 そ月  
 こ二  
 に十  
 住日  
 む   
 こ私  
 とは  
 が故  
 出郷  
 来の  
 たほ  
 のと  
 でり  
 あに  
 る私  
  の  
  其  
  中  
  庵  
  を  
P6/13










  ・ ・ ・ ・ ・ ・
  木 す よ 昼 と た
  の わ い 寝 も よ
  葉 れ 宿 さ か り
  ふ ば で め く 持
  る 風 ど て も つ
  ふ が ち ど 生 て
  る あ ら ち か き
  鉢 る も ら さ て
  の 秋 山 を れ 熟
  子 の で 見 て 柿
  へ 雑 前 て は た
  も 草 は も ゐ べ
      酒 山 る て
      屋   雑 行
      で   草 く
          の  
          中  

郵
便
屋
さ
ん

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
秋 草 日 い 炎 ひ う 影 病 草
風 に ざ つ 天 と れ も み や
の も か で の り し は て 木
  風 り も は ひ い つ 一 や
腹 が 落 死 て つ こ き 人 生
立 出 ち ね も そ と り の き
て て る る な り も と 朝 て
て き 葉 草 く 竹 か 若 が 戻
ゐ た の が 蟻 の な 葉 ゆ つ
る 豆 い 咲 の 子 し   ふ て
か 腐 ち い 行 た い   べ 茂
ま も ま た 列 け こ   と つ
き 冷 い り   に と   な て
り え   実   な も   り ゐ
で た   つ   る 草   ゆ る
  だ   た     し   く  
  ろ   り     げ   青  
            る   葉  

病
み
ほ
ほ
け
て
信
濃
よ
り
帰
庵


 ・ ・  
 ふ 寝  
 く ざ  
 ろ め  
わう 雪  
たは ふ  
しふ る  
でく    
ねろ さ  
むう び  
れで し  
なわ が  
いた る  
 し で  
 は は  
   な  
   い  
   が  
P7/13










  ・ ・ ・ ・
  枯 枯 悔 な
  木 れ い ん
  に ゆ る ぼ
  鴉 く こ う
  が 草 こ 考
    の ろ へ
  お う に て
  正 つ 日 も
  月 く が お
  も し 照 ん
  す さ り な
  み に 小 じ
  ま す 鳥 こ
  し わ 来 と
  た る て の
      啼 落
      く 葉
      か ふ
        み
        あ
        る
        く

置注∧そ私な 私¬在私在在 そがそ悩在こか私帰私
か∪昭れはけうの存らはるる在こでしまるこらは家は
れこ和こ詩れた心在ず在ももるにきてさべろだ長穏や
ての九そとばふがのにるののべ私たやれきもがい座う
い文年私しなもま世はべをのき自 うてもささ間とや
るはののてらのへ界ゐき知中も身 やゐのままさでく
も 秋つ私なのでなもるにのを くたによよまも¬
の原 と自い第あをいのと蔵も見 に 苦ううよい存
の本其め身 一る再もをきさ在出 し しててうひ在
一で中でを 義 認の捨すれらし て みゐゐてたの
部は庵あ表 は 識かてべてずた    たたゐい世
分∧にり現 う しらよてゐにの 在 在 ばたこ界
で旅て同し た て逃うをるはで る ら か こ
あか 時な ふ 再れと知 ゐあ も ず り ちに
るら山にけ そ 出よする なる の に で がか
 旅頭私れ の 発うるの い  に は な すへ
 へ火のば こ しとので も  お ゐ く るつ
 VVねな と たすであ の  ち な    て
 の がら で いるはる も  つ い    来
 章 ひな    のな  す  く も    て
 の でい    でい  べ  こ の     
 末 あ     は   て  と に     
 尾 る     な   が          
 に       い              

・ ・ ・ ・  
山 乞 け こ  
し ひ ふ の  
づ あ は 道  
か る こ し  
な く こ か  
れ 水 ま な  
ば 音 で い  
笠 の の 春  
を ど 草 の  
ぬ こ 鞋 雪  
ぐ ま を ふ  
  で ぬ る  
  も ぐ    
P8/13










  ・ ・
  の 行
  ん き
  び 暮
  り れ
  尿 て
  す な
  る ん
  草 と
  の こ
  芽 こ
  だ ら
  ら の
  け 水
    の
    う
    ま
    さ
    は


甲
信
国
境

・ ・ ・
ま た 水
た た に
一 ず 雲
枚 め か
ぬ ば げ
ぎ 風 も
す わ お
て た ち
る る つ
旅 空 か
か の せ
ら と な
旅 ほ い
  く も
  と の
  ほ が
  く あ
    る

 置注∧なそ∧ 身私 ば雑 
昭か∪昭いし十 心で或そ草私
和れこ和かて年此脱あるれはは
十ての十へ老間の落る時で雑雑
年い文年り来に一でがはよ草草
十るは十みま一年あ 澄ろと的
二も 二てす年間る澄みしし存
月の原月心ましにこん或いて在
六の本二のすか於とでるの に
日一で十脆惑老いにも時で生過
 部は日弱ひいて間濁はあえぎ
庵分∧ 句のな私違つ濁る伸な
中で雑遠の多かはひてる びい
独あ草い貧いつ十はも  咲け
座る風旅困こた年な | きれ
に 景路をとこ老い私| 実ど
堪 Vを恥をとい に澄 りそ
へ のたぢ感もた あん それ
か 章ど入じあこ つだ しで
ね のりるなつと てり て満
て 末つばいたを は濁 枯ち
旅 尾つかでよ感 一つ れ足
立 に山りはうじ 句た てり
つ  頭でゐにる 一り して
   火あらV  句す まゐ
   Vるれ   のる へる

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  
お 死 死 木 空 照 ひ  
も を ん か へ れ と  
ひ ま で げ 若 ば り  
お へ し は 竹 鳴 た  
く に ま 風 の い が  
こ 涼 へ が な て や  
と し ば あ や 曇 せ  
は い   る み れ ば  
な 風 雑 旅 な ば う  
い   草 人 し 鳴 た  
ゆ   雨 ど   い ふ  
ふ   ふ う   て な  
べ   る し   山 り  
の         羊    
芋         が    
の         い    
葉         つ    
ひ         ぴ    
ら         き    
ひ              
ら              
P9/13










 ・ ・ ・ ・
 ご ど 葦 初
 ろ こ の 孫
 り か 穂 が
 と ら 風 う
 草 と の ま
 に も 行 れ
   な き た
 ふ く た さ
 ん 雲 い う
 ど が 方 な
 し 出 へ 風
 か て 行 鈴
 わ 来 く の
 い て   鳴
 た 秋   る
   の    
   雲    

自
嘲

・ ・
窓 う
あ ど
け ん
て 供
窓 へ
い て
つ  
ぱ 母
い よ
の  
春 わ
  た
  く
  し
  も
  い
  た
  だ
  き
  ま
  す
  る

母
の
四
十
七
回
忌

・ ・ ・  ・ ・
ゆ 風 春  し ぼ
ふ の 風  み ろ
べ 中 の  じ 着
な お 蓑  み て
ご の 虫 ゐ生 着
や れ ひ るか ぶ
か を よ こさ く
な 責 い とれ れ
親 め と がて て
蜘 つ の ほ  お
蛛 つ ぞ こ  め
子 歩 い ろ  で
蜘 く た び  た
蛛     縫  い
      ふ  顔
      と  で
      き   

自
画
像

・
影
も
ぼ
そ
ぼ
そ
夜
ふ
け
の
わ
た
し
が
た
べ
て
ゐ
る

自
嘲

・
酔
い
ざ
め
の
風
の
か
な
し
く
吹
き
ぬ
け
る

自 
責 
P10/13










  ・ ・
  け お
  ふ ち
  の つ
  暑 け
  さ な
  は い
  た ふ
  ば と
  こ ん
  や お
  に も
  た た
  ば く
  こ 寝
  が る
  な  
  い  

木
曽
の
宿

 ・ ・
 啼 焼
 い い
 て て
 鴉 し
 の ま
   へ
お飛 ば
ちん こ
つで れ
く鴉 だ
との け
こ  の
ろ  灰
が  を
な  風
い  吹
   く

身 
辺 
整 
理 

・
寝
床
ま
で
月
を
入
れ
寝
る
と
す
る

末注∧む甘私祖¬∧私祖へ  シ∧あこ私私 
尾∪昭し受の母業恥も母つ私 ノ孤りのはは孤
にこ和ろし業のだずこはての ニ高得関早そ寒
置の十そてだ業なかのい没祖 ムとな頭くのと
か文三のゐなや業しごつ落母 にいいをさ語い
れは年業るはれだいろも転は 過ふ 透うがふ
て 十を 寂はなこに¬々ず ぎや 過い表語
い原月悦 し悲とな業のゐ なう しふ現は
る本 楽 いしとにつや憂ぶ いな な句す私
もで其し 自い考はてれ目ん  言 け境ると
のは中て 覚あへ酒 業を長 V葉 れか限し
の∧庵ゐ できるを句や見生  は ばら界て
一旅にる あらや飲作れたし  多  抜をも
部心て  るめうむす た  く 私け彷好
分V    でにとると が  の の出徨ま
でと山  私あなきと呟    場 句ししし
あい頭  はつつもきい 長  合 作たてい
るう火  そたた同 て 生  に はいゐと
 章V  のが 様 ゐ し  於 無 るは
 の   業  に た た  て 礙  思
     を  V   が  夜 自  は
            た  郎 在  な
            め  自 で  い
            に  大    が
            か  の     

・ ・
う 草
ま を
れ し
た い
家 て
は お
あ べ
と ん
か た
た う
も 分
な け
い て
ほ 食
う べ
た て
る 右
  左

老
ル
ン
ペ
ン
と
共
に

・ ・
う 草
ま を
れ し
た い
家 て
は お
あ べ
と ん
か た
た う
も 分
な け
い て
ほ 食
う べ
た て
る 右
  左

老 
ル 
ン 
ペ 
ン 
と 
共 
に 
P11/13
所詮は自分を知ることである。私は私の愚を守らう。(昭和十五年二月、御幸山麓一草庵にて、山頭火)注)この文は、原本の末尾に置かれているものの 一部分である。









『草木塔』以後

  ・ ・
  し 山
  ぐ 裾
  る や
  る す
  や ら
  郵 か
  便 に
  や 歯
  さ の
  ん な
  遠 い
  く く
  来 ら
  て し
  く も
  れ  
  た  

老∧ 
来死 
しぬ 
みる 
じこ 
みと 
感は 
じ生 
なれ 
いる 
でこ 
はと 
ゐよ 
らり 
れも 
なむ 
いつ 
Vか 
 し 
 い 
 と 

・
お
ち
つ
い
て
死
ね
さ
う
な
草
枯
る
る

一そ松よ老水新道∧ 縁 
洵し山す漂も居後も一に昭
君てのぎ泊うにのと洵随和
にあ風る者ま高宿よ君う十
 た来けのく台よりにて四
 た居れ私 あり肉お当年
 かはどに人り御身ん分臘
 で山 はもて幸のぶ或月
 あ口す分わ閑山こさは十
 るのなにる静のとれ一五
  そほ過く 新でて生日
  れにぎな山居は   
  よ入たいもにな 滞松
  りれ栖らよ移い 在山
  もて家しくるV す知
  ういでい砂   る友
  つたあ も   この
  くだる き   と厚
  しく  よ   に情
  く   く   なに
          つ甘
          たえ

・ ・
い ま
ち ど
に ろ
ち め
物 ば
い ふ
は る
ず さ
波 と
音 の
  夢
  の
  葦
  の
  葉
  ず
  れ

野十
宿月
 廿
 八
 日
 九
 日

・ ・
死 秋
を た
ひ だ
し に
ひ ふ
し か
と う
水 な
の る
う け
ま ふ
さ も
か 旅
な ゆ
  く

牧
水
の
歌
を
誦
し
て

・ ・  
秋 朝  
空 焼  
た の  
だ う  
よ つ  
ふ く  
雲 し  
の さ  
一 お  
人 わ  
と か  
な れ  
る す  
  る  

P12/13










  ・ ・ ・ ・
  □ 夕 ゆ 蝿
  焼 立 う を
  か や 焼 打
  れ お し ち
  る 地 づ 蚊
  虫 蔵 か を
  の さ な 打
  香 ん お ち
  ひ も 釜 我
  か わ を を
  ん た 磨 打
  ば し く つ
  し も    
  く ず    
    ぶ    
    ぬ    
    れ    

自
省

・ ・ ・ ・
天 な て お
の け ふ ち
川 れ て つ
ま ば ふ い
夜 な ち て
中 い ら 死
の で ち ね
酔   ら さ
ひ さ 風 う
ど く に な
れ ら 乗 草
は 咲 つ 萌
踊 き た ゆ
る さ 来 る
  く た  
  ら    
  散    
  る    
       
       

よ簡老
り素い
外でて
に事は
は足と
あるか
り く
え所物
な詮に
い私倦
 のみ
 道や
 はす
 私く
 の 
 愚一
 を人
 つ一
 ら草
 ぬの
 く 

 ・ ・ ・
 わ け た
 が ふ ん
 庵 は ぽ
 は よ ぽ
 御 い ち
 幸 た る
お山 よ や
宮裾 り し
とに が き
おう あ り
寺づ り に
とく さ お
にま う も
いり な ふ
だ  障 母
か  子 の
れ  あ 死
て  け の
ゐ  と こ
る  く と

母
の
第
四
十
九
回
忌

・ ・ ・
開 寝 雨
い こ を
て ろ た
し べ め
づ ば て
か 枯 バ
に 草 ケ
  の ツ
ぽ 春 一
と 匂 杯
り ふ の
と   今
落   日
ち   は
た   事
    足
    る

或
る
日
の
一
草
庵
は

・ ・
枯 こ
れ し
て か
濡 た
れ ゆ
て く
草 す
の え
う 雪
つ あ
く か
し り
さ す
  る
朝  

帰  
居  

(おわり)P13/13
種田山頭火句集『草木塔抄』他