【伝道の書】<口語訳>    
           [横書き]
     9        8      7    6   5    4    3    2    1     

日 先 先 耳 目 人 す 川 し 川 め 風 日 し 世 そ 日 い 伝 い ダ ◆
の に に は は は べ は か は ぐ は は か は の の っ 道 っ ビ 第
下 な あ 聞 見 こ て そ し み り 南 い し 去 身 下 さ 者 さ デ  
に さ っ く る れ の の 海 な に に で 地 り に で い は い の 1
は れ た こ こ を 事 出 は   め 吹   は   な 人 は 言 は 子  
新 た こ と と 言 は て 満 海 ぐ き 日 永 世 ん が 空 う 空   章
し 事 と に に い 人 き ち に っ   は 遠 は の 労 で   で エ ◆
い は は 満 飽 つ を た る 流 て ま 没 に き 益 す あ 空 あ ル  
も     足 き く う 所 こ れ   た し 変 た が る る の る サ  
の ま ま す る す み に と 入 ま 転   ら る あ す   空   レ  
は た た る こ こ 疲 ま が る た じ そ な   る べ       ム  
な 後 後 こ と と れ た な   そ て の い   か て   空   の  
い に に と が が さ 帰 い   の   出       の   の   王  
  も も が な で せ っ     め 北 た       労   空   で  
  な あ な く き る て     ぐ に 所       苦       あ  
  さ る い   な   行     る 向 に       は       る  
  れ       い   く     所 か 急                  
  る                 に い ぎ                  
                    帰   行                  
                    る   く                  
 1 









      16     15     14           13     12       11       10

わ す ¬ わ   欠 曲   み わ   ほ こ ま 天 わ   イ 伝   こ ま 前   前 言 ¬
た べ わ た   け っ   な た   ね れ た が た   ス 道   れ た の   に わ 見
し て た し   た た   空 し   お は 調 下 し   ラ 者   を   者   あ れ よ
の の し は   も も   で は   ら 神 べ に は   エ で   覚 き の   っ る  
心 者 は 心   の の   あ 日   せ が た 行 心   ル あ   え た こ   た も こ
は に   の   は は   っ の   ら     わ を   の る   る る と   世 の れ
知 ま わ 中   数     て 下   れ 人   れ つ   王 わ   こ べ は   々 が は
恵 さ た に   え ま   風 で   る の   る く   で た   と き 覚   に あ 新
と っ し 語   る っ   を 人   苦 子   す し   あ し   が 後 え     る し
知 て よ っ   こ す   捕 が   し ら   べ     っ は   な の ら   す か い
識   り て   と ぐ   え 行   い に   て 知   た エ   い 者 れ   で   も
を 多 先 言   が に   る う   仕 与   の 恵     ル     の る   に そ の
多 く に っ   で す   よ す   事 え   こ を     サ     こ こ   あ れ だ
く の エ た   き る   う べ   で て   と 用     レ     と と   っ は 
得 知 ル     な こ   で て   あ     を い     ム     も が   た わ と
た 恵 サ     い と   あ の   る     尋 て     で       な   も れ  
 を レ       が   る わ         ね             後 い   の わ  
  得 ム       で     ざ                       に     で れ  
  た を       き     を                       起     あ の  
    治       な     見                       る     る    
    め       い     た                       者          
    た             が                       は          
 1 









   5      4            3          2          1         18       17

ま 園   わ わ   愚 ど 試 わ わ   ¬ ま ¬ わ   し お ¬ わ   ◆   知 そ   こ ま わ
た と   た た   か ん み た た   こ た こ た   か ま さ た   第   識 れ   れ た た
す 庭   し し   な な た し し   れ 快 れ し   し え あ し       を は   も 狂 し
べ を   は は   事 事   は の   は 楽 は は     は   は   二   増 知   ま 気 は
て つ   自 大   を を ま 酒 心   何 に 狂 笑   こ 愉 快 自       す 恵   た と 心
実 く   分 き   し し た を は   を つ 気 い   れ 快 楽 分   章   者 が   風 愚 を
の り   の な   よ た   も 知   す い で に   も に を の   ◆   は 多   を 痴 つ
な     た 事   う ら 人 っ 恵   る て あ つ   ま 過 も 心       憂 け   捕 と く
る     め 業   と 良 の て を   の 言 る い   た ご っ に       い れ   え を し
木     に を   試 い 子 自 も   か っ  て   空 す て 言       を ば   る 知 て
を     家 し   み か は 分 っ    た と 言   で が   っ       増 悩   よ ろ 知
そ     を た   た を 天 の て   と     っ   あ よ お た       す み   う う 恵
こ     建         が 肉 わ         た   っ い ま         か が   な と を
に     て       見 下 体 た             た  え         ら 多   も し 知
植             き で を し               と を         で く   の た り
え     ぶ       わ そ 元 を                 試         あ     で が  
      ど       め の 気 導                 み         る     あ    
       う       る 短 づ い                 よ               る    
      畑       ま い け て                 う               と    
      を       で 一 よ い                                 悟    
      設       は 生 う る                                 っ    
      け         の と が                                 た    
                間                                          
 2 









        11             10          9          8         7      6 

日 風 見 お そ   よ そ 快 わ わ な   わ り わ こ   ま ま 王 わ   い わ ま わ   そ 池
の を よ よ こ   っ し 楽 た た ん   た も た う   た た た た   た た た た   こ を
下 捕   び で   て て を し し で   し   し し   人 わ ち し   だ し わ し   か つ
に え 皆 そ     得 こ 得 の の も   の 大 よ て   の た と は   れ は た は   ら く
は る   れ わ   た れ た 心 心 わ   知 い り     子 し 国 ま   よ ま し 男   水 っ
益 よ 空 を た   報 は か が の た   恵 な 先 わ   の は 々 た   り た の 女   を て
と う で な し   い わ ら わ 喜 し   も る に た   楽 歌 の 銀   も   家 の   注  
な な あ す は   で た で た ぶ の   ま 者 エ し   し う 財 と   多 わ で 奴   が 木
る も っ に わ   あ し あ し も 目   た と ル は   み た 宝 金   く た 生 隷   せ の
も の て 要 が   っ の る の の の     な サ 大   と う を を   の し れ を   た お
の で   し 手   た す   す は 好   わ っ レ い   す 男 集 集   牛 よ た 買     い
は あ   た の     べ   べ 拒 む   た た ム な   る   め め   や り 奴 っ     茂
な っ   労 な     て   て ま も   し   に る   そ 歌 た     羊 先 隷 た     る
い た   苦 し     の   の な の   を   い 者   ば う       の に を       林
の     を た     労   労 か は   離   た と   め た       財 エ 持       に
で     顧 す     苦   苦 っ 遠   れ   す な   を う       産 ル っ        
あ     み べ     に   に た 慮   な   べ り   多 女       を サ て        
る     た て         よ   せ   か   て     く を       持 レ い        
      と の         っ   ず   っ   の     得 得       っ ム た        
      き 事         て       た   者     た た       て に          
                              よ               い            
                                              た            
 2 









      17           16           15         14     13         12

皆 わ 日 そ   ど 知 き も そ   ¬ わ そ ¬ わ   す け し 知   知 光   す そ 狂 わ
空 た の こ   う 者 た の も   こ た れ 愚 た   べ れ か 者   恵 が   で も 気 た
で し 下 で   し が る で そ   れ し で 者 し   て ど し の   が 暗   に そ と し
あ に に     た 愚 べ は も   も は ど に は   に も 愚 目   愚 き   彼 も   は
っ 悪 行 わ   こ 者 き な     ま ま う 臨 心   臨 わ 者 は   痴 に   が   愚 ま
て し わ た   と と 日 い 知   た た し む に   む た は     に ま   な 王 痴 た
  く れ し   で 同 に   者   空 心 て 事 言   こ し 暗 そ   ま さ   し の と  
風 見 る は   あ じ は   も   で に わ は っ   と は や の   さ る   た 後 を 身
を え わ 生   ろ よ 皆   愚   あ 言 た わ た   を な み 頭   る よ   事 に 見 を
捕 た ざ き   う う 忘   者   る っ し た     知 お を に   の う   に 来 た め
え か は る     に れ   も    た は し     っ 同 歩 あ   を に   す る   ぐ
る ら   こ     死 ら   同   と   賢 に     て 一 む る         ぎ 人   ら
よ で   と     ぬ れ   様       い も     い の       わ     な は   し
う あ   を     の て   に       こ 臨     る 運       た     い 何   て
で る   い     は し   長       と む       命       し     の を    
あ     と       ま   く       が の       が       は     だ な   知
る     っ       う   覚       あ だ       彼       見       し   恵
      た       の   え       ろ         ら       た       得   と
              で   ら       う         の               よ    
              あ   れ                                う    
              る   る                                 か    
 2 









      23     22           21       20             19       18

こ そ そ そ   そ そ   こ そ こ 知 今   望 日 そ   こ つ か そ ま そ   な わ わ
れ の の の   の も   れ の れ 恵 こ   み の れ   れ か つ う た し   ら た た
も 心 わ す   心 そ   も 所 が と こ   を 下 で   も さ 知 で は て   な し し
ま は ざ べ   づ も   ま 有 た 知 に   失 で わ   ま ど 恵 あ 愚     い の は
た 夜 は て   か     た と め 識 人   っ わ た   た る を る 者 そ   か 後 日
空 の 苦 の   い 人   空 さ に と が   た た し   空 こ 働 の で の   ら に の
で 間 し 日   に は   で せ 労 才 あ     し は   で と か に あ 人   で 来 下
あ も く は   よ 日   あ な し 能 っ     が ふ   あ に し   る が   あ る で
る 休   た   っ の   っ け な を て     労 り   る な て そ か 知   る 人 労
  ま   だ   て 下   て れ い も       し 返     る な の は 者     に し
  る   憂   な で     ば 人 っ       た っ     の し 人   で     こ た
  こ   い   ん 労   大 な に て       す て     だ た が だ あ     れ す
  と   の   の す   い ら   労       べ み       す   れ る     を べ
  が   み   得 る   に な す し       て て       べ 日 が か     残 て
  な   で   る す   悪 い べ て       の         て の 知       さ の
  い   あ   と べ   い の て も       労         の 下 り       な 労
      っ   こ て     だ を         苦         労 で 得       け 苦
      て   ろ の       残         に         苦 わ よ       れ を
          が 労       し         つ         を た う       ば 憎
          あ 苦       て         い           し           ん
          る と                 て           が           だ
          か                               労            
                                          し            
 2 









   4      3      2      1                 26     25         24

悲 泣   こ 殺   植 生   す 天   ◆   こ こ 積 し 知 神   こ だ   こ 心 そ 人
し く   わ す   え る   べ が   第   れ れ む か 恵 は   と れ   れ を の は
む に   す に   る る   て 下       も は こ し と     の が   も 楽 労 食
に 時   に 時   に に   の の   三   ま 神 と 罪 知 そ   で 神   ま し 苦 い
時 が   時 が   時 時   わ す       た の を び 識 の   き を   た ま に 飲
が あ   が あ   が が   ざ べ   章   空 心 さ と と 心   る 離   神 せ よ み
あ り   あ り   あ あ   に て   ◆   で に せ に 喜 に   者 れ   の る っ し
り     り     り り   は の       あ か ら は び か   が て   手 よ て  
  笑     い         時 事       っ な れ 仕 と な   あ     か り 得  
踊 う   建 や   植 死   が に       て う る 事 を う   ろ 食   ら 良 た  
る に   て す   え ぬ   あ は         者   を く 人   う い   出 い も  
に 時   る に   た る   る 季       風 に   与 だ に         る 事 の  
時 が   に 時   も に     節       を そ   え さ       か   こ は で  
が あ   時 が   の 時     が       捕 れ   て る       つ   と な    
あ り   が あ   を が     あ       え を   集         楽   を い    
り     あ り   抜 あ     り       る 賜   め         し          
      り     く り             よ わ   る         む   わ      
            に               う る   こ             た      
             時               で た   と             し      
            が               あ め   と             は      
            あ               る で                 見      
            り                 あ                 た      
                              る                        
 3 









    13       12         11     10      9      8      7      6      5

神 そ ま   楽 人 わ   終 そ 神 神   ほ わ   な 働   戦 愛   黙 裂   保 捜   抱 石
の の た   し に た   り れ は の   ね た   ん く   う す   る く   つ す   く を
賜 す す   く は し   ま で ま な   お し   の 者   に る   に に   に に   に 投
物 べ べ   愉 そ は   で も た さ   ら は   益 は   時 に   時 時   時 時   時 げ
で て て   快 の 知   見 な 人 れ   せ 神   を そ   が 時   が が   が が   が る
あ の の   に 生 っ   き お の る   ら が   得 の   あ が   あ あ   あ あ   あ に
る 労 人   過 き て   わ   心 こ   れ 人   る 労   り あ   り り   り り   り 時
  苦 が   ご な い   め 人 に と   る の   か す     り                 が
  に 食   す が る   る は 永 は   仕 子     る   和     語 縫   捨 失   抱 あ
  よ い   よ ら     こ 神 遠 皆   事 ら     こ   ら 憎   る う   て う   く り
  っ 飲   り え     と の を そ   を に     と   ぐ む   に に   る に   こ  
  て み   ほ て     は な 思 の   見 与     に   に に   時 時   に 時   と 石
  楽 し   か い     で さ う 時   た え     よ   時 時   が が   時 が   を を
  し     に る     き れ 思 に     て     り   が が   あ あ   が あ   や 集
  み     良 間     な る い か               あ あ   り り   あ り   め め
  を     い       い わ を な               る り         り     る る
  得     事         ざ 授 っ                                  に に
  る     は         を け て                                  時 時
  こ     な         初 ら 美                                 が が
  と     い         め れ し                                 あ あ
  は               か た い                                 り り
                  ら                                        
 3 









          19       18         17       16       15             14

す 人 彼 彼 す 人   獣 ¬ わ   時 神 ¬ わ   公 さ わ   神 後 今   人 神 き こ す わ
べ は ら も な の   に 神 た   を は 神 た   義 ば た   は に あ   々 が な れ べ た
て 獣 は 死 わ 子   す は し   定 す は し   を き し   追 あ る   が こ い に て し
の に み ぬ ち ら   ぎ 彼 は   め べ 正 は   行 を は   い る も   神 の   加 神 は
も ま な の 一 に   な ら ま   ら て し 心   う 行 ま   や も の   の よ   え が 知
の さ 同 で 様 臨   い を た   れ の い に   所 う た   ら の は   前 う   る な っ
は る 様 あ に む   こ た     た 事 者 言   に 所     れ も     に に   こ さ て
空 と の る 彼 と   と め 人   か と と っ   も に 日   た   す   恐 さ   と る い
だ こ 息   ら こ   を し の   ら   悪 た   不 も の   も す で   れ れ   も 事 る
か ろ を   に ろ   悟 て 子   で す い     正 不 下   の で に   を る     は  
ら が も   臨 は   ら   ら   あ べ 者     が 正 を   を に あ   も の   こ 永  
で な っ   み 獣   せ 彼 に   る て と     あ が 見   尋 あ っ   つ は   れ 遠  
あ い て     に   ら ら つ    の を     る あ た   ね っ た   よ     か に  
る   い   こ も   れ に い   と わ さ       り が   求 た も   う     ら 変  
    る   れ 臨   る 自 て     ざ ば             め も の   に     取 る  
        の む   の 分 心     に か             ら の で   な     る こ  
        死 か   で た に       れ             れ で あ   る     こ と  
        ぬ ら   あ ち 言       る             る あ る   た     と が  
        よ で   る が っ                       る     め     も な  
        う あ      た                             で     で く  
        に る   と                                 あ          
                                                る          
                                                           
 3 









     3      2              1               22     21     20

わ ま し   す そ   し し 彼 見 し わ   ◆   ど だ こ 人 そ   獣 だ   皆 み
ざ だ か   で れ   か え ら よ え た   第   う れ れ は れ   の れ   ち な
を 生 し   に で   し た を   た し       な が が そ で   霊 が   り 一
見 れ     死     彼 げ 慰 し げ は   四   る 彼 彼 の     は 知   か つ
な な こ   ん わ   ら る め え を ま       か を の 働 わ   地 る   ら 所
い い の   だ た   を 者 る た 見 た   章   を つ 分 き た   に か   出 に
者 者 両   死 し   慰 の 者 げ た     ◆   見 れ だ に し   く     て 行
で で 者   者 は   め 手 は ら   日       さ て か よ は   だ 人     く
あ   よ   を な   る に な れ   の       せ い ら っ 見   る の   皆  
る 日 り     お   者 は い る   下       る っ で て た   か 子   ち  
  の も   さ 生   は 権   者   に       こ て あ 楽     を ら   り  
  下 さ   い き   い 力   の   行       と   る し       の   に  
  に い   わ て   な が   涙   わ       が そ   む       霊   帰  
  行 わ   い い   い あ   を   れ       で の   に       は   る  
  わ い   な る     る       る       き 後   こ       上      
  れ な   者 生             す       よ の   し       に      
  る の   と 存             べ       う     た       の      
  悪 は   思 者             て       か     事       ぼ      
  し     っ よ             の             は       り      
  き     た り                           な              
          も                           い              
 4 









      10       9                 8    7    6   5        4 

こ し そ す  得 彼 ふ  こ ど ¬ ま そ そ 兄 ひ  こ わ 両 片  愚  こ ね す ま
れ か の な  る ら た  れ う わ た の れ 弟 と  こ た 手 手  か  れ た べ た
を し ひ わ  か は り  も し た 彼 目 で も り  に し に に  な  も み て  
助 ひ と ち  ら そ は  ま て し は は も な で  人 は 物 物  る  ま あ の わ
け と り 彼  で の ひ  た 自 は 言 富 彼 い あ  が ま を を  者  た っ 巧 た
起 り が ら  あ 労 と  空 分 だ わ に の   っ  あ た 満 満  は  空 て み し
す で そ が  る 苦 り  で を れ な 飽 労   て  る   た た  手  で な な は
者 あ の 倒    に に  あ 楽 の い く 苦        日 し し  を  あ す わ す
の っ 友 れ    よ ま  っ し た   こ は   仲    の て て  つ  っ も ざ べ
な て を る    っ さ  て ま め   と 窮   間    下 労 平  か  て の を て
い   助 時    て る    せ に   が ま   も    に 苦 穏  ね    で 見 の
者 そ け に    良    苦 な 労   な り   な    空 し で  て  風 あ た 労
は の 起 は    い    し い す   い な   く    な   あ     を る が 苦
わ 倒 す      報    い の る     く        る 風 る  自  捕     と
ざ れ        い    わ か の         子    事 を の  分  え   こ  
わ る        を    ざ  か         も    の 捕 は  の  る   れ  
い 時             で と           な    あ え    肉  よ   は  
で               あ             く    る る    を  う   人  
あ               る                  の の    食  で   が  
る                                  を に    う  あ   互  
                                   見 ま       る   に  
                                   た さ              
                                      る              
 4 









        16     15           14       13       12     11

風 た し 彼 す   か わ   そ 生 ま 王 た   王 も 貧   三 ふ 人   ひ ま
を し か は べ   の た   う れ た 位 と   に は し   つ た が   と た
捕 か し そ て   わ し   で て 自 に い   ま や く   よ り も   り ふ
え に 後 の の   ら は   あ 王 分 つ     さ   て   り で し   だ た
る   に す 民   べ 日   る 位 の い そ   る い 賢   の       け り
よ こ 来 べ は   の の     に 国 た の     さ い   綱 そ そ   で が
う れ る て 果   よ 下     つ に 者 王     め わ   は れ の     一
で も 者 の て   う に     い 貧 で が     を ら   た に ひ   ど 緒
あ ま は 民 し   に 歩     た し あ 獄     い べ   や 当 と   う に
る た 彼 を が   王 む     者 く っ 屋     れ は   す る り   し 寝
  空 を 導 な   に す     で   て か     る     く で を   て れ
  で 喜 い い   代 べ     あ   も ら     こ 老   は あ 攻   暖 ば
  あ ば た     っ て     っ     出     と い   切 ろ め   か 暖
  っ な       て の     て     て     を て   れ う 撃   に か
  て い       立 民     も           知 愚   な   っ   な で
            つ が                 ら か   い   た   り あ
            の                   な で       な   得 る
            を                   い         ら   よ  
            見                                 う  
            た                                 か  
 4 









           6      5          4        3          2          1   

あ ど 言 ま あ あ   む あ   あ 神 そ あ   言 愚 夢   そ 神 ま 神   彼 犠 近 神  ◆
な う っ た な な   し な   な は れ な   葉 か は   れ は た の   ら 牲 よ の  第
た し て 使 た た   ろ た   た 愚 を た   の な 仕   ゆ 天 言 前   は を っ 宮   
の て は 者 に の   誓 が   の か 果 は   多 る 事   え に 葉 で   悪 さ て に  五
手   な の 罪 口   い 誓   誓 な す 神   い 者 の     い を 軽   を さ 聞 行   
の 神 ら 前 を が   を い   っ 者 こ に   こ の 多   あ ま 出 々   行 げ く く  章
わ が な に 犯     し を   た を と 誓   と 声 い   な し そ し   っ る の 時  ◆
ざ あ い そ さ     な し   こ 喜 を い   に は こ   た   う く   て の は に   
を な   れ せ     い て   と ば 延 を   よ   と   は あ と 口   い に 愚 は   
滅 た   は な     ほ     を れ ば な   っ   に   言 な   を   る ま か     
ぼ の   誤 い     う そ   必 な し す   て   よ   葉 た 心 ひ   こ さ な そ   
し 言   り よ     が れ   ず い て と   知   っ   を は に ら   と る 者 の   
て 葉   で う     よ を   果 か は き   ら   て   少 地 あ き   を   の 足   
よ を   あ に     い 果   せ ら な     れ   き   な に せ     知     を   
か 怒   っ せ       さ     で ら     る   た   く お っ     ら     慎   
ろ り   た よ       な     あ な         り   せ る て     な     む   
う     と         い     る い             よ か は     い     が   
か               よ                       ら な     か     よ   
                り                       で ら     ら     い   
                は                       あ な     で         
                                        る い     あ         
                                                る         
 5 









    13         12       11       10      9              8     7 

害 す わ   彼 し 快 働   な そ 財   こ 富 金   王 し   そ そ そ そ 公 あ   し 夢
を な た   に か く く   ん の 産   れ を 銭   は か   し の れ の 道 な   か が
及 わ し   眠 し 眠 者   の 持 が   も 好 を   利 し   て 人 は 事 と た   し 多
ぼ ち は   る 飽 る は   益 ち 増   ま む 好   益     そ を 位 を 正 は     け
す   日   こ き   食   が 主 せ   た 者 む   で 要   れ う の 怪 義 国   あ れ
こ 富 の   と 足   べ   あ は ば   空 は 者   あ す   ら か 高 し を の   な ば
と は 下   を り   る   る 目     で 富 は   る る   よ が い ん 曲 う   た 空
で こ に   ゆ る   こ   か に こ   あ を 金     に   り う 人 で げ ち   は な
あ れ 悲   る ほ   と     そ れ   る 得 銭     耕   も か よ は る に   神 る
る を し   さ ど   が     れ を     て を     作   な ら り な こ 貧   を 言
  た む   な の   少     を 食     満 も     し   お で も ら と し   恐 葉
  く べ   い 富   な     見 う     足 っ     た   高 あ   な の い   れ も
  わ き     は   く     る 者     し て     田   い る さ い あ 者   よ 多
  え 悪         て     だ も     な 満     畑   者   ら   る を     い
  る の         も     け 増     い 足     を   が   に   の し      
  そ あ         多     で す       し     も   あ   高   を え      
  の る         く               な     つ   る   い   見 た      
  持 の         て               い     国       者   て げ      
  ち を         も                     に       が   も        
  主 見                               は       あ            
  に た                                       っ            
                                            て            
 5 









      19           18     17         16         15        14 

こ そ そ ま   こ 楽 日 神 見   病 人   風 こ ま 人   そ 彼 す 彼   彼 そ う ま
れ の れ た   れ し の か よ   と は   の れ た は   の は な は   の れ せ た
が 労 を 神   が み 下 ら       一   た も 去 全   手 そ わ 母   手 で 行 そ
神 苦 楽 は   そ を で 賜 わ   憤 生   め ま っ く   に の ち の   に   く の
の に し す   の 得 労 わ た   り     に た て そ   携 労 裸 胎   は そ こ 富
賜 よ む べ   分 る す っ し   の 暗   労 悲 行 の   え 苦 で か   何 の と は
物 っ 力 て   だ 事 る た が   中 や   す し か 来   行 に 出 ら   も 人 で 不
で て を の   か で す 短 見   に み   る む な た   く よ て 出   残 が あ 幸
あ 楽 与 人   ら あ べ い た   あ と   者 べ け よ   こ っ き て   ら 子 る な
る し え に   で る て 一 と   る     に き れ う   と て た き   な を   出
  み   富   あ   の 生 こ     悲   な 悪 ば に   が 得 よ た   い も   来
  を ま と   る   労 の ろ     し   ん で な     で た う よ     う   事
  得 た 宝       苦 間 の     み   の あ ら     き 何 に う     け   に
  さ そ と       に   善     と   益 る な     な 物 帰 に     て   よ
  せ の         よ 食 か         が   い     い を っ       も   っ
  ら 分         っ い つ     多   あ           も て           て
  れ を         て   美     く   る             行            
  る 取           飲 な     の   か             く            
    ら           み る     悩                              
    せ             事     み                              
                か は     と                              
                つ                                      
 5 









   5      4              3              2     1           20 

け ま   そ こ   流 わ ま そ そ た   こ 他 し 一 そ す   こ わ   ◆   神 多 こ
れ た   の れ   産 た た の の と   れ 人 か つ の な   れ た   第   は く の
ど こ   名 は   の し 葬 心 よ い   は が し も 心 わ   は し       喜 思 よ
も れ   は む   子 は ら が わ 人   空 こ 神 欠 に ち   人 は   六   び わ う
こ は   暗 な   は 言 れ 幸 い は   で れ は け 慕 神   々 日       を な な
れ 日   や し   そ う る 福 の 百   あ を そ る う は   の の   章   も い 人
は を   み く   の   こ に 日 人   る 持 の こ も 富   上 下   ◆   っ   は
彼 見   に 来   人   と 満 が の     つ 人 と の と   に に       て   自
よ ず   お て   に   が 足 多 子   悪 よ に の を     重 一       彼   分
り     お     ま   な せ く を   し う こ な   財   い つ       の   の
も 物   わ 暗   さ   け ず て も   き に れ い   産     の       心   生
安 を   れ や   る   れ   も う   病 な を よ   と     悪       を   き
ら 知   る み   と   ば     け   で る 持 う         の       満   る
か ら     の                 あ   つ に   誉     あ       た   日
で な     中             ま   る   こ さ   と     る       さ   の
あ い     に             た       と れ   を     の       れ   こ
る       去             命       を る   人     を       る   と
        っ             長       許     に     見       か   を
        て             く       さ     与     た       ら    
        行                     れ     え             で    
        き                     な     て             あ    
                              い                   る    
                              で                        
 6 









      12     11         10        9        8     7        6 

人 だ 何 人   人 言   争 そ そ 今   風 こ 目   な ま 賢   し 人   み 幸 た
に れ が は   に 葉   う れ し あ   を れ に   ん た い   か の   な 福 と
告 が 人 そ   な が   こ で て る   捕 も 見   の 生 者   し 労   一 を い
げ そ の の   ん 多   と 人 人 も   え ま る   ま け は   そ 苦   つ 見 彼
る の た 短   の け   は は は の   る た 事   さ る 愚   の は   所 な は
こ 身 め く   益 れ   で 自 い は   よ 空 は   る 者 か   食 皆   に い 千
と の に む   が ば   き 分 か     う で 欲   と の な   欲     行   年
が 後 善 な   あ む   な よ な す   な あ 望   こ 前 者   は そ   く   に
で に で し   る な   い り る で   も っ の   ろ に に   満 の   の   倍
き 日 あ い   か し     も 者 に   の て さ   が 歩 な   た 口   で   す
る の る 命     い     力 で そ   で   ま   あ む ん   さ の   は   る
か 下 か の     事     強 あ の   あ   よ   る こ の   れ た   な   ほ
  に を 日     も     い る 名   る   い   か と ま   な め   い   ど
  何 知 を     多     者 か が       歩     を さ   い で   か   生
  が る 影     い     と は つ       く     知 る     あ       き
  あ こ の             知 け       に     る と     る       て
  る と よ             ら ら       ま     貧 こ             も
  で が う             れ れ       さ     し ろ              
  あ で に             た た       る     い が              
  ろ き 送                             者 あ              
  う よ る                             も る              
  か う の                               か              
  を   に                                              
 6 









   8      7          6      5      4        3         2      1     

耐 事   ま た   こ 音 か 愚   愚 賢   愚 賢   心 顔 悲   生 死 宴 悲   死 良   ◆
え の   い し   れ の ま か   か い   か い   は に し   き は 会 し   ぬ き   第
忍 終   な か   も よ の な   な 者   な 者   良 憂 み   て す の み   る 名    
ぶ り   い に   ま う 下 者   者 の   者 の   く い は   い べ 家 の   日 は   七
心 は   は     た で に の   の 戒   の 心   な を 笑   る て に 家   は 良    
は そ   人 し   空 あ 燃 笑   歌 め   心 は   る も い   者 の は に   生 き   章
  の   の え   で る え い   を を   は 悲   か つ に   は 人 い は   る 油   ◆
お 初   心 た   あ   る は   聞 聞   楽 し   ら こ ま     の る い   る に    
ご め   を げ   る   い     く く   し み   で と さ   こ 終 の る   日 ま    
り よ   そ は       ば     の の   み の   あ に る   れ り に の   に さ    
高 り   こ 賢       ら     に は   の 家   る よ     を だ ま は   ま り    
ぶ も   な い       の     ま     家 に     っ     心 か さ     さ      
る 良   う 人             さ     に あ     て     に ら る     る      
心 い     を             る     あ り           と で              
に       愚                   る             め あ              
ま       か                                 る る              
さ       に                                                  
る       し                                                  
 7 









    16         15         14       13       12     11     10     9 

あ ま あ   悪 そ も わ   彼 知 神 順   だ 神 神   こ し 知   そ 知   あ ¬   怒 気
な た な   人 こ ろ た   と ら は 境   れ の の   れ か 恵   れ 恵   な 昔   り を
た 賢 た   が に も し   こ せ 人 の   が 曲 み   が し が   は に   た が   は せ
は き は   そ は ろ は   れ な に 日   ま げ わ   知   身   日 財   が 今   愚 き
ど に 義   の 義 の こ   と い 将 に   っ ら ざ   識 知 を   を 産   こ よ   か た
う 過 に   悪 人 事 の   を た 来 は   す れ を   の 恵 守   見 が   れ り   な て
し ぎ 過   に が を む   等 め ど 楽   ぐ た 考   す は る   る 伴   を も   者 て
て て ぎ   よ そ 見 な   し に う し   に も え   ぐ こ の   者 う   問 よ   の 怒
自 は て   っ の た し   く   い め   す の み   れ れ は   ど の   う か   胸 る
分 な は   て 義   い   造   う     る を よ   た を     も は   の っ   に な
を ら な   長 に   人   ら   事 逆   こ       所 持 金   に 良   は た   宿  
滅 な ら   生 よ   生   れ   が 境   と       で つ 銭   益 い   知 の   る  
ぼ い な   き っ   に   た   あ の   が       あ 者 が   が     恵 は   か  
し   い   す て   お   の   る 日   で       る に 身   あ     か な   ら  
て       る 滅   い   で   か に   き         生 を   る     ら ぜ   で  
よ       こ び   て   あ   を は   る         命 守         出 か   あ  
か       と る       る     考   か         を る         る    る  
ろ       が こ             え             保 よ         の と      
う       あ と             よ             た う         で 言      
か       る が                           せ で         は う      
          あ                           る あ         な な      
          り                             る         い        
 7 









  24       23       22         21   20     19         18        17 

だ 物   遠 ¬ わ   自 し あ   の 自 こ 人   善   十 知   こ 神 ま あ   死 あ ま 悪
れ 事   く わ た   分 ば な   ろ 分 れ の   を   人 恵   の を た な   ん な た に
が の   及 た し   の し た   う の は 語   行   の が   す か 彼 た   で た 愚 過
こ 理   ば し は   心 ば も   言 し あ る   い   つ 知   べ し か が   よ は か ぎ
れ は   な は 知   に 他 ま   葉 も な す       か 者   て こ ら こ   か ど で て
を 遠   か 知 恵   知 人 た   を べ た べ   罪   さ を   か む 手 れ   ろ う あ は
見 く   っ 者 を   っ を     聞 の が て   を   が 強   ら 者 を を   う し っ な
い     た と も   て の     か あ   の   犯   町 く   の は 引 執   か て て ら
だ ま     な っ   い ろ     な な   事   さ   に す   が   い る       は な
す た     ろ て   る っ     い た   に   な   お る   れ   て の     自 な い
こ       う こ   か た     た を   心   い   る の   出   は は     分 ら  
と は      の   ら の     め     を   正   の は   る   な よ     の な  
が な     と す   で を     で     と   し   に     の   ら い     時 い  
で は     言 べ   あ       あ     め   い   ま     で   な       の    
き だ     っ て   る       る     て   人   さ     あ   い       こ    
よ 深     た の                 は   は   る     る           な    
う い     が 事                 な   世                     い    
          を                 ら   に                     の    
          試                 な   い                     に    
          み                 い   な                          
          て                     い                          
 7 









   2          1           29       28     27           26      25 

す 王   ま 人 だ だ   ◆   人 す 見   そ わ わ   い 伝   し 神 死 そ わ   愚 知 わ
で の   た の れ れ   第   は な よ   の た た   ち 道   か を よ の た   か 恵 た
に 命   そ 知 が が       多 わ     す し し   い 者   し 喜 り 手 し   な と し
神 を   の 恵 事 知   八   く ち わ   べ は は   ち は   罪 ば も が は   こ 道 は
を 守   粗 は の 者       の   た   て 千 な   数 言   び す 苦       と 理  
さ れ   暴 そ 意 の   章   計 神 し   の 人 お   え う   と 者 い か そ     を 心
し     な の 義 よ   ◆   略 は が   う の こ   て     は は 者 せ の   愚 求 を
て     顔 人 を う       を 人 得   ち う れ     見   彼 彼 で の 心   痴 め 転
誓     を の 知 に       考 を た   に ち を   わ よ   女 女 あ よ が   の よ じ
っ     変 顔 り な       え 正 事     に 求   た     に か る う     狂 う て
た     え を 得 り       出 し は   ひ ひ め   し そ   捕 ら こ な わ   気 と  
こ     る 輝 よ 得       し い     と と た   が の   え の と 女 な   で し 物
と       か う よ       た 者 た   り り け   得 数   ら が を は と   あ   を
ゆ       せ   う       事 に だ   の の れ   た を   れ れ 見   網   る ま 知
え                   で 造 こ   女 男 ど   も 知   る る い   の   こ た り
                    あ ら れ   子 子 も   の ろ       だ   よ   と 悪  
驚                   る れ だ   を を     は う       し   う   を の 事
く                     た け   も 得 得   こ と       た   な   知   を
な                     け で   得 た な   れ し           女   ろ   探
                      れ あ   な け か   で て               う   り
                      ど る   か れ っ   あ                 と    
                      も     っ ど た   る                 し    
                            た も                       た    
 8 









      10          9          8      7      6      5        4     3 

こ そ 彼 ま   こ 時 ま わ   ま 戦 ま 風   ど 後   す 人   知 命   言 だ 王   彼 事
れ れ ら た   れ と た た   た い た を   ん に   べ の   者 令   う れ の   は が
も を は わ   に し 日 し   悪 に 死 と   な 起   て 悪   の を   こ が 言   す 悪
ま 行 い た   害 て の は   は は の ど   事 る   の が   心 守   と 彼 葉   べ い
た っ つ し   を は 下 こ   こ 免 日 め   が 事   わ 彼   は る   が に は   て 時
空 た も は   こ こ に の   れ 除 を る   起 を   ざ の   時 者   で ¬ 決   そ は
で そ 聖 悪   う の 行 す   を は つ 力   る 知   に 上   と は   き あ 定   の  
あ の 所 人   む 人 わ べ   行 な か を   か る   は に   方 災   よ な 的   好 王
る 町 に の   ら が れ て   う い さ も   を 者   時 重   法 に   う た で   む の
  で 出 葬   せ   る の   者   ど つ   だ は   と く   を あ   か は あ   と 前
  ほ 入 ら   る か も 事   を   る 人   れ な   方 て   わ わ     何 る   こ を
  め り れ   こ の ろ を   救   も は   が い   法 も   き な     を     ろ 去
  ら し る   と 人 も 見   う   の な   彼     が     ま い     す     を れ
  れ   の   が を ろ た   こ   は い   に     あ     え       る     な  
  た   を   あ 治 の     と   な     告     る     て       の     す た
      見   る め わ     が   い     げ           い       か     か め
      た     て ざ     で         得           る            ら ら
              に     き         よ                   と     で う
              心     な         う                         あ な
              を     い                                   る  
              用                                            
              い                                            
              た                                            
 8 









    16          15            14       13         12        11

に ま わ   そ こ 楽 そ そ   わ そ ま そ す 地   彼 ま し   わ み な 罪   傾 人 行 悪
窮 た た   の れ し れ こ   た の た の な の   は た か   た 前 お び   い の わ し
め 地 し   勤 こ む は で   し 身   身 わ 上   神 そ し   し に 長 と   て 子 れ き
よ 上 は   労 そ よ 日     は に 悪 に ち に   の の 悪   は 恐 生 で   い ら な わ
う に 心   に は り の わ   言 臨 人 臨   空   前 命 人   知 れ き 百   る の い ざ
と 行 を   よ 日 ほ 下 た   っ む で む 義 な   に は に   っ を す 度     心 た に
し わ つ   っ の か で し   た 者 あ 者 人 事   恐 影 は   て い る 悪     は め 対
た れ く   て 下 に は は     が っ が で が   れ の 幸   い だ も を     も に す
と る し   そ で 良   歓   こ あ て あ あ 行   を よ 福   る く の な     っ   る
き わ て   の   い 人 楽   れ る   る っ わ   い う が     者 が し     ぱ   判
  ざ 知   身 神 事 に を   も   義   て れ   だ で な     に あ て     ら   決
   を 恵   に が は と た   ま   人     て   か あ い     は る       悪   が
  昼 を   伴 賜 な っ た   た   に   悪 い   な っ       幸 け       を   す
  も 知   う わ い て え   空   臨   人 る   い て       福 れ       行   み
  夜 ろ   も っ か   る   で   む   に     か 長       が ど       う   や
  も う   の た ら 食     あ   べ   臨     ら く       あ も       こ   か
  眠 と   で 命 で い     る   き   む     で は       る         と   に
  ら し   あ の あ       と   事   べ     あ 続       こ 神       に    
  ず     る 日 る 飲         が   き     る か       と を            
          の   み             事       な       を か            
          間                 が       い         し            
                                              こ            
                                               み            
 8 









         3                  2              1                 17 

そ 狂 ま 日 す   誓 誓 善 そ 犠 悪 正 す   彼 愛 神 す こ わ ◆   こ こ ま こ 人 人 わ
の 気 た の べ   い い 良 の 牲 い し べ   ら す の な の た 第   れ れ た れ は は た
後 が 人 下 て   を を な 臨 を 者 い て   の る 手 わ す し     を を   を こ 日 し
は そ の に の   な な 人 む さ に 者 の   前 か に ち べ は 九   窮 知 た 窮 れ の は
死 の 心 行 人   す す も と さ も に 人   に 憎 あ 正 て こ     め ろ と め を 下 神
者 心 は わ に   こ 者 罪 こ げ   も に   あ む る し の の 章   る う い る 尋 に の
の の 悪 れ 同   と も び ろ る 清 正 臨   る か こ い 事 す ◆   こ と 知 こ ね 行 も
も う に る 一   を   と は 者 い し む   す は と 者 を べ     と 思 者 と よ わ ろ
と ち 満 す に   恐   も 同 に 者 く と   べ 人 を と 明 て     は っ が は う れ も
に に ち べ 臨   れ   異 様 も に な こ   て に 明 賢 ら の     で て あ で と る ろ
行 あ   て む   る   な で   も い ろ   の は ら い か 事     き も っ き 労 わ の
く り そ の の   者   る あ 犠 汚 者 は   こ わ か 者 に に     な   て な し ざ わ
の   の 事 は   も   こ る 牲 れ に     と か に   し 心     い     い て を ざ
で   生 の     異   と   を た も み   は ら し お よ を     の       も 窮 を
あ   き う     な   は   さ 者   な   空 な よ よ う 用     で         め 見
る   て ち     る   な   さ に 善 同   で い う び と い     あ         る た
    い の     こ   い   げ も 良 様   あ   と 彼 し て     る         こ が
    る 悪     と       な   な で   る   し ら た                 と  
    間 事     は       い   者 あ       た の                   は  
    は で     な       者   に る         わ                   で  
      あ     い       に   も           ざ                   き  
      る             も               が                   な  
                                                        い  
 9 









      10           9     8         7        6            5     4 

わ あ 力 す  得 あ こ あ 日  あ あ  あ 神 楽 あ   べ 彼 そ   つ そ ま し 生   生 す
ざ な を べ  る な れ な の  な な  な は し な   て ら の   い の た か き   け べ
も た つ て  も た は た 下  た た  た す い た   の は 愛   に 記   し て   る て
  の く あ  の が あ は で  の の  の で 心 は   事 も も   忘 憶 も 死 い   犬 生
計 行 し な  だ 日 な そ 神  頭 衣  わ に を 行   に は     れ に は 者 る   は け
略 く て た  か の た の か  に を  ざ   も っ     や 憎   ら 残 や は 者     る
も 陰 な の  ら 下 が 愛 ら  油 常  を   っ て   永 日 し   れ る 報 何 は   死 者
  府 せ 手  で で 世 す 賜  を に  よ   て     久 の み   る 事 い 事 死   せ に
知 に   の  あ 労 に る わ  絶 白  み   あ 喜   に 下 も     が を を ぬ   る 連
識 は   な  る す あ 妻 っ  や く  せ   な び   か に       ら 受 も べ   し な
も     し    る っ と た  す せ  ら   た を   か 行 ね     さ け 知 き   し る
      う    労 て 共 あ  な よ  れ   の も   わ わ た     え る ら 事   に 者
知     る    苦 う に な       た   酒 っ   る れ み     も こ な を   ま に
恵     事    に け 楽 た       か   を て   こ る も       と い 知   さ は
も     は    よ る し の       ら   飲 あ   と す         も   っ   る 望
な          っ 分 く 空       で   む な   が   す       な   て   か み
い          て   暮 な       あ   が た   な   で       い   い   ら が
か              す る       る   よ の   い   に           る   で あ
ら              が 命           い パ       消               あ る
で              よ の             ン       え               る  
あ              い 日             を       う                  
る                の             食       せ                  
                 間             べ       て                  
 9 









    16          15        14     13          12              11

知 ¬ そ  そ と そ 町 し  こ 大 そ こ   こ ま  そ 人 鳥 魚 人  し ま さ ま 強 必 わ
恵 知 こ  の こ の の か  れ い こ こ   れ た  れ の が が は  か た と た い ず た
は 恵 で  貧 ろ 知 う し  に な に に   は わ  に 子 わ わ そ  し 知 き 賢 者 し し
軽 は わ  し が 恵 ち    向 る 住 一   わ た  か ら な ざ の  時 識 者 い が も は
ん 力 た  い だ を に    か 王 む つ   た し  か も に わ 時  と あ が 者 戦 速 ま
ぜ に し  人 れ も ひ    っ が 人 の   し は  る わ か い を  災 る 富 が い い た
ら ま は  を ひ っ と    て 攻 は 小   に 日  の ざ か の 知  難 者 を パ に 者 日
れ さ 言  記 と て り    大 め 少 さ   と の  で わ る 網 ら  は が 得 ン 勝 が の
  る う  憶 り 町 の    き て な い   っ 下  あ い よ に な  す 恵 る を つ 競 下
そ      す   を 貧    な 来 か 町   て に  る の う か い  べ み の 得 の 走 を
の し    る   救 し    雲 て っ が   大 こ    時 に か    て を で る で に 見
言 か    者   っ い    梯   た あ   き の    が   り    の 得 も の も 勝 た
葉 し    が   た 知    を こ が っ   な よ    突        人 る な で な つ が
は か    な     恵    建 れ   て   事 う    然        に の い も い の  
聞 の    か     の    て を       で な    彼        臨 で   な   で  
か 貧    っ     あ    た 囲       あ 知    ら        む も   く   は  
れ し    た     る      み       る 恵    に          な       な  
な い          人                の    臨          い       く  
か 人          が                例    む                     
っ の          い                を    時                     
た            て                見                          
                             た                          
 9 









   6      5        4      3      2      1           18    17 

富 す   そ わ   温 あ     自 愚   愚 知   少 死   ◆   ひ し 知   愚 静
め な   れ た   順 な つ   分 者   者 者   し ん   第   と か 恵   か か
る わ   は し   は た か   の は   の の   の だ       り し は   な に
者 ち   つ は   大 の さ   愚 道   心 心   愚 は   十   の   戦   者 聞
が 愚   か 日   い 所 た   か を   は は   痴 え       罪   い   の か
卑 か   さ の   な を る   な 行   左 彼   は は   章   び   の   中 れ
し な   た 下   る 離 者   こ く   に を   知     ◆   と   武   の る
い る   る に   と れ が   と 時   向 右   恵 香       は   器   つ 知
所 者   者 一   が て あ   を     け に   と 料       多   に   か 者
に が   か つ   を は な   す 思   さ 向   誉 を       く   ま   さ の
座 高   ら の   和 な た   べ 慮   せ け   よ 造       の   さ   た 言
し い   出 悪   ら ら に   て が   る さ   り る       良   る   る 葉
て 地   る の   げ な 向   の 足     せ   も 者       き       者 は
い 位   あ あ   る い か   人 り         重 の       わ       の  
る に   や る   か   っ   に な         い         ざ       叫  
  置   ま の   ら   て   告 い           あ       を       び  
  か   ち を   で   立   げ             ぶ       滅       に  
  れ   に 見   あ   腹   る             ら       ぼ       ま  
      似 た   る   し                 を       す       さ  
      て         て                 臭               る  
      い         も                 く                  
                                  し                  
 10 









      14     13     12     11         10      9      8      7

告 だ し 愚   ま 愚   し 知   へ へ   し 力 人 鉄   木 石   石 穴   君 わ
げ れ か 者   た 者   か 者   び び   か を が が   を を   が を   た た
る が し は   そ の   し の   使 が   し 多 そ 鈍   割 切   き 掘   る し
こ そ 人 言   の 口   愚 口   は も     く の く   る り   を る   者 は
と の は 葉   言 の   者 の   益 し   知 こ 刃 な   者 出   こ 者   が し
が 身 だ を   葉 言   の 言   が 呪   恵 れ を っ   は す   わ は   奴 も
で の れ 多   の 葉   く 葉   な 文   は に み た   そ 者   す み   隷 べ
き 後 も く   終 の   ち は   い を   人 用 が と   れ は   者 ず   の た
よ に 後 す   り 初   び 恵     か   を い か き   が そ   は か   よ る
う 起 に る   は め   る み     け   助 ね な     た れ     ら   う 者
か る 起     悪 は   は が     ら   け ば け     め が   へ こ   に が
  事 る     い 愚   そ あ     れ   て な れ     に た   び れ   徒 馬
  を こ     狂 痴   の る     る   な ら ば     危 め   に に   歩 に
    と     気 で   身       前   し な       険 に   か 陥   で 乗
    を     で あ   を       に   遂 い       に 傷   ま り   あ り
    知     あ る   滅           げ         さ を   れ     る  
    ら     る     ぼ       か   さ         ら う   る     く  
    な           す       み   せ         さ け         の  
    い                   つ   る         れ           を  
                        け             る           見  
                        ば                         た  
 10 









   1             20       19     18           17       16     15

あ あ   ◆   翼 空 ま あ   金 酒 食   無 怠   あ 適 力 そ あ   ご そ あ   彼 愚
な な   第   の の た な   銭 は 事   精 惰   な 当 を の な   ち の な   は 者
た た       あ 鳥 寝 た   は 命 は   に に   た な 得 君 た   そ 君 た   町 の
は の   十   る は 室 は   す を 笑   よ よ   は 時 る た の   う た の   に 労
そ パ   一   も あ で 心   べ 楽 い   っ っ   さ に た ち 王   を ち 王   は 苦
れ ン       の な も の   て し の   て て   い ご め が は   食 が は   い は
を を   章   は た 富 う   の ま た   家 屋   わ ち に 酔 自   べ 朝 わ   る そ
得 水   ◆   事 の め ち   事 せ め   は 根   い そ   う 主   る か ら   道 の
る の       を 声 る で   に る に   漏 は   だ う   た の   国 ら べ   を 身
か 上       告 を 者 も   応   な   る 落     を   め 子   よ   で   さ を
ら に       げ 伝 を 王   じ   さ     ち     食   で で       あ   え 疲
で 投       る え の を   る   れ           べ   な あ   あ   っ   知 れ
あ げ       か   ろ の                   る   く っ   な   て   ら さ
る よ       ら   っ ろ                   国     て   た       な せ
          で   て っ                   よ         は       い る
  多       あ   は て                             わ          
  く       る   な は                             ざ          
  の           ら な                             わ          
  日           な ら                             い          
  の           い な                             だ          
  後             い                                        
 11 









         8      7            6          5      4        3       2 

す 忘 暗 そ 人   目 光   あ あ 実 夕 朝   す そ ど あ   雲 風   そ ま 雲   ど あ あ
べ れ い の が   に は   な る る ま の   べ の う な   を を   の た が   ん な な
て て 日 す 多   太 快   た い の で う   て よ し た   観 警   木 木 も   な た た
  は の べ く   陽 い   は は は 手 ち   の う て は   測 戒   は が し   災 は は
き な 多 て の   を も   知 二   を に   事 に 霊     す す   倒 も 雨   が   一
た ら く に 年   見 の   ら つ こ 休 種   を あ が 身   る る   れ し で   地   つ
ら な あ お     る で   な と れ め を   な な 骨 ご   者 者   た 南 満   に   の
ん い る い 生   の あ   い も で て ま   さ た に も   は は   所 か ち   起   分
と   べ て き   は る   か に あ は け   れ は は っ   刈 種   に 北 る   る   を
す   き 自 な   楽     ら 良 る な     る   い た   る を   横 に な   か   七
る   こ 分 が   し     で い か ら     神   る 女   こ ま   た 倒 ら   を   つ
事   と を ら   い     あ の   な     の   か の   と か   わ れ ば   知   ま
は   を 楽 え   こ     る で あ い     わ   を 胎   を な   る る     ら   た
皆     し     と       あ れ       ざ   知 の   し い     な 地   な   八
空     ま     で       る で       を   ら 中   な       ら に   い   つ
で     せ     あ       か あ       知   な で   い       ば そ   か   に
あ     て     る         る       ら   い               れ   ら   分
る     も               か       な                   を   だ   け
                              い                   注       よ
                                                  ぐ        
 11 









         3        2         1            10             9 

 窓 ひ 力 そ   そ 雨 ま  言 ¬ 悪 あ   ◆   若 あ あ   神 た あ あ あ 若
 か き あ の   の の た  う わ し な   第   い な な   は だ な な な い
 ら こ る 日   よ 後 日  よ た き た       時 た た   あ し た た た 者
 の な 人 に   う に や  う し 日 の   十   と の の   な   の の の よ
 ぞ す は な   に ま 光  に に が 若   二   盛 か 心   た そ 目 心 若  
 く 女 か る   せ た や  な は き い       ん ら か   を の の の い あ
 者 は が と   よ 雲    ら な た 日   章   な だ ら   さ す 見 道 日 な
 の 少 み       が 月  な ん り に   ◆   時 か 悩   ば べ る に に た
 目 な   家     帰 や  い の           は ら み   か て と 歩 あ の
 は い   を     ら 星  前 楽 年 あ       と 痛 を   れ の こ み な 若
 か た   守     な の  に し が な       も み 去   る 事 ろ   た い
 す め   る     い 暗    み 寄 た       に を り   こ の に   の 時
 み に   者     う く    も っ の       空 除     と た 歩   心 に
   休   は     ち な    な て 造       だ け     を め め   を 楽
   み   震     に ら    い   り       か       知 に     喜 し
       え       な       主       ら       れ       ば め
               い    と   を       で               せ  
               前        覚       あ               よ  
               に        え       る                  
                        よ                          
 12 









  10          9      8      7        6            5         4 

ま 伝   あ 彼 知 さ   ¬ 伝   霊 ち   車 水 そ   ち 人 い 恐 彼   低 人 そ 町
た 道   ま は 識 ら   空 道   は り   は が の   ま が な ろ ら   く は の の
彼 者   た よ を に   の 者   こ は   井 め 後   た 永 ご し は   さ 鳥 時 門
は は   の く 民 伝   空 は   れ     戸 は     を 遠 は い ま   れ の ひ は
真 麗   箴 考 に 道     言   を も   の 泉 銀   歩 の そ も た   る 声 き 閉
実 し   言 え 教 者   い う   授 と   か の の   き 家 の の 高     に こ ざ
の い   を   え は   っ     け の   た か ひ   ま に 身 が い     よ な さ
言 言   ま 尋 た 知   さ     た よ   わ た も   わ 行 を 道 も     っ す れ
葉 葉   と ね   恵   い     神 う   ら わ は   る こ ひ に の     て 音 る
を を   め き   が   は     に に   で ら 切     う き あ を     起 は  
正 得   た わ   あ   空     帰 土   砕 で れ     と ず り 恐     き 低  
し よ     め   る   で     る に   け 破       す り   れ     あ く  
く う         ゆ   あ       帰   る れ 金     る 歩 あ る     が な  
書 と         え   る       り       の     の き め       り り  
き つ         に                  皿     で   ん            
し と             と               は       そ ど       歌    
る め                             砕     泣 の う       の    
し た                             け     く 欲 は       娘    
た                                     人 望 花       た    
                                      が は 咲       ち    
                                        衰 き       は    
                                        え         皆    
 12 









     14       13       12         11

 善 な 神   こ す 事   多 多 わ   の ひ ま 知
 悪 ら は   れ な の   く く が   で と た 者
 と び す   は わ 帰   学 の 子   あ り よ の
 も に べ   す ち す   べ 書 よ   る の く 言
 に す て   べ   る   ば を       牧 打 葉
 さ べ の   て 神 所   か 作 こ     者 っ は
 ば て わ   の を は   ら れ れ     か た 突
 か の ざ   人 恐     だ ば ら     ら 釘 き
 れ 隠     の れ す   が 際 以     出 の 棒
 る れ     本   べ   疲 限 外     た よ の
 か た     分 そ て   れ が の     言 う よ
 ら 事     で の 言   る な 事     葉 な う
 で を     あ 命 わ     い に     が も で
 あ       る 令 れ       も     集 の あ
 る         を た       心     め で り
           守         を     ら あ  
           れ         用     れ っ  
                     い     た て  
                     よ     も    
_12_[Top]【拡大を閉じる】