【ルカによる福音書】<口語訳>    
           [横書き]
         7        6         5           4           3       2       1        

 年 彼 と  主 ふ   の 名 ユ   あ こ す   し 詳 テ   連 み   親      
 老 ら こ  の た   娘 を ダ   り れ で   く し オ   ね 言   し わ    
 い に ろ  戒 り   の ザ ヤ   ま に に   書 く ビ   よ に   く た   ▲
 て は が  め と   ひ カ の   す よ お   き 調 ロ   う 仕   見 し   第
 い 子    と も   と リ 王     っ 聞   つ べ 閣   と え   た の    
 た が エ  定 神   り ヤ ヘ     て き   づ て 下     た   人 間   1
   な リ  め の   で と ロ     十 に   っ い よ   多 人   々 に    
   く サ  と み     い デ     分 な   て ま     く 々   で 成   章
     ベ  を ま   名 う の     に っ     す わ   の が   あ 就   ▼
   そ ツ    え   を 者 世     知 て   閣 の た   人 伝   っ さ    
   し は  み に   エ が に     っ い   下 で し   が え   て れ    
   て 不  な 正   リ い       て る   に   も   手 た     た    
   ふ 妊  落 し   サ た ア     い 事   献 こ す   を と     出    
   た の  度 い   ベ   ビ     た が   じ こ べ   付 お     来    
   り 女  な 人   ツ そ ヤ     だ 確   る に て   け り     事    
   と で  く で   と の の     き 実   こ   の   ま 物     を    
   も あ  行 あ   い 妻 組     た で   と そ 事   し 語          
   す っ  っ っ   っ は の     い あ   に れ を   た に     最    
   で た  て て   た ア 祭     た る   し を 初   が 書     初    
   に た  い       ロ 司     め こ   ま 順 め     き     か    
     め  た       ン で     で と   し 序 か           ら    
                家         を   た 正 ら                
                                                   
 1 









        15       14              13       12    11       10      9        8  

す 強 彼   多 彼   名 男 い ¬ そ   襲 ザ   す   祈 香   主 祭   み  
で い は   く は   づ の れ 恐 こ   わ カ   る   っ を   の 司   ま さ
に 酒 主   の あ   け 子 ら れ で   れ リ   と   て た   聖 職   え て
聖 を の   人 な   な を れ る     た ヤ   主   い い   所 の   に ザ
霊 い み   々 た   さ 産 た な 御     は   の   た て   に 慣   祭 カ
に っ ま   も に   い む の   使     こ   御     い   は 例   司 リ
満 さ え   そ 喜     で だ ザ が     れ   使     る   い に   の ヤ
た い に   の び     あ   カ 彼     を   が     間   っ 従   勤 は
さ 飲 大   誕 を     ろ あ リ に     見   現         て っ   を  
れ ま い   生 と     う な ヤ 言     て   れ     多   香 て   し そ
て ず な   を 楽       た よ っ         て     く   を く   て の
お   る   喜 し     そ の   た     お         の   た じ   い 組
り 母 者   ぶ み     の 妻 あ       じ   公     民   く を   た が
  の と   で と     子 エ な       惑   団     衆   こ 引   と 当
  胎 な   あ を     を リ た       い   の     は   と い   き 番
  内 り   ろ も     ヨ サ の           右     み   に た     に
  に     う た     ハ ベ 祈       恐   に     な   な と     な
  い ぶ     ら     ネ ツ が       怖   立     外   っ こ     り
  る ど     し     と は 聞       の   っ     で   た ろ     神
  時 う               き       念   た                 の
  か 酒                       に                      
  ら や                                              
                                                   
 1 









           22       21        20             19         18             17      16  

お 彼 人 つ   暇 民   も か 時   つ こ ¬ 御   わ ¬ す   あ 思 行 彼   の そ
し は 々 い   ど 衆   の ら が   か の わ 使   た ど る   ろ い き は   神 し
の 彼 は に   っ は   が   来   わ 喜 た が   し う と   う を   エ   に て
ま ら 彼 彼   て ザ   言 あ れ   さ ば し 答   は し ザ    持 父 リ   立  
ま に が ら   い カ   え な ば   れ し は え   老 て カ     た の ヤ   ち イ
だ 合 聖 が   る リ   な た 成   た い 神 て   人 そ リ     せ 心 の   帰 ス
っ 図 所 出   の ヤ   く は 就   も 知 の 言   で ん ヤ     て を 霊   ら ラ
た を 内 て   を を   な お す   の ら み っ   す な は       子 と   せ エ
  す で き   不 待   る し る   で せ ま た   し 事 御     整 に 力   る ル
  る ま た   思 っ    に わ   あ を え       が 使     え 向 と   で の
  だ ぼ が   議 て     な た   る あ に     妻   に     ら け を   あ 多
  け ろ     に い     り し     な 立     も わ 言     れ さ も   ろ く
  で し 物   思 た       の     た つ     年 た っ     た せ っ   う の
    を が   っ の     こ 言     に ガ     を し た     民   て     子
  引 見 言   て で     の 葉     語 ブ     と に       を 逆       ら
  き た え   い       事 を     り リ     っ わ       主 ら み     を
  つ の な   た 彼     の 信     伝 エ     て か       に う ま      
  づ だ か     が     起 じ     え ル     い る       備 者 え     主
  き と っ     聖     る な     る で     ま で       え に に     な
    悟 た     所     日 か     た あ     す し       る 義 先     る
    っ の     内     ま っ     め っ      ょ       で 人 立     彼
    た で     で     で た     に て       う         の っ     ら
                                    か           て      
 1 









     31       30         29      28       27          26         25      24    23  

そ 見   あ す   思 こ こ   女 御   い 個   一 つ     く 間 ¬   あ     そ
の よ   な る   い の の   よ 使   い の   処 か 六   だ か 主   い そ   れ
子     た と   め あ 言     が   な 処   女 わ か   さ ら は   だ の   か
を あ   は 御   ぐ い 葉   お マ   ず 女   の さ 月   い わ     引 の   ら
イ な   神 使   ら さ に   め リ   け は   も れ 目   ま た 今   き ち   勤
エ た   か が   し つ マ   で ヤ   に ダ   と て に   し し わ   こ     め
ス は   ら 言   て は リ   と の   な ビ   に       た の た   も 妻   の
と み   恵 っ   い な ヤ   う と   っ デ   き ナ 御    恥 し   っ エ   期
名 ご   み た   た ん は     こ   て 家   た ザ 使   と を を   て リ   日
づ も   を       の ひ   主 ろ   い の     レ ガ   言 取 心   い サ   が
け っ   い ¬     事 ど   が に   て 出     と ブ   っ り に   た ベ   終
な て   た 恐     で く   あ き     で     い リ   た 除 か   が ツ   っ
さ 男   だ れ     あ 胸   な て   名 あ     う エ     く け     は   た
い の   い る     ろ 騒   た 言   を る     ガ ル     た て     み   の
  子   て な     う ぎ   と っ   マ ヨ     リ が     め く     も   で
  を   い       か が   共 た   リ セ     ラ       に だ     ご    
  産   る マ     と し   に     ヤ フ     ヤ 神       さ     り   家
  む   の リ       て   お ¬   と と     の か     こ っ         に
  で   で ヤ           ら 恵   い い     町 ら     う て     五   帰
  し   す よ           れ ま   っ う     の       し       か   っ
  ょ                 ま れ   た 人             て 人     月   た
  う                 す た     の               々     の    
                                           の          
 1 









     39            38   37          36             35         34      33       32  

む     彼 こ ¬ そ   神   は 宿 あ   神 そ い 御   夫 そ そ   限 彼   と 彼
か そ   女 の わ こ   に   や し な   の れ と 使   が ん こ   り は   な は
い の   か 身 た で   は   六 て た   子 ゆ 高 が   あ な で   な と   え 大
ユ こ   ら に し マ       か い の   と え き 答   り 事 マ   く こ   ら い
ダ ろ   離 成 は リ   な   月 ま 親     に 者 え   ま が リ   続 し   れ な
の     れ り 主 ヤ   ん   に す 族   と   の て   せ あ ヤ   く え   る る
町 マ   て ま の は   で   な   エ   な 生 力 言   ん り は   で に   で 者
に リ   行 す は 言   も   っ 不 リ   え ま が っ   の 得 御   し ヤ   し と
行 ヤ   っ よ し っ   で   て 妊 サ   ら れ あ た   に ま 使   ょ コ   ょ な
き は   た う た た   き   い の ベ   れ 出 な      し に   う ブ   う り
  立     に め     な   ま 女 ツ   る る た ¬     ょ 言    の      
  っ      で     い   す と も   で 子 を 聖     う っ     家     い
  て       す     こ     い 老   し は お 霊     か た     を     と
        そ       と     わ 年   ょ 聖 お が             支     高
  大     し お     は     れ な   う な う あ     わ ¬     配     き
  急     て 言     あ     て が     る で な     た ど     し     者
  ぎ     御 葉     り     い ら     も し た     し う           の
  で     使 ど     ま     た 子     の ょ に     に し     そ     子
  山     は お     せ     の を     で う 臨     は て     の     と
  里       り     ん     に       あ   み     ま       支      
  へ                          り         だ       配      
                                                は      
                                                       
 1 









     49          48   47      46       45       44       43       42     41    40  

                    す   女 主   耳 ご   な 主   さ 声   子 エ   ザ
く 力   と 今 こ   わ   ¬ る   は の   に ら   ん の   れ 高   が リ   カ
だ あ   言 か の   た   わ と     お   は ん   と 母   た く   胎 サ   リ
さ る   う ら 卑   し   た マ   な 語   い な   い 上   か 叫   内 ベ   ヤ
っ か   で の し   の   し リ   ん り   っ さ   う が   た ん   で ツ   の
た た   し ち い   霊   の ヤ   と に   た い   光 わ     で   お が   家
か が   ょ 代 女   は   魂 は   さ な   と     栄 た   あ 言   ど マ   に
ら     う 々 を   救   は 言   い っ   き あ   で し   な っ   っ リ   は
で わ     の さ   主   主 っ   わ た     な   し の   た た   た ヤ   い
す た     人 え   な   を た   い こ   子 た   ょ と   の       の   っ
  し     々     る   あ     な と   供 の   う こ   胎 ¬   エ あ   て
そ に     は 心   神   が     こ が   が あ     ろ   の あ   リ い   エ
の 大       に   を   め     と 必   胎 い     に   実 な   サ さ   リ
み き     わ か   た         で ず   内 さ     き   も た   ベ つ   サ
名 な     た け   た         し 成   で つ     て   祝 は   ツ を   ベ
は 事     し て   え         ょ 就   喜 の     く   福 女   は 聞   ツ
き を     は く   ま         う す   び 声     だ   さ の   聖 い   に
よ と     さ だ   す          る   お が     さ   れ 中   霊 た   あ
く て     い さ               と   ど わ     る   て で   に と   い
        わ い               信   り た     と   い 祝   満 き   さ
        い ま               じ   ま し     は   ま 福   た     つ
        な し               た   し の         す     さ そ   し
        女 た                   た                 れ の   た
 1 









        58    57      56      55       54      53        52     51       50  

喜 彼 近       滞 マ                                    
ん 女 所   さ   在 リ   と わ   そ 主   富 飢   卑 権   心 主   主 そ
だ に の   て   し ヤ   こ た   の は   ん え   し 威   の は   を の
  お 人   エ   て は   し し   僕     で て   む あ   思 み   か あ
  か 々   リ   か     え た   イ あ   い い   者 る   い 腕   し わ
  け や   サ   ら エ   に ち   ス わ   る る   を 者   の を   こ れ
  に 親   ベ     リ   あ の   ラ れ   者 者   引 を   お も   み み
  な 族   ツ   家 サ   わ 父   エ を   を を   き 王   ご っ   恐 は
  っ は   は   に ベ   れ 祖   ル み   空 良   上 座   り て   れ  
  た     月   帰 ツ   む ア   を を   腹 い   げ か   高 力   る 代
  こ 主   が   っ の   と ブ   助 お   の も     ら   ぶ を   者 々
  と が   満   た と   約 ラ   け 忘   ま の     引   る ふ   に 限
  を 大   ち     こ   束 ハ   く れ   ま で     き   者 る   及 り
  聞 き   て     ろ   な ム   だ に   帰 飽     お   を い   び な
  い な         に   さ と   さ な   ら か     ろ   追     ま く
  て あ   男     三   っ そ   い ら   せ せ     し   い     す  
    わ   の     か   た の   ま ず   な           散        
  共 れ   子     月   と 子   し     さ           ら        
  ど み   を     ほ   う 孫   た     い           し        
  も を   産     ど   り と         ま                    
  に     ん         に を         す                    
        だ                                         
                                                   
 1 









        66         65      64          63      62       61       60         59  

語 ¬ 聞   語 山 近   舌 す   不 ¬ ザ   合 そ   つ 人   し と   し 人 八
り こ く   り 里 所   が る   思 そ カ   図 し   い 々   な こ   ょ 々 日
合 の 者   伝 の の   ゆ と   議 の リ   で て   た は   く ろ   う が 目
っ 子 た   え 至 人   る     に 名 ヤ   尋 父   者     て が   と き に
た は ち   ら る 々   み 立   思 は は   ね 親   は ¬   は     し て な
    は   れ と は     ち   っ ヨ 書   た に     あ   い 母   た   っ
主 い 皆   た こ み   語 ど   た ハ 板         ひ な   け 親     父 た
の っ そ   の ろ な   り こ     ネ を     ど   と た   ま は     の の
み た れ   で に 恐   出 ろ      持     ん   り の   せ       名 で
手 い を       れ   し に     と っ     な   も 親   ん ¬     に  
が   心     こ を   て ザ     書 て     名   い 族    い     ち 幼
彼 ど に     れ い   神 カ     い こ     に   ま の   と い     な な
と ん 留     ら だ   を リ     た さ     し   せ 中   言 え     ん 子
共 な め     の き   ほ ヤ     の せ     た   ん に   っ       で に
に 者 て     事     め の     で て     い    は   た ヨ     ザ 割
あ に       が ま   た 口             の   と       ハ     カ 礼
っ な       こ た   た が     み そ     で   彼 そ     ネ     リ を
た る       と ユ   え 開     ん れ     す   女 う     と     ヤ す
  だ       ご ダ   た け     な に     か   に い     い     と る
  ろ       と ヤ     て     の       と   言 う     う     い た
  う       く の           者           っ 名     名     う め
                       は           た の     に     名 に
  と                                               に  
 1 









        76      75    74      73       72       71       70      69      68    67  

主 る 幼   み 生   わ   お す   か こ   者 わ   な 古   僕 わ   神 ¬   父
の で な   ま き   た   ぼ な   け う   の た   っ く   ダ た   は 主   ザ
み あ 子   え て   し   え わ     し   手 し   た か   ビ し   そ な   カ
ま ろ よ   に い   た   て ち   そ て   か た   よ ら   デ の   の る   リ
え う     恐 る   ち         の     ら ち   う     の た   民 イ   ヤ
に   あ   れ 限   を     父   聖 神     を   に 聖   家 め   を ス   は
先   な   な り   敵     祖   な は   救 敵     な   に に   顧 ラ   聖
だ   た   く     の     ア   る わ   い か     る   お 救   み エ   霊
っ   は   仕 き   手     ブ   契 た   出 ら     預   立 の   て ル   に
て       え よ   か     ラ   約 し   す       言   て 角   こ の   満
行   い   さ く   ら     ハ     た   た ま     者   に を   れ 神   た
き   と   せ 正   救     ム     ち   め た     た   な     を は   さ
    高   て し   い     に     の   で す     ち   っ     あ     れ
そ   き   く く   出     お     父   あ べ     の   た     が ほ    
の   者   だ     し     立     祖   る て     口         な む   預
道   の   さ           て     た     わ     に         い べ   言
を   預   る           に     ち     た     よ           き   し
備   言   の           な     に     し     っ           か   て
え   者   で           っ     あ     た     て           な   言
    と   あ           た     わ     ち     お               っ
    呼   る           誓     れ     を     語               た
    ば               い     み     憎     り                
    れ               を     を     む     に                
 1 









         4        3      2        1             80      79         78       77  

ユ あ ヨ   町 人   行 こ   皇         イ 幼   わ 暗   上 よ こ   そ 罪
ダ っ セ   へ 々   わ れ   帝 そ       ス な   た 黒   か る れ   の の
の た フ   帰 は   れ は   ア の   ▲   ラ 子   し と   ら   は   民 ゆ
ベ の も   っ み   た     ウ こ   第   エ は   の 死   わ ま わ   に る
ツ で ダ   て な   最 ク   グ ろ       ル 成   足 の   た た た   知 し
レ   ビ   行 登   初 レ   ス     2   に 長   を 陰   し   し   ら に
ヘ ガ デ   っ 録   の ニ   ト 全       現 し   平 と   た そ た   せ よ
ム リ の   た を   人 オ   か 世   章   れ     和 に   ち の ち   る り
と ラ 家     す   口 が   ら 界   ▼   る そ   の 住   に あ の   の 救
い ヤ 系     る   調 シ   出 の       日 の   道 む   臨 わ 神   で を
う の で     た   査 リ   た 人       ま 霊   へ 者   み れ の   あ  
ダ 町 あ     め   で ヤ     口       で も   導 を     み あ   る  
ビ ナ り     に   あ の     調         強   く 照     に わ   か  
デ ザ           っ 総     査       荒 く   で し     よ れ   ら  
の レ ま     そ   た 督     を       野 な   あ       っ み      
町 を た     れ     で     せ       に り   ろ       て 深      
へ 出 そ     ぞ     あ     よ       い     う         い      
上 て の     れ     っ     と       た そ          日 み      
っ   血     自     た     の         し           の こ      
て   統     分     時     勅         て           光 こ      
行   で     の     に     令                     が ろ      
っ                     が                       に      
た                                                    
 2 









        12         11       10       9       8          7        6        5  

あ の あ   あ お き   与 御   照 す   羊     か 寝 初   マ と   マ そ
な   な   る 生 ょ   え 使   し る   の さ   ら か 子   リ こ   リ れ
た 中 た     ま う   ら は   た と   群 て   で せ を   ヤ ろ   ヤ は
が に が     れ ダ   れ 言   の 主   れ     あ た 産   は が   と  
た 寝 た     に ビ   る っ   で の   の こ   る   み   月     共 す
に か は     な デ   大 た     御   番 の     客     が 彼   に で
与 し       っ の   き     彼 使   を 地     間 布   満 ら     に
え て 幼     た 町   な ¬   ら が   し 方     に に   ち が   登 身
ら あ な       に   喜 恐   は 現   て で     は く   て ベ   録 重
れ る 子     こ     び れ   非 れ   い 羊     彼 る     ツ   を に
る の が     の あ   を る   常     た 飼     ら ん     レ   す な
し を 布     か な     な   に 主     た     の で     ヘ   る っ
る 見 に     た た   あ     恐 の     ち     い       ム   た て
し る く     こ が   な 見   れ 栄     が     る 飼     に   め い
で で る     そ た   た よ   た 光     夜     余 葉     滞   で た
あ あ ま     主 の   が       が           地 お     在   あ い
る ろ っ     な た   た す     彼     野     が け     し   っ い
 う て     る め   に べ     ら     宿     な の     て   た な
    飼     キ に   伝 て     を     し     か 中     い     ず
  そ 葉     リ 救   え の     め     な     っ に     る     け
  れ お     ス 主   る 民     ぐ     が     た       間     の
  が け     ト が     に     り     ら             に     妻
          で                                        
 2 









        20      19      18       17       16            15         14       13  

ま 語 羊   留 し   不 人   告 彼   お そ   互 せ た 御   平 地     御 す
た ら 飼   め か   思 々   げ ら   け し   に 下 ち 使   和 の ¬   使 る
さ れ た   て し   議 は   知 に   に て   語 さ は た   が 上 い   と と
ん た ち         に み   ら 会   寝 急   り っ ¬ ち   あ で と   一 た
び と は   思 マ   思 な   さ っ   か い   合 た さ が   る は 高   緒 ち
し お     い リ   っ     れ た   し で   っ そ あ 彼   よ   き   に ま
な り 見   め ヤ   た 羊   た 上   て 行   た の   ら   う み と   な ち
が で 聞   ぐ は     飼   事 て   あ っ     出 ベ を   に 心 こ   っ  
ら あ き   ら こ     た   を ゛   る て     来 ツ 離    に ろ   て お
帰 っ し   し れ     ち         幼       事 レ れ     か で   神 び
っ た た   て ら     が   人 こ   な マ     を ヘ て     な は   を た
て の こ   い の     話   々 の   子 リ     見 ム 天     う     さ だ
行 で と   た 事     し   に 子   を ヤ     て へ に     人 神   ん し
っ   が     を     て   伝 に   捜 と     こ 行 帰     々 に   び い
た 神 何     こ     く   え つ   し ヨ     よ っ っ     に 栄   し 天
  を も     と     れ   た い   当 セ     う て た       光   て の
  あ か     ご     た     て   て フ     で   と       が   言 軍
  が も     と     こ     自   た       は 主 き       あ   っ 勢
  め 自     く     と     分     ま     な が         る   た が
    分     心     を     た     た     い お 羊       よ     現
    た     に     聞     ち     飼     か 知 飼       う     れ
    ち           い     に     葉      ら         に      
    に           て                 と                  
 2 









        27      26            25          24            23         22         21  
                       
連 定 こ   な そ   宿 ら こ そ   犠 家 ま   さ な み そ   ム 期 そ   イ 受 八
れ め の   い し   っ れ の の   牲 ば た   さ い な れ   へ 間 れ   エ 胎 日
て て 人   と て   て る 人 時   を と 同   げ    は   上 が か   ス の が
は あ が     主   い の は     さ の じ   る と 主 主   っ 過 ら   と ま 過
い る 御   聖 の   た を 正 エ   さ ひ 主   た 書 に の   た ぎ     名 え ぎ
っ こ 霊   霊 つ     待 し ル   げ な の   め い 聖 律     た モ   づ に  
て と に   の か     ち い サ   る 二 律   で て 別 法     と |   け 御 割
き を 感   示 わ     望 信 レ   た 羽 法   あ あ さ に     き セ   た 使 礼
た 行 じ   し す     ん 仰 ム   め  に   り る れ ¬       の     が を
の う て   を 救     で 深 に   で と       と た 母     両 律     告 ほ
で た 宮   受 主     い い シ   あ 定 ¬     お 者 の     親 法     げ ど
  め に   け に     た 人 メ   っ め 山     り と 胎     は に     た こ
    は   て 会       で オ   た て ば         を     幼 よ     と す
  両 い   い う     ま   ン     あ と     幼 と 初     子 る     お 時
  親 っ   た ま     た イ と     る 一     な な め     を 彼     り と
  も た     で     聖 ス い     の つ     子 え て     連 ら       な
  そ       は     霊 ラ う     に が     を ら 開     れ の     幼 っ
  の す     死     が エ 名     従 い     主 れ く     て き     な た
  子 る     ぬ     彼 ル の     っ       に ね 男     エ よ     子 の
  イ と     こ     に の 人     て ま       ば の     ル め     を で
  エ 律     と       慰 が       た       な 子     サ の        
  ス 法     は       め い       は       ら は     レ          
  を に               た                                  
 2 









        35              34       33       32       31    30     29       28  

思 で そ   定 せ イ 言 す   こ 父                         言 シ
い し し   め た ス っ る   と と   み 異   な こ   わ   こ ¬   っ オ
が ょ て   ら り ラ た と   を 母   民 邦   っ の   た   の 主   た ン
  う     れ す エ   シ     と   イ 人   た 救   し   僕 よ     は
現   あ   て る ル ¬ オ   不 は   ス を   も は   の   を       幼
れ そ な   い た の ご ン   思 幼   ラ 照   の あ   目   安 今     な
る れ た   ま め 多 ら は   議 な   エ す   で な   が   ら こ     子
よ は 自   す に く ん 彼   に 子   ル 啓     た   今   か そ     を
う 多 身       の な ら   思 に   の 示     が   あ   に       腕
に く も     ま 人 さ を   っ つ   栄 の     万   な   去 あ     に
な の つ     た を い 祝   た い   光 光     民   た   ら な     抱
る 人 る     反 倒   し     て   で       の   の   せ た     き
た の ぎ     対 れ こ       こ   あ       ま   救   て は      
め 心 で     を さ の そ     の   り       え   を   く み     神
で に 胸     受 せ 幼 し     よ   ま       に   見   だ 言     を
す あ を     け た な て     う   す       お   た   さ 葉     ほ
 る 差     る り 子 母     に          備   の   い の     め
    し     し 立 は マ     語           え   で   ま と     た
    貫     る ち   リ     ら           に   す   す お     た
    か     し あ   ヤ     れ               か     り     え
    れ     と が   に     た               ら     に     て
    る     し ら                                      
          て                                        
 2 









        43       42      41      40       39             38        37          36  

気 エ と   た イ   エ     満 幼   ガ 両   語 エ 感 こ   神 そ そ   む 女  
づ ル こ   め エ   ル さ   ち な   リ 親   り ル 謝 の   に し の   す 預 ま
か サ ろ   に ス   サ て     子   ラ は   き サ を 老   仕 て 後   め 言 た
な レ が   上 が   レ     そ は   ヤ 主   か レ さ 女   え 宮 や   時 者  
か ム     京 十   ム イ   し     へ の   せ ム さ も   て を も   代 が ア
っ に 祭   し 二   へ エ   て ま   む 律   た の げ     い 離 め   に い セ
た 居 が   た 歳   上 ス   神 す   か 法     救   ち   た れ ぐ   と た ル
  残 終     に   っ の   の ま   い ど     を そ ょ     ず ら   つ   族
  っ っ     な   て 両   恵 す     お     待 し う     に し   い 彼 の
  て て     っ   い 親   み 成   自 り     ち て ど     夜 を   で 女 パ
  お 帰     た   た は   が 長   分 す     望 こ そ     も し     は ヌ
  ら る     時         そ し   の べ     ん の の     昼     七 非 エ
  れ と     も     過   の て   町 て     で 幼 時     も 八   年 常 ル
  た き           越   上 強   ナ の     い な 近     断 十   間 に の
  が       慣     の   に く   ザ 事     る 子 寄     食 四   だ 年 娘
    少     例     祭   あ な   レ を     す の っ     と 歳   け を で
  両 年     に     に   っ り   に す     べ こ て     祈 に   夫 と  
  親 イ     従     は   た     帰 ま     て と き     と な   と っ ア
  は エ     っ     毎     知   っ せ     の を て     を っ   共 て ン
  そ ス     て     年     恵   た た     人         も て   に い ナ
  れ は     祭           に     の     々   神     っ い   住 た と
  に       の                 で     に   に     て た   み   い
                                                      う
 2 









     50             49           48       47          46      45         44  

で し   ご 自 ¬ す   あ ご ¬ 両   驚 き   し ま そ   へ 見   中 一 そ
き か   存 分 ど る   な ら ど 親   嘆 く   て ん し   引 つ   に 日 し
な し   じ の う と   た ん う は   し 人   お 中 て   返 か   捜 路 て
か     な 父 し イ   を な し こ   て 々   ら に 三   し ら   し を 道
っ 両   か の て エ   捜 さ て れ   い は   れ す 日   た な   は 行 連
た 親   っ 家 お ス   し い こ を   た み   る わ の     い   じ っ れ
  は   た に 捜 は   て   ん 見     な   の っ 後     の   め て の
  そ   の い し 言   い お な て         を て に     で   た し 中
  の   で る に わ   た と 事 驚     イ   見             が ま に
  語   す は な れ   の う を き     エ   つ 彼 イ     捜     い い
  ら   か ず っ た   で 様 し       ス   け ら エ     し       る
  れ    の た     す も て そ     の   た の ス     ま     そ こ
  た     こ の      わ く し     賢     話 が     わ     れ と
  言     と で       た れ て     さ     を 宮     り     か と
  葉     を す       し た 母     や     聞 の     な     ら 思
  を       か       も の が     そ     い 中     が       い
  悟               心 で 彼     の     た で     ら     両 こ
  る       わ       配 す に     答     り 教     エ     親 ん
  こ       た       し   言     え     質 師     ル     や で
  と       し       て   っ     に     問 た     サ     知  
  が       が           た           し ち     レ     人  
                                  た の     ム     の  
                                  り                
 2 









                 4       3        2              1            52         51  

        お そ   ゆ 彼   神 ア   ル そ ピ         そ     に 彼 そ
そ △ ¬   り れ   る は   の ン   サ の ラ 皇       し イ   留 ら れ
の 主 荒   で は   し ヨ   言 ナ   ニ 兄 ト 帝   ▲   て エ   め に か
道 の 野   あ     を ル   が ス   ヤ 弟 が テ   第   神 ス   て お ら
筋 道 で   る 預   得 ダ   荒 と   が ピ ユ ベ       と は   い 仕 イ
を を 呼     言   さ ン   野 カ   ア リ ダ リ   3   人 ま   っ え エ
ま 備 ば   す 者   せ の   で ヤ   ビ ポ ヤ オ       か す   た に ス
っ え わ   な イ   る ほ   ザ パ   レ が の 在   章   ら ま     な は
す よ る   わ ザ   悔 と   カ と   ネ イ 総 位   ▼   愛 す     っ 両
ぐ   者   ち ヤ   改 り   リ が   の ツ 督 の       さ 知     た 親
に   の     の   め の   ヤ 大   領 リ   第       れ 恵       と
せ   声     言   の 全   の 祭   主 ヤ ヘ 十       た が     母 一
よ   が     葉   バ 地   子 司     ・ ロ 五         加     は 緒
▽   す     の   プ 方   ヨ で     テ デ 年         わ     こ に
    る     書   テ に   ハ あ     ラ が           り     れ ナ
          に   ス 行   ネ っ     コ ガ ポ               ら ザ
          書   マ っ   に た     ニ リ ン         背     の レ
          い   を て   臨 と     テ ラ テ         た     事 に
          て   宣     ん き     地 ヤ オ         け     を 下
          あ   べ 罪   だ       方 の ・         も     み っ
          る   伝 の           の 領           伸     な て
          と   え             領 主           び     心 行
              た             主                     き
 3 









        11       10         9                 8             7     6             5  

い 持 彼   何 そ   火 良 斧   で の も 父 だ   の ¬ し さ       わ 曲 す  
る た は   を こ   の い が   き 石 み に か   が ま て て   人   る っ べ す
者 な 答   す で   中 実 す   る こ る は ら   れ む 出     は   い た て べ
も い え   れ 群   に を で   の ろ な ア     ら し て ヨ   み   道 と の て
同 者 て   ば 衆   投 結 に   だ か   ブ 悔   れ の き ハ   な   は こ 山 の
様 に 言   よ が   げ ば 木     ら お ラ 改   る 子 た ネ   神   な ろ と 谷
に 分 っ   い 彼   込 な の     で ま ハ め   と ら 群 は   の   ら は 丘 は
し け た   の に   ま い 根     も え ム に     よ 衆     救   さ ま と 埋
な て     で     れ 木 も       た が ふ   お   に 彼   い   れ っ は め
さ や ¬   す ¬   る は と     ア ち あ さ   ま 迫 む か   を     す   ら
い り 下   か そ   の こ に     ブ に る わ   え っ か ら   見     ぐ 平 れ
 な 着    れ   だ と 置     ラ 言 な し   た て っ バ   る     に ら  
  さ 二     で    ご か     ハ っ ど い   ち き て プ   で       に  
  い 枚   と は     と れ     ム て と 実   に て 言 テ   あ       さ  
    を   尋       く て     の お   を   だ い っ ス   ろ       れ  
  食 も   ね わ     切 い     子 く 心 結   れ る た マ   う          
  物 っ   た た     ら る     を   の べ   が 神   を             
  を て     し     れ       起 神 中     教 の   受              
  持 い     た     て だ     す は で 自   え 怒   け              
  っ る     ち       か     こ こ 思 分   た り   よ              
  て 者     は       ら     と れ っ た   の か   う              
    は                   が ら て ち   か ら   と              
                              の                        
 3 









     18         17                  16          15            14      13       12  

勧     で 麦 ま   バ こ わ わ ¬ そ   な で     い ¬ 何 兵   て 彼   ¬ 取
め こ   あ は た   プ の た た わ こ   か ヨ 民   け 人 を 卒   は ら   先 税
を う   ろ 倉     テ か し し た で   ろ ハ 衆   な を す た   い に   生 人
し し   う に 箕   ス た に よ し ヨ   う ネ は   い お れ ち   け 言     も
て て    納 を   マ は は り は ハ   か の 救     ど ば も   な っ   わ バ
  ヨ     め 手   を     も 水 ネ   と こ 主   自 か よ た   い た   た プ
民 ハ       に   お 聖 そ 力 で は   考 と を   分 し い ず        し テ
衆 ネ     か 持   授 霊 の あ お み   え を 待   の た の ね     ¬   た ス
に は     ら っ   け と く る ま ん   て   ち   給 り で て     き   ち マ
教 ほ     は て   に 火 つ か え な   い も 望   与   す 言     ま   は を
を か     消     な に の た た の   た し ん   で だ か っ     っ   何 受
説 に     え 打   る と ひ が ち 者     か で   満 ま  た     て   を け
い も     な ち   で よ も   に に     し い   足 し         い   す に
た な     い 場   あ っ を お バ む     た た   し 取 彼 ¬     る   れ き
  を     火 の   ろ て 解 い プ か     ら の   て っ は で     も   ば て
        で 麦   う お く で テ っ     こ で   い た 言 は     の   よ  
  さ     焼 を     ま 値 に ス て     の     な り っ       以   い 彼
  ま     き ふ     え う な マ 言     人 み   さ し た わ     上   の に
  ざ     捨 る     た ち る を っ     が な   い て   た     に   で 言
  ま     て い     ち も   授 た     そ 心    は   し     取   す っ
  の     る 分     に な   け       れ の         た     り   か た
          け       い   る       で 中         ち     立     
                      が       は           は     て      
 3 









   27   26    25      24         23          22          21      20         19  

ヨ   マ   マ   ヤ そ   ヨ 三     愛 そ 聖   天 イ     も 彼   ヨ ま と
ハ   ハ   タ   ン れ   セ 十 イ   す し 霊   が エ さ   う を   ハ た こ
ナ   テ   テ   ナ か   フ 歳 エ   る て が   開 ス て   一 獄   ネ 自 ろ
ン       ヤ   イ ら   の の ス   子 天 は   け も     つ に   か 分 が
    マ             子 時 が     か と   て バ 民   こ 閉   ら が 領
レ   タ   ア   ヨ さ   で で 宣   わ ら の     プ 衆   の じ   非 し 主
サ   テ   モ   セ か   あ あ 教   た 声 よ     テ が   悪 込   難 た ヘ
    ヤ   ス   フ の   っ っ を   し が う     ス み   事 め   さ あ ロ
ゾ             ぼ   た て は   の し な     マ な   を て   れ ら デ
ロ   シ   ナ     っ       じ   心 た 姿     を バ   重     て ゆ は
バ   メ   ホ     て   ヨ 人 め   に   を     受 プ   ね い   い る  
ベ   イ   ム         セ 々 ら   か ¬ と     け テ   た ろ   た 悪 兄
ル             マ   フ の れ   な あ っ     て ス     い   の 事 弟
    ヨ   エ     タ   は 考 た   う な て     祈 マ     ろ   で に の
サ   セ   ス     テ   ヘ え の   者 た イ     っ を     な     つ 妻
ラ   ク   リ         リ に は   で は エ     て 受     悪     い ヘ
テ             レ   の よ     あ わ ス     お け     事     て ロ
ル   ヨ   ナ     ビ   子 れ 年   る た の     ら た     の       デ
    ダ   ン           ば お    し 上     れ と     上       の
ネ       ガ     メ       よ     の に     る き     に       こ
リ       イ     ル       そ       下     と               と
              キ               り                     で
                                                     
 3 









           38    37   36   35    34       33   32     31   30    29   28  

      エ   メ   カ   セ   ヤ   ユ ア   エ   メ   シ   ヨ   メ
      ノ   ト   イ   ル   コ   ダ ミ   ッ   レ   メ   シ   ル
      ス   セ   ナ   グ   ブ     ナ   サ   ヤ   オ   ュ   キ
          ラ   ン             ダ   イ       ン   ア    
      セ           ノ   イ     ブ       メ           ア
      ツ   エ   ア   ウ   サ         オ   ナ   ユ   エ   デ
          ノ   ル       ク     ア   ベ       ダ   リ   イ
      ア   ク   パ   ペ         デ   デ   ア       エ    
      ダ       ク   レ   ア     ミ       タ   ヨ   ゼ   コ
      ム   ヤ   サ   グ   ブ     ン   ボ   タ   セ   ル   サ
          レ   デ       ラ         ア       フ       ム
      そ   デ       エ   ハ     ア   ズ   ナ       ヨ    
      し       セ   ベ   ム     リ       タ   ヨ   リ   エ
      て   マ   ム   ル         ニ   サ   ン   ナ   ム   ル
      神   ハ           テ         ラ       ム       マ
      に   ラ   ノ   サ   ラ     エ       ダ       マ   ダ
      い   レ   ア   ラ         ス   ナ   ビ   エ   タ   ム
      た   ル           ナ     ロ   ア   デ   リ   テ    
      る       ラ       ホ     ン   ソ       ヤ       エ
          カ   メ       ル         ン       キ   レ   ル
          イ   ク             バ           ム   ビ    
          ナ                 レ                    
          ン                 ス                    
 3 









      8        7            6        5        4          3          2     1       

拝 イ   こ そ   よ 任   言   ま そ   生 イ   ご あ そ   そ 悪 荒        
し エ   れ れ   い せ あ っ   た れ   き エ   ら る こ   の 魔 野   さ    
  ス   を で   の ら な た   た か   る ス   ん な で   日 の を   て   ▲
た は   全     で れ た     く ら   も は   な ら 悪   数 試 四       第
だ 答   部 も   す て に こ   ま     の 答   さ   魔   が み 十   イ    
神 え   あ し   か い あ れ   に 悪   で え   い こ が   つ に 日   エ   4
に て   な あ   ら て げ ら   世 魔   は て    の 言   き あ の   ス    
の 言   た な       ま の   界 は   な 言     石 っ   る わ あ   は   章
み わ   の た     だ し 国   の イ   い わ     に た   と れ い   聖   ▼
仕 れ   も が     れ ょ 々   す エ   ▽ れ             た だ   霊    
え た   の わ     で う の   べ ス   と た     パ ¬   空   御   に    
よ     に た     も   権   て を   書       ン も   腹 そ 霊   満    
▽ ¬   し し     好 そ 威   の 高   い ¬     に し   に の に   ち    
と △   て の     き れ と   国 い   て △     な あ   な あ ひ   て    
書 主   あ 前     な ら 栄   々 所   あ 人     れ な   ら い き   ヨ    
い な   げ に     人 は 華   を へ   る は     と た   れ だ ま   ル    
て る   ま ひ     に わ と   見 連    パ     命 が   た 何 わ   ダ    
あ あ   し ざ     あ た を   せ れ     ン     じ 神     も さ   ン    
る な   ょ ま     げ し み   て て     だ     て の     食 れ   川    
 た   う ず     て に ん     行     け       子     べ て   か    
  の    く         な     き     で       で     ず     ら    
  神     な                                         帰    
  を     ら                                         り    
 4 









        16       15        14       13       12         11      10              9  

し い     お イ   全 ガ     離 悪   神 イ   書 彼 ま   守 △   飛 ¬ 宮 そ
て つ そ   受 エ   体 リ そ   れ 魔   を エ   い ら た   ら 神   び も の れ
立 も れ   け ス   に ラ れ   た は   試 ス   て は     せ は   お し 頂 す
た の か   に は   ひ ヤ か     あ   み は   あ あ △   る あ   り あ 上 ら
れ よ ら   な 諸   ろ へ ら     ら   て 答   り な あ   で な   て な に 悪
た う お   っ 会   ま 帰 イ     ゆ   は え   ま た な   あ た   ご た 立 魔
  に 育   た 堂   っ ら エ     る   な て   す を た   ろ の   ら が た は
  会 ち     で   た れ ス     試   ら 言    手 の   う た   ん 神 せ イ
  堂 に     教     る は     み   な わ     で 足   ▽ め   な の て エ
  に な     え     と 御     を   い れ     さ が   と に   さ 子 言 ス
  は っ             霊     し   ▽ た     さ 石   あ     い で っ を
  い た     み     そ の     つ   と       え に   り 御     あ た エ
  り ナ     ん     の 力     く   言 ¬     る 打     使     る   ル
    ザ     な     う に     し   わ △     で ち     た     な   サ
  聖 レ     の     わ 満     て   れ 主     あ つ     ち     ら   レ
  書 に     者     さ ち         て な     ろ け     に         ム
  を 行     か     が あ     一   い る     う ら     命     こ   に
  朗 き     ら     そ ふ     時   る あ     ▽ れ     じ     こ   連
  読       尊     の れ     イ    な     と な     て     か   れ
  し 安     敬     地 て     エ     た     も い     あ     ら   て
  ょ 息     を     方       ス     の       よ     な     下   行
  う 日                   を             う     た     へ   き
  と に                                 に     を          
 4 









              23          22     21          20    19                 18       17  

で お 引 △ そ   ¬ か す   耳 そ   注 着 イ       知 囚 主 わ 貧     そ す
あ な い 医 こ   こ ら る   に こ   が か エ   主   ら 人 は た し ¬   の る
ろ た て 者 で   の 出 と   し で   れ れ ス   の   せ が わ し い 主   書 と
う の   よ 彼   人 て     た イ   た る は   め     解 た を 人 の   を 預
 郷 カ   ら   は 来 彼   こ エ     と 聖   ぐ   打 放 し 聖 々 御   開 言
  里 ペ 自 に   ヨ る ら   の ス       書   み   ち さ を 別 に 霊   い 者
  の ナ 分 言   セ め は   日 は     会 を   の   ひ れ つ し   が   て イ
  こ ウ 自 わ   フ ぐ み   に       堂 巻   年   し   か て   わ     ザ
  の ム 身 れ   の み な   成 ¬     に い   を   が 盲 わ く 福 た   こ ヤ
  地 で を た   子 の イ   就 こ     い て   告   れ 人 し だ 音 し   う の
  で 行 い     で 言 エ   し の     る 係   げ   て の て さ を に   書 書
  も わ や ¬   は 葉 ス   た 聖     み り   知   い 目   っ 宣 宿   い が
  し れ せ あ   な に を    句     ん の   ら   る が   た べ っ   て 手
  て た ▽ な   い 感 ほ   と は     な 者   せ   者 開   か 伝 て   あ 渡
  く と と た   か 嘆 め   説       の に   る   に か   ら え い   る さ
  れ 聞 い が    し     き あ     者 返   の   自 れ   で る る   所 れ
    い う た     て ま   は な     の し   で   由 る   あ た     を た
  と て こ は     言 た   じ た     目     あ   を こ   る め     出 の
  言 い と       っ そ   め が     が 席   る   得 と     に     さ で
  う た わ き     た の   ら た     イ に      さ を           れ  
    事 ざ っ       口   れ が     エ         せ 告           た  
    を を と           た       ス           げ              
                            に                          
 4 









        30         29       28            27          26        25       24  

  去 し   突 そ 立   満 会   き き 多 ま   だ た エ   き か よ   自 そ
  っ か   き の ち   ち 堂   よ よ く た   け だ リ   ん 月 く   分 れ
  て し   落 町 上     に   め め の 預   つ シ ヤ   が に 聞   の か
  行     と が が     い   ら ら ら 言   か ド は   あ わ い   郷 ら
  か イ   そ 建 っ     た   れ れ い 者   わ ン そ   っ た て   里 言
  れ エ   う っ て     者   た な 病 エ   さ の の   た っ お   で わ
  た ス   と て イ     た    い 人 リ   れ サ う   際 て き   は れ
    は   し い エ     ち     で が シ   た レ ち     天 な   歓 た
    彼   た る ス     は       い ヤ     プ の   そ が さ   迎  
    ら     丘 を     こ     た た の     タ だ   こ 閉 い   さ ¬
    の     の 町     れ     だ の 時     に れ   に じ     れ よ
    ま     が の     を     シ に 代     い に   は   エ   な く
    ん     け 外     聞     リ   に     る も   多 イ リ   い 言
    中     ま へ     い     ヤ そ       ひ つ   く ス ヤ   も っ
    を     で 追     て     の の イ     と か   の ラ の   の て
    通     ひ い           ナ う ス     り わ   や エ 時   で お
    り     っ 出     み     ア ち ラ     の さ   も ル 代   あ く
    抜     ぱ し     な     マ の エ     や れ   め 全 に   る  
    け     っ       憤     ン ひ ル     も な   が 土       預
    て     て       り     だ と に     め い   い に 三     言
          行       に     け り は     に で   た 大 年     者
          っ             が も             の き 六     は
          て                             に          
 4 









        37            36         35             34      33       32         31  

  ひ こ   彼 権 ¬ み   投 出 イ   わ こ な ¬   大 す   驚 そ   人 下  
  ろ う   ら 威 こ ん   げ て エ   か ら ん あ   声 る   い の   々 っ そ
  ま し   は と れ な   倒 行 ス   っ れ の あ   で と   た 言   を て れ
  っ て   出 力 は の   し け は   て た 係     叫       葉   お 行 か
  て イ   て と   者      こ   い の わ ナ   び 汚     に   教 か ら
  い エ   行 を い は   傷 と れ   ま で り ザ   出 れ     権   に れ  
  っ ス   く も っ 驚   は 言 を   す す が レ   し た     威   な た イ
  た の   の っ た い   負 わ し     か あ の   た 悪     が   っ   エ
    評   だ て い て   わ れ か   神   る イ     霊     あ   た そ ス
    判    汚       せ た っ   の あ の エ     に     っ   が し は
    が     れ な 互   ず   て   聖 な で ス     つ     た     て ガ
          た ん に   に す     者 た す よ     か     の     安 リ
    そ     霊 と 語     る ¬   で が         れ     で     息 ラ
    の     に い り   そ と 黙   す ど わ あ     た           日 ヤ
    地     命 う 合   の 悪 れ    な た な     人     彼     に の
    方     じ 言 っ   人 霊       た し た     が     ら     な 町
    の     ら 葉 て   か は こ     で た は     会     は     る カ
    い     れ だ 言   ら 彼 の     あ ち わ     堂     そ     と ペ
    た     る ろ っ   出 を 人     る を た     に     の       ナ
    る     と う た   て 人 か     か 滅 し     い     教       ウ
    所             行 な ら       ぼ た     て     に       ム
    に             っ か         し ち                   に
                  た に         に と                    
 4 









        43             42              41             40        39             38  

そ 神 し   引 自 が     か か 彼 多 あ   お 連 か     起 引 そ   お 病 な  
の の か   き 分   夜   ら っ ら く の   い れ か 日   き く こ   願 ん っ イ
た 福 し   止 た 群 が   で た を の 霊   や て え が   上 よ で   い で た エ
め 音 イ   め ち 衆 明   あ   戒 人 も   し き て 暮   が う     し い   ス
に を エ   た か が け   る 彼 め 々 ¬   に た い れ   っ に イ   た た と は
つ 宣 ス     ら 捜 る     ら て が あ   な の る る   て 命 エ     の こ 会
か べ は     離 し と     が   出 な   っ で 人 と     じ ス     で ろ 堂
わ 伝       れ ま       イ 物 て た   た   々     彼 ら は       が を
さ え ¬     て わ イ     エ を い こ     そ が い   ら れ そ     人 シ 出
れ ね わ     行 っ エ     ス い っ そ     の   ろ   を る の     々 モ て
た ば た     か て ス     は う た 神     ひ 皆 い   も と ま     は ン シ
の な し     れ   は     キ こ   の     と そ ろ   て   く     彼 の モ
で ら は     な み 寂     リ と し 子     り れ な   な 熱 ら     女 し ン
あ な       い も し     ス を か で     び を 病   し は も     の ゅ の
る い ほ     よ と い     ト お し す     と イ 気   た 引 と     た う 家
   か     う に 所     だ 許        り エ で     き に     め と に
と 自 の     に 集 へ     と し イ と     に ス な       立     に め お
言 分 町     と ま 出     知 に エ 叫     手 の や     女 っ     イ が は
わ は 々       り て     っ な ス び     を と む     は て     エ 高 い
れ   に         行     て ら は な     置 こ 者     す       ス い り
た   も         か     い な   が     い ろ を     ぐ 熱     に 熱 に
              れ     た     ら     て に       に が       を  
              た                                        
 4 









      6              5      4              3           2        1           44  

魚 そ   み し 夜 シ   網 話   お こ こ そ   洗 な そ   お き         そ
の し   ま か 通 モ   を が   教 ぎ れ の   っ っ こ   ら た さ       し
群 て   し し し ン   お す   え 出 に 一   て た に   れ と て   ▲   て
が そ   ょ   働 は   ろ む   に さ 乗 そ   い   二   た き     第    
は の   う お き 答   し と   な せ り う   た 漁 そ   が   群       ユ
い と    言 ま え   て     っ   込 は     師 う     イ 衆   5   ダ
っ お     葉 し て   漁 シ   た そ み シ     た の     エ が       ヤ
て り     で た 言   を モ     し   モ     ち 小     ス 神   章   の
  に     す が っ   し ン     て シ ン     は 舟     は の   ▼   諸
網 し     か   た   て に     す モ の       が     ゲ 言       会
が た     ら 何     み ¬     わ ン 舟     舟 寄     ネ を       堂
破 と       も ¬   な 沖     っ に で     か せ     サ 聞       で
れ こ     網 取 先   さ へ     て 頼 あ     ら て     レ こ       教
そ ろ     を れ 生   い こ       ん っ     お あ     湖 う       を
う       お ま      ぎ     舟 で た     り る     畔 と       説
に お     ろ せ わ   と 出     の 岸 が     て の     に し       か
な び     し ん た   言 し     中 か       網 を     立 て       れ
っ た     て で し   わ       か ら イ     を ご     っ 押       た
た だ       し た   れ       ら 少 エ       ら     て し        
  し       た ち   た       群 し ス       ん       寄        
  い         は           衆   は       に       せ        
                        に                   て        
                                                     
 5 









              12      11            10        9         8              7  

い ¬ 顔 な     イ そ   今 シ ヨ シ   お 彼   く に こ   な 舟 来 そ
た 主 を っ イ   エ こ   か モ ハ モ   び も   だ ひ れ   っ い る こ
だ よ 地 て エ   ス で   ら ン ネ ン   た 一   さ れ を   た っ よ で
け   に い ス   に 彼   あ に も の   だ 緒   い 伏 見     ぱ う  
る み 伏 る が   従 ら   な 言   仲   し に     し て     い 合 も
の こ せ 人 あ   っ は   た わ 同 間   の い   わ て シ     に 図 う
で こ て が る   た 舟   は れ 様 で   に た   た 言 モ     入 を 一
す ろ 願 そ 町     を   人 た で あ   驚 者   し っ ン     れ し そ
か で っ こ に     陸   間   あ っ   い た   は た ・     た た う
 し て に お     に   を ¬ っ た   た ち   罪   ペ       の の
  た 言 い ら     引   と 恐 た ゼ   か も   深 ¬ テ     そ で 舟
  ら っ た れ     き   る れ   ベ   ら み   い 主 ロ     の   に
    た   た     上   漁 る す ダ   で な   者 よ は     た 彼 い
  き   イ 時     げ   師 こ る イ   あ     で         め ら た
  よ   エ           に と と の   る 取   す わ イ       が 仲
  め   ス 全     い   な は   子     れ    た エ     舟 き 間
  て   を 身     っ   る な イ ヤ     た     し ス     が て に
      見 ら     さ   の い エ コ     魚     か の     沈 魚  
      る い     い   だ   ス ブ     が     ら ひ     み を 加
      と 病     を      が と           離 ざ     そ 両 勢
        に     捨                     れ も     う 方 に
              て                     て と     に の  
              て                                  
 5 









        18               17   16          15              14          13  

運 い そ   い す ム ガ     し   な お し   人 モ 祭 言 イ   す ¬ イ
び る の   や わ か リ あ   か   お び か   々 | 司 い エ   る そ エ
入 人 時   さ っ ら ラ る   し   し た し   に セ に 聞 ス   と う ス
れ を     れ て き ヤ 日   イ   て だ     証 が 見 か は     し は
  床 あ   た い た や の   エ   も し イ   明 命 せ せ     ら て 手
イ に る     た パ ユ こ   ス   ら い エ   し じ     だ   い あ を
エ の 人       リ ダ と   は   っ 群 ス   な た そ ¬ れ   病 げ 伸
ス せ 々     主 サ ヤ         た 衆 の   さ と れ た に   が よ ば
の た が     の イ の イ   寂   り が 評   い お か だ も   た う し
前 ま       力 人 方 エ   し   す   判    り ら 行 話   だ   て
に ま ひ     が や 々 ス   い   る 教 は   と の あ っ さ   ち き 彼
置 連 と     働 律 の が   所   た を ま   お さ な て な   に よ に
こ れ り     い 法 村 教   に   め 聞 す   命 さ た 自 い   去 く さ
う て の     て 学 か え   退   に い ま   じ げ の 分 よ   っ な わ
と き 中       者 ら て   い     た す   に 物 き の う   て れ り
し て 風     イ た   お   て   集 り ひ   な を よ か に   し   
た   を     エ ち ま ら   祈   ま   ろ   っ し め ら と   ま と  
  家 わ     ス が た れ   っ   っ 病 ま   た て の だ 彼   っ 言  
  の ず     は   エ る   て   て 気 っ       た を に   た わ  
  中 ら     人 そ ル と   お   き を て       め         れ  
  に っ     々 こ サ     ら   た   行                 た  
    て     を に レ     れ       き                    
                    た                            
 5 









        25               24      23       22            21       20            19  

帰 寝 す   言 命 対 い し   歩 あ   ¬ イ   ゆ 何 ¬ す   ¬ イ   イ 病 方 と
っ て る   わ じ し る か   け な   あ エ   る 者 神 る   人 エ   エ 人 法 こ
て い と   れ る て こ し   と た   な ス   す だ を と   よ ス   ス を が ろ
行 た 病   た   言 と     言 の   た は   こ   汚 律     は   の 床 な が
っ 床 人     起 い が 人   う 罪   が 彼   と 神 す 法   あ 彼   前 ご か  
た を は     き     の   の は   た ら   が の こ 学   な ら   に と っ 群
  取 即     よ 中 あ 子   と ゆ   は の   で お と 者   た の   お 群 た 衆
  り 座       風 な は     る   心 論   き ひ を と   の 信   い 衆 の の
  あ に     床 の た 地   ど さ   の 議   る と 言 パ   罪 仰   た の で た
  げ み     を 者 が 上   ち れ   中 を   か り う リ   は を     ま   め
  て ん     取 に た で   ら た   で 見    の こ サ   許 見     ん 屋 に
    な     り む に 罪   が と   何 ぬ   と ほ の イ   さ て     中 根 ど
  神 の     上 か わ を   た 言   を い   言 か 人 人   れ       に に う
  を 前     げ っ か ゆ   や う   論 て   っ に は た   た       つ の し
  あ で     て て る る   す の   じ     て     ち          り ぼ て
  が 起     家   た す   い と   て     論 だ い は   と       お り も
  め き     に ¬ め 権   か     い     じ れ っ     言       ろ   運
  な あ     帰 あ に 威     起   る     は が た     わ       し 瓦 び
  が が     れ な  を     き   の     じ 罪 い     れ       て を 入
  ら り      た と 持     て   か     め を       た         は れ
  家       と に 彼 っ               た                   い る
  に           ら て                                   で  
              に                                        
 5 









     33       32      31            30          29       28        27          26  

は     罪 わ   い イ   飲 ¬ イ と   の 盛 そ   イ す   ¬ 名     べ あ み
  ま   び た   ら エ   食 ど エ こ   人 大 れ   エ る   わ の そ   き が ん
し た   と し   な ス   を う ス ろ   々 な か   ス と   た 取 の   こ め な
ば 彼   を が   い は   共 し の が   が 宴 ら   に     し 税 の   と   の
し ら   招 き     答   に て 弟       会     従 彼   に 人 ち   を お 者
ば は   い た   い え   す あ 子 パ   共 を レ   っ は   従 が     見 そ は
断 イ   て の   る て   る な た リ   に 催 ビ   て い   っ 収 イ   た れ 驚
食 エ   悔 は   の 言   の た ち サ   食 し は   き っ   て 税 エ    に 嘆
を ス   い     は っ   か が に イ   卓 た 自   た さ   き 所 ス   と 満 し
し に   改 義   病 た    た 対 人   に が 分     い   な に が   言 た て
  言   め 人   人       は し や   着   の     を   さ す 出   っ さ し
ま っ   さ を   で ¬       て そ   い 取 家     捨   い わ て   た れ ま
た た   せ 招   あ 健     取 つ の   て 税 で     て    っ 行     て っ
祈     る く   る 康     税 ぶ 律   い 人       て   と て か       た
を ¬   た た     な     人 や 法   た や イ     立   言 い れ     ¬  
し ヨ   め め     人     や い 学     そ エ     ち   わ る る     き そ
て ハ   で で     に     罪 て 者     の ス     あ   れ の と     ょ し
お ネ   あ は     は     人 言 た     ほ の     が   た を       う て
り の   る な     医     な っ ち     か た     り     見 レ     は 神
  弟    く     者     ど た が     大 め           て ビ     驚 を
  子           は     と         ぜ に             と     く  
  た                           い               い        
  ち                                           う        
 5 









        39    38            37                  36       35        34           

い ほ ま   新   皮 は し ま   合 な も 古 ¬ そ   断 し   で 一 す   あ パ
る し た   し   袋 皮 な た   わ る し い だ れ   食 か   き 緒 る   な リ
か が だ   い   も 袋 い だ   な し そ 着 れ か   を し   る に と   た サ
ら り れ   ぶ   む を   れ   い   ん 物 も ら   す     で い イ   の イ
で は も   ど   だ は も で   で 新 な に   イ   る 花   あ る エ   弟 人
あ し     う   に り し も   あ し こ つ 新 エ   で 婿   ろ の ス   子 の
る な 古   酒   な 裂 そ     ろ い と ぎ し ス   あ が   う に は   た 弟
 い い   は   る き ん 新   う の を を い は   ろ 奪   か   言   ち 子
    酒   新   で   な し     か し 当 着 ま   う い     婚 わ   は た
  △ を   し   あ そ こ い     ら た て 物 た    去     礼 れ   食 ち
  古 飲   い   ろ し と ぶ     取 ら る か 一     ら     の た   べ も
  い ん   皮   う て を ど     っ   も ら つ     れ     客     た そ
  の で   袋     ぶ し う     た 新 の 布 の     る     に ¬   り う
  が か   に     ど た 酒     布 し は ぎ 譬     日     断 あ   飲 し
  良 ら   入     う ら を     ぎ い い れ を     が     食 な   ん て
  い     れ     酒   古     れ 着 な を 語     来     を た   だ い
  ▽ 新   る     は 新 い     も 物 い 切 ら     る     さ が   り る
  と し   べ     流 し 皮     古 を   り れ           せ た   し の
  考 い   き     れ い 袋     い 裂   取 た     そ     る は   て に
  え の   で     出 ぶ に     の く   っ       の     こ     い  
  て を   あ     る ど 入     に こ   て       日     と 花   ま  
        る     し う れ       と           に     が 婿   す  
                酒 は       に           は       が     
 5 









         7        6       5          4              3          2          1        

か 口 律   お     ¬ ま   ま だ す   読 飢 ¬ そ   な ¬ す   食 れ      
ど 実 法   ら ま   人 た   た れ な   ん え あ こ   ら あ る   べ た あ    
う を 学   れ た   の 彼   供 も わ   だ て な で   ぬ な と   て と る   ▲
か 見 者   た     子 ら   の 食 ち   こ い た イ   こ た     い き 安   第
を つ や   と ほ   は に   者 べ     と た が エ   と が あ   た   息    
う け パ   こ か   安 言   た て 神   が と た ス   を た る     弟 日   6
か よ リ   ろ の   息 わ   ち は の   な き は が   す は パ     子 に    
が う サ     安   日 れ   に な 家   い     答   る な リ     た イ   章
っ と イ   そ 息   の た   も ら に   の ダ ダ え   の ぜ サ     ち エ   ▼
て 思 人   こ 日   主     与 ぬ は   か ビ ビ て   か   イ     が ス    
い っ た   に に   で     え 供 い     デ デ 言    安 人     穂 が    
た て ち   右 会   あ     た え っ     の と わ     息 た     を 麦    
    は   手 堂   る     で の て     し そ れ     日 ち     つ 畑    
  安     の に        は パ       た の た     に が     み の    
  息 イ   な は         な ン 祭     こ 供       し 言       中    
  日 エ   え い         い を 司     と の       て っ     手 を    
  に ス   た っ         か 取 た     に の       は た     で と    
  い を   人 て          っ ち     つ 者               も お    
  や 訴   が 教           て の     い た               み っ    
  さ え   い え           食 ほ     て ち               な て    
  れ る   た て           べ か       が               が 行    
  る                                             ら か    
                                                       
 6 









     15       14         13      12       11          10            9           8  

呼 マ   ア す   な 十 夜   夜     や そ   す ¬ そ   ど 悪 ¬ そ   言 な イ
ば タ   ン な   っ 二 が   を こ   ろ こ   る 手 し   ち を あ こ   わ え エ
れ イ   デ わ   た 人 明   徹 の   う で   と を て   ら 行 な で   れ た ス
た と   レ ち     を け   し こ   と 彼     伸 彼   が う た イ   る 人 は
シ ト           選 る   て ろ     ら   そ ば ら   よ の が エ   と に 彼
モ マ   ヤ ペ     び と   神     互 は   の し は   い と た ス       ら
ン ス   コ テ     出     に イ   に 激   手 な 一   か   に は   起 ¬ の
      ブ ロ     し 弟   祈 エ   話 し   は さ 同    命 聞 彼   き 起 思
  ア   と と       子   ら ス   合 く   元 い を     を く ら   上 き っ
  ル   ヨ も     こ た   れ は   い 怒   ど  見     救 が に   が て て
  パ   ハ 呼     れ ち   た 祈   を っ   う と ま     う   む   っ   い
  ヨ   ネ ば     に を     る   は て   り 言 わ     の 安 か   て ま る
  の     れ     使 呼     た   じ     に わ し     と 息 っ   立 ん こ
  子   ピ た     徒 び     め   め イ   な れ て     殺 日 て   っ 中 と
  ヤ   リ シ     と 寄     に   た エ   っ た       す に 言   た に を
  コ   ポ モ     い せ     山     ス   た   そ     の 善 わ     立 知
  ブ   と ン     う       へ     を     そ の     と を れ     ち っ
  と   バ と     名 そ     行     ど     の 人       行 た     な て
      ル そ     を の     き     う     と に       う       さ  
  熱   ト の     お 中           か     お         の       い そ
  心   ロ 兄     与 か           し     り         と        の
  党   マ 弟     え ら           て     に                 と 手
  と   イ       に                                       の
 6 









           21               20         19          18            17      16  

                      た イ ま   さ し 教   大 エ 立 そ   こ ヤ
笑 あ 飽 あ   神 ¬   言 そ   か エ た   れ て を   群 ル た し   の コ
う な き な   の あ   わ の   ら ス 群   て   聞   衆 サ れ て   ユ ブ
よ た 足 た   国 な   れ と   で の 衆   い そ こ   が レ た     ダ の
う が り が   は た   た き   あ 内 は   る こ う     ム が イ   が 子
に た る た   あ が         る か イ   者 に と         エ   裏 ユ
な い よ い   な た     イ     ら エ   た き し     ツ 大 ス   切 ダ
る ま う ま   た 貧     エ     出 ス   ち て       ロ ぜ は   者  
か 泣 に 飢   が し     ス     て に   も い ま     と い 彼   と そ
ら い な え   た い     は       さ     た た     シ の ら   な れ
で て る て   の 人     目     み わ   い   病     ド 弟 と   っ か
あ い か い   も は     を     ん ろ   や そ 気     ン 子 一   た ら
る る ら る   の       あ     な う   さ し を     の た 緒   の イ
  人 で 人   で さ     げ     の と   れ て な     海 ち に   で ス
  た あ た   あ い           者 努   た 汚 お     岸 や 山   あ カ
  ち る ち   る わ     弟     を め     れ し     地   を   る リ
  は   は     い     子     次 た     た て     方 ユ 下     オ
            だ     た     々       霊 も     な ダ っ     テ
  さ   さ           ち     に そ     に ら     ど ヤ て     の
  い   い           を     い れ     悩 お     か 全 平     ユ
  わ   わ           見     や は     ま う     ら 土 地     ダ
  い   い           て     し 力       と     の   に      
  だ   だ                   が                        
 6 









  28       27         26            25          24            23         22  

の                                                  
ろ   敵 し   対 わ 人   悲 あ わ あ   慰 わ し   し 彼 あ そ   着 た 人
う   を か   し ざ が   し な ざ な   め ざ か   た ら な の   せ め 々
者   愛 し   て わ 皆   み た わ た   を わ し   の の た 日   る に が
を   し     同 い あ   泣 が い が   受 い あ   で 祖 が に   と あ あ
祝     聞   じ だ な   く た だ た   け だ な   あ 先 た は   き な な
福   憎 い   こ   た   よ 今   今   て   た   る も の 喜   は た た
し   む て   と 彼 が   う 笑 飢 満   し   が       受 び     が が
    も い   を ら た   に っ え 腹   ま   た     預 け お   あ た た
は   の る   し の を   な て る し   っ   富     言 る ど   な を を
ず   に あ   た 祖 ほ   る い よ て   て   ん     者 報 れ   た 排 憎
か   親 な   の 先 め   か る う い   い   で     た い     が 斥 む
み   切 た   で に る   ら 人 に る   る   い     ち は 見   た し と
め   に が   あ も と   で た な 人   か   る     に 大 よ   は   き
る   せ た   る   き   あ ち る た   ら   人     対 き     さ の  
者   よ に     に は   る は か ち   で   た     し い 天   い の ま
の     言     せ         ら は   あ   ち     て の に   わ し た
た     う     預 あ     わ で     る   は     同 だ お   い り 人
め           言 な     ざ あ               じ か い   だ   の
に           者 た     わ る               こ ら て     汚 子
祈           た が     い                 と         名 の
れ           ち た     だ                 を         を  
            に は                                    
 6 









              35         34         33         32       31      30       29  

知 高 そ や し   返 手 ま   そ ど 自   愛 ど 自   人 人   物 あ   あ あ
ら き う り か   し 柄 た   れ れ 分   し れ 分   々 々   を な   な な
な 者 す   し   て に 返   く ほ に   て ほ を   に に   奪 た   た た
ぬ の れ ま     も な し   ら ど よ   く ど 愛   も し   う に   の の
者 子 ば た あ   ら ろ て   い の く   れ の し   そ て   者 求   上 頬
に と 受 何 な   お う も   の 手 し   る 手 て   の ほ   か め   着 を
も な け も た   う か ら   事 柄 て   者 柄 く   と し   ら る   を 打
悪 る る 当 が   と   う   は に く   を に れ   う い   取 者   奪 つ
人 で 報 て た   し 罪 つ   し な れ   愛 な る   り と   り に   い 者
に あ い に は   て 人 も   て ろ る   し ろ 者   に     も は   取 に
も ろ は し       で り   い う 者   て う を   せ あ   ど 与   る は
  う 大 な 敵   仲 も で   る か に   い か 愛   よ な   そ え   者 ほ
な   き い を   間   貸       よ   る   し     た   う て   に か
さ い い で 愛   に 同 し     罪 く     罪 た     が   と や   は の
け と   貸 し   貸 じ た     人 し     人 か     た   す り   下 頬
深 高 あ し     す だ と     で た     で ら     の   る     着 を
い き な て 人   の け て     さ と     さ と     望   な あ   を も
か 者 た や に   で の       え て     え て     む     な   拒 向
ら は が れ よ   あ も ど                     こ     た   む け
で   た   く   る の れ             自       と     の   な た
あ 恩 は   し     を ほ             分       を     持     や
る を い   て       ど             を             ち     り
    と           の                                  
 6 









        42       41     40          39                38              37       36  

取 む 自   自 な   つ 弟   落 盲     自 く 量 人 与   ゆ あ そ こ 人   が あ
ら か 分   分 ぜ   め 子   ち 人 イ   分 れ を 々 え   る ろ う と を   た な
せ っ の   の     ば は   込 の エ   に る よ は よ   さ う す が さ   も た
て て 目   目 兄     そ   ま 手 ス   も で く お     れ   れ な ば   慈 が
く   に   に 弟   み の   な 引 は   量 あ し し そ   る ゆ ば い く   悲 た
だ 兄 あ   あ の   な 師   い き ま   り ろ て 入 う   で る   で な   深 の
さ 弟 る   る 目   そ 以   だ が た   か う   れ す   あ し 自 あ     い 父
い よ 梁   梁 に   の 上   ろ で 一   え   あ   れ   ろ て 分 ろ そ   者 な
    を   を あ   師 の   う き つ   さ あ な ゆ ば   う や も う う   と る
と あ 見   認 る   の も   か よ の   れ な た す       れ 罪   す   な 神
言 な な   め ち   よ の     う 譬   る た が り 自       に ま れ   れ が
え た い   な り   う で     か を   で が た 入 分     そ 定 た ば     慈
よ の で   い を   に は       語   あ た の れ に     う め 人       悲
う 目 い   の 見   な な     ふ ら   ろ の ふ   も     す ら を 自     深
か に て   か な   ろ い     た れ   う 量 と あ 与     れ れ 罪 分     い
  あ       が   う が     り た   か る こ ふ え     ば る に も     よ
偽 る ど     ら           と     ら そ ろ れ ら       こ 定 さ     う
善 ち う           修     も ¬    の に 出 れ     自 と め ば     に
者 り し           業     穴 盲     量 入 る る     分 が る か      
よ を て           を     に 人     り れ ま で     も な な れ     あ
    兄                   は     で て で あ       い   る     な
    弟                             に ろ       で         た
    に                               う                  
 6 









           48       47      46         45         44       43                

こ そ 家 そ   者 わ   な     こ 悪 善   摘 い 木   悪 悪   で 兄 そ ま
と の を れ   が た   ぜ わ   と い 人   む ち は   い い   き 弟 う ず
は 家 建 は     し   わ た   を 倉 は   こ じ そ   木 実   る の す 自
で に て     何 の   た し     か 良   と く れ   も の   だ 目 れ 分
き 押 る 地   に も   し を   口 ら い   も を ぞ   な な   ろ に ば の
な し 人 を   似 と   の 主   が 悪 心   な 取 れ   い る   う あ   目
い 寄 に 深   て に   言 よ   語 い の   い る       良     る は か
  せ 似 く   い き   う     る 物 倉     こ そ     い     ち っ ら
よ て て 掘   る て   こ 主   も を か     と の     木     り き 梁
く き い り   か     と よ   の 取 ら     は 実     は     を り を
建 て る       わ   を     で り 良     な で     な     取 見 取
て も   岩   あ た   行 と   あ 出 い     い わ     い     り よ り
て   洪 の   な し   わ 叫   る す 物     し か     し     の る の
あ そ 水 上   た の   な び       を       る           け よ け
る れ が に   が 言   い な     心 取     野       ま     る う る
か を 出 土   た 葉   の が     か り     ば い     た     こ に が
ら 振 て 台   に を   か ら     ら 出     ら ば     良     と な よ
で り 激 を   教 聞           あ し     か ら     い     が っ い
あ 動 流 す   え い           ふ       ら か     実       て  
る か が え   よ て           れ 悪     ぶ ら     の          
  す   て   う 行           出 人     ど       な          
            う           る は     う       る          
                                を                  
 6 









            6        5      4           3        2       1                  49  

言 こ た そ   会 わ   ¬ 彼   僕 長 こ   病 と   し イ       そ 押 土 し
わ ら と こ   堂 た   あ ら   を 老 の   気 こ   ま エ       の し の か
せ れ こ で   を し   の は   助 た 百   に ろ   っ ス   ▲   被 寄 上 し
た た ろ     建 た   人 イ   け ち 卒   な が   た は   第   害 せ に 聞
  と が イ   て ち   は エ   に を 長   っ     の こ       は て 家 い
¬ き   エ   て の   そ ス   き イ は   て あ   ち れ   7   大 き を て
主   そ ス   く 国   う の   て エ イ   死 る     ら       き た 建 も
よ 百 の は   れ 民   し と   く ス エ   に 百   カ の   章   い ら て 行
  卒 家 彼   た を   て こ   だ の ス   か 卒   ペ 言   ▼   の   た わ
ど 長 か ら   の 愛   い ろ   さ と の   か 長   ナ 葉       で た 人 な
う は ら と   で し   た に   る こ こ   っ の   ウ を       あ ち に い
ぞ 友 ほ 連   す     だ き   よ ろ と   て 頼   ム こ       る ま 似 人
  だ ど れ    わ   く て   う に を   い み   に と        ち て は
ご ち 遠 だ     た   ね     に つ 聞   た に   帰 ご         倒 い  
足 を く っ     し   う 熱   と か い     し   っ と         れ る 土
労 送 な て     た   ち 心     わ て     て   て く         て   台
く っ い お     ち   が に   お し       い   こ 人         し 激 な
だ て あ 出     の   ご 願   願   ユ     た   ら 々         ま 流 し
さ イ た か     た   ざ っ   い 自 ダ     僕   れ に         い が で
い エ り け     め   い て   し 分 ヤ     が   た 聞           そ  
ま ス ま に     に   ま 言   た の 人           か           の  
せ に で な         す っ       の           せ           家  
ん     っ           た                   て           に  
 7 









     12          11      10             9                8          7           

と 町   行 に     な 使   イ ¬ つ イ   し き 言 下 わ   そ な そ   資 よ
っ の   っ な そ   っ え   ス あ い エ   て き え に た   し い れ   格 う
て 門   た っ の   て に   ラ な て ス   く ま ば も し   て と で   は に
ひ に     た の   い き   エ た き は   れ す 行 兵 も     思 す      
と 近     が ち   た た   ル が た こ   る し き 卒 権   わ っ か   わ わ
り づ             者   の た 群 れ   の     が 威   た て ら   た た
む か     弟 間     た   中 に 衆 を   で ま ほ い の   し い     し し
す れ     子 も     ち   で 言 の 聞   す た か ま 下   の た 自   に の
こ る     た な     が   も っ 方 い      の し に   僕 の 分   は 屋
で と     ち く     家   見 て を て     僕 者 て 服   を で で   ご 根
あ       や       に   た お 振       に に   し   な す お   ざ の
っ ち     大 ナ     帰   こ く り 非     △ △ ひ て   お   迎   い 下
た ょ     ぜ イ     っ   と が 向 常     こ こ と い   し た え   ま に
者 う     い ン     て   が   い な     れ い り る   て だ に   せ あ
が ど     の と     み   な こ て 感     を ▽ の 者   く   あ   ん な
死       群 い     る   い れ 言 心     せ と 者 で   だ お が     た
ん あ     衆 う     と    ほ わ さ     よ 言 に す   さ 言 る     を
だ る     も 町           ど れ れ     ▽ え △ が   い 葉 ね     お
の や     一 に     僕     の た       と ば 行       を う     入
で も     緒 お     は     信         言   け わ     下 ち     れ
  め     に い     元     仰         え   ▽ た     さ さ     す
  に       で     気     は         ば   と し     い え     る
                に                     の              
 7 









        19         18      17          16       15         14      13           

べ な 主   者 報 8   そ イ   顧 た 人   イ す   ¬ い そ   ¬ 主   そ 葬
き の の   を 告 ヨ   の エ   み ち 々   エ る   若 る し   泣 は   の り
で で も   呼 し ハ   付 ス   て の は   ス と   者 者 て   か こ   母 出
し す と   ん た ネ   近 に   く 間 み   は     よ た 近   な の   に す
ょ か に   で   の   の つ   だ に な   彼 死     ち 寄   い 婦   つ と
う   送     す 弟   い い   さ 現 恐   を 人   さ が っ   で 人   き こ
か そ り     る 子   た て   っ れ れ   そ が   あ 立 て   い を   そ ろ
 れ       と た   る の   た た を   の 起     ち 棺   な 見   っ で
と と ¬     ヨ ち   所 こ     い   母 き   起 止 に   さ て   て あ
尋 も △     ハ は   に の   と   だ   に 上   き ま 手   い 深   い っ
ね   き     ネ     ひ 話   言 ま き   お が   な っ を    い   た た
さ ほ た     は こ   ろ は   っ た     渡 っ   さ た か   と 同      
せ か る     弟 れ   ま     て   ¬   し て   い の け   言 情     大
た に べ     子 ら   っ ユ     ¬ 大   に 物    で ら   わ を     ぜ
  だ き     の の   た ダ   神 神 預   な を   と   れ   れ 寄     い
  れ か     中 こ     ヤ   を は 言   っ 言   言   る   た せ     の
  か た     か と     全   ほ そ 者   た い   わ   と     ら     町
  を は     ら を     土   め の が     出   れ         れ     の
  待 ▽     ふ 全     お   た 民 わ     し   た   か           人
  つ あ     た 部     よ   た を た     た       つ           た
    な     り 彼     び   え   し             い           ち
    た     の に         た                 で           が
                                                     
 7 









        25            24    23               22         21               20  

ぜ ま で   あ 何 の     わ   福 耳 盲 見 答   よ 悩 そ   尋 ほ △ ¬ そ
い と は   る を こ ヨ   た   音 し 人 聞 え   う む の   ね か き わ こ
た っ     か 見 と ハ   し   を い は き て   に 人 と   て に た た で
く た 何     に を ネ   に   聞 は 見 し 言   し 々 き   い だ る し  
に 人 を     荒 群 の   つ   か 聞 え た わ   て を     ま れ べ た こ
暮 か 見     野 衆 使   ま   さ え   こ れ   お い イ   す か き ち の
ら   に     に に が   ず   れ   足 と た   ら や エ    を か は 人
し き 出     出 語 行   か   て 死 な を     れ し ス     待 た バ た
て ら て     て り っ   な   い 人 え   ¬   た   は     つ ▽ プ ち
い び き     き は て   い   る は は ヨ 行   が ま さ     べ は テ が
る や た     た じ し   者     生 歩 ハ っ     た ま     き あ ス イ
人 か の     の め ま   は     き き ネ て     多 ざ     で な マ エ
々 に か     か ら う         か   に       く ま     し た の ス
な 着         れ と   さ     え ら 報 あ     の の     ょ な ヨ の
ら か 柔     風 た     い     り い 告 な     盲 病     う の ハ も
  ざ ら     に   イ   わ       病 し た     人 苦     か で ネ と
宮 っ か     揺 ¬ エ   い     貧 人 な が     を と       す か に
殿 て い     ら あ ス   で     し は さ た     見 悪     と か ら き
に   着     ぐ な は   あ     い き い が     え 霊     ヨ   の て
い   物     葦 た ヨ   る     人 よ         る と     ハ そ 使 言
る   を     で が ハ        々 ま           に     ネ れ で っ
            た ネ         は り                 が と す た
            は                                 も が  
 7 









                 32       31        30          29          28        27       26  

泣 弔 あ △   そ   何 だ   神 バ し   認 ヨ ∩   神 ヨ あ   書 あ     あ で
い い な わ   れ   に か   の プ か   め ハ こ   の ハ な   い な △   な は
て の た た   は   似 ら   み テ し   た ネ れ   国 ネ た   て た 見   た  
く 歌 た し   子   て 今   こ ス       の を   で よ が   あ の よ   が 何
れ を ち た   供   い の   こ マ パ     バ 聞   最 り た   る 前     た を
な 歌 は ち   た   る 時   ろ を リ     プ い   も 大 に   の に わ   に 見
か っ 踊 が   ち   か 代   を 受 サ     テ た   小 き 言   は   た   言 に
っ た っ 笛   が     の   無 け イ     ス 民   さ い っ     道 し   う 出
た の て を   広     人   に な 人     マ 衆   い 人 て   こ を は   が て
▽ に く 吹   場     々   し い と     を は   者 物 お   の 整 使     き
と   れ い   に     を   た で 律     受 皆   も は く   人 え を   預 た
言   な た   す     何       法     け       い     の さ あ   言 の
う   か の   わ     に   ∪ 自 学     て ま   彼 な 女   こ せ な   者 か
の   っ に   っ     比     分 者     神 た   よ い の   と る た   以  
に   た     て     べ     た た     の 取   り   産   で で の   上 預
似               よ     ち ち     正 税   は し ん   あ あ 先   の 言
て         互     う     に と     し 人   大 か だ   る ろ に   者 者
い         に     か     対 は     い た   き し 者     う つ   で が
る         呼           す 彼     こ ち   い   の     ▽ か   あ  
          び     彼     る か     と も       中     と わ   る そ
          か     ら       ら     を         で       し     う
          け     は                                     だ
                                                       
 7 









     39          38           37          36       35         34            33  

言 イ   ぬ ま 泣   き 聞 パ す   食 申     証 し   ま 見 ま   と あ 食 な
っ エ   ぐ ず き   て い リ る   卓 し あ   明 か   た よ た   言 な べ ぜ
た ス   い 涙 な     て サ と   に 出 る   す し   取   人   い た る な
  を     で が       イ そ   着 た パ   る     税 あ の     が こ ら
¬ 招   そ イ ら     香 人 の   か の リ    知   人 れ 子     た と  
も い   し エ イ     油 の と   れ で サ     恵     は が     は も バ
し た   て ス エ     が 家 き   た   イ     の   罪 食 き         プ
こ パ     の ス     入 で       そ 人     正   び を て     あ ぶ テ
の リ   そ 足 の     れ 食 そ     の が     し   と む 食     れ ど ス
人 サ   の を う     て 卓 の     パ イ     い   の さ べ     は う マ
が イ   足 ぬ し     あ に 町     リ エ     こ   仲 ぼ た     悪 酒 の
預 人   に ら ろ     る 着 で     サ ス     と   間 る り     霊 を ヨ
言 が   接 し で     石 い 罪     イ に     は   だ 者 飲     に 飲 ハ
者 そ   吻   そ     膏 て の     人               ん     つ む ネ
で れ   し 自 の     の お 女     の 食     そ   と 大 だ     か こ が
あ を   て 分 足     つ ら で     家 卓     の   言 酒 り     れ と き
る 見     の も     ぼ れ あ     に を     す   う を し     て も て
な て   香 髪 と     を る っ     は 共     べ     飲 て     い し  
ら     油 の に     持 こ た     い に     て     む い     る な パ
  心   を 毛 寄     っ と も     っ し     の     者 る     の い ン
  の   塗 で り     て を の     て た     子       と     だ と を
  中   っ             が       い     が                  
  で   た                     と                        
 7 









        45               44         43          42          41         40          

に 彼 あ   足 く は ¬ そ   ¬ ほ シ   ど ふ と   五 ふ イ   彼 ¬ そ   わ 自
接 女 な   を れ い こ れ   あ う モ   ち た こ   十 た エ   は シ こ   か 分
吻 は た   ぬ な っ の か   な だ ン   ら り ろ   デ り ス   ¬ モ で   る に
を わ は   ら か て 女 ら   た と が   が 共 が   ナ い が   先 ン イ   は さ
し た わ   し っ き を 女   の 思 答   彼 ゆ     リ た 言   生   エ   ず わ
て し た     た た 見 の   判 い え   を る 返   を が わ     あ ス   だ っ
や が し   髪   時 な 方   断 ま て   多 し す   借   れ   お な は     て
ま 家 に   の と に い を   は す 言   く て こ   り ひ た   っ た 彼   そ い
な に 接   毛 こ   か 振   正  っ   愛 や と   て と     し に に   れ る
か は 吻   で ろ あ   り   し   た   す っ が   い り ¬   ゃ 言 む   は 女
っ い を   ふ が な わ 向   い イ     る た で   た は あ   っ う か   罪 が
た っ し   い   た た い    エ ¬   だ   き     五 る   て こ っ   の だ
  た て   て こ は し て     ス 多   ろ こ な     百 金   く と て   女 れ
  時 く   く の 足 が       が く   う の か     デ 貸   だ が 言   な だ
  か れ   れ 女 を あ シ     言 ゆ   か ふ っ     ナ し   さ あ わ   の か
  ら な   た は 洗 な モ     わ る    た た     リ に   い る れ   だ  
    か     涙 う た ン     れ し     り の       金     た   か ど
  わ っ     で 水 の に     た て     の で     も を   と       ら ん
  た た     わ を 家 言       も     う       う か   言        な
  し が     た   に わ       ら     ち 彼     ひ り   っ         女
  の       し     れ       っ     で は     と た   た         か
  足       の     た       た             り 人              
                                      は が              
 7 









         2           1              50          49       48        47       46  

も 婦 ま   十 伝         安 ¬ し   何 ¬ す   言 そ   少 か そ   彼 あ
ら 人 た   二 え そ       心 あ か   者 罪 る   わ し   し ら れ   女 な
っ た 悪   弟 な の   ▲   し な し   だ を と   れ て   だ   で   は た
た ち 霊   子 が の   第   て た     ろ ゆ 同   た 女   け そ あ   わ は
マ   を   も ら ち       行 の イ   う る 席     に   ゆ の な   た わ
グ す 追   お   イ   8   き 信 エ    す の         る 多 た   し た
ダ な い   供 町 エ       な 仰 ス     こ 者     ¬   さ く が   の し
ラ わ 出   を 々 ス   章   さ が は     と た     あ   れ の た   足 の
と ち さ   し 村 は   ▼   い あ 女     さ ち     な   た 罪 に   に 頭
呼   れ   た 々          な に     え が     た   者 は 言   香 に
ば 七 た     を 神         た む     す 心     の   は ゆ う   油 油
れ つ 病     巡 の         を か     る の     罪     る が   を を
る の 気     回 国         救 っ     こ 中     は   少 さ     塗 塗
マ 悪 を     し の         っ て     の で     ゆ   し れ こ   っ っ
リ 霊 い     続 福         た 言     人 言     る   だ て の   て て
ヤ を や     け 音         の わ     は い     さ   け い 女   く く
  追 さ     ら を         で れ       は     れ   し る は   れ れ
  い れ     れ 説         す た     い じ     た   か の 多   た な
  出 た     た き                 っ め        愛 で く     か
  し 数     が ま                 た た     と   さ あ 愛     っ
  て 名       た                 い           な る し     た
    の                                     い   た     が
                                                    
 8 









       9            8       7        6           5         4           3  

と     ¬ こ は と   一 ほ   な ほ   そ う ¬   寄 の     持 そ ヘ
イ 弟   聞 う え こ   緒 か   い か   し ち 種   せ 人 さ   ち の ロ
エ 子   く 語 育 ろ   に の   の の   て に ま   て た て   物 ほ デ
ス た   耳 ら っ が   茂 種   で 種   空   き   き ち     を か の
に ち   の れ て     っ は   枯 は   の あ が   た が 大   も 多 家
質 は   あ た 百 ほ   て     れ 岩   鳥 る 種   の イ ぜ   っ く 令
問     る の 倍 か   き い   て の   に 種 を   で エ い   て の ク
し こ   者 ち も の   て ば   し 上   食 は ま     ス の   一 婦 |
た の   は   の 種     ら   ま に   べ 道 き   一 の 群   行 人 ザ
  譬   聞 声 実 は   そ の   っ 落   ら ば に   つ と 衆   に た の
  は   く を を 良   れ 間   た ち   れ た 出   の こ が   奉 ち 妻
  ど   が あ 結 い   を に         た に て   譬 ろ 集   仕 も ヨ
  う   よ げ ん 地   ふ 落     は   し 落 行   で に ま   し 一 ハ
  い   い て だ に   さ ち     え   ま ち っ   話   り   た 緒 ン
  う       落   い た     は   っ   た   さ ぞ       に ナ
  意   と     ち   で の     し   た 踏     れ く そ     い  
  味   言     た   し で     た     み ま   た ぞ の     て ス
  で   わ     の   ま       が     つ い     く 上       ザ
  し   れ     で   っ い     水     け て     と       自 ン
  ょ   た         た ば     気     ら い     押 町     分 ナ
  う               ら     が     れ る     し 々     た  
  か               も                     か     ち  
                                        ら     の  
 8 









           16          15        14             13          12   11            10  

見 燭 お     結 正 良   実 う い   人 い 受 岩   心 救 道   こ   譬 に 奥 そ
え 台 お だ   ぶ し い   の ち ば   た て け の   か わ ば   の   で は 義 こ
る の い れ   に い 地   熟 に ら   ち も 入 上   ら れ た   譬   話   を で
よ 上 か も   至 良 に   す   の   の   れ に   御 る に   は   す 見 知 言
う に ぶ あ   る い 落   る 生 中   こ 試 る 落   言 こ 落   こ   の て る わ
に 置 せ か   人 心 ち   ま 活 に   と 練 が ち   が と ち   う   で も こ れ
す い た り   た で た   で の 落   で の   た   奪 も た   い   あ 見 と た
る て り を   ち し の   に 心 ち   あ 時 根 の   い な の   う   る え が  
の     と   の っ は   な づ た   る が が は   取 い は   意     ず 許 ¬
で は 寝 も   こ か     ら か の     来 無     ら よ     味       さ あ
あ い 台 し   と り 御   な い は     る い 御   れ う 聞   で     聞 れ な
る っ の て   で と 言   い や       と の 言   る に い   あ     い て た
  て 下     あ 守 を   人 富 聞       で を   人   た   る     て い が
  来 に そ   る り 聞   た や い     信   聞   た 悪 の         も る た
  る 置 れ       い   ち 快 て     仰 し い   ち 魔 ち   種     悟 が に
  人 い を     耐 た   の 楽 か     を ば た   の に     は     ら   は
  た た 何     え の   こ に ら     捨 ら 時   こ よ 信   神     れ ほ  
  ち り か     忍 ち   と ふ 日     て く に   と っ じ   の     な か 神
  に は の     ん     で さ を     る は は   で て る   言     い の の
  光 し 器     で こ   あ が 過       信 喜   あ そ こ   で     た 人 国
  が な で     実 れ   る れ ご       じ ん   る の と   あ     め た の
    い       を を     て す       て で       も   る     に ち  
                                                       
 8 









        23          22        21          20          19           18          17  

水 す 渡   一 ¬     わ ¬ す   と お そ   で と 9   取 持 ¬ だ   明 秘 隠
を る っ   同 湖 あ   た 神 る   取 目 れ   き こ さ   り っ 持 か   る 密 さ
か と て   が の る   し の と   り に で   な ろ て   上 て っ ら   み に れ
ぶ 突 い   船 向 日   の 御 イ   次 か     か に     げ い て     に さ て
っ 風 く   出 こ の   兄 言 エ   い か だ   っ き イ   ら る い ど   出 れ い
て が 間   し う こ   弟 を ス   だ ろ れ   た た エ   れ と る う   さ て る
危 湖 に   た 岸 と   な 聞 は     う か     が ス   る 思 人 聞   れ い も
険 に       へ     の い 人     と が       の   で っ は く   な る の
に 吹 イ     渡 イ   で て 々     思 ¬     群 母   あ て 更 か   い も で
な き エ     ろ エ   あ 行 に     っ あ     衆 と   ろ い に に   も の  
っ お ス     う ス   る う む     て な     の 兄   う る 与 注   の で あ
た ろ は      が    者 か       た     た 弟    も え 意   は   ら
  し 眠     と 弟     こ っ     外 の     め た     の ら す   な つ わ
  て っ     言 子     そ て     に 母     そ ち     ま れ る   い い に
  き て     わ た       言     立 上     ば と     で   が     に な
  た し     れ ち     わ わ     っ と     近 が     も 持 よ     は ら
  の ま     た と     た れ     て 兄     く イ       っ い     知 な
  で わ     の 舟     し た     お 弟     に エ       て       ら い
    れ     で に     の       ら が     行 ス       い       れ も
  彼 た       乗     母       れ た     く の       な         の
  ら         り             ま が     こ         い         は
  は         込             す       と         人         な
            み                    が         は         く
 8 









              29             28        27       26           25             24  

悪 つ 何 と そ   お あ て こ   ば 長 陸   地     お 合 ど イ   お 言 ¬ そ
霊 な 度 お れ   願 な 大 の   か い に   に そ   命 っ こ エ   し っ 先 こ
に が も 命 は   い た 声 人   り あ あ   渡 れ   じ た に ス   か た 生 で
よ れ 彼 じ     で は で が   い い が   っ か   に   あ は   り      
っ て を に イ   す わ 言 イ   た だ ら   た ら   な ¬ る 彼   に イ 先 み
て 看 引 な エ     た っ エ   人 着 れ         る い の ら   な エ 生 そ
荒 視 き っ ス   わ し た ス   に 物 る     彼   と っ か に   る ス   ば
野 さ 捕 た が   た と   を     も と     ら     た  言   と は わ に
へ れ ら か 汚   し な ¬ 見   出 着       は   風 い   わ     起 た 寄
追 て え ら れ   を ん い て   会 ず そ     ガ   も   彼 れ   止 き し っ
い い た で た   苦 の と 叫   わ   の     リ   水 こ ら た   ん 上 た て
や た の あ 霊   し 係 高 び   れ 家 町     ラ   も の は     で が ち き
ら が で る に   め わ き 出   た に の     ヤ   従 か 恐 ¬   な っ は て
れ           な り 神 し     居 人     の   う た れ あ   ぎ て 死 イ
て そ 彼 と そ   い が の       つ で     対   と は 驚 な   に   に エ
い れ は い の   で あ 子 み     か       岸   は た い た   な 風 そ ス
た を 鎖 う 人   く る イ ま     な 悪          れ て が   っ と う を
の 断 と の か   だ の エ え     い 霊     ゲ     だ 互 た   た 荒 で 起
で ち 足 は ら   さ で ス に     で に     ラ     ろ い の     波 す し
あ 切 か   出   い す よ ひ     墓 つ     サ     う に 信     と   
る っ せ 悪 て        れ     場 か     人       話 仰     を と  
  て と 霊 行         伏     に れ     の       し は          
  は で が け         し       て                          
 8 









     36             35     34          33             32        31             30  

救 そ   す 人 イ 人   町 飼   打 込 そ   イ 許 飼 と   願 自 悪   か 彼 な イ
わ れ   わ が エ 々   や う   っ ん こ   エ し っ こ   い 分 霊   ら の る エ
れ を   っ 着 ス は   村 者   て だ で   ス て て ろ   つ た ど   で 中 と ス
た 見   て 物 の こ   里 た   駆   悪   は い あ が   づ ち も   あ に   は
次 た   い を と の   に ち   け す 霊   そ た っ     け に は   る た ¬ 彼
第 人   る 着 こ 出   ふ は   下 る ど   れ だ た そ   た お       く レ に
を た   の て ろ 来   れ     り と も   を き の こ     命 底     さ ギ ¬
  ち   を   に 事   ま こ     そ は   お た で の     じ 知     ん オ な
彼 は   見 正 き を   わ の   お の     許 い   山     に れ     の ン ん
ら     て 気 て 見   っ 出   ぼ 群 そ   し と そ べ     な ぬ     悪 と と
に こ     に   に   た 来   れ れ の   に   の に     ら 所     霊 言 い
語 の   恐 な 悪 出     事   死 は 人   な 悪 豚 お     ぬ に     が い う
り 悪   れ っ 霊 て     を   ん   か   っ 霊 の び     よ 落     は ま 名
聞 霊   た て を き     見   で が ら   た ど 中 た     う ち     い す 前
か に     イ 追 た     て   し け 出     も へ だ     に て     り  か
せ つ     エ い       逃   ま か て     が は し     と 行     込 と 
た か     ス 出 そ     げ   っ ら 豚     願 い い       く     ん 答 と
  れ     の し し     出   た 湖 の     い る 豚     イ こ     で え お
  て     足 て て     し     へ 中     出 こ の     エ と     い た 尋
  い     も も       て     な へ     た と 群     ス を     た   ね
  た     と ら             だ は       を れ     に           に
  者     に っ             れ い         が                  
  が       た             を り                            
 8 









        42            41      40             39         38               37  

行 死 彼   し ひ こ す   み     こ 彼 し ¬   お し 悪   帰 い イ 自 そ
か に に   き れ の る   ん イ   と は て 家   返 き 霊   り た エ 分 れ
れ か 十   り 伏 人 と   な エ   を 立 く へ   し り を   か か ス た か
る け 二   に し は そ   が ス     ち だ 帰   に に 追   け ら に ち ら
途 て 歳   願 て 会 こ   イ が   こ 去 さ っ   な 願 い   ら で 頼 の  
中 い ば   っ   堂 に   エ 帰   と っ っ て   っ っ 出   れ あ ん 所 ゲ
  た か   た 自 司     ス っ   ご て た     た た し   た る だ か ラ
群   り     分 で ヤ   を て   と   か 神     が て         ら サ
衆 と に     の あ イ   待 こ   く 自   が       も     そ 彼 立 の
が こ な     家 っ ロ   ち ら   町 分 語 あ     イ ら     こ ら ち 地
押 ろ る     に た と   う れ   中 に り な     エ っ     で が 去 方
し が ひ     お   い   け る   に イ 聞 た     ス た       非 っ の
迫   と     い イ う   て と   言 エ か に     は 人     イ 常 て 民
っ イ り     で エ 名   い     い ス せ ど     こ は     エ な く 衆
て エ 娘     く ス の   た 群   ひ が な ん     う       ス 恐 だ は
き ス が     だ の 人   の 衆   ろ し さ な     言 お     は 怖 さ こ
た が あ     さ 足 が   で は   め て い に     っ 供     舟 に る ぞ
  出 っ     る も き   あ 喜   た 下  大     て を     に 襲 よ っ
  て た     よ と た   る び     さ   き     彼 し     乗 わ う て
    が     う に       迎     っ そ な     を た     っ れ に  
          に         え     た こ こ       い     て て と  
          と         た       で と       と            
                              を                    
 8 









        48            47         46             45      44            43  

安 ¬ そ   話 さ み 女   感 さ し   ひ ペ だ イ   と こ   女 し 医  
心 娘 こ   し わ ま は   じ わ か   し テ れ エ   こ の   が ま 者 こ
し よ で   た る え 隠   た っ し   め ロ か ス   ろ 女   い っ の こ
て   イ     と に し   の た イ   き が  は     が   た た た に
行 あ エ     た ひ き   だ   エ   合 ¬   言   そ う     が め  
き な ス     ち れ れ    力 ス   っ 先 人 わ   の し       に 十
な た が     ま 伏 な     が は   て 生 々 れ   長 ろ     だ 自 二
さ の 女     ち し い     わ 言   い   は た   血 か     れ 分 年
い 信 に     な   の     た わ   る 群 み     が ら     に の 間
 仰 言     お イ を     し れ   の 衆 な ¬   た 近     も 身 も
  が わ     っ エ 知     か た   で が 自 わ   ち 寄     な 代 長
  あ れ     た ス っ     ら     す あ 分 た   ま っ     お を 血
  な た     こ に て     出 ¬    な で し   ち て     し み を
  た       と さ       て だ   と た は に   止 み     て な わ
  を       と わ 震     行 れ   答 を な さ   ま 衣     も 使 ず
  救       を っ え     っ か   え 取 い わ   っ の     ら い ら
  っ         た な     た が   た り と っ   て ふ     え 果 っ
  た       み 訳 が     の わ     囲 言 た   し さ     な た て
  の       ん と ら     を た     ん っ の   ま に     か し い
  で       な   進       し     で た は   っ さ     っ て て
  す       の   み       に       の     た わ     た    
          前   出               で       っ          
          で   て                       た          
 8 









     56         55       54      53          52          51        50          49  

だ 両   さ 上 す   よ イ   あ 人   な イ 人   は ヤ そ   娘 言 し   こ 家  
れ 親   し が る     エ   ざ 々   い エ 々   い コ れ   は わ か   の か イ
に は   ず っ と   起 ス   笑 は     ス は   っ ブ か   助 れ し   上 ら エ
も 驚   を た そ   き は   っ 娘   眠 は み   て お ら   か た イ     人 ス
話 い   さ   の   な 娘   た が   っ 言 な   来 よ 家   る   エ   先 が が
さ て   れ イ 霊   さ の     死   て わ     る び に   の ¬ ス   生 き ま
な し   た エ が   い 手     ん   い れ 娘   こ そ は   だ 恐 は   を て だ
い ま     ス も    を     だ   る た の   と の い    れ こ   煩   話
よ っ     は ど     取     こ   だ   た   を 子 ら     る れ   わ ¬ し
う た     何 っ     っ     と   け ¬ め   お の れ     こ を   す お て
に       か て     て     を   で 泣 に   許 父 る     と 聞   の 嬢 お
と イ     食 き           知   あ く 泣   し 母 と     は い   に さ ら
  エ     べ て     呼     っ   る な き   に の き     な て   は ん れ
彼 ス     る       び     て      悲   な ほ       い 会   及 は る
ら は     物 娘     か     い     娘 し   ら か ペ       堂   び な う
に こ     を は     け     た     は ん   な は テ     た 司   ま く ち
命 の     与 即     て     の     死 で   か   ロ     だ に   せ な に
じ 出     え 座     言     で     ん い   っ だ       信 む   ん ら  
ら 来     る に     わ           だ た   た れ ヨ     じ か    れ 会
れ 事     よ 立     れ     イ     の       も ハ     な っ   と ま 堂
た を     う ち     た     エ     で       一 ネ     さ て   言 し 司
        に             ス     は       緒       い     っ た の
                      を             に             た    
 8 









         7       6          5        4        3      2           1        

ヨ あ さ   い 弟   し そ だ   お ま   パ 言   つ ま   お す そ    
ハ わ て   た 子   る の れ   れ た   ン わ   か た   授 べ れ    
ネ て     る た   し 町 で         も れ   わ 神   け て か   ▲
が 惑 領   所 ち   に を も   そ ど   銭 た   し の   に の ら   第
死 っ 主   で は     出 あ   し こ   も     て 国   な 悪 イ    
人 て ヘ   福 出   足 て な   て か   持 ¬     を   っ 霊 エ   9
の い ロ   音 て   か 行 た   そ の   た 旅     宣   た を ス    
中 た デ   を 行   ら く が   こ 家   ず の     べ     制 は   章
か   は   宣 っ   ち と た   か に     た     伝     し 十   ▼
ら そ い   べ て   り き を   ら は   ま め     え       二    
よ れ ろ   伝     を   迎   出 い   た に           病 弟    
み は い   え 村   払 彼 え   か っ   下 何     か     気 子    
が   ろ     々   い ら る   け た   着 も     つ     を を    
え あ な   ま を   落 に も   る ら   も 携     病     い 呼    
っ る 出   た 巡   と 対 の   こ     二 え     気     や び    
た 人 来   病 り   し す が   と そ   枚 る     を     す 集    
と た 事   気 歩   な る い   に こ   は な     な     力 め    
言 ち を   を き   さ 抗 な   し に   持       お     と て    
い は 耳   い     い 議 か   な 留   つ つ     す     権      
    に   や      の っ   さ ま   な え     た     威 彼    
    し   し         た   い っ     も     め     と ら    
    て   た         ら     て     袋     に     を に    
                              も                  
 9 









              13               12         11          10            9           8  

買 あ ¬ 食 し   こ い の の そ   ま こ と   連 す 0   そ こ に そ   の ほ ま
い り わ 物 か   ん れ 村 も れ   た れ こ   れ べ 使   し の 首 こ   だ か た
に ま た を し   な る 々 と か   治 を ろ   て て 徒   て 人 を で   と の あ
行 せ し や イ   寂 よ や に ら   療 迎 が     イ た   イ は 切 ヘ   行 人 る
く ん た り エ   し う 部 き 日   を え 群   ベ エ ち   エ   っ ロ   っ た 人
か   ち な ス   い に 落 て が   要 て 衆   ッ ス は   ス い た デ   て ち た
し こ に さ は   所 さ へ 言 傾   す 神 が   サ に 帰   に っ の が   言 は ち
な の は い 言   に せ 行 っ き   る の そ   イ 話 っ   会 た だ 言   っ   は
け 大 パ  わ   き て っ た か   人 国 れ   ダ し て   っ い が っ   た 昔  
れ ぜ ン   れ   て く て   け   た の と   と た き   て     た   か の エ
ば い 五 彼 た   い だ 宿 ¬ た   ち こ 知   い   て   み だ こ     ら 預 リ
 の つ ら     る さ を 群 の   を と っ   う そ     よ れ う ¬   で 言 ヤ
  人 と は ¬   の い 取 衆 で   い を て   町 れ 自   う な し ヨ   あ 者 が
  の 魚 言 あ   で   り を     や 語     へ か 分   と の て ハ   る の 現
  た 二 っ な   す わ   解 十   さ り つ   ひ ら た   思 だ う ネ     ひ れ
  め ひ た た   か た 食 散 二   れ 聞 い   そ イ ち   っ ろ わ は     と た
  に き   が   ら し 物 し 弟   た か て   か エ の   て う さ わ     り と
  食 し   た    た を て 子     せ き   に ス し   い  さ た     が 言
  物 か   の     ち 手   が       た   退 は た   た   れ し     復 い
  を     手     は に ま イ       の   か 彼 こ       て が     活  
        で         わ エ       で   れ ら と       い す     し ま
                  り ス           た を を       る で     た た
                                                       
 9 









        20             19        18       17          16   15            14  

¬ わ 彼   言 言 言 彼   ¬ が     く み   わ 天 イ   彼   す ¬ し と
神 た ら   っ い っ ら   群 近 イ   ず ん   た を エ   ら   わ 人 か い
の し に   て   て は   衆 く エ   を な   し 仰 ス   は   ら 々 し う
キ を 言   い ま い 答   は に ス   集 の   て い は   そ   せ を イ の
リ だ わ   る た ま え   わ い が   め 者   群 で 五   の   な お エ は
ス れ れ   者 昔 す て   た た ひ   た は   衆 そ つ   と   さ お ス  
ト だ た   も の   言   し の と   ら 食   に れ の   お   い よ は 男
 と     あ 預 し っ   を で り     べ   配 を パ   り    そ 弟 が
  言 ¬   り 言 か た   だ   で   十 て   ら 祝 ン   に     五 子 五
  う そ   ま 者 し     れ 彼 祈   二 満   せ 福 と   し     千 た 千
  か れ   す の ほ ¬   と ら っ   か 腹   た し 二   て     人 ち 人
   で    ひ か バ   言 に て   ご し     て ひ         ず に ば
    は     と の プ   っ 尋 お   あ た     さ き   み     つ い か
  ペ       り 人 テ   て ね ら   っ       き の   ん     の わ り
  テ あ     が た ス   い て れ   た そ       魚   な     組 れ も
  ロ な     復 ち マ   る 言 た     し     弟 と   を     に た い
  が た     活 は の   か わ と     て     子 を   す     し   た
  答 が     し エ ヨ    れ き           た 手   わ     て   か
  え た     た リ ハ     た       そ     ち に   ら         ら
  て は     の ヤ ネ       弟     の     に 取   せ         で
  言       だ だ だ       子     余       り   た         あ
  っ       と と と       た     り                     る
  た                   ち                            
 9 









        27            26      25          24             23        22       21  

い 死 よ   そ 栄 人 わ   損 人   そ わ 自   き 日 わ そ   そ 祭 ¬   命 イ
る を く   の 光 の た   し が   れ た 分   な 々 た れ   し 司 人   じ エ
 味 聞   者 の 子 し   た 全   を し の   さ 自 し か   て 長 の     ス
  わ い   を う も と   ら 世   救 の 命   い 分 に ら   三   子   そ は
  わ て   恥 ち ま わ   な 界   う た を     の つ     日 律 は   し 彼
  な お   じ に た た   ん を   で め 救     十 い み   目 法 必   て ら
  い く   る 現   し   の も   あ に お     字 て ん   に 学 ず   言 を
  者 が   で れ 自 の   得 う   ろ 自 う     架 き な   よ 者 多   わ 戒
  が よ   あ て 分 言   に け   う 分 と     を た の   み た く   れ め
    い   ろ く の 葉   な て     の 思     負 い 者   が ち の   た  
  こ     う る 栄 と   ろ も     命 う     う と に   え に 苦     こ
  こ 神     と 光 を   う       を 者     て 思 言   る 捨 し     の
  に の     き と 恥   か 自     失 は       う わ    て み     事
  立 国         じ     分     う そ     わ な れ     ら を     を
  っ を       父 る     自     者 れ     た ら た     れ 受     だ
  て 見       と 者     身     は を     し           け     れ
  い る       聖 に     を       失     に 自 ¬     ま       に
  る ま       な 対     失       い     従 分 だ     た 長     も
  者 で       る し     い             っ を れ     殺 老     言
  の は       御 て     ま             て 捨 で     さ       う
  中         使 は     た               て も     れ       な
  に         と                                       と
            の                                        
 9 









        34                    33          32       31       30      29         28  

と 彼 彼   一 一 わ い イ ペ こ   い 目 ペ   よ 栄   い す   ま 祈   祈 イ  
き ら が   つ つ た る エ テ の   る を テ   う 光   た る   ば っ   る エ こ
  を こ   は は し の ス ロ ふ   ふ さ ロ   と の     と   ゆ て   た ス れ
彼 お う   エ あ た は に は た   た ま と   す 中   そ     い お   め は ら
は お 言   リ な ち   言 自 り   り す そ   る に   れ 見   ほ ら   に ペ の
恐 い っ   ヤ た は す っ 分 が   の と の   最 現   は よ   ど れ   山 テ こ
れ は て   の の 小 ば た が イ   人   仲   後 れ   モ     に る   に ロ と
た じ い   た た 屋 ら   何 エ   と イ 間   の て   | ふ   白 間   登   を
  め る   め め を し ¬ を ス   を エ の   こ     セ た   く に   ら ヨ 話
  た 間   に に 三 い 先 言 を   見 ス 者   と イ   と り   輝     れ ハ さ
    に      つ こ 生 っ 離   た の た   に エ   エ の   い み   た ネ れ
  そ       一 建 と   て れ     栄 ち   つ ス   リ 人   た 顔       た
  し 雲     つ て で わ い 去     光 と   い が   ヤ が     の     ヤ 後
  て が     は ま す た る ろ     の は   て エ   で イ     様     コ  
  そ わ     モ し   し の う     姿 熟   話 ル   あ エ     が     ブ 八
  の き     | ょ そ た か と     と 睡   し サ   っ ス     変     を 日
  雲 起     セ う れ ち わ し       し   て レ   た と     わ     連 ほ
  に こ     の   で が か た     共 て   い ム   が 語     り     れ ど
  囲 っ     た     こ ら と     に い   た で     り           て た
  ま て     め     こ な き     立 た   の 遂     合     み       っ
  れ       に     に い       っ が   で げ     っ     衣       て
  た               で       て     あ       て     が       か
                                る                     ら
 9 









              41      40         39             38       37           36       35  

こ ま わ 不 イ   く そ   彼 そ 霊   む 見 言 す   イ     話 自 な そ   わ す
こ た た 信 エ   だ れ   を れ が   す て っ る   エ 翌   さ 分 っ し   た る
に あ し 仰 ス   さ で   弱 か 取   こ や た と   ス 日   な た て て   し と
連 な は な は   る     り ら り   で っ   突   を     か ち お 声   の 雲
れ た あ   答   よ お   果   つ   す て ¬ 然   出 一   っ が ら が   選 の
て が な 曲 え   う 弟   て 霊 き   が く 先     迎 同   た 見 れ 止   ん 中
き た た っ て   に 子   さ は ま     だ 生 あ   え が     た た ん   だ か
な に が た 言   願 た   せ 彼 す     さ   る   た 山     こ   だ   者 ら
さ 我 た 時 わ   い ち   て を と     い お 人     を     と 弟 と   で 声
い 慢 と 代 れ   ま に     ひ         願 が     降     に 子 き   あ が
 で 一 で た   し     な き 彼     こ い 群     り     つ た     る あ
  き 緒 あ     た こ   か つ は     の で 衆     て     い ち イ     っ
  よ に ろ ¬   が の   な け 急     子 す の     来     て は エ   こ た
  う お う あ     霊   か さ に     は   中     る     は 沈 ス   れ  
  か ら   あ   で を   出 せ 呼     わ わ か     と       黙 が   に ¬
    れ い     き 追   て て び     た た ら           そ を ひ   聞 こ
  あ よ つ な   ま い   行   出     し し 大     大     の 守 と   け れ
  な う ま ん   せ 出   か あ す     の の 声     ぜ     こ っ り    は
  た か で と   ん し   な わ の     ひ む を     い     ろ て だ     わ
  の     い   で て   い を で     と す あ     の     だ   け     た
  子     う   し     の 吹 す     り こ げ     群     れ   に     し
  を         た     で か         を て     衆     に         の
                 す せ                 が     も         子
 9 









        48          47      46            45       44        43             42  

そ 入 ¬   彼 幼 イ   偉 弟   つ で そ し   人 ¬   不 み 人   い イ 悪 と
し れ だ   ら な エ   い 子   い き れ か   の あ   思 ん 々   や エ 霊 こ
て る れ   に 子 ス   だ た   て な が し   子 な   議 な は   し ス が ろ
わ 者 で   言 を は   ろ ち   尋 か 彼     は た   に の み   て は 彼 が
た は も   わ 取 彼   う の   ね っ ら 彼   人 が   思 者 な     こ を  
し   こ   れ り ら   か 間   る た に ら   々 た   っ が     父 の 引 そ
を わ の   た あ の   と に   の の 隠 は   の は   て イ 神   親 汚 き の
受 た 幼     げ 心   い     を で さ な   手 こ   い エ の   に れ 倒 子
け し な     て の   う 彼   恐 あ れ ん   に の   る ス 偉   お た し が
入 を 子     自 思   こ ら   れ る て の   渡 言   と の 大   渡 霊 て イ
れ 受 を     分 い   と の   て   い こ   さ 葉     し な   し を   エ
る け わ     の を   で う   い ま て と   れ を   弟 て 力   に し 引 ス
者 い た     そ 見     ち   た た   か   よ 耳   子 お に   な か き の
は れ し     ば 抜   議 で     彼 悟 わ   う に   た ら 非   っ り つ と
  る の     に き   論 だ     ら る か   と お   ち れ 常   た つ け こ
わ の 名     立     が れ     は こ ら   し さ   に た に     け さ ろ
た で の     た ひ   は が     そ と な   て め   言 数 驚       せ に
し あ ゆ     せ と   じ い     の が か   い て   わ 々 い     そ た 来
を る え       り   ま ち     こ   っ   る 置   れ の た     の   る
    に       の   っ ば     と   た    き   た 事       子   時
    受           た ん     に         な     を       供   に
    け                             さ             を   も
                                  い                  
 9 









        54       53        52          51          50              49              

し ¬ 弟   と 村   イ そ 自   む エ     者 ¬ イ   や そ 使 ¬     大 あ お
ま 主 子   い 人   エ し 分   け ル さ   は や エ   め の っ 先 す   き な つ
う よ の   う は   ス て に   ら サ て     め ス   さ 人 て 生 る   い た か
よ   の   の     の 彼 先   れ レ     あ さ は   せ は 悪   と   の が わ
う い ヤ   で エ   た ら 立     ム イ   な せ 彼   ま わ 霊 わ ヨ   で た し
に か コ     ル   め が っ     へ エ   た な に   し た を た ハ   あ み に
  が ブ   イ サ   に サ て     行 ス   が い 言   た し 追 し ネ   る ん な
天 で と   エ レ   準 マ 使     こ が   た が わ    た い た が    な っ
か し ヨ   ス ム   備 リ 者     う 天   の よ れ     ち 出 ち 答     の た
ら よ ハ   を へ   を ヤ た     と に   味 い た     の し は え     中 か
火 う ネ   歓 む   し 人 ち     決 上   方         仲 て あ て     で た
を   と   迎 か   よ の を     意 げ   な あ       間 い る 言     い を
よ 彼 は   し っ   う 村 お     し ら   の な       で る 人 っ     ち 受
び ら そ   よ て   と へ つ     て れ   で た       な の が た     ば け
求 を れ   う 進   し は か       る   あ が       い を あ       ん い
め 焼 を   と ん   た い わ     そ 日   る た       の 見 な       小 れ
ま き 見   は で   と っ し     の が    に       で ま た       さ る
し 払 て   し 行   こ て に     方 近     反         し の       い の
ょ っ 言   な か   ろ 行 な     へ づ     対         た 名       者 で
う て っ   か れ     き っ     顔 い     し         が を       こ あ
か   た   っ る       た     を た     な                   そ る
       た                 の     い                      
                          で                            
 9 









        61             60           59          58         87    56   55  

ま ¬ ま   告 お ¬ 彼   ¬ す ¬ ま   し ¬ イ   従 ¬     そ   イ
ず 主 た   げ く そ に   ま る わ た   か き エ   っ あ 道   し   エ
家 よ ほ   ひ が の 言   ず と た ほ   し つ ス   て な を   て   ス
の   か   ろ よ 死 わ     そ し か     ね は   ま た 進   一   は
者 従 の   め い 人 れ   父 の に の   人 に そ   い が ん   同   振
に っ 人   な   を た   を 人 従 人   の は の   り た で   は   り
別 て が   さ あ 葬     葬 が っ に   子 穴 人   ま が 行   ほ   か
れ ま 言   い な る     り 言 て     に が に   す お く   か   え
を い っ    た こ     に っ き     は あ 言    い と   の   っ
言 り た     は と     行 た な     ま り わ     で     村   て
い ま         は     か   さ     く 空 れ     に あ   へ    
に す       出       せ   い     ら の た     な る   行   彼
行 が       て 死     て        す 鳥       る 人   っ   ら
か         行 人     く   と     る に       所 が   た   を
せ         っ に     だ   言     所 は       な イ       お
て         て 任     さ   わ     が 巣       ら エ       し
く         神 せ     い   れ     な が       ど ス       か
だ         の て        た     い あ       こ に       り
さ         国                  る       へ 言       に
い         を                           で っ       な
                                     も た       っ
                                                た
                                                 
 9 









      6        5       4          3              2         1                62  

平 も   あ ど   あ 財   お つ さ   送 収 ¬ そ   お し         神 ¬ イ
安 し   る こ   い 布   く か あ   り 穫 収 の   つ て そ       の 手 エ
は 平   よ か   さ も   る わ     出 の 穫 と   か お の   ▲   国 を ス
そ 安   う の   つ 袋   よ す 行   す 主 は き   わ ら 後   第   に す は
の の   に 家   す も   う の き   よ に 多     し れ     1   ふ き 言
人 子   ▽ に   る く   な は な   う 願 い 彼   に た 主   0   さ に わ
の が   と は   な つ   も   さ   に っ が ら   な す は   章   わ か れ
上 そ   言 い     も   の 小 い   し て   に   っ べ 別   ▼   し け た
に こ   い っ     持   で 羊     て   働 言   た て に       く て  
と に   な た     っ   あ を わ   も そ き わ     の 七       な か  
ど お   さ ら     て   る お た   ら の 人 れ     町 十       い ら  
ま れ   い       行     お し   い 収 が た     や 二       も    
る ば     ま     く     か が   な 穫 少       村 人       の う  
で       ず     な     み あ   さ の な       へ を       で し  
あ あ                 の な   い た い         選       あ ろ  
ろ な     △     だ     中 た     め         ふ び       る を  
う た     平     れ     に が     に だ       た          見  
  が     安     に       た     働 か       り 行         る  
  た     が     も       を     き ら       ず こ         者  
  の     こ     道             人         つ う         は  
  祈     の     で             を         先 と            
  る     家                             に              
        に                                            
 10 









              13       12        11       10        9       8             7           

悔 昔 も よ わ   こ あ   こ ぬ △   迎 し   △ そ   く ど   家 働 出 そ   帰 も
い に し   ざ   の な   と ぐ わ   え か   神 し   れ の   か き し れ   っ し
改   ツ お わ   町 た   は い た   な し   の て   る 町   ら 人 て で   て そ
め 荒 ロ ま い   よ が     捨 し   い     国     な へ   家 が く     来 う
た 布 と え だ   り た   承 て た   場 ど   は そ   ら は   へ そ れ そ   る で
で を シ た     も に   知 て ち   合 の   あ の     い   と の る の   で な
あ ま ド ち コ   ソ 言   し 行 の   に 町   な 町   前 っ   渡 報 も 同   あ か
ろ と ン の ラ   ド っ   て く 足   は へ   た に   に て   り い の じ   ろ っ
う い で 中 ジ   ム て   い   に     は   が い   出 も   歩 を を 家   う た
  灰 な で ン   の お   る し つ   大 い   た る   さ     く 得 飲 に     ら
  の さ な よ   方 く   が か い   通 っ   に 病   れ 人   な る み 留      
  中 れ さ     が     よ し て   り て   近 人   る 々     の 食 ま     そ
  に た れ わ   耐 そ   い   い   に も   づ を   も が     は い っ     れ
  す な た ざ   え の   ▽ 神 る   出 人   い い   の あ     当 し て     は
  わ ら 力 わ   や 日     の こ   て 々   た や   を な     然 な い     あ
  っ   あ い   す に     国 の   行 が   ▽ し   食 た     で さ て     な
  て 彼 る だ   い は     が 町   っ あ   と て   べ が     あ い       た
    ら わ     で       近 の   て な   言 や   な た     る   家     が
    は ざ ベ   あ       づ ち   言 た   い り   さ を         の     た
    と が ッ   ろ       い り   い が   な     い 迎         人     の
    う   サ   う       た も   な た   さ       え         が     上
    の   イ                 さ を   い       て               に
        ダ                 い                              
 10 









        20            19      18          17            16      15       14  

こ む し   あ あ 敵 わ   天 彼   悪 ¬     お あ あ あ   よ あ   お し
と し か   ろ な の た   か に   霊 主 七   つ る り な   う あ   ま か
を ろ し   う た あ し   ら 言   ま よ 十   か     た   と     え し
喜         が ら は   落 わ   で   二   わ そ あ が   で カ   た  
び あ 霊     た ゆ あ   ち れ   が あ 人   し し な た   も ペ   ち さ
な な が     に る な   る た   わ な が   に て た に   い ナ   よ ば
さ た あ     害 力 た   の     た た 喜   な わ が 聞   う ウ   り き
い が な     を に が   を ¬   し の ん   っ た た き   の ム   も の
 た た     お 打 た   見 わ   た 名 で   た し を 従   か よ     日
  の が     よ ち に   た た   ち に 帰   か を 拒 う         耐 に
  名 た     ぼ 勝       し   に よ っ   た 拒 む 者   黄 お   え は
  が に     す つ へ     は   服 っ て   を む 者 は   泉 ま   や  
  天 服     者 権 び     サ   従 て き   拒 者 は     に え   す ツ
  に 従     は 威 や     タ   し い て   む は   わ   ま は   い ロ
  し す     ま を さ     ン   ま た 言   の   わ た   で 天   で と
  る る     っ 授 そ     が   す し っ   で わ た し   落 に   あ シ
  さ こ     た け り     電    ま た   あ た し に   さ ま   ろ ド
  れ と     く た を     光     す     る し を 聞   れ で   う ン
  て を     無   踏     の     と      を 拒 き   る 上     の
  い 喜     い だ み     よ               む 従   で げ     方
  る ぶ     で か つ     う               の う   あ ら     が
    な       ら け     に               で の   ろ れ      
                                      で   う        
 10 









     26          25           24          23               22                  21  

あ 彼   生 試     聞 見 あ あ   さ 言 そ   だ 父 者 そ す   事 し 賢 ほ 言  
な に   命 み す   こ る な な   い わ れ   れ を は し べ   で た い め わ そ
た 言   が よ る   う こ た た   わ れ か   も あ あ て て   し   者 た れ の
は わ   受 う と   と と が が   い た ら   知 ら り   の   た 父 に た た と
ど れ   け と そ   し が た た   で   弟   っ わ ま 子 事     よ 隠 え   き
う た   ら し こ   た で の に   あ ¬ 子   て そ せ が は       し ま ¬  
読     れ て へ   が き 見 言   る あ た   い う ん だ 父     こ て す 天 イ
む ¬   ま 言       ず て っ     な ち   る と   れ か     れ     地 エ
か 律   し っ あ   聞   い て     た の   者 し ま で ら     は 幼 こ の ス
 法   ょ た る   か あ る お     が 方   は て た あ わ     ま な れ 主 は
  に   う   律   れ な こ く     た に   い 子 父 る た     こ 子 ら な 聖
  は   か ¬ 法   な た と       が 振   ま が が か し     と に の る 霊
  な    先 学   か が を 多     見 り   せ 選 だ は に     に あ 事 父 に
  ん     生 者   っ た 見 く     て む   ん ん れ   任       ら を よ よ
  と       が   た の よ の     い い    だ で 父 さ     み わ 知   っ
  書     何 現   の 聞 う 預     る て     者 あ の れ     こ し 恵 あ て
  い     を れ   で い と 言     こ       と る ほ て     こ て の な 喜
  て     し     あ て し 者     と ひ     の か か い     ろ く あ た び
  あ     た イ   る い た や     を そ     ほ は 知 ま     に だ る を あ
  る     ら エ    る が 王     見 か     か   っ す     か さ 者   ふ
  か     永 ス     こ   た     る な       子 て       な い や   れ
        遠 を     と   ち     目         と い       っ ま     て
        の       を   も     は           る       た        
 10 









     33       32      31            30          29        28             27  

と と   彼 同   き す   し そ か イ   だ イ す   い そ 彼   あ 神 力 彼
こ こ   を 様   た る   た の ら エ   れ エ る   の の に   な を を は
ろ ろ   見 に   が と   ま 着 エ ス   の ス と   ち と 言   た 愛 つ 答
を が   る       た   ま 物 リ が   こ に 彼   が お わ   の せ く え
通     と レ   こ ま     は コ 答   と 言 は   得 り れ   と よ し て
り あ   向 ビ   の た   逃 は に え   で っ 自   ら 行 た   な ▽   言
か る   こ 人   人 ま   げ ぎ 下 て   す た 分   れ い     り   思 っ
か サ   う も   を     去 取 っ 言   か   の   る な ¬   人 ま い た
り マ   側 こ   見 ひ   っ り て わ    ¬ 立    さ あ   を た を  
  リ   を の   る と   た   行 れ     で 場     い な   愛   つ ¬
彼 ヤ   通 場   と り     傷 く た     は を       た   せ △ く △
を 人   っ 所     の     を 途         弁     そ の   よ 自 し 心
見 が   て に   向 祭     負 中 ¬     わ 護     う 答   ▽ 分 て を
て 旅   行 さ   こ 司     わ   あ     た し     す え   と を   つ
気 を   っ し   う が     せ 強 る     し よ     れ は   あ 愛 主 く
の し   た か   側 そ       盗 人     の う     ば 正   り す な し
毒 て     か   を の     半 ど が     隣 と       し   ま る る  
に こ     っ   通 道     殺 も エ     り 思       い   す よ あ 精
思 の     て   っ を     し が ル     人 っ            う な 神
い 人     き   て 下     に 彼 サ     と て             に た を
  の     た   行 っ       を レ     は                 の つ
        が   っ て       襲 ム                         く
            た         い                           し
 10 









              40      39         38             37       36           35          34  

す な ¬ と と   す こ   家 は     ¬ そ ¬ 彼   隣 こ   言 か △ 翌   宿 注 近
る ん 主 り こ   わ の   に い 一   あ こ そ が   り の   っ か こ 日   屋 い 寄
よ と よ み ろ   っ 女   迎 ら 同   な で の 言   人 三   た っ の     に で っ
う も   だ が   て に   え れ が   た イ 人 っ   に 人     た 人 デ   連 ほ て
に お 妹 し       マ   入 た 旅   も エ に た   な の     ら を ナ   れ う き
妹 思 が   マ   御 リ   れ   を   行 ス 慈     っ う       見 リ   て た て
に い わ イ ル   言 ヤ   た す 続   っ は 悲     た ち     帰 て 二   行 い そ
お に た エ タ   に と     る け   て 言 深     と       り や つ   っ を の
っ な し ス は   聞 い     と て   同 わ い     思 だ     が っ を   て し 傷
し り だ の 接   き う     マ い   じ れ 行     う れ     け て 取   介 て に
ゃ ま け と 待   入 妹     ル る   よ た い     か が     に く り   抱 や オ
っ せ に こ の   っ が     タ う   う   を      強       だ 出   し り リ
て ん 接 ろ こ   て い     と ち   に   し       盗     わ さ し   た   ブ
く か 待 に と   い た     い に   し   た       に     た い て     自 油
だ   を き で   た が     う     な   人       襲     し   宿     分 と
さ わ さ て 忙           名 イ   さ   で       わ     が 費 屋     の ぶ
い た せ 言 し     主     の エ   い   す       れ     支 用 の     家 ど
 し て っ く     の     女 ス             た     払 が 主     畜 う
  の い た て     足     が が               人     い よ 人     に 酒
  手 る   心     も     イ あ               の     ま け に     乗 と
  伝 の   を     と     エ る                     す い 手     せ を
  い を         に     ス 村                     ▽ に 渡        
  を                 を へ                     と   し        
 10 









         4    3             2              1                 42          41  

わ わ わ   わ   御 △ ¬ そ   わ ¬ そ         彼 そ 一 し   心 ¬ 主
た た た   た   国 父 祈 こ   た 主 れ ま       女 し つ か   を マ は
し し し   し   が よ る で   し よ が た   ▲   か て だ し   配 ル 答
た た た   た   き   と 彼   た   終     第   ら そ け     っ タ え
ち ち ち   ち   ま 御 き ら   ち ヨ っ イ   1   取 れ で 無   て よ て
を の に   の   す 名 に に   に ハ た エ   1   り は あ く   思   言
試 罪 負   日   よ が は 言   も ネ と ス   章   去   る て   い マ わ
み を 債   ご   う あ   わ   祈 が き は   ▼   っ     な   わ ル れ
に も の   と   に が こ れ   る そ   あ       て   マ ら   ず タ た
合 お あ   の     め う た   こ の 弟 る       は   リ ぬ   ら よ  
わ ゆ る   食     ら 言     と 弟 子 所       な   ヤ も   っ    
せ る 者   物     れ い     を 子 の で       ら   は の   て あ  
な し を   を     ま な     教 た ひ 祈       な   そ は   い な  
い く 皆         す さ     え ち と っ       い   の 多   る た  
で だ ゆ   日     よ い     て に り て       も   良 く     は  
く さ る   々     う       く 教 が お       の   い は     多  
だ い し   お     に       だ え 言 ら       で   方 な     く  
さ   ま   与             さ た っ れ       あ   を い     の  
い   す   え             い よ た た       る   選       こ  
▽   か   く              う   が          ん い     と  
   ら   だ               に               だ や     に  
        さ                               の          
        い                               だ          
 11 









     11       10            9           8              7      6              5  

魚 あ   門 す   そ そ そ そ   起 起 し   わ 床 締 彼   何 友   △ そ ¬ そ
を な   を べ   う う う こ   き き か   け に め ら   も だ   友 の あ し
求 た   た て   す す す で   上 て し   に は て は   出 ち   よ 人 な て
め が   た 求   れ れ れ わ   が 与     は い し 内   す が     の た 彼
る た   く め   ば ば ば た   っ え よ   い っ ま か   も 旅   パ と が ら
の の   者 る     見   し   て な く   か て っ ら   の 先   ン こ た に
に う   は 者   あ い 与 は   必 い 聞   な い た     が か   を ろ の 言
  ち   あ は   け だ え あ   要 が き   い る し △   あ ら   三 へ う わ
魚 で   け 得   て す ら な   な   な   ▽ の   面   り わ   つ 真 ち れ
の     て     も で れ た   も し さ   と で 子 倒   ま た   貸 夜 の た
代 父   も 捜   ら あ る が   の き い   言   供 を   せ し   し 中 だ  
り で   ら す   え ろ で た   を り     う い た か   ん の   て に れ  
に あ   え 者   る う あ に   出 に 友   で ま ち け   か と   く 行 か  
へ る   る は   で   ろ 言   し 願 人   あ 起 も な   ら こ   だ き に  
び も   か 見   あ 門 う う   て う だ   ろ き わ い   ▽ ろ   さ      
を の   ら い   ろ を       く の か   う て た で   と に   い   友  
与 は   で だ   う た 捜 求   れ で ら     何 し く   言 着       人  
え     あ し     た せ め   る   と     も と れ   っ い       が  
る そ   る       け   よ   で   い     あ 一     た た       あ  
だ の                   あ   う     げ 緒 も   場 の       る  
ろ 子                   ろ   の     る に う   合 で       と  
う が                   う   で         戸     す       し  
か                         は         は     が       て  
 11 









        18         17      16          15            14            13    12  

ベ ど そ   ま ¬ し   天 ま   い ベ そ   思 お そ     聖 い 自 こ   卵
ル う こ   た お か   か た   る ル の   っ し れ さ   霊 る 分 の   を
ゼ し で   家 お し   ら ほ   の ゼ 中   た が は て   を と の よ   求
ブ て サ   が よ イ   の か   だ ブ の     物       下 す 子 う   め
ル 立 タ   分 そ エ   し の    ル あ     を お イ   さ れ 供 に   る
に ち ン   れ 国 ス   る 人   と に る     言 し エ   ら ば に     の
よ 行 も   争 が は   し 々   言 よ 人     う の ス   な   は あ   に
っ け 内   え 内     を は   い っ 々     よ 霊 が   い 天   な    
て よ 部   ば 部 彼   求       て が     う で 悪   こ の 良 た   さ
悪 う で   倒 で ら   め イ             に あ 霊   と 父 い が   そ
霊   分   れ 分 の   た エ     悪 ¬     な っ を   が は 贈 た   り
を あ 裂   て 裂 思     ス     霊 彼     っ た 追   あ な り は   を
追 な す   し す い     を     ど は     た   い   ろ お 物 悪   与
い た れ   ま れ を     試     も 悪     の 悪 出   う さ を い   え
出 が ば   う ば 見     み     を 霊     で 霊 し   か ら す 者   る
し た       自 抜     よ     追 の       が て      る で   で
て は そ     滅 い     う     い か     群 出 お     求 こ あ   あ
い わ の     し て     と     出 し     衆 て ら     め と っ   ろ
る た 国     て 言     し     し ら     は 行 れ     て を て   う
と し は     し わ     て     て       不 く た     来 知 も   か
言 が       ま れ                   思 と       る っ      
う         い た                   議         者 て      
が                               に         に        
 11 









     25         24         23          22       21        20             19  

飾 帰   出 無 汚   あ あ わ   分 そ し   限 強   き い し   さ の す も
り っ   て い れ   る り た   け の か   り い   た る か   ば で れ し
つ て   き 所 た       し   る 頼 し     人   の の し   く あ ば わ
け 見   た を 霊     わ の   の み     そ が   で な     者 ろ   た
が る   元 歩 が     た 味   で に も   の 十   あ ら わ   と う あ し
し と   の き 人     し 方   あ し っ   持 分   る   た   な か な が
て     家 ま か     と で   る て と   ち に     神 し   る   た ベ
あ そ   に わ ら     共 な     い 強   物 武     の が   で だ が ル
っ の   帰 る 出     に い     た い   は 装     国 神   あ か た ゼ
た 家   ろ が る     集 者     武 者   安 し     は の   ろ ら の ブ
  は   う   と     め は     具 が   全 て     す 指   う   仲 ル
  そ   と 見       な       を 襲   で 自     で に     彼 間 に
  う   言 つ 休     い わ     奪 っ   あ 分     に よ     ら は よ
  じ   っ か み     者 た     っ て   る の     あ っ     が だ っ
  が   て ら 場     は し     て き     邸     な て     あ れ て
  し     な を       に       て     宅     た 悪     な に 悪
  て     い 求     散 反     そ 彼     を     が 霊     た よ 霊
  あ     の め     ら 対     の に     守     た を     が っ を
  る     で て     す す     分 打     っ     の 追     た て 追
  上       水     も る     捕 ち     て     と い     を 追 い
          の     の も     品 勝     い     こ 出       い 出
                で の     を て     る     ろ し       出 す
                  で       ば           に て       す と
 11 









              31         30            29          28            27            26  

ソ か 彼 立 南   な な と   な そ 語     神 ¬ し   な ¬ ひ     悪 そ 霊 そ
ロ ら 女 っ の   る っ い   ん れ り さ   の い か   ん あ と イ   く う を こ
モ は は て 女   で た う   の は 出 て   言 や し   と な り エ   な す 引 で
ン る ソ   王   あ よ の   し し さ 群   を   イ   め た の ス   る る き ま
に ば ロ 彼 が   ろ う は   る る れ 衆   聞 め エ   ぐ を 女 が   の と 連 た
ま る モ ら     う に     し し た が   い ぐ ス   ま 宿 が こ   で   れ 出
さ き ン を 今       ニ   も を   群   て ま は   れ し 声 う   あ そ て て
る た の 罪 の     人 ネ   与 求 ¬ が   そ れ 言   て た を 話   る の き 行
者 か 知 に 時     の ベ   え め こ り   れ て わ   い 胎 張 し    人 て っ
が ら 恵 定 代     子 の   ら る の 集   を い れ   る   り て     の 中 て
こ で を め の     も 人   れ が 時 ま   守 る た   こ あ あ お     後 に  
こ あ 聞 る 人     こ 々   な   代 っ   る の     と な げ ら     の は 自
に る く で 々     の に   い ヨ は た   人 は     で た て れ     状 い 分
い   た あ と     時 対   で ナ 邪 の   た       し が 言 る     態 り 以
る し め ろ 共     代 し   あ の 悪 で   ち む     ょ 吸 っ と     は   上
  か に う に     に て   ろ し な     で し     う わ た き     初 そ に
  し     さ     対 ヨ   う る 時 イ   あ ろ      れ         め こ 悪
  見 地 な ば     し ナ     し 代 エ   る         た   群     よ に い
  よ の ぜ き     て が     の で ス            乳   衆     り 住 他
    果 な の     し し     ほ あ は             房   の     も み の
    て ら 場     る る     か る               は   中     も 込 七
        に     し し     に                     か     っ む つ
              と と     は                     ら     と   の
 11 









        37            36      35          34            33               32  

は 自     あ あ 少 も   注 だ   か が あ   お た 下 だ   ま 悔 な 場 ニ
い 分 イ   ろ な し し   意 か   ら 澄 な   く ち に れ   さ い ぜ に ネ
っ の エ   う た も     し ら   だ ん た     に 置 も   る 改 な 立 ベ
て 家 ス    を な あ   な     も で の       く あ   者 め ら っ の
食 で が     照 け ん   さ あ   暗 お 目     そ こ か   が た   て 人
卓 食 語     す れ た   い な   い れ は     の と り   こ か ニ   々
に 事 っ     時 ば の     た     ば       あ は を   こ ら ネ 彼 が
つ を て     の   か     の       か     か し と   に で ベ ら  
か し お     よ ち ら     内     全 ら     り な も   い あ の を 今
れ て ら     う ょ だ     な     身 だ     が い し   る る 人 罪 の
た い れ     に う 全     る     も の     見   て       々 に 時
  た る       ど 体     光     明 あ     え む       し は 定 代
  だ 時     全   が     が     る か     る し そ     か 夜 め の
  き       身 あ 明     暗     い り     よ ろ れ     し な る 人
  た あ     が か る     く     が で     う は を     見 の で 々
  い る     明 り く     な       あ     に い 穴     よ 宣 あ と
  と パ     る が て     ら     目 る       っ 倉       教 ろ 共
  申 リ     く 輝       な     が       燭 て の     ヨ に う に
  し サ     な い 暗     い     わ あ     台 来 中     ナ よ   さ
  出 イ     る て い     よ     る な     の る や     に っ   ば
  た 人     で   部     う     け た     上 人 枡       て   き
  の が         分     に     れ の     に   の           の
  で           が           ば 目                      
 11 









        45         44      43               42       41       40        39        38  

ま ¬     気 墓 あ   会 あ   こ に 納 は     い た   も 愚   あ が そ   の と
で 先 ひ   づ の な   堂 な   れ し め っ し   っ だ   造 か   な た こ   を こ
も 生 と   か よ た   の た   を て て か か   さ     ら な   た パ で   見 ろ
侮   り   な う が   上 が   行 い お   し   い 内   れ 者   が リ 主   て が
辱 そ の   い な た   席 た   わ る り う     が 側   た た   た サ は      
す ん 律   で も は   や パ   ね   な ん あ   あ に   で ち   の イ 彼   そ 食
る な 法   い の     広 リ   ば そ が 香 な   な あ   は よ   内 人 ら   の 前
こ こ 学   る で わ   場 サ   な れ ら   た   た る   な     側 は に   パ に
と と 者    あ ざ   で イ   ら も   あ 方   が も   い 外   は   言   リ ま
で を が     る わ   の 人   な な 義 ら パ   た の   か 側   貪 杯 わ   サ ず
す 言 イ       い   敬 は   い お と ゆ リ   に を     を   欲 や れ   イ 洗
 わ エ     そ で   礼       ざ 神 る サ   と き     造   と 盆 た   人 う
  れ ス     の あ   を わ     り に 野 イ   っ よ     っ   邪 の     が こ
  る に     上 る   好 ざ     に 対 菜 人   て め     た   悪 外 ¬   不 と
  の 答     を     ん わ     は す な は     な     か   と 側 い   思 を
  は え     歩 人   で い     で る ど     清 さ     た   で を っ   議 な
    て     い 目   い で     き 愛 十 わ   い い     は   満 き た   に さ
  わ 言     て に   る あ     な と 分 ざ   も           ち よ い   思 ら
  た っ     い つ     る     い を の わ   の そ     ま   て め     っ な
  し た     る か           が な 一 い   と う     た   い る あ   た か
  た       人 な             お を で   な す     内   る が な     っ
  ち       々 い             ざ 宮 あ   る れ     側       た     た
          は               り に る     ば                    
 11 









        52       51           50             49          48         47            46  

は か あ   そ そ   こ 流 殺 そ   す 彼 △ そ   あ 同 だ   あ 碑 あ   し な わ そ
い ぎ な   の う   の さ さ れ   る ら わ れ   な 意 か   な を な   な が ざ こ
ろ を た   責 だ   時 れ れ で   で は た ゆ   た す ら   た 建 た   い ら わ で
う 取 が   任     代 て た     あ そ し え   が る     が て が       い 言
と り た   を あ   が き ザ ア   ろ の は に   た 証 あ   た る た     自 で わ
す あ 律   問 な   そ た カ ベ   う う 預     が 人 な   の が は     分 あ れ
る げ 法   わ た   の す リ ル   ▽ ち 言 △   そ な た   先         で る た
人 て 学   れ が   責 べ ヤ の     の 者 神   の の が   祖 し わ     は    
た   者   る た   任 て の 血     あ と の   碑 だ た   で か ざ     そ 負 ¬
ち 自 は   で に   を の 血 か     る 使 知   を   は   あ し わ     の い あ
を 分     あ 言   問 預 に ら     者 徒 恵   建 先     っ 彼 い     荷 切 な
妨 が わ   ろ っ   わ 言 至 祭     を と も   て 祖 自   た ら で     に れ た
げ は ざ   う て   れ 者 る 壇     殺 を ▽   る が 分   の を あ     指 な が
て い わ     お   る の ま と     し 彼 も   の 彼 の   だ 殺 る     一 い た
き ら い     く     血 で 神     た ら 言   だ ら 先     し       本 重 律
た な で           に   殿     り に っ   か を 祖     た 預     で 荷 法
 い あ     こ     つ 世 と       つ て   ら 殺 の     の 言     も を 学
  ば る     の     い の の     迫 か い     し し     は 者     触 人 者
  か       時     て 初 間     害 わ る       わ       た     れ に も
  り 知     代       め で     し す         ざ       ち     よ 負  
  か 識     が       か       た が         に       の     う わ  
    の             ら       り                         と せ  
                                                         
 11 









         4             3       2             1             54         53  

で か そ   で さ な だ   隠 お   す 語 ほ         ね イ   問 パ  
き ら こ   あ さ ん か   れ お   な り ど そ       ら エ   い リ イ
な だ で   ろ や で ら   て い   わ は に の   ▲   い ス   か サ エ
い を わ   う い も     い か   ち じ 群 間   第   は の   け イ ス
者 殺 た     た み あ   る ぶ   彼 め が に   1   じ 口   て 人 が
ど し し     こ な な   も さ   ら ら っ     2   め か     は そ
も て の     と 明 た   の れ   の れ て お   章   た ら       こ
を も 友     は る が   で た   偽 た き び   ▼     何     激 を
恐   で       み た     も   善   た た         か     し 出
れ そ あ     屋 で が   知 の   に ¬ が だ         言     く て
る の る     根 聞 暗   ら で   気 パ   し         い     詰 行
な あ あ     の か や   れ     を リ イ い         が     め か
  と な     上 れ み   て 現   つ サ エ 群         か     寄 れ
  で た     で   で   こ れ   け イ ス 衆         り     り る
  そ が     言 密 言   な て   な 人 は が         を       と
  れ た     い 室 っ   い こ   さ の ま           得     い  
  以 に     ひ で た   も な   い パ ず 互         よ     ろ 律
  上 言     ろ 耳 こ   の い     ン 弟 に         う     い 法
  な う     め に と   は も     種 子 踏         と     ろ 学
  に が     ら   は   な の       た み               な 者
  も       れ       い は       ち 合               事 や
          る         な       に う               を  
                    く                            
 12 









        11       10      9           8          7           6             5  

何 行 あ   う ま   前 し   前 わ そ   す て そ   忘 な 五   お か 殺 恐
を っ な   が た   で か   で た こ   ず い の   れ い 羽   く た し る
言 た た         拒 し   受 し で   め る 上   ら か の   が を た べ
お 場 が   聖 人   ま     け を     よ       れ   す     恐 あ き
う 合 た   霊 の   れ 人   い 受 あ   り 恐 あ   て し ず   そ れ と 者
か に が   を 子   る の   れ け な   も れ な   は か め   の な で が
と は 会   け に   で 前   る い た     る た   い も は   か さ   だ
心   堂   が 言   あ で   だ れ が   ま こ が   な   二   た い 更 れ
配 何 や   す い   ろ わ   ろ る た   さ と た   い そ ア   を   に で
し を 役   者 逆   う た   う 者 に   っ は の     の サ   恐 そ 地 あ
な ど 人   は ら     し     を 言   た な 頭     一 リ   れ う 獄 る
い う や     う     を       う   者 い の     羽 オ   な だ に か
が 弁 高   ゆ 者     拒     人     で   毛     も ン   さ   投  
よ 明 官   る は     む     の だ   あ あ ま     神 で   い あ げ 教
い し の   さ ゆ     者     子 れ   る な で     の 売     な 込 え
  よ 前   れ る     は     も で     た も     み ら     た む て
  う へ   る さ           神 も     が       ま れ     が 権 あ
  か ひ   こ れ     神     の 人     た み     え て     た 威 げ
    っ   と る     の     使 の     は な     で い     に の よ
    ぱ   は で     使     た 前     多 数       る     言 あ う
    ら   な あ     た     ち で     く え       で     っ る  
    れ   い ろ     ち     の       の ら       は     て    
    て           の               れ                  
 12 









        19         18         17       16            15       14         13       12  

さ 長 そ   全 も 言   め 作 そ   ¬ そ   持 た 貪 そ   の 彼   よ ¬     か 言
あ 年 し   部 っ っ   ぐ 物 こ   あ こ   ち と 欲 れ   裁 に   う 先 群   ら う
安 分 て   し と た   ら を で   る で   物 い に か   判 言   に 生 衆   で べ
心 の 自   ま 大     し し 彼   金 一   に た 対 ら   人 わ   お   の   あ き
せ 食 分   い き △   て ま ら   持 つ   は く し 人   ま れ   っ わ 中   る こ
よ 糧 の   込 い こ     っ は   ち 譬   よ さ て 々   た た   し た の    と
  が 魂   も の う     て 心   の で   ら ん よ に   は     ゃ し ひ     は
食 た に   う を し     お の   畑 語   な の く む   分 ¬   っ の と      
い く 言     建 よ     く 中   が ら   い 者 よ か   配 人   て 兄 り     聖
  さ お     て う     所 で   豊 れ   の を く っ   人 よ   く 弟 が     霊
飲 ん う     て       が     作 た   で 持 警 て   に     だ に イ     が
め た         わ     な △   で     あ っ 戒 言   立 だ   さ   エ     そ
  く た     そ た     い ど   あ     る て し わ   て れ   い 遺 ス     の
楽 わ ま     こ し     の う   っ      い な れ   た が    産 に     時
し え し     に の     だ し   た       て さ た   の わ     を 言     に
め て い     穀 倉     が よ           も い     か た     分 っ     教
▽ あ よ     物 を     ▽ う               ¬    し     け た     え
  る       や 取     と か           人   あ     を     て       て
    お     食 り     思             の   ら     あ     く       く
    ま     糧 こ     い わ           い   ゆ     な     れ       だ
    え     を わ       た           の   る     た     る       さ
    に       し       し           ち         が             る
    は               の           は         た              
 12 









     26      25               24    23             22      21            20  

ほ そ   自 あ   で あ そ こ か   命   こ 命 あ     こ 自   だ そ 魂 す
か ん   分 な   は な れ と ら   は   と の な そ   れ 分   れ し は る
の な   の た   な た だ も す   食   で こ た れ   と の   の た 今 と
こ 小   寿 が   い が の せ の   物   思 と が か   同 た   も ら 夜 神
と さ   命 た   か た に ず こ   に   い で た ら   じ め   の   の が
を な   を の     は     と   ま   わ 思 に 弟   で に   に あ う 彼
思 事   わ う     鳥 神 ま を   さ   ず い 言 子   あ 宝   な な ち に
い で   ず ち     よ は た 考   り   ら わ っ た   る を   る た に 言
わ さ   か       り 彼   え       う ず て ち    積   の が も わ
ず え   で だ     も ら 納 て   か   な ら お に     ん   か 用 取 れ
ら で   も れ       を 屋 見   ら     い く 言     で   ▽ 意 り た
う き   延 が     は 養 も よ   だ         わ     神     し 去  
の な   ば 思     る っ な     は     何 何 れ     に     た ら △
か い   す い     か て く ま   着     を を た     対     物 れ 愚
  の   こ わ     に い 倉 く   物     着 食       し     は る か
  に   と ず     す て も こ   に     よ べ ¬     て       で な
      が ら     ぐ 下 な と   ま     う よ そ     富       あ 者
  ど   で っ     れ さ い も   さ     か う れ     ま       ろ よ
  う   き た     て る       っ     と か だ     な       う  
  し   よ か     い     刈   て     か と か     い         あ
  て   う ら     る     る   い     ら   ら     者         な
      か と               る     だ         は         た
        て                     の                   の
 12 









           33       32      31            30       29            28            27  

た 虫 古 自   あ 恐   も た   ご も い こ   あ あ   は あ 草 き   一 栄 織 野
く も び 分   な れ   の だ   存 の る れ   く な   ず な で ょ   つ 華 り の
わ 食 る の   た る   は 御   じ が も ら   せ た   が た さ う   ほ を も 花
え い こ 持   が な   添 国   で あ の の   く が   あ が え は   ど き し の
な 破 と ち   た     え を   あ な で も   す た   ろ た   野   に わ な こ
さ ら の 物   の 小   て 求   る た あ の   る も   う に 神 に   も め い と
い な な を   父 さ   与 め     が る は   な     か   は あ   着 た   を
  い い 売   の い   え な     た   皆     何     そ こ っ   飾 時 し 考
  天 財 っ   み 群   ら さ     に あ     ま を   あ れ の て   っ の か え
  に 布 て   こ れ   れ い     必 な こ   た 食   あ 以 よ     て ソ し て
    を     こ よ   る       要 た の   気 べ     上 う あ   は ロ   見
  尽 つ 施   ろ     で そ     で が 世   を     信 よ に す   い モ あ る
  き く し   な 御   あ う     あ た の   使 何   仰 く 装 は   な ン な が
  る り な   の 国   ろ す     る の 異   う を   の し っ 炉   か で た よ
  こ   さ   で を   う れ     こ 父 邦   な 飲   薄 て て に   っ さ が い
  と 盗 い   あ 下     ば     と は 人     も   い く 下 投   た え た  
  の 人     る さ           を   が     う   者 だ さ げ       に 紡
  な も 自     る     こ       こ 切     か   た さ る 入     こ 言 ぎ
  い 近 分     こ     れ       れ に     と   ち ら の れ     の う も
  宝 寄 の     と     ら       ら 求         よ な な ら     花 が せ
  を ら た     は     の       の め           い ら れ     の   ず
    ず め                     て               る          
      に                                                
 12 









        41       40         39         38               37          36    35   34  

そ お     人 あ   自 盗 こ   そ き 主   あ 食 よ 見 主   し す 主       あ
れ ら す   の な   分 賊 の   の て 人   ろ 卓 く ら 人   て ぐ 人   腰   な
と れ る   子 た   の が こ   人 も が   う に 言 れ が   い あ が   に   た
も る と   が が   家 い と   た   夜     つ っ る 帰   な け 婚   帯   が
  の ペ   来 た   に つ を   ち そ 中     か て 僕 っ   さ て 宴   を   た
み は テ   る も   押 ご     は う ご     せ お た て   い あ か   し   の
ん わ ロ   か 用   し ろ わ   さ し ろ       く ち き     げ ら   め   宝
な た が   ら 意   入 来 き   い て       進   は た     よ 帰       の
の し 言   で し   ら る ま   わ い あ     み 主   と     う っ   あ   あ
者 た っ   あ て   せ か え   い る る     寄 人 さ き     と て   か   る
の ち た   る い   は わ て   で の い     っ が い       待 き   り   所
た の      な   し か い   あ を は     て 帯 わ 目     っ て   を   に
め た ¬     さ   な っ る   る 見 夜     給 を い を     て と   と   は
な め 主     い   い て が     ら 明     仕 し で 覚     い を   も    
の な よ         で い よ     れ け     を め あ し     る た   し   心
で の       思   あ る い     る ご     し て る て     人 た   て   も
す で こ     い   ろ な       な ろ     て 僕   い     の く   い   あ
か す の     が   う ら 家     ら に     く た   る     よ と   な   る
 か 譬     け       の       帰     れ ち   の     う き   さ   か
    を     な       主       っ     る を   を     に     い   ら
    話     い       人       て     で                     で
    し     時       は                                   あ
    て     に                                           る
 12 









           48         47            46          45      44       43         42  

要 多 打 し   打 用 主   あ 処 時 そ   そ 心 し   全 よ   の 主   忠 立 そ
求 く た か   た 意 人   ろ し に の   し の か   財 く   を 人   実 て こ
さ 求 れ し   れ も の   う て 帰 僕   て 中 し   産 言   見 が   な て で
れ め 方     る せ こ       っ の   食 で     を っ   ら 帰   思   主
る ら が 知   で ず こ     不 て 主   べ 思 も   管 て   れ っ   慮 時 が
の れ 少 ら   あ 勤 ろ     忠 く 人   た い し   理 お   る て   深 に 言
で   な ず   ろ め を     実 る は   り   そ   さ く   僕 き   い 応 わ
あ 多 い に   う も 知     な で 思     男 の   せ が   は た   家 じ れ
る く だ 打     し っ     も あ い   飲 女 僕   る       と   令 て た
  任 ろ た     な て     の ろ が   ん の が   で 主   さ き   は 定  
  せ う れ     か い     た う け   だ 召     あ 人   い       め ¬
  ら   る     っ な     ち   な   り 使 主   ろ は   わ そ   い の 主
  れ 多 よ     た が     と そ い   し た 人   う そ   い の   っ 食 人
  た く う     僕 ら     同 し 日   て ち の     の   で よ   た 事 が
  者 与 な     は       じ て に   酔 を 帰     僕   あ う   い を  
  か え こ       そ     目       い 打 り     を   る に   だ そ 召
  ら ら と     多 れ     に 彼 気   は ち が     立     つ   れ な 使
  は れ を     く に     あ を が   じ た お     て     と   で え た
  更 た し     む 従     わ 厳 つ   め た そ     て     め   あ さ ち
  に 者 た     ち っ     せ 罰 か   る き い     自     て   ろ せ の
  多 か 者       て     る に な   な   と     分     い   う る 上
  く ら は             で   い   ら         の     る       に
    は                       ば                        
 12 









     55             54        53       52          51        50          49  

果 そ   果 に ¬     で し ま   れ と   お た あ   わ あ し   願 火  
た れ   し わ あ イ   あ ゅ た   て い   く め な   た る か   っ が わ
し か   て か な エ   ろ う 父     う     に た   し   し   て す た
て ら   そ 雨 た ス   う と は   三 の   そ き が   は そ     い で し
そ 南   の が が は    め 子   人 は   う た た   ど し わ   る に は
の 風   と や た ま     は に   は     で と は   ん て た   こ 燃  
と が   お っ は た     嫁     ふ 今   は 思     な   し   と え 火
お 吹   り て   群     に 子   た か   な っ わ   に そ に   が て を
り く   に 来 雲 衆       は   り ら   い て た   か れ は     い 地
に と   な る が に     嫁 父   に 後     い し   苦 を 受     た 上
な     る   西 対     は に     は   む る が   し 受 け     な に
る 暑     と に し     し     ふ     し の 平   い け ね     ら 投
  く     言 起 て     ゅ 母   た 一   ろ か 和   思 て ば     と じ
  な     う る も     う は   り 家   分   を   い し な       る
  る       の 言     と 娘   は の   裂 あ こ   を ま ら     わ た
  だ       を わ     め に   三 内   で な の   す う な     た め
  ろ       見 れ     に     人 で   あ た 地   る ま い     し に
  う       る た       娘   に 五   る が 上   こ で バ     は き
          と       対 は   対 人     た に   と は プ     ど た
  と       す       立 母   立 が     に も   で   テ     ん の
  言       ぐ       す に   し 相     言 た   あ   ス     な だ
  う               る       分     っ ら   ろ   マ     に  
                                て す   う   が        
 12 









            2           1              59                  58       57         56  

以 あ ¬ こ   血 ガ         こ 支 わ   獄 裁 あ よ と た   判 ま   こ こ 偽
上 っ そ で   に リ ち       と 払 た   に 判 な う こ と   断 た   と と 善
に た れ イ   混 ラ ょ   ▲   は っ し   投 官 た に ろ え   し     が を 者
罪 か か エ   ぜ ヤ う   第   で て は   げ は を 努 へ ば   な あ   で 知 よ
が ら ら ス   た 人 ど   1   き し 意   込 あ 裁 め 行     い な   き り  
深 と ガ は   こ た そ   3   な ま っ   む な 判 る く あ   の た   な な あ
か い リ 答   と ち の   章   い う て   で た 官 が と な   か が   い が な
っ っ ラ え   を の 時   ▼    ま 置   あ を の よ き た     た   の ら た
た て ヤ て     血           で く   ろ 獄 と い は を     は   か   が
と   人 言   イ を あ         は     う 吏 こ     訴           ど た
思 他 が わ   エ 流 る           最     に ろ そ 途 え     な     う は
う の   れ   ス し 人         決 後     引 へ う 中 る     ぜ     し 天
の す そ た   に   々         し の     き ひ し で 人     正     て 地
か べ の     知 そ が         て 一     渡 っ な そ と     し     今 の
  て よ     ら れ き         そ レ     し ぱ い の 一     い     の 模
  の う     せ を て         こ ブ       っ と 人 緒     こ     時 様
  ガ な     た 彼           か タ     獄 て   と に     と     代 を
  リ 災       ら ピ         ら ま     吏 行 そ 和 役     を     を 見
  ラ 難       の ラ         出 で     は き の 解 人     自     見 分
  ヤ に       犠 ト         て も     あ   人 す の     分     分 け
  人         牲 が         来       な   は る       で     け る
            の           る       た                   る  
                                を                      
 13 









  10        9          8             7           6          5          4        3  

    そ そ   掘 そ す   な い 求 そ   置 ¬     滅 あ あ   罪 あ ま   悔 あ
安   れ れ   っ の る   ん ま め こ   い あ そ   び な な   の の た   い な
息   で で   て ま と   の だ て で   た る れ   る た た   負 十     改 た
日   も 来   肥 ま 園   た に   園   の 人 か   で が が   債 八 シ   め が
に   だ 年   料 に 丁   め 見 こ 丁   で が ら   あ た た   が 人 ロ   な た
    め 実   を し は   に あ の に     自     ろ も に   あ は ア   け に
あ   で が   や て 答     た い 言   実 分 こ   う 悔 言   っ   ム   れ 言
る   し な   っ 置 え   土 ら ち っ   を の の    い う   た エ の   ば う
会   た り   て い て   地 な じ た   捜 ぶ 譬     改 が   と ル 塔     が
堂   ら ま   見 て 言   を い く     し ど を     め     思 サ が   み  
で     し   ま く っ   む   の △   に う 語     な そ   う レ 倒   な そ
教   切 た   す だ た   だ そ 木 わ   き 園 ら     け う   か ム れ   同 う
え   り ら   か さ     に の の た   た に れ     れ で     の た   じ で
て   倒 結   ら い △   ふ 木 と し   が い た     ば は     他 た   よ は
お   し 構       ご   さ を こ は   見 ち         な     の め   う な
ら   て で     そ 主   が 切 ろ 三   つ じ       み い     全 に   に い
れ   く す     の 人   せ り に 年   か く       な       住 お   滅  
る   だ       ま 様   て 倒 き 間   ら の       同       民 し   び あ
と   さ も     わ     置 し た も   な 木       じ       以 殺   る な
    い し     り こ   く て の 実   か を       よ       上 さ   で た
    ▽       を と   の し だ を   っ 植       う       に れ   あ が
             し   か ま が     た え       に         た   ろ た
              も   ▽ え         て                     う も
 13 









        17          16            15            14         13       12         11  

な み こ   そ ア そ   解 安 ¬ 主   な ¬ い と   た そ 手   ¬ イ   い ま そ
さ な う   の ブ れ   い 息 偽 は   お 働 や こ   た の を   女 エ   た ま こ
れ 恥 言   束 ラ な   て 日 善 こ   し く さ ろ   え か そ   よ ス     で に
た じ わ   縛 ハ ら     で 者 れ   て べ れ が   は ら の     は       十
す 入 れ   か ム     水 あ た に   も き た 会   じ だ 上   あ こ     か 八
べ っ た   ら の 十   を っ ち 答   ら 日 こ 堂   め が に   な の     ら 年
て た の   解 娘 八   飲 て よ え   い は と 司   た ま 置   た 女     だ 間
の   で   い で 年   ま も   て   に 六 を は     っ か   の を     を も
す そ     て あ 間   せ   あ 言   き 日 憤       す れ   病 見     伸 病
ば し イ   や る も   に 自 な わ   な あ り イ     ぐ た   気 て     ば 気
ら て エ   る こ サ   引 分 た れ   さ る   エ     に     は       す の
し 群 ス   べ の タ   き の が た   い   群 ス     な す   な 呼     こ 霊
い 衆 に   き 女 ン   出 牛 た       そ 衆 が     り る   お び     と に
み は 反   で を に   し や は     安 の に 安       と   っ よ     の つ
わ こ 対   は   縛   て ろ だ     息 間 む 息     そ 立   た せ     全 か
ざ ぞ し   な 安 ら   や ば れ     日 に か 日     し ち          く れ
を っ て   か 息 れ   る を で     に   っ に     て ど   と       で  
見 て い   っ 日 て   で 家 も     は   て 病     神 こ   言       き か
て   た   た で い   は 畜       い   言 気     を ろ   っ       な が
喜 イ 人   か あ た   な 小       け   っ を       に   て       い ん
ん エ た    っ     い 屋       な   た                     女 だ
だ ス ち     て     か か       い                         が  
  が は     も       ら                                   
 13 









              25           24       23       22       21    20        19       18  

人 主 △ あ 家   の 事 ¬ そ   ¬ す   エ     三 パ   ま   空 そ 一   ま  
な 人 ご な の   だ 実 狭 こ   主 る   ル さ   斗 ン   た   の れ 粒   た そ
の は 主 た 主   か   い で   よ と   サ て   の 種   言   鳥 を の   そ こ
か そ 人 が 人   ら は 戸 イ         レ イ   粉 の   わ   も 取 か   れ で
  れ 様 た が     い 口 エ   救 あ   ム エ   の よ   れ   そ っ ら   を 言
わ に   が 立     ろ か ス   わ る   へ ス   中 う   た   の て し   何 わ
た 答 ど 外 っ     う ら は   れ 人   と は   に に       枝 庭 種   に れ
し え う に て     と は 人   る が   旅 教   混 も   ¬   に に の   た た
は て ぞ 立 戸     し い 々   人 イ   を え   ぜ の   神   宿 ま よ   と  
知   あ ち を     て る に   は エ   続 な   る で   の   る く う   え ¬
ら △ け 戸 閉     も よ む   少 ス   け が   と あ   国   よ と な   よ 神
な あ て を じ       う か   な に   ら ら     る   を   う   も   う の
い な く た て     は に っ   い     れ 町   全     何   に 育 の   か 国
▽ た だ た し     い 努 て   の     た 々   体 女   に   な っ で     は
と が さ き ま     れ め 言   で       村   が が   た   る て あ     何
言 た い 始 っ     な な わ   す       々   ふ そ   と    木 る     に
う が ▽ め て     い さ れ   か       を   く れ   え     と       似
で ど と て か     人 い た          通   ら を   よ     な あ     て
あ こ 言   ら     が       と       り   ん 取   う     り る     い
ろ か っ         多       尋       過   で っ   か       人     る
う ら て         い       ね       ぎ   く て           が     か
  き も                 た           る                    
  た                                                   
 13 









           32          31     30       29             28         27         26  

そ 悪 行 そ   ヘ に     ま こ   北 そ   そ 自 す あ   み わ 彼   大 食 そ
し 霊 っ こ   ロ 近 ち   た う   か れ   こ 分 べ な   ん た は   通 い の
て を て で   デ 寄 ょ     し   ら か   で た て た   な し     り し と
三 追 こ 彼   が っ う   先 て   き ら   泣 ち の が   行 は △   で ま き
日 い う ら   あ て ど   の あ   て 人   き は 預 た   っ 知 あ   教 し  
目 出 言 に   な き そ   も と     々   叫 外 言 は   て ら な   え た △
に し え 言   た て の   の の   神 が   ん に 者     し な た   て   わ
わ     わ   を 言 時   で も   の     だ 投 た ア   ま い が   く ま た
ざ ま △ れ   殺 っ     あ の   国 東   り げ ち ブ   え   た   だ た し
を た 見 た   そ た あ   と で   で か     出 が ラ   ▽ 悪 が   さ   た
終   よ     う   る   に 先   宴 ら   歯 さ   ハ   と 事 ど   い あ ち
え 病   ¬   と ¬ パ   な に   会 西   が れ 神 ム   言 を こ   ま な は
る 気 わ あ   し こ リ   る な   の か   み る の     う 働 か   し た あ
で を た の   て こ サ   も る   席 ら   を こ 国 イ   で く ら   た は な
あ い し き   い か イ   の も   に     し と に サ   あ 者 き   ▽ わ た
ろ や は つ   ま ら 人   が の   つ ま   た に は ク   ろ ど た   と た と
う し き ね   す 出 た   あ が   く た   り な い     う も 人   言 し ご
    ょ の    て ち   る あ   で 南   す れ っ ヤ     よ な   い た 一
    う と     行 が    り   あ か   る ば て コ       の   出 ち 緒
    も こ     き           ろ ら   で   い ブ       か   し の に
    あ ろ     な イ         う     あ   る や           て   飲
    す へ     さ エ               ろ   の             も   み
    も       い ス               う   に                  
 13 









         2           1                    35                  34            33  

  み す   た あ         再 と △ わ 見   応 こ わ ち お あ   か エ わ し
  ま る   が る あ       び お 主 た よ   じ と た ょ ま あ   ら ル た か
  え と     パ る   ▲   わ ま の し     よ で し う え     で サ し し
  に そ   人 リ 安   第   た え 名 は お   う あ は ど に エ   あ レ は  
  い こ   々 サ 息   1   し た に 言 ま   と ろ お め つ ル   る ム 進 き
  た に   は イ 日   4   に ち よ っ え   し う ま ん か サ   ▽ 以 ん ょ
        イ 派 の   章   会 が っ て た   な   え ど わ レ     外 で う
    水   エ の こ   ▼   う 言 て 置 ち   か そ の り さ ム     の 行 も
    腫   ス か と       こ う き く の   っ れ 子 が れ       地 か あ
    を   の し         と 時 た   家   た だ ら 翼 た エ     で ね す
    わ   様 ら 食       は の る   は     の を の 人 ル     死 ば も
    ず   子 の 事       な 来 も   見     に 幾 下 々 サ     ぬ な  
    ら   を 家 を       い る の   捨       た に を レ     こ ら ま
    っ   う に す       で ま に   て     お び ひ 石 ム     と な た
    て   か は る       あ で     ら     ま 集 な で       は い そ
    い   が い た       ろ は 祝   れ     え め を 打 預         の
    る   っ っ め       う   福   て     た よ 集 ち 言     あ 預 次
    人   て て に          あ   し     ち う め 殺 者     り 言 の
    が   い 行             れ   ま     は と る す た     得 者 日
        た か             ▽   う       し よ 者 ち     な が も
          れ                         た う よ を     い    
                                      に   殺          
                                          し          
 14 









     10              9         8        7     6             5       4           3  

す む   な そ △ そ   い あ ¬   ご 客   彼   や 安 自 そ   置 彼   こ 言 イ
わ し   る の こ の   る る 婚   ら に   ら   ら 息 分 れ   い ら   と わ エ
り ろ   で と の 場   か い 宴   ん 招   は   な 日 の か   て は   か れ ス
な     あ き か 合   も は に   に か   こ   い だ む ら   い 黙   ど た は
さ 招   ろ   た     知   招   な れ   れ   者 か す 彼   や っ   う   律
い か   う あ に あ   れ あ か   っ た   に   が ら こ ら   し て   か ¬ 法
  れ     な 座 な   な な れ   て 者   対   い と か に   て い    安 学
そ た     た を た   い た た     た   し   る い 牛 言   や た     息 者
う 場     は 譲 と     よ と   彼 ち   て   だ っ が わ   り       日 や
す 合     恥 っ そ     り き   ら が   返   ろ て 井 れ     そ     に パ
れ に     じ て の     も は   に 上   す   う   戸 た   そ こ     人 リ
ば は     入 く 人     身     一 座   言   か す に     し で     を サ
        っ だ と     分 上   つ を   葉    ぐ 落 ¬   て イ     い イ
招 末     て さ を     の 座   の 選   が     に ち あ   お エ     や 人
い 座     末 い 招     高 に   譬 ん   な     引 込 な   帰 ス     す た
て に     座 ▽ い     い つ   を で   か     き ん た   り は     の ち
く 行     に と た     人 く   語 い   っ     上 だ が   に そ     は に
れ っ     つ 言 者     が な   ら る   た     げ な た   な の       む
た て     く う が     招     れ 様         て ら の   っ 人     正 か
        こ で き     か     た 子             う   た に     し っ
        と あ て     れ       を             ち     手     い て
        に ろ       て                     で     を        
          う                                            
 14 









     16          15        14       13                12      11                

晩 そ   言 ¬     は さ そ   足 む   返 恐 兄 ¬     低 お   で す と 人
餐 こ   っ 神 列     い う   な し   礼 ら 弟 午 ま   く お   あ る 言 が
会 で   た の 席   あ わ す   え ろ   を く   餐 た   す よ   ろ み う き
を イ     国 者   な い れ         受 彼 親 ま     る そ   う ん で て
催 エ     で の   た に ば   盲 宴   け ら 族 た イ   者       な あ  
し ス     食 ひ   は な     人 会   る も   晩 エ   は 自     の ろ △
て が     事 と   報 る 彼   な を   こ あ 金 餐 ス   高 分     前 う 友
  言     を り   い で ら   ど 催   と な 持 の は   く を     で   よ
大 わ     す が   ら あ は   を す   に た の 席 自   さ 高       そ  
ぜ れ     る こ   れ ろ 返   招 場   な を 隣 を 分   れ く     面 の 上
い た     人 れ   る う 礼   く 合   る 招 り 設 を   る す     目 と 座
の       は を   で   が   が に   か き 人 け 招   で る     を き の
人 ¬       聞   あ 正 で   よ は   ら か な る い   あ 者     ほ   方
を あ     さ い   ろ し き   い       え ど 場 た   ろ は     ど あ へ
招 る     い て   う い な     貧     し は 合 人   う 低     こ な お
い 人     わ イ    人 い     乏       呼 に に    く     す た 進
た が     い エ     々 か     人     そ ば は 言     さ     こ は み
  盛     で ス     の ら           れ ぬ   わ     れ     と 席 く
  大     す に     復       不     で が 友 れ           に を だ
  な            活 あ     具     あ よ 人 た     自     な 共 さ
        と       の な     者     な い         分     る に い
                際 た           た           を         ▽
                に は           は                      
 14 









        23       22              21       20          19           18          17  

人 出 主   い 僕   連 貧 △ す 僕   の も   お そ ほ   言 れ △ と   も も 晩
々 て 人   た は   れ 乏 い る は   で う   ゆ れ か   っ ば わ こ   う と 餐
を 行 が   し 言   て 人 ま と 帰     ひ   る を の   た な た ろ   準 に の
無 っ 僕   ま っ   き   す 家 っ   参 と   し し 人     り し が   備 僕 時
理 て に   し た   な 不 ぐ の て   る り   く ら は     ま は     が を 刻
や   言   た     さ 具 に 主 き   こ の   だ べ       せ 土 み   で 送 に
り こ っ   が △   い 者   人 て   と 人   さ に △     ん 地 ん   き っ な
ひ の た     ご   ▽   町 は     が は   い 行 わ       を な   ま て っ
っ 家     ま 主     盲 の お 以   で     ▽ く た     ど 買 一   し △ た
ぱ が △   だ 人     人 大 こ 上   き △     と し     う い 様   た さ の
っ い 道   席 様       通 っ の   ま わ     こ は     ぞ ま に   か あ で
て っ や   が       足 り て 事   せ た     ろ 五       し 断   ら    
き ぱ か   ご 仰     な や 僕 を   ん し     で 対     お た り   ▽ お 招
な い き   ざ せ     え 小 に 主   ▽ は     す の     ゆ の は   と い い
さ に ね   い の     な 道 言 人   と 妻       牛     る で じ   言 で て
い な の   ま と     ど へ っ に   言 を     ど を     し   め   わ く お
  る あ   す お     を 行 た 報   っ め     う 買     く 行 た   せ だ い
  よ た   ▽ り       っ   告   た と     ぞ い     だ っ     た さ た
  う り     に     こ て   し     り       ま     さ て 最     い 人
  に に           こ     た     ま       し     い 見 後       た
                へ           し       た     ▽ な の       ち
                            た       の     と け 人       の
                                    で         は        
 14 









     31       30      29            28       27            26      25          24  

た ま   と △   で そ   そ 持 思 あ   な 自   で 来 さ ¬   彼 5   な わ あ
め た   言 あ   き う   の っ う な   け 分   き る ら だ   ら 大   い た な
に     っ の   ず し   費 て な た   れ の   な の に れ   の ぜ   で し た
出 ど   て 人     な   用 い ら が   ば 十   い で 自 で   方 い   あ の が
て ん   あ は   見 い   を る   た     字     な 分 も   に の   ろ 晩 た
行 な   ざ 建   て と   計 か そ の   わ 架     け の     向 群   う 餐 に
く 王   笑 て   い     算 ど れ う   た を     れ 命 父   い 衆   ▽ に 言
場 で   う か   る 土   し う を ち   し 負     ば ま     て が    あ っ
合 も   よ け   み 台   な か 仕 で   の う       で 母   言 つ     ず て
に     う た   ん を   い を 上     弟 て     わ も     わ い     か 置
は ほ   に が   な す   だ 見 げ だ   子 わ     た 捨 妻   れ て     る く
  か   な     の え   ろ る る れ   と た     し て     た き     者 が
ま の   ろ 仕   人 た   う た の か   な し     の て 子     た     は  
ず 王   う 上   が だ   か め に が   る に     弟         の     ひ 招
座 と     げ     け       足 邸   こ つ     子 わ 兄     で     と か
し 戦     が     で     ま り 宅   と い     と た 弟           り れ
て い     で     完     ず る を   は て     な し       イ     も な
  を     き     成       だ 建   で 来     る の 姉     エ       い
こ 交     な     す     す け て   き る     こ も 妹     ス       人
ち え     か     る     わ の よ   な も     と と       は       で
ら る     っ     こ     っ 金 う   い の     は に                
の       た     と     て を と     で                        
        ▽     が                                        
 14 









      4     3          2       1            35      34          33      32           

い ¬   そ   し ¬ す   聞        し 土   な 塩   わ 財 そ   う も   敵 一
た あ   こ   て こ る   こ さ      ま に   っ は   た 産 れ   ち し   に 万
と な   で   い の と   う て  ▲   う も   た 良   し を と   に 自   対 人
す た   イ   る 人 パ   と    第     肥   ら い   の こ 同     分   抗 を
る が   エ    は リ   し 取  1   聞 料     も   弟 と じ   使 の   で も
  た   ス   と 罪 サ   て 税  5   く に   何 の   子 ご よ   者 力   き っ
そ の   は   言 人 イ   近 人  章   耳 も   に だ   と と う   を に   る て
の う   彼   っ た 人   寄 や  ▼   の 役   よ     な く に   送 あ   か  
一 ち   ら   た ち や   っ 罪      あ 立   っ し   る 捨     っ ま   ど 二
匹 に   に     を 律   て 人      る た   て か   こ て あ   て れ   う 万
が           迎 法   き た      も ず   塩 し   と 切 な     ば   か 人
い 百   こ     え 学   た ち      の     味     は る た   和       を
な 匹   の     て 者     が      は 外   が 塩   で も が   を 敵   考 率
く の   譬     一 た     皆      聞 に   取 も   き の た   求 が   え い
な 羊   を     緒 ち            く 投   り き   な で の   め ま   て て
っ を   お     に が     イ      が げ   も き   い な う   る だ   み 向
た 持   話     食 つ     エ      よ 捨   ど め     く ち   で 遠   な か
ら っ   し     事 ぶ     ス      い て   さ が     て で   あ く   い っ
  て   に     を や     の       ら   れ な     は     ろ に   だ て
  い   な       い     話        れ   よ く       自   う い   ろ 来
  る   っ       て     を        て   う         分     る   う る
  者   た                          か         の         か  
  が                                                     
 15 









        10             9             8              7          6    5           

が で よ   言 な 呼 そ   捜 つ そ     よ 九 で よ   羊 △ 家   そ   一 九
あ も く   う く び し   さ け の ま   ろ 十 も く   を わ に   し   匹 十
る 悔 聞   で し 集 て   な て 一 た   こ 九 悔 聞   見 た 帰   て   を 九
で い き   あ た め     い 家 枚     び 人 い き   つ し っ   見     匹
あ 改 な   ろ 銀 て 見   で 中 を あ   が の 改 な   け と て   つ     を
ろ め さ   う 貨   つ   あ を な る     正 め さ   ま 一 き   け   見 野
う る い     が △ け   ろ 掃 く 女   天 し る い   し 緒 て   た   つ 原
 な       見 わ た   う き し が   に い な     た に 友   ら   け に
  ら そ     つ た な   か   た 銀   あ 人 ら そ   か 喜 人       る 残
    れ     か し ら     そ と 貨   る の   れ   ら ん や   喜   ま し
  神 と     り と       れ す 十   で た 悔 と   ▽ で 隣   ん   で て
  の 同     ま 一 女     を れ 枚   し め 改 同   と く り   で   は お
  御 じ     し 緒 友     見 ば を   ょ に め じ   言 だ 人   そ   捜 い
  使 よ     た に だ     つ   持   う も を よ   う さ を   れ   し て
  た う     か 喜 ち     け 彼 っ     ま 必 う   で い 呼   を   歩  
  ち に     ら ん や     る 女 て     さ 要 に   あ   び   自   か い
  の       ▽ で 近     ま は い     る と     ろ い 集   分   な な
  前 罪     と く 所     で あ て     大 し 罪   う な め   の   い く
  で 人       だ の     は か       き な 人     く     肩   で な
  よ が       さ 女     注 り も     な い が     な     に   あ っ
  ろ ひ       い た     意 を し         ひ     っ     乗   ろ た
  こ と         ち     深             と     た     せ   う  
  び り         を     く             り               か  
 15 









           17       16        15          14         13         12       11  

死 大 △ そ   思 彼   飼 を そ   窮 ひ 何   持 全 そ   そ 財 と   あ  
の ぜ 父 こ   う は   わ 寄 こ   し ど も   ち 部 れ   こ 産 こ   っ ま
う い の で   ほ     せ せ で   は い か   く と か   で の ろ   た た
と い と 彼   ど 豚   た た     じ き も   ず り ら     う が     言
し る こ は   で の     と そ   め き 浪   し ま 幾   父 ち       わ
て の ろ 本   あ 食     こ の   た ん 費   て と 日   は で 弟     れ
い に に 心   っ べ     ろ 地     が し   財 め も   そ わ が     た
る   は に   た る     が 方     あ て   産 て た   の た 父      
  わ 食 立   が い       の     っ し   を 遠 た   身 し 親     ¬
  た 物 ち     な     そ あ     た ま   使 い な   代 が に     あ
  し の か   何 ご     の る     の っ   い 所 い   を い 言     る
  は あ え   も 豆     人 住     で た   果 へ う   ふ た っ     人
  こ り っ   く で     は 民       の   し 行 ち   た だ た     に
  こ 余 て   れ 腹     彼 の     彼 ち   た き に   り く        
  で っ 言   る を     を と     は             に 分 △     ふ
  飢 て っ   人 満     畑 こ     食 そ     そ 弟   分 を 父     た
  え い た   は た     に ろ     べ の     こ は   け く よ     り
  て る     な し     や に     る 地     で 自   て だ       の
    雇     か た     っ 行     こ 方     放 分   や さ あ     息
    人     っ い     て っ     と に     蕩 の   っ い な     子
    が     た と     豚 て     に       に も   た ▽ た     が
                  を 身     も       身 の       の      
                                  を を              
 15 









        24      23            22             21         20      19          18  

そ な こ   食 ま   は 着 △ し   む む △ む   走 離 そ   ど も   罪 わ 立
れ っ の   べ た   か せ さ か   す か 父 す   り れ こ   う う   を た っ
か て む   て     せ   あ し   こ っ よ こ   寄 て で   ぞ     犯 し て
ら い す   楽 肥   な 指   父   と て   は   り い 立     あ   し は  
祝 た こ   し え   さ 輪 早 は   呼 も わ 父     た っ   雇 な   ま 天 父
宴 の が   も た   い を く 僕   ば   た に   そ の て   人 た   し に の
が に 死   う 子     手   た   れ 罪 し 言   の に     の の   た 対 と
は 見 ん   で 牛     に 最 ち   る を は っ   首   父   ひ む     し こ
じ つ で   は を     は 上 に   資 犯 天 た   を 父 の   と す     て ろ
ま か い   な 引     め の 言   格 し に     だ は と   り こ     も へ
っ っ た   い い       着 い   は ま 対     い 彼 こ   同 と       帰
た た の   か て     は 物 つ   あ し し     て を ろ   様 呼     あ っ
  の に     き     き を け   り た て     接 み へ   に ば     な て
  だ 生     て     も 出 た   ま   も     吻 と 出   し れ     た  
  か き     ほ     の し     せ も       し め か   て る     に そ
  ら 返     ふ     を て     ん う あ     た   け   く 資     む う
  ▽ り     り     足 き     ▽ あ な       哀 た   だ 格     か 言
          な     に て       な た       れ     さ は     っ お
    い     さ       こ       た に       に ま   い あ     て う
    な     い       の       の         思 だ   ▽ り     も  
    く             子                 っ 遠     ま       父
                  に                 て く     せ       よ
                                            ん        
 15 









        31         30            29       28            27      26       25  

全 わ す   そ 身 そ   た そ あ 兄   父 兄   ほ 無 △ 僕   な ひ   近 と
部 た る   の 代 れ   め む な は   が は   ふ 事 あ は   の と   づ こ
あ し と   た を だ   に い た 父   出 お   ら に な 答   か り   く ろ
な と 父   め 食 の   子 た に に   て こ   せ 迎 た え   ▽ の   と が
た 一 は   に い に   や こ 仕 む   き っ   な え の た   と 僕      
の 緒 言   肥 つ     ぎ と え か   て て   さ た ご     尋 を   音 兄
も に っ   え ぶ 遊   一 は て っ   な 家   っ と 兄     ね 呼   楽 は
の い た   た し 女   匹 な   て   だ に   た い 弟     た ん   や 畑
だ る     子 た ど   も か 一 言   め は   の う が       で   踊 に
  し △   牛 こ も   下 っ 度 っ   る い   で の お           り い
    子   を の と   さ た で た   と ろ   す で 帰       △   の た
  ま よ   ほ あ 一   っ の も       う   ▽   り       い   音 が
  た     ふ な 緒   た に あ △     と     父 に       っ   が  
  わ あ   り た に   こ   な わ     し     上 な       た   聞 帰
  た な   な の な   と 友 た た     な     が り       い   え っ
  し た   さ 子 っ   は だ の し     か     肥 ま           た た
  の は   い が て   あ ち 言 は     っ     え し       こ   の き
  も い   ま 帰     り と い 何     た     た た       れ   で て
  の つ   し っ あ   ま 楽 つ か     の     子         は     家
  は も   た て な   せ し け 年     で     牛         何     に
          く た   ん む に も           を         事      
        ▽ る の                                      
          と                                        
 15 









         5          4             3              2            1                32  

主 呼 そ   迎 や そ   恥 土 主 こ   さ あ 聞 そ   す 彼 ¬         喜 返 し
人 び れ   え め う   ず を 人 の   せ な い こ   る は あ イ       び り か
に 出 か   た さ だ   か 掘 が 家   て た て で   者 主 る エ   ▲   祝   し
ど し ら   く せ     し る わ 令   置 の い 主   が 人 金 ス   第   う い  
れ て 彼   れ ら わ   い に た は   く 会 る 人   あ の 持 は   1   の な こ
だ   は   る れ か   し は し 心   わ 計 こ は   っ 財 ち ま   6   は く の
け 初     だ る っ     力 の の   け 報 と 彼   た 産 の た   章   あ な あ
負 め 主   ろ 場 た     が 職 中   に 告 が を     を と     ▼   た っ な
債 の 人   う 合       な を で   は を あ 呼     浪 こ 弟       り て た
が 人 の   ▽   こ     い 取 思   い 出 る ん     費 ろ 子       ま い の
あ に 負     人 う     し り っ   か し が で     し に た       え た 弟
り   債     々 し       上 た   な な   言     て ひ ち       で の は
ま △ 者     が て     物 げ     い さ あ っ     い と に       あ に  
す あ を     わ お     ご よ △   か い れ た     る り 言       る 見 死
か な ひ     た け     い う ど   ら   は       と の わ       ▽ つ ん
▽ た と     し ば     す と う   ▽ も ど △       家 れ        か で
と は り     を       る し し     う う あ     告 令 た         っ い
尋   び     そ 職     の て よ     家 な な     げ が           た た
ね わ と     の を     は い う     令 の た     口 い           の の
た た り     家         る か     を か に     を た           だ に
  し       に                     つ       が           か 生
  の                             い                   ら き
                                て                      
 16 









     12      11       10             9          8             7           6  

た ま   な だ   小 小   迎 富 自 ま   光 ほ と   八 こ で 次   五 △ △
ら た   か か   事 事   え が 分 た   の め こ   十 れ す に   十 こ 油
      っ ら   に に   て 無 の あ   子 た ろ   石 に か     樽 こ 百
だ も   た     不 忠   く く た な   ら   が   と 対 ▽ も   と に 樽
れ し   ら も   忠 実   れ な め た   よ こ 主   書 し と う   書 あ で
が ほ     し   実 な   る っ に が   り の 人   き て 尋 ひ   き な す
あ か   だ あ   な 人   で た 友 た   も 世 は   変   ね と   変 た ▽
な の   れ な   人 は   あ 場 だ に   利 の     え △ る り   え の と
た 人   が た   は     ろ 合 ち 言   口 子 こ   な こ と に   な 証 答
が の   真 が   大 大   う   を う   で ら の   さ こ       さ 書 え
た も   の た   事 事     あ つ が   あ は 不   い に △ △   い が た
の の   富 が   に に     な く     る そ 正   ▽   麦 あ   ▽ あ  
も に   を 不   も も     た る 不     の な   と あ 百 な     る そ
の つ   任 正   不 忠     が が 正     時 家   言 な 石 た       こ
を い   せ の   忠 実     た よ の     代 令   っ た で の     す で
与 て   る 富   実 で     を い 富     に の   た の す 負     ぐ 家
え 忠   で に   で あ     永   を     対 利     証 ▽ 債     そ 令
て 実   あ つ   あ る     遠 そ 用     し 口     書 と は     こ が
く で   ろ い   る       の う い     て な     が 答 ど     に 言
れ な   う て     そ     す す て     は や     あ え れ     す っ
よ か   か 忠     し     ま れ で       り     る た だ     わ た
う っ     実     て     い ば も       方     が   け     っ  
か       で           に           を               て  
 16 









     19          18      17         16                15      14               13  

毎     女 姦 す   滅 し   皆 そ 律   忌 人 し 人 そ   言     で あ 一 で ど
日 あ   を 淫 べ   び か   こ れ 法   み 々 か 々 こ   葉 欲   き な 方 き の
ぜ る   め を て   る し   れ 以 と   き の し の で   を の   な た に な 僕
い 金   と 行 自   方     に 来 預   ら 間   前 彼   聞 深   い が 親 い で
た 持   る う 分   が 律   突   言   わ で 神 で ら   い い    た し   も
く ち   者 も の     法   入 神 者   れ 尊 は 自 に   て パ     は ん 一  
に が   も の 妻   も の   し の と   る ば あ 分 む     リ       で 方 ふ
遊 い     で を   っ 一   て 国 は     れ な を か   イ サ     神 他 を た
び た   姦 あ 出   と 画   い が ヨ     る た 正 っ   エ イ     と 方 憎 り
暮     淫 り し   た が   る 宣 ハ     も が し て   ス 人     富 を ん の
し 彼   を   て   や 落     べ ネ     の た い 言   を た     と う で 主
て は   行 ま 他   す ち     伝 の     は の と わ   あ ち     に と 他 人
い 紫   う た の   い る     え 時       心 す れ   ざ が     兼 ん 方 に
た の   の   女     よ     ら ま     神 を る た   笑       ね じ を 兼
  衣   で 夫 を     り     れ で     の ご 人     っ す     仕 る 愛 ね
  や   あ か め     は       の     み 存 た ¬   た べ     え か し 仕
  細   る ら と           人 も     ま じ ち あ     て     る ら   え
  布     出 る     天     々 で     え で で な     こ     こ で あ る
  を     さ 者     地     は あ     で あ あ た     れ     と あ る こ
  着     れ は     の       る     は る る が     ら     は る い と
  て     た               の           た     の         は は
                                    は                  
                                                       
 16 









     26             25              24          23          22      21          

大 そ   あ も あ ア   苦 冷 に わ そ   は ア そ   葬 ア こ   い そ   お と
き れ   な の な ブ   し さ な た こ   る ブ し   ら ブ の   た の   お こ
な ば   た を た ラ   み せ っ し で   か ラ て   れ ラ 貧     食   わ ろ
淵 か   は 受 は ハ   も て て を 声   に ハ 黄   た ハ 乏   そ 卓   れ が
が り   苦 け 生 ム   だ く   あ を   見 ム 泉     ム 人   の か   て  
お か   し た 前 が   え だ そ わ あ   え と に     の が   上 ら     ラ
い     み   よ 言   て さ の れ げ   た そ い     ふ つ     落   こ ザ
て わ   も し い っ   い い 指 ん て     の て     と い   犬 ち   の ロ
あ た   だ か も た   ま   先 で 言     ふ 苦     こ に   が る   金 と
っ し   え し の     す わ を く っ     と し     ろ 死   き も   持 い
て た   て 今 を △   ▽ た 水 だ た     こ み     に に   て の   ち う
  ち   い こ 受 子     し で さ       ろ な     送     彼 で   の 貧
こ と   る こ け よ     は ぬ い △     に が     ら 御   の 飢   玄 乏
ち あ     で         こ ら   父     い ら     れ 使   で え   関 人
ら な     は ラ 思     の し ラ       る       た た   き を   の が
か た       ザ い     火   ザ ア     ラ 目       ち   物 し   前 全
ら が     彼 ロ 出     炎 わ ロ ブ     ザ を     金 に   を の   に 身
あ た     は の す     の た を ラ     ロ あ     持 連   な ご   す で
な と     慰 方 が     中 し お ハ     と げ     も れ   め う   わ き
た の     め は よ     で の つ ム     が る     死 ら   て と   り 物
が 間     ら 悪 い       舌 か よ       と     ん れ   い 望     で
た に     れ い         を わ               で て   た ん      
の は                   し                       で      
 16 









         1                  31         30       29         28      27           

き 来         し く と ア   行 も 金   が ア   い 所 わ   わ そ   わ 方
た る イ       な る に ブ   っ し 持   あ ブ   た へ た   た こ   た へ
ら こ エ   ▲   い 者 耳 ラ   て 死 が   る ラ   だ 来 し   し で   し 渡
せ と ス   第   で が を ハ   く 人 言     ハ   き る に   の 金   た ろ
る は は   1   あ あ 傾 ム   れ の っ   そ ム   た こ 五   父 持   ち う
者 避 弟   7   ろ っ け は   ま 中 た   れ は   い と 人   の が   の と
は け 子   章   う て な 言   し か     に 言   の が の   家 言   方 思
  ら た   ▼   ▽ も い っ   た ら △   聞 っ   で な 兄   へ っ   へ っ
わ れ ち          な た   ら だ い   く た   す い 弟   ラ た   越 て
ざ な に         彼 ら     彼 れ え   が     ▽ よ が   ザ     え も
わ い 言         ら   △   ら か い   よ △     う い   ロ △   て で
い   わ         は 死 も   は が え   か 彼     に ま   を 父   来 き
で し れ         そ 人 し   悔 兄     ろ ら       す   つ よ   る な
あ か た         の の 彼   い 弟 父   う に     彼 の   か     こ い
る し           勧 中 ら   改 た ア   ▽ は     ら で   わ で   と し
    ¬         め か が   め ち ブ     モ     に     し は   も  
  そ 罪         を ら モ   る の ラ     |     警 こ   て お   で そ
  れ の         聞 よ |   で と ハ     セ     告 ん   く 願   き ち
  ら 誘         き み セ   し こ ム     と     し な   だ い   な ら
  を 惑         入 が と   ょ ろ よ     預     て 苦   さ し   い か
    が         れ え 預   う へ       言       し   い ま   ▽ ら
              は っ 言   ▽         者       い     す      
                て 者                                  
 17 









      8             7             6        5           4           3            2  

わ か   言 彼 僕 あ   な 海 信 そ   く     帰 △ も   ゆ 彼 も あ   入 む こ
た え   う に が な   る に 仰 こ   だ 使   っ 悔 し   る を し な   れ し れ
し っ   だ △ あ た   で 植 が で   さ 途   て い あ   し い あ た   ら ろ ら
が て   ろ す る が   あ わ あ 主   い た   く 改 な   て さ な が   れ   の
飲     う ぐ と た   ろ れ る が    ち   れ め た   や め た た   た ひ 小
み △   か き す の   う ▽ な 言   と は   ば ま に   り な の は   方 き さ
食 夕     て る う     と ら わ   言 主     す 対   な さ 兄     が う い
い 食         ち     言   れ   っ に   ゆ ▽ し   さ い 弟 自     す 者
を の     食 そ の     っ こ た   た ¬   る と て   い   が 分   ま を ひ
す 用     卓 の だ     た の       わ   し 言 一     そ 罪 で   し 首 と
る 意     に 僕 れ     と 桑 ¬     た   て っ 日     し を 注   で に り
あ を     つ が か     し の も     し   や て 七     て 犯 意   あ か を
い し     き 畑 に     て 木 し     た   る あ 度     悔 す し   る け 罪
だ て     な か       も に       ち   が な 罪     い な て     ら に
  く     さ ら 耕         か     の   よ た を     改 ら い     れ 誘
帯 れ     い 帰 作     そ △ ら     信   い の 犯     め   な     て 惑
を       ▽ っ か     の 抜 し     仰    と し     た   さ     海 す
し そ     と て 牧     言 け 種     を     こ       ら   い     に る
め し       来 畜     葉 出 一     増     ろ そ               投 よ
て て       た か     ど し 粒     し     へ し               げ り
給         と を     う て ほ     て       て                 は
仕         き す     り   ど             七                  
を           る     に   の             度                  
 17 









     16       15         14      13       12       11         10       9           

サ イ   大 そ   そ と イ   あ 声   出 そ   サ     す し 同   彼 僕   言 し
マ エ   声 の   し こ エ   わ を   会 し   マ イ   べ ま 様   に が   う な
リ ス   で う   て ろ ス   れ 張   わ て   リ エ   き っ に   感 命   で さ
ヤ の   神 ち     に は   ん り   れ     ヤ ス   事 た あ   謝 じ   は い
人 足   を の   行 行 彼   で あ   た あ   と は   を と な   す ら   な  
で も   ほ ひ   く っ ら   く げ   が る   ガ エ   し き た   る れ   い そ
あ と   め と   途 て を   だ て     村   リ ル   た   が   で た   か の
っ に   た り   中   ご   さ     彼 に   ラ サ   に △ た   あ こ     あ
た ひ   た は   で か ら   い ¬   ら は   ヤ レ   過 わ も   ろ と     と
  れ   え     彼 ら ん    イ   は い   と ム   ぎ た     う を     で
  伏   な 自   ら だ に   と エ   遠 ら   の へ   ま し 命   か し      
  し   が 分   は を な   言 ス   く れ   間 行   せ た じ     た     飲
  て   ら の   き 見 っ   っ さ   の る   を か   ん ち ら     か     み
  感   帰 い   よ せ て   た ま   方 と   通 れ   ▽ は れ     ら     食
  謝   っ や   め な           で     ら る   と ふ た     と     い
  し   て さ   ら さ ¬     わ   立 十   れ と   言 つ こ     い     を
  た   き れ   れ い 祭     た   ち 人   た き   い つ と     っ     す
      て た   た  司     し   ど の         な か を     て     る
  こ     こ     と た     た   ま ら         さ な 皆           が
  れ     と     言 ち     ち   り い         い 僕 し     主     よ
  は     を     わ の     を     病          で て     人     い
        知     れ             人           す       は     ▽
        り     た             に                         と
 17 









        23          22        21          20         19      18          17  

し △ 人   こ 人 そ   中 も ま   ¬ 尋     救 ¬ そ   こ 神   ほ ¬ イ
か 見 々   と の れ   に 言 た   神 ね 神   っ 立 れ   の を   か き エ
し よ は   が 子 か   あ え △   の て の   た っ か   他 ほ   の よ ス
    あ   で の ら   る な 見   国 の 国   の て ら   国 め   九 め は
そ こ な   き 日 弟   の い よ   は で は   だ 行     人 た   人 ら 彼
ち こ た   な を 子   だ           い    き そ   の た   は れ に
ら に が   い 一 た    神 こ   見 イ つ     な の   ほ え     た む
へ ▽ た   時 日 ち     の こ   ら エ 来     さ 人   か る   ど の か
行 と に   が で に     国 に   れ ス る     い に   に た   こ は っ
く 言     来 も 言     は あ   る は の       言   は め   に   て
な う △   る 見 わ       る   か 答 か     あ わ   い に   い 十 言
  で 見   で た れ     実 ▽   た え と     な れ   な 帰   る 人 わ
彼 あ よ   あ い た     に △   ち て       た た   い っ   の で れ
ら ろ     ろ と       あ あ   で 言 パ     の     の て   か は た
の う あ   う 願 ¬     な そ   来 わ リ     信     か き     な  
あ   そ     っ あ     た こ   る れ サ     仰      た     か  
と   こ     て な     が に   も た イ     が       も     っ  
を   に     も た     た あ   の   人     あ       の     た  
追   ▽     見 が     の る   で   が     な       は     か  
う         る た     た ▽   は         た                
な           は     だ な   な         を                
                    ど   い                          
                    と                              
 17 









        31    30      29         28          27       26      25         24  

同 家 そ   人   硫 ロ   い 食 ロ   襲 め ノ   同 そ   ま し   同 ひ い
じ の の   の   黄 ト   た い ト   っ と ア   様 し   た か   じ ら な
よ 中 日   子   と が   が   の   て り が   な て   こ し   よ め ず
う に に   が   が ソ     飲 時   き   箱   こ     の     う き ま
に あ は   現   降 ド     み に   て と 舟   と ノ   時 彼   で 渡 が
  っ     れ   っ ム       も     つ に   が ア   代 は   あ る 天
あ て 屋   る   て か     買 同   彼 ぎ は   起 の   の ま   る よ の
と も 上   日   き ら     い じ   ら な い   こ 時   人 ず   だ う 端
へ   に   も   て 出       よ   を ど る   る に   々 多   ろ に か
も 取 い         て     売 う   こ し 日   で あ   に く   う   ら
ど り る   ち   彼 行     り な   と て ま   あ っ   捨 の     人 ひ
る に 者   ょ   ら っ       こ   ご い で   ろ た   て 苦     の か
な お は   う   を た     植 と   と た     う よ   ら し     子 り
  り     ど   こ 日     え が   く が 人     う   れ み     も 出
  る 自   そ   と に       起   滅   々     に   ね を     そ て
  な 分   れ   ご       建 こ   ぼ そ は         ば 受     の 天
    の   と   と 天     て っ   し こ 食     人   な け     日 の
  畑 持   同   く か     な た   た へ い     の   ら       に 端
  に ち   様   滅 ら     ど       洪       子   な       は へ
  い 物   で   ぼ 火     し 人     水 飲     の   い         と
  る が   あ   し と     て 々     が み     時              
  者     ろ   た         は             に              
  も     う                           も              
 17 









      2        1              37       36         35          34      33    32  

裁 ¬   人         に 尋 弟   他 ∩   残 ひ ふ   他 一 あ   そ 自   ロ
判 あ   々 ま       は ね 子   の ふ   さ と た   の つ な   れ 分   ト
官 る   に た   ▲     た た   ひ た   れ り り   ひ 寝 た   を の   の
が 町   譬     第   ま   ち   と り   る は の   と 床 が   失 命   妻
い に   で イ   1   た す は   り の   で 取 女   り に た   う を   の
た     教 エ   8   は る ¬   は 男   あ り が   は い に   も 救   こ
  神   え ス   章   げ と 主   残 が   ろ 去 一   残 る 言   の お   と
  を   ら は   ▼   た イ よ   さ 畑   う ら 緒   さ な っ   は う   を
  恐   れ 失       か エ     れ に     れ に   れ ら て     と   思
  れ   た 望       が ス そ   る お       う   る ば お   保 す   い
  ず     せ       集 は れ   で れ     他 す   で   く   つ る   出
        ず       ま 言 は   あ ば     の を   あ ひ     の も   し
  人     に       る わ ど   ろ       ひ ひ   ろ と そ   で の   な
  を     常       も れ こ   う ひ     と い   う り の   あ は   さ
  人     に       の た で   ∪ と     り て     は 夜   る     い
  と     祈       で   あ    り     は い     取       そ    
  も     る       あ ¬ る     は       る     り ふ     れ    
  思     べ       る 死 の     取       な     去 た     を    
  わ     き        体 で     り       ら     ら り     失    
  ぬ     こ         の す     去       ば     れ の     い    
        と         あ か     ら               男          
        を         る      れ               が          
                  所 と                                
 18 









         9          8          7        6             5          4              3  

お 人     来 さ あ   し 正 ま   い そ   な 絶 た こ   恐 そ 彼   願 訴 彼 と
話 た 自   る ば な   て し し   る こ   る え め の   れ の ら   い え の こ
し ち 分   と い た   お い て   こ で   で ず に や   ず の は   つ る も ろ
に に を   き て が   か さ 神   と 言   あ や な も     ち し   づ 者 と が
な 対 義     く た   れ ば は   を わ   ろ っ る め   人 心 ば   け を に  
っ し 人   地 だ に   る き     聞 れ   う て 裁 が   を の ら   た さ た そ
た て だ   上 さ 言   こ を 日   い た   ▽ き 判 わ   人 う く     ば び の
    と   に る っ   と し 夜   た      て を た   と ち の     い た 同
  イ 自   信 で て   が て 叫   か ¬     わ し し   も で 間     て び じ
  エ 任   仰 あ お   あ く び     こ     た て に   思 考 き       き 町
  ス し   が ろ く   ろ だ 求     の     し や 面   わ え き     わ て に
  は て   見 う が   う さ め     不     を ろ 倒   な た 入     た   ひ
  ま 他   ら       か ら る     義     悩 う を   い   れ     し △ と
  た 人   れ し 神     ず 選     な     ま   か   が △ な     を ど り
  こ を   る か は     に 民     裁     す そ け     わ い     守 う の
  の 見   で し す     長 の     判     こ う る     た で     っ ぞ や
  譬 下   あ   み     い た     官     と し か     し い     て   も
  を げ   ろ 人 や     間 め     の     が た ら     は た     く わ め
    て   う の か     そ に     言     な ら       神 が     だ た が
    い   か 子 に     の       っ     く   彼     を       さ し い
    る    が       ま       て         女     も       い を て
                  ま                 の             ▽    
                  に                               と    
 18 









     16          15              14          13       12           11          10  

¬ す   そ ら 5   高 自 あ に あ   △ む と   十 わ   こ 不 △ パ   取 そ ¬
幼 る   れ を イ   く 分 の 帰 な   神 け こ   分 た   の 正 神 リ   税 の ふ
な と   を み エ   さ を パ っ た   様 よ ろ   の し   取 な よ サ   人 ひ た
子 イ   見 も ス   れ 高 リ た が     う が   一 は   税 者   イ   で と り
を エ   て と に   る く サ の た   罪 と     を 一   人   わ 人   あ り の
わ ス     に さ   で す イ は に   人 も 取   さ 週   の 姦 た は   っ は 人
た は   彼 連 わ   あ る 人   言   の し 税   さ に   よ 淫 し 立   た パ が
し 幼   ら れ っ   ろ 者 で こ っ   わ な 人   げ 二   う を は っ     リ 祈
の な   を て て   う は は の て   た い は   て 度   な す ほ て     サ る
と 子   た き い    低 な 取 お   し で 遠   い 断   人 る か       イ た
こ ら   し た た     く か 税 く   を   く   ま 食   間 者 の ひ     人 め
ろ を   な   だ     さ っ 人     お 胸 離   す し   で で 人 と     で に
に 呼   め と く     れ た で 神   ゆ を れ   ▽ て   も は た り     あ 宮
来 び   た こ た         あ に   る 打 て     お   な な ち で     り に
る 寄     ろ め     自 お っ 義   し ち 立     り   い く の こ       上
ま せ     が に     分 お て と   く な ち         こ   よ う     も っ
ま て             を よ   さ   だ が       全   と ま う 祈     う た
に 言     弟 人     低 そ   れ   さ ら 目     収   を た な っ     ひ  
し わ     子 々     く     て   い 言 を     入   感   貪 た     と  
て れ     た が     す     自   ▽ っ 天     の   謝   欲       り  
  た     ち 幼     る     分   と た に         し   な       は  
        は な     者     の                 ま   者          
          子     は     家                 す              
 18 









             22       21         20       19         18         17           

よ 分 持 ¬ イ   小 す   父 △ い   言 イ   受 ¬     こ 神 よ   こ お
う け っ あ エ   さ る   と 姦 ま   う エ   け よ ま   と の く   の き
に て て な ス   い と   母 淫 し   の ス   ら き た   は 国 聞   よ な
な や い た は   時 彼   と す め   か は   れ 師     決 を い   う さ
ろ り る の こ   か は   を る は     言   ま よ あ   し 受 て   な い
う な も す れ   ら 言   敬 な あ   神 わ   し   る   て け お   者  
  さ の る を   守 っ   え   な   ひ れ   ょ 何 役   で い く   の 止
そ い を 事 聞   っ た   ▽ 殺 た   と た   う を 人   き れ が   国 め
し   み が い   て      す の   り     か し が   な る よ   で て
て そ な ま て   お ¬     な 知   の ¬    た イ   い 者 い   あ は
  う 売 だ 言   り そ       っ   ほ な     ら エ    で     る な
わ す り 一 わ   ま れ     盗 て   か ぜ     永 ス     な だ     ら
た れ 払 つ れ   す か     む い   に わ     遠 に     け れ     な
し ば っ 残 た    ら     な る   よ た     の 尋     れ で     い
に   て っ       の       と   い し     生 ね     ば も      
従 天   て       こ     偽 お   者 を     命 た       幼     神
っ に 貧 い       と     証 り   は よ     が       そ な     の
て 宝 し る       は     を で   い き             こ 子     国
き を い         み     立 あ   な 者             に の     は
な 持 人         な     て る   い と             は よ      
さ つ 々               る                     い う      
い   に               な                     る に      
                                                  
 18 









     30          29     28       27       26      25         24       23  

き 必   子 だ イ   自 ペ   で イ   こ こ   の 富   あ が イ   あ 彼
た ず   を れ エ   分 テ   き エ   と れ   穴 ん   ろ 神 エ   っ は
る こ   捨 で ス   の ロ   る ス   が を   を で   う の ス   た こ
べ の   て も は   も が    は   で 聞   通 い     国 は   か の
き 時   た 神 言   の 言     言   き い   る る     に 彼   ら 言
世 代   者 の わ   を っ     わ   る た   方 者     は の   で 葉
で で   は 国 れ   捨 た     れ   の 人   が が     い 様   あ を
は は     の た   て       た   で 々     神     る 子   る 聞
永 そ     た     て ¬         す が   も の     の を     い
遠 の     め ¬     ご     ¬   か     っ 国     は 見     て
の 幾     に よ   あ ら     人    ¬   と に     な て     非
生 倍       く   な ん     に   と そ   や は     ん 言     常
命 も     家 聞   た な     は   尋 れ   さ い     と わ     に
を を       い   に さ     で   ね で   し る     む れ     悲
受 受     妻 て   従 い     き   る は   い よ     ず た     し
け け       お   い       な   と      り     か       ん
る       兄 く   ま わ     い     だ     は     し ¬     だ
の ま     弟 が   し た     事     れ           い 財      
で た       よ   た し     も     が     ら     こ 産     大
あ       両 い    た           救     く     と の     金
る       親       ち     神     わ     だ     で あ     持
               は     に     れ     が       る     ち
                      は     る     針       者     で
 18 









     38       37      36      35          34       33      32            31  

あ 声   聞 と   あ 群   道     イ か 弟   三 ま   は 人   す 人 ¬  
わ を   か こ   る 衆   ば イ   エ っ 子   日 た   ず の   べ の 見 イ
れ あ   さ ろ   の が   た エ   ス た た   目     か 子   て 子 よ エ
ん げ   れ が   か 通   に ス   の   ち   に む   し は   成 に   ス
で て   た     と り   す が   言 こ に   よ ち   め 異   就 つ わ は
下     の ナ   尋 過   わ エ   わ の は   み 打   を 邦   す い た 十
さ ¬   で ザ   ね ぎ   っ リ   れ 言     が た   受 人   る て し 二
い ダ     レ   た る   て コ   た 葉 こ   え れ   け に   で 預 た 弟
 ビ     の     音     に   事 が れ   る て     引   あ 言 ち 子
と デ     イ     を   物 近   が 彼 ら   で か   つ き   ろ 者 は を
言 の     エ     耳   ご づ   理 ら の   あ ら   ば わ   う た エ 呼
っ 子     ス     に   い か   解 に こ   ろ     き た     ち ル び
た イ     が     し   を れ   で 隠 と   う つ   を さ     が サ 寄
  エ     お     て   し た   き さ が    い   か れ     し レ せ
  ス     通         て と   な さ 何     に   け       る ム て
  よ     り     彼   い き   か れ 一     殺   ら あ     し へ 言
        な     は   た     っ て つ     さ   れ ざ     た 上 わ
  わ     の     何     あ   た い わ     れ     け     こ っ れ
  た     だ     事     る     た か           ら     と て た
  し     と     が     盲     の ら     そ     れ     は 行  
  を                 人     で な     し             く  
                    が             て             が  
                                                   
 18 









         3       2        1               43      42          41      40          39  

と 背 彼   こ と   お         こ そ す   あ そ   答 な ¬   来 そ   ¬ 彼 先
が が は   の こ   通 さ       れ し る   な こ   え る わ   る こ   ダ は 頭
で 低     人 ろ   り て   ▲   を て と   た で   た と た   よ で   ビ ま に
き か イ   は が   に     第   見 神 彼   の イ       し   う イ   デ す 立
な っ エ   取     な イ   1   て を は   信 エ     ¬ に   に エ   の ま つ
か た ス   税 そ   っ エ   9     あ     仰 ス     主 何     ス   子 す 人
っ の が   人 こ   た ス   章   人 が た   が は     よ を   と は   よ 激 々
た で ど   の に     は   ▼   々 め ち   あ 言       し   お 立     し が
    ん   か ザ     エ       は な ま   な わ     見 て   命 ち   わ く 彼
  群 な   し ア     リ       み が ち   た れ     え ほ   じ ど   た 叫 を
  衆 人   ら カ     コ       な ら 見   を た     る し   に ま   し び し
  に か   で イ     に       神 イ え   救       よ い   な っ   を つ か
  さ 見     と     は       を エ る   っ ¬     う の   っ て   あ づ っ
  え た   金 い     い       さ ス よ   た 見     に か   た     わ け て
  ぎ い   持 う     っ       ん に う    え     な      こ   れ た 黙
  ら と   で 名     て       び 従 に     る     る と   彼 の   ん   ら
  れ 思   あ の             し っ な     よ     こ お   が 者   で   せ
  て っ   っ 人     そ       た て っ     う     と た   近 を   下   よ
  見 て   た が     の         行 た     に     で ず   づ 連   さ   う
  る い     い     町         っ       な     す ね   い れ   い   と
  こ た     た     を         た       れ      に   た て      し
    が                                   と     と         た
                                              き         が
 19 









        11       10      9             8      7        6          5           4  

そ イ     救 人   き イ   そ も 誓 ザ   家 人   イ そ   き 言 イ   と 行 そ
れ エ 人   う の   た エ   れ し っ ア   に 々   エ こ   ょ わ エ   こ っ れ
は ス 々   た 子     ス   を だ て カ   は は   ス で   う れ ス   ろ て で
エ は が   め が   こ は   四 れ 自 イ   い み   を ザ     た は   だ   イ
ル な こ   で き   の 彼   倍 か 分 は   っ な   迎 ア   あ       っ い エ
サ お れ   あ た   人 に   に か の 立   て     え カ   な ¬ そ   た ち ス
レ 一 ら   る の   も 言   し ら 財 っ   客 こ   入 イ   た ザ の   か じ を
ム つ の    は   ア わ   て 不 産 て   と れ   れ は   の ア 場   ら く 見
に の 言         ブ れ   返 正 の 主   な を   た 急   家 カ 所   で 桑 る
近 譬 葉     失   ラ た   し な 半 に   っ 見     い   に イ に   あ の た
づ を を     わ   ハ     ま 取 分 言   た て     で   泊 よ こ   る 木 め
い お 聞     れ   ム ¬   す 立 を っ    つ     お   ま   ら     に に
て 話 い     た   の き    て 貧 た   と ぶ     り   る 急 れ     登  
こ し て     も   子 ょ     を 民     言 や     て   こ い た     っ 前
ら に い     の   な う     し に ¬   っ き     き   と で と     た の
れ な る     を   の       て 施 主   た       て   に 下 き       方
た っ と     尋   だ 救     い し は     ¬         し り       そ に
し た き     ね   か い     ま ま       彼     よ   て て 上     こ 走
    に     出   ら が     し す わ     は     ろ   い き を     を っ
          し     こ     た   た     罪     こ   る な 見     通 て
          て     の     ら ま し     人     ん   か さ あ     ら  
                家       た は     の     で   ら い げ     れ  
                に                            て     る  
 19 









     18         17       16         15         14          13         12           

一 次   支 あ 主   あ 最   お ど さ   わ あ と   し △ そ   な 受 そ   た ま
ミ の   配 な 人   な 初   い ん て   れ と こ   な わ こ   っ け れ   め た
ナ 者   さ た は   た の   た な     わ か ろ   さ た で   た て で   で 人
で が   せ は 言   の 者   僕 も 彼   れ ら が   い し 十     帰 言   あ 々
五 き   る 小 っ   1 が   た う が   は 使     ▽ が 人     っ わ   る が
ミ て   ▽ さ た   ミ 進   ち け 王   望 者 本     帰 の     て れ     神
ナ 言     い     ナ み   を を 位   ん を 国     っ 僕     く た     の
を っ     事 △   で 出   呼 し を   で お の     て を     る       国
つ た     に よ   十 て   ん た 受   い く 住     来 呼     た ¬     は
く       忠 い   ミ 言   で か け   な っ 民     る び     め あ     た
り △     実 僕   ナ っ   こ を て   い て は     ま 十     に る     ち
ま ご     で よ   を た   さ 知 帰   ▽   彼     で ミ     遠 身     ま
し 主     あ     も     せ ろ っ   と △ を       ナ     い 分     ち
た 人     っ う   う △   た う て   言 こ 憎     こ を     所 高     現
▽ 様     た ま   け ご     と き   わ の ん     れ 渡     へ い     れ
        か く   ま 主     し た   せ 人 で     で し     旅 の     る
  あ     ら や   し 人     て と   た が い     商 て     立 人     と
  な       っ   た 様       き     王 た     売 言     つ が     思
  た     十 た   ▽       金       に の     を っ     こ       っ
  の     の             を だ     な で       た     と 王     て
        町             渡 れ     る               に 位     い
        を             し が     の                 を     た
                      て       を                        
 19 









     25          24        23             22         21            20       19  

持 彼   与 彼 そ   利 そ で   も あ そ 彼   刈 も あ   し あ △ そ   か そ
っ ら   え ら し   子 う は   の ず の に   る の な   ま り ご れ   し こ
て は   な か て   と す     を け 言 言   人 を た   っ ま 主 か   ら で
い 言   さ ら     一 れ な   刈 な 葉 っ   な 取 は   て す 人 ら   に こ
ま っ   い 取 そ   緒 ば ぜ   る か で た   の り き   お   様     な の
す た   ▽ り ば   に   わ   人 っ あ     で た び   き わ   も   れ 者
▽     と 上 に   引 わ た   間 た な △     て し   ま た さ う   ▽ に
  △   言 げ 立   き た し   だ も た 悪   お   い   し し あ ひ   と も
  ご   っ て っ   出 し の   と の を い   そ お 方   た は   と   言  
  主   た   て   し が 金     を さ 僕   ろ ま で     そ こ り   っ △
  人     十 い   た 帰 を   知 取 ば よ   し き       れ こ の   た で
  様     ミ た   で っ 銀   っ り こ     か に お     を に 者     は
        ナ 人   あ て 行   て た う わ   っ な あ     ふ あ が      
  あ     を 々   ろ き に   い て   た   た ら ず     く な き     あ
  の     持 に   う た 入   る   わ し   の な け     さ た て     な
  人     っ     に と れ   の ま た は   で か に     に の 言     た
  は     て △   ▽ き な   か か し あ   す っ な     包 一 っ     は
  既     い そ       か     な が な   ▽ た ら     ん ミ た     五
  に     る の     そ っ     か き た     も な     で ナ       つ
  十     者 一     の た     っ び の     の か       が       の
  ミ     に ミ     金 の     た し 言     を っ               町
  ナ       ナ     を か       く っ       た               の
  を       を               て た                        
 19 









        33      32       31            30         29       28        27           26  

言 主 彼   果 そ   △ も   き あ ま ¬   言 に そ   立     打 敵 し   も な △
っ た ら   し こ   主 し   な る だ 向   わ 近 し   ち イ   ち ど か   の お あ
た ち が   て で   が だ   さ の だ こ   れ づ て     エ   殺 も し   ま 与 な
の が           お れ   い を れ う   た か オ   エ ス   せ を わ   で え た
で   そ   言 つ   入 か     見 も の     れ リ   ル は   ▽   た   も ら が
  ¬ の   わ か   り が     る 乗 村     た ブ   サ こ    こ し   取 れ た
  な ろ   れ わ   用 △     で っ へ     と と   レ れ     こ が   り   に
  ぜ ば   た さ   な な     あ た 行     き い   ム ら     に 王   上 持 言
  ろ の   と れ   の ぜ     ろ こ き       う   へ の     ひ に   げ っ う
  ば 子   う た   で 解     う と な     ふ 山   上 こ     っ な   ら て が
  の を   り 者   す く       の さ     た に   っ と     ぱ る   れ い  
  子 解   で た   ▽ の     そ な い     り 沿   て を     っ こ   る な お
  を い   あ ち   と か     れ い       の っ   行 言     て と   で い お
  解 て   っ が     ▽     を ろ そ     弟 た   か っ     き を   あ 人 よ
  く い   た 行   そ と     解 ば こ     子 ベ   れ た     て 好   ろ か そ
  の る     っ   う 問     い の に     を テ   た の       ま   う ら 持
  か と     て   言 う     て 子 は     つ パ     ち     わ な     は っ
         見   い た       が い     か ゲ           た か       て
  と そ     る   な ら     引 つ っ     わ と     先     し っ     持 い
    の     と   さ       い な た     し ベ     頭     の た     っ る
    持         い       て い ら     て タ     に     前 あ     て 人
    ち                  で         ニ           で の     い に
                                  ヤ                   る は
 19 









     41       40        39       38             37      36         35    34  

そ い   こ 答   お イ と   天     さ す 大 い   道 そ   イ そ そ   ¬
の よ   の え   し エ こ   に ¬   ん べ ぜ よ   に し   エ の し   主
た い   人 て   か ス ろ   平 主   び て い い   敷 て   ス 子 て   が
め よ   た 言   り に が   和 の   し の の よ   い 進   を ろ そ   お
に 都   ち わ   下 言       御   て 力 弟 オ   た ん   お ば れ   入
泣 の   が れ   さ っ 群   い 名   言 あ 子 リ     で   乗 の を   り
い 近   黙 た   い た 衆   と に   い る た ブ     行   せ 上 イ   用
て く   れ        の   高 よ   は み ち 山     か   し に エ   な
言 に   ば ¬     ¬ 中   き っ   じ わ は の     れ   た 自 ス   の
わ き     あ     先 に   と て   め ざ み 下     る     分 の   で
れ て   石 な     生 い   こ き   た に な り     と     た と   す
た     が た       た   ろ た     つ 喜 道           ち こ   
  そ   叫 が     あ あ   に る     い ん あ     人     の ろ   と
  れ   ぶ た     な る   は 王     て で た     々     上 に   答
  が   だ に     た パ   栄 に         り     は     着 引   え
  見   ろ 言     の リ   光       声 彼 に     自     を い   た
  え   う う     弟 サ   あ 祝     高 ら 近     分     か て    
  た    が     子 イ   れ 福     ら が づ     た     け き    
  と           た 人    あ     か 見 け     ち     て て    
  き     も     ち た     れ     に た ら     の            
        し     を ち           神   れ     上            
                が           を   る     着            
                                と     を            
 19 









     48         47            46       45            44       43         42  

手 民   殺 律     し あ ¬ 彼   は そ   時 来 城 お   か い   し 知 ¬
の 衆   そ 法 イ   ま る △ ら   じ れ   を る 内 ま   こ つ   か っ も
く が   う 学 エ   っ の わ に   め か   知 で の え   ん か   し て し
だ み   と 者 ス   た に が 言   て ら   ら あ 一 と   で は     さ お
し な   思 ま は      家 わ     宮   な ろ つ そ         そ え ま
よ 熱   っ た 毎     あ は れ     に   い う の の   四 敵   れ い え
う 心   て 民 日     な 祈 た     は   で   石 内   方 が   は た も
が に   い 衆       た の       い   い そ も に   か 周   今 ら  
な イ   た の 宮     が 家       り   た れ 他 い   ら 囲   お ・ こ
か エ   が 重 で     た で           か は の る   押 に   ま ・ の
っ ス     立 教     は あ       商   ら   石 子   し 塁   え ・ 日
た に     っ え     そ る       売   で お の ら   迫 を   の ・ に
  耳     た て     れ べ       人   あ ま 上 と   り 築   目    
  を     者 お     を き       た   る え に を     き   に   平
  傾     た ら     盗 だ       ち    が 残 地         隠   和
  け     ち れ     賊 ▽       を     神 し に     お   さ   を
  て     は た     の と       追     の て 打     ま   れ   も
  い     イ       巣 書       い     お 置 ち     え   て   た
  た     エ 祭     に い       出     と か 倒     を   い   ら
  の     ス 司     し て       し     ず な し     取   る   す
  で     を 長     て               れ い       り       道
                                の 日               を
                                  が                
 19 









         8     7          6          5        4       3          2           1        

言 権 イ   そ   石 ヨ し   言 ば 彼   人 ヨ   ひ そ   だ す イ   共 お      
う 威 エ   れ   で ハ か   う   ら   か ハ   と こ   れ る エ   に ら あ    
ま に ス   で   打 ネ し   だ で は   ら ネ   言 で   で の ス   近 れ る   ▲
い よ は   彼   つ を     ろ は お   で の   た     す で は   寄 る 日   第
 っ こ   ら   だ 預 も   う   互   あ バ   ず イ   か す 言   っ と     2
  て れ   は   ろ 言 し     な に   っ プ   ね エ     か っ   て   イ   0
  こ に   ¬   う 者 人     ぜ 論   た テ   よ ス   わ   た   き 祭 エ   章
  れ 対   ど    だ か     彼 じ   か ス   う は   た そ     て 司 ス   ▼
  ら し   こ     と ら     を て    マ     答   し う ¬     長 が    
  の て   か     信 だ     信 言     は   そ え   た す 何     や 宮    
  事 言   ら     じ と     じ っ         れ て   ち る の     律 で    
  を わ   か     て 言     な た     天   に 言   に 権 権     法 人    
  す れ         い え     か       か   答 わ   言 威 威     学 々    
  る た   知     る ば     っ ¬     ら   え れ   っ を に     者 に    
  の     り     か       た も     で   て た   て あ よ     た 教    
  か ¬   ま     ら 民     の し     あ   ほ     く な っ     ち え    
    わ   せ       衆     か 天     っ   し ¬   だ た て     が      
  あ た   ん     わ は       か     た   い わ   さ に こ       福    
  な し        た み     と ら     か     た   い 与 れ     長 音    
  た も   と     し な     イ だ           し    え ら     老 を    
  が 何   答     た       エ と           も     た の     た 宣    
  た の   え     ち       ス 言                 の 事     ち べ    
  に     た     を       は え                 は を     と て    
 20 









     15             14        13       12          11           10           9  

ぶ 彼   話 そ 取 と   敬 わ ぶ   傷 そ   帰 そ そ   袋 よ 僕 季   長 ¬  
と を   し の り こ   っ た ど   を こ   ら の こ   だ う を 節   い あ そ
う ぶ   合 財 だ ろ   て し う   負 で   せ 僕 で   た と 送 に   旅 る こ
園 ど   い 産   が   く の 園   わ 更   た も 彼   き し っ な   に 人 で
の う     は あ     れ 愛 の   せ に     袋 は   に た て っ   出 が イ
主 園     わ れ 農   る 子 主   て 三     だ も   し     た   た ぶ エ
人 の     れ を 夫   だ を 人   追 人     た う     と ぶ の     ど ス
は 外     わ 殺 た   ろ つ は   い 目     き ひ   か こ ど で     う は
  に     れ し ち   う か 言   出 の     に と   ら ろ う       園 次
彼 追     の て は   ▽ わ っ   し 者     し り   手 が 園 農     を の
ら い     も し 彼     そ た   た を       の   で   の 夫     造 譬
を 出     の ま を     う       送     侮 僕   帰 農 収 た     っ を
ど し     に お 見       △     っ     辱 を   ら 夫 穫 ち     て 民
う て     な う る     こ ど     た     を 送   せ た の の     農 衆
す 殺     る   と     れ う     が     加 っ   た ち 分 と     夫 に
る し     の そ       な し           え た     は け こ     た 語
だ た     だ う △     ら よ     彼     て         前 ろ     ち り
ろ       ▽ し あ       う     ら       彼     そ を へ     に 出
う そ     と た れ     た か     は     か ら     の 出       貸 さ
か の     互 ら は     ぶ       こ     ら は     僕 さ ひ     し れ
  さ     に   あ     ん そ     の     手       を せ と       た
  い         と       う     者     で           り        
                    だ     も                 の        
 20 









     21             20           19          18                    17          16  

あ 彼   え 権 ま そ   悟 い 手     に だ す   と     △ ¬   そ   ¬ 他 彼
な ら   さ 威 わ こ   っ ま を こ   さ れ べ   書   隅 家 そ   こ   そ の は
た は   せ と し で   た の か の   れ か て   い   の 造 れ   で   ん 人 出
の 尋   よ に 者     か 譬 け と   る の の   て   か り で       な 々 て
語 ね   う 引 ど 彼   ら が よ き   で 上 石   あ   し ら は   イ   こ に き
り て   と き も ら   で 自 う     あ に の   る   ら の     エ   と 与 て
教 言   し 渡 を は   あ 分 と 律   ろ 落 上   の   石 捨     ス   が え  
え っ   た す 送 機   る た 思 法   う ち に   は   に て     は   あ る こ
ら た     た っ 会     ち っ 学    か 落       な た     彼   っ で の
れ       め て を     に た 者     か ち   ど   っ 石     ら   て あ 農
る ¬         う     当 が た     る る   う   た が     を   は ろ 夫
こ 先     そ イ か     て   ち     な 者   い   ▽       見   な う た
と 生     の エ が     て 民 や     ら は   う           つ   り  ち
が       言 ス い     語 衆 祭       打   こ           め   ま   を
正 わ     葉 を       ら を 司     そ ち   と           て   せ 人 殺
し た     じ 総 義     れ 恐 長     の 砕   か           言   ん 々 し
く し     り 督 人     た れ た     人 か               わ    は  
  た     を の を     の た ち     は れ               れ   と こ ぶ
ま ち     捕 支 装     だ   は     こ                 た   言 れ と
た は     ら 配 う     と   イ     な そ                   っ を う
          と           エ     み れ                   た 聞 園
                      ス     じ が                     い を
                      に     ん                       て  
 20 









           28          27        26          25         24    23      22           

兄 な い ¬   質 サ     黙 捕 そ   返 カ す   彼 肖 ¬   イ   い と   神 あ
の く ま 先   問 ド 復   っ ら こ   し イ る   ら 像 デ   エ   け こ   の な
た て す 生   し カ 活   て え で   な ザ と   は   ナ   ス   な ろ   道 た
め 死       た イ と   い る 彼   さ ル イ   答 だ リ   は   い で   を は
に ん △ モ     人 い   た こ ら   い の エ   え れ を   彼   で     教 分
子 だ も |     の う     と は    も ス   た の 見   ら   し カ   え け
を な し セ     あ こ     が 民     の は     記 せ   の   ょ イ   て 隔
も ら あ は     る と     で 衆     は 彼     号 な   悪   う ザ   お て
う   る       者 は     き の     カ ら     な さ   巧   か ル   ら を
け 弟 人 わ     た な     ず 前     イ に     の い   み    に   れ な
ね は の た     ち い       で     ザ 言     か     を     貢   る さ
ば こ 兄 し     が と     そ イ     ル わ      そ   見     を   こ ら
な の が た       言     の エ     に れ       れ   破     納   と ず
ら 女 妻 ち     イ い     答 ス       た     ¬ に   っ     め   を  
な を を の     エ 張     に の     神       カ あ   て     て     真
い め め た     ス っ     驚 言     の ¬     イ る   言     よ   承 理
▽ と と め     に て     嘆 葉     も そ     ザ の   わ     い   知 に
  っ り に     近 い     し じ     の れ     ル は   れ     で   し 基
  て   こ     寄 た     て り     は な     の     た     し   て い
    子 う     っ         を     神 ら     で だ         ょ   い て
    が 書     て               に       す れ         う   ま  
      い     き                        の         か   す  
      て     て                       と                  
 20 









        37          36        35       34          33    32    31   30        29 

と 主 死   も あ 彼   す ふ か   め イ   妻 だ さ   の   七   そ   長 と
呼 を 人   う ず ら   る さ の   と エ   に れ て   ち   人   し   男 こ
ん △ が   死 か は   こ わ 世   っ ス   し の     に   と   て   は ろ
で ア よ   ぬ り 天   と し に   た は   た 妻 復       も   次   妻 で
  ブ み   こ ゆ 使   は い は   り 彼   の に 活   そ   同   男   を  
こ ラ が   と え に   な 者 い     ら   で な の   の   様       め こ
れ ハ え   は に 等   い た っ   と に   す る 時   女   に   三   と こ
を ム る   あ   し     ち て   つ 言   が の に   も       男   り に
示 の こ   り 神 い     は 死   い わ    で は   死   子   と   ま 七
し 神 と   得 の も       人   だ れ     す     に   を       し 人
た   は   な 子 の     め か   り た     か こ   ま   も   次   た の
  イ     い で で     と ら   す         の   し   う   々   が 兄
  サ モ   か も あ     っ の   る ¬     七 女   た   け   に     弟
  ク |   ら あ り     た 復   が こ     人 は       ず       子 が
  の セ   で る       り 活     の     と 七       に   そ   が い
  神 も   あ の ま       に     世     も 人       死   の   な ま
    柴   る で た     と あ     の     彼 の       に   女   く し
  ヤ の       復     つ ず     子     女 う       ま   を   て た
  コ 篇       活     い か     ら     を ち       し   め   死  
  ブ で       に     だ る     は               た   と   に  
  の               り に                         り      
  神                                                  
  ▽                                                  
 20 









        46       45         44      43          42       41      40      39       38  

宴 着 ¬   言     あ そ こ   わ     △   ダ   キ     し 彼   ¬ 律   あ 神
会 て 律   わ 民   ろ れ の   た あ   主   ビ   リ イ   な ら   先 法   る は
の 歩 法   れ 衆   う な よ   し な   は   デ   ス エ   か は   生 学     死
上 く 学   た が   か ら う   の た   わ   自   ト ス   っ そ     者   人 ん
座 の 者     み      に   右 の   が   身   を は   た れ   仰 の   は だ
を を に     な     ど     に 敵   主   が   ダ 彼     以   せ う   み 者
よ 好 気     聞     う ダ   座 を   に   詩   ビ ら     上   の ち   な の
ろ み を     い     し ビ   し あ   仰   篇   デ に     何   と の   神 神
こ   つ     て     て デ   て な   せ   の   の 言     も   お あ   の で
び 広 け     い     キ は   い た   に   中   子 わ     あ   り る   生 は
  場 な     る     リ キ   な の   な   で   だ れ     え   で 人   き な
  で さ     と     ス リ   さ 足   っ   言   と た     て   す 々   る く
  の い     き     ト ス   い 台   た   っ   言       問    が   も  
  敬             は ト   ▽ と       て   う ¬     い     答   の 生
  礼 彼     イ     ダ を     す       い   の ど     か     え   だ き
  や ら     エ     ビ 主     る       る   か う     け     て   か て
  会 は     ス     デ と     時             し     よ     言   ら い
  堂 長     は     の 呼     ま             て     う     っ   で る
  の い     弟     子 ん     で             人     と     た   あ 者
  上 衣     子     で で     は             々               る の
  席 を     た       い                   は                神
  や       ち       る                                     で
          に                                              
 20 









         7           6      5           4        3       2        1               47  

起 こ そ   こ そ ¬   い     持 投 こ   だ 言   の ま   献         あ す や
こ と こ   と の あ   る あ   っ げ れ   れ わ   を た   金 イ       ろ る も
る が で   も 石 な   こ る   て 入 ら   よ れ   見     を エ   ▲   う   め
よ 起 彼   な 一 た   と 人   い れ の   り た   て あ   投 ス   第    彼 た
う こ ら   く つ が   を 々   る た 人   も       る   げ は   2     ら ち
な る は   な で た   話 が   生 が た   た ¬     貧   入 目   1     は の
場 の た   る も は   し     活   ち   く よ     し   れ を   章     も 家
合 で ず   日 く こ   て 見   費 あ は   さ く     い   る あ   ▼     っ を
に し ね   が ず れ   い 事   全 の み   ん 聞     や   の け         と 食
は ょ た     さ ら   た な   部 婦 な   入 き     も   を て         き い
  う     来 れ の   の 石   を 人     れ な     め   見           び 倒
ど か ¬   る ず も   で と   入 は あ   た さ     が   ら 金         し し
ん   先   で に の     奉   れ   り   の い         れ 持         い  
な ま 生   あ   を   イ 納   た そ あ   だ       レ     た         さ 見
前 た     ろ 他 な   エ 物   か の ま     あ     プ     ち         ば え
兆 そ で   う の が   ス と   ら 乏 る     の     タ     が         き の
が ん は    石 め   は で   で し 中     貧     二     さ         を た
あ な       の て   言 宮   あ い か     し     つ     い         受 め
り こ い     上 い   わ が   る 中 ら     い     を     せ         け に
ま と つ     に る   れ 飾    か 献     や     入     ん         る 長
す が そ     残 が   た ら     ら 金     も     れ     箱         で い
か   ん     る       れ       を     め     る     に           祈
   な             て             は                       を
 21 









     14       13           12          11       10         9              8  

お だ   あ そ   前 獄 人 し   あ い ま   敵     な お 戦   か 名 よ イ
か か   ろ れ   に に 々 か   る ろ た   対 そ   ら じ 争     の う エ
な ら   う は   ひ 引 は し   で い 大   し れ   な 恐 と   言 っ に ス
い           っ き あ     あ ろ 地   て か   い れ 騒   う て 気 は
こ ど     あ   ぱ 渡 な こ   ろ 恐 震   立 ら   が る 乱   で 現 を 言
と う     な   っ し た れ   う ろ が   ち 彼     な と   あ れ つ わ
に 答     た   て   が ら     し あ   上 ら   終   の   ろ   け れ
心 弁     が   行 わ た の     い り   が に   り こ う   う 自 な た
を し     た   く た に あ     こ     る 言   は う わ     分 さ  
決 よ     が   で し 手 ら     と あ   で わ   す し さ   彼 が い ¬
め う     あ   あ の を ゆ     や ち   あ れ   ぐ た を   ら そ   あ
な か     か   ろ 名 か る     天 こ   ろ た   に こ 聞   に れ 多 な
さ と     し   う の け 出     か ち   う     は と く   つ だ く た
い       を     ゆ て 来     ら に     ¬   こ は と   い と の が
  前     す     え 迫 事     の 疫     民   な ま き   て か 者 た
  も     る     に 害 の     物 病     は   い ず に   行   が は
  っ     機     王 を あ     す や     民    起 も   く 時 わ  
  て     会     や し る     ご き     に     こ     な が た 惑
  考     と     総   前     い き           ら       近 し わ
  え     な     督 会 に     前 ん     国     ね       づ の さ
  て     る     の 堂       兆 が     は     ば       い 名 れ
        で       や       が 起     国             た を な
                          り     に             と   い
 21 









        23       22        21       20       19       18       17        16       15  

こ 不 そ   刑 そ   ま 市 そ   そ     か あ   こ し   あ ま   殺 さ し   よ あ
の 幸 の   罰 れ   た 中 の   の エ   ち な   と か   ろ た   さ え か   う な
民 で 日   の は     に と   と ル   取 た   は し   う     れ 裏 し   な た
に あ に   日     い い き   き サ   る が   な       わ   る 切     言 の
は る は   で 聖   な る       レ   で た   い あ     た   も ら あ   葉 反
み       あ 書   か 者 ユ   そ ム   あ は     な     し   の れ な   を 対
怒 地 御   る に   に は ダ   の が   ろ 耐     た     の   も る た   知 者
り 上 重   か し   い   ヤ   滅 軍   う え     が     名   あ で が   恵 の
が に の   ら る   る そ に   亡 隊     忍     た     の   ろ あ た   と だ
臨 は 女   だ さ   者 こ い   が に     ぶ     の     ゆ   う ろ は   を れ
み 大 と     れ   は か る   近 包     こ     髪     え     う 両     も
  き 乳     た   市 ら 人   づ 囲     と     の     に       親   わ が
  な 飲     す   内 出 々   い さ     に     毛     す     ま     た 抗
  苦 み     べ   に て は   た れ     よ     一     べ     た 兄   し 弁
  難 子     て   は 行 山   と る     っ     す     て       弟   が も
  が を     の   い く へ   さ の     て     じ     の     あ     授 否
  あ も     事   っ が 逃   と を           で     人     な 親   け 定
  り つ     が   て よ げ   り 見     自     も     に     た 族   る も
    女     実   は い よ   な た     分     失     憎     が     か で
    と     現   い       さ な     の     わ     ま     た 友   ら き
    は     す   け       い ら     魂     れ     れ     の 人     な
          る   な         ば     を     る     る     中 に     い
              い                           で     で        
 21 









     31       30      29         28       27          26        25             24  

見 こ   夏 は   ま     い も こ   雲 そ   動 不 人   と そ ま   い 異 引 彼
た の   が や   た そ   る た れ   に の   か 安 々   ど し た   る 邦 き ら
な よ   す 芽   す れ   の げ ら   乗 と   さ で は   ろ て 日   で 人 ゆ は
ら う   で を   べ か   だ な の   っ き   れ 気 世   き   と   あ の か つ
  に   に 出   て ら   か さ 事   て     る 絶 界   に 地 月   ろ 時 れ る
神 あ   近 せ   の 一   ら い が   来 大   か す に   お 上 と   う 期 る ぎ
の な   い ば   木 つ      起   る い   ら る 起   じ で 星     が で の
国 た   と     を の     あ り   の な   で で こ   惑 は と     満 あ 刃
が が     あ   見 譬     な は   を る   あ あ ろ   い   に     ち ろ に
近 た   自 な   な で     た じ     力   る ろ う     諸       る う 倒
い も   分 た   さ 話     が め   人 と     う と     国 し     ま   れ
の     で が   い さ     た た   々 栄       す     民 る     で そ  
だ こ   気 た     れ     の ら   は 光     も る     が し       し ま
と れ   づ は           救     見 と     ろ 事     悩 が     彼 て た
さ ら   く そ     ¬     い 身   る を     も を     み 現     ら エ 捕
と の   の れ     い     が を   で も     ろ 思       れ     に ル ら
り 事   で を     ち     近 起   あ っ     の い     海 る     踏 サ え
な が   あ 見     じ     づ し   ろ て     天       と で     み レ ら
さ 起   る て     く     い 頭   う       体 恐     大 あ     に ム れ
い る           の     て を     人     が 怖     波 ろ     じ は て
  の           木             の     揺 と     と う     ま   諸
  を           を             子     り       の       れ   国
                            が                     て   へ
 21 









        38       37        36       35            34       33      32  

  宮 民   行     絶 が こ   あ そ   な そ 心     決 天   起 よ
  に 衆   っ イ   え れ れ   る の   い の が あ   し 地   こ く
  行 は   て エ   ず て か   か 日   よ 日 鈍 な   て は   る 聞
  き み   オ ス   目   ら   ら は   う が っ た   滅 滅   ま い
    な   リ は   を 人 起     地   に わ て が   び び   で て
  イ     ブ 昼   さ の こ     の     な い た   る る   は お
  エ み   と の   ま 子 ろ     全   よ の る が   こ で     き
  ス 教   い あ   し の う     面   く よ う 放   と あ   こ な
  の を   う い   て 前 と     に   注 う ち 縦   が ろ   の さ
  も 聞   山 だ   祈 に し     住   意 に に や   な う   時 い
  と こ   で は   っ 立 て     む   し あ       い     代  
  に う   夜 宮   て つ い     す   て な 思 泥     し   は こ
  集 と   を で   い こ る     べ   い た い 酔     か   滅 れ
  ま し   す 教   な と す     て   な が が や     し   び ら
  っ て   ご え   さ が べ     の   さ た け       わ   る の
  た     し     い で て     人   い を な 世     た   こ 事
    い   て 夜    き の     に     捕 い の     し   と が
    つ   お に     る 事     臨     ら と 煩     の   が  
    も   ら は     よ か     む     え き い     言   な こ
    朝   れ 出     う ら     の     る   の     葉   い と
    早   た て     に の     で     こ   た     は     ご
    く                         と   め           と
                              が   に           く
 21 









      9          8        7       6     5          4        3       2     1        

¬ 彼   準 ¬ イ   き     と ユ   彼   渡 と す   呼     殺 祭        
ど ら   備 行 エ   た さ   き ダ   ら   そ こ な   ば そ   そ 司   さ    
こ は   を っ ス   の て   に は   は   う ろ わ   れ の   う 長   て   ▲
に 言   し て は   で     イ そ   喜   か へ ち   て と   と た       第
準 っ   な   ペ     過   エ れ   ん   と 行     い き   計 ち   過   2
備 た   さ 過 テ     越   ス を   で     っ 彼   た     っ や   越   2
を     い 越 ロ     の   を 承       そ て は   ユ 十   て 律   と   章
し      の と     小   引 諾   ユ   の   祭   ダ 二   い 法   い   ▼
た       食 ヨ     羊   き し   ダ   方 ど 司   に 弟   た 学   わ    
ら       事 ハ     は   渡 た   に   法 う 長     子     者   れ    
よ       が ネ     ほ   そ     金   に し た   サ の   民 た   て    
い       で と     ふ   う そ   を   つ て ち   タ ひ   衆 ち   い    
の       き を     る   と し   与   い イ や   ン と   を は   る    
で       る 使     べ     て   え   て エ 宮   が り   恐     除    
す       よ い     き   機     る   協 ス 守   は で   れ ど   酵    
か       う に     除   会 群   取   議 を が   い     て う   際    
       に 出     酵   を 衆   決   し 彼 し   っ イ   い か   が    
          し     際   ね の   め   た ら ら   た ス   た し   近    
          て     の   ら い   を     に た     カ   か て   づ    
          言     日   っ な   し       ち     リ   ら イ   い    
          わ     が   て い   た       の     オ   で エ   た    
          れ         い                   テ   あ ス        
          た         た                   と   る を        
 22 









     17          16        15       14       13       12        11          10  

¬ そ   食 成 あ   し 受 イ   使     お 弟   見 す   お 過 そ   家 持 イ
こ し   事 就 な   よ け エ   途 時   り 子   せ る   ら 越 の   ま っ エ
れ て   を す た   う る ス   た 間   で た   て と   れ の 家   で て ス
を 杯   す る が   と 前 は   ち に   あ ち   く     ま 食 の   つ い は
取 を   る 時 た     に 彼   も な   っ は   れ そ   す 事 主   い る 言
っ 取   こ ま に   切   ら   共 っ   た 出   る の   ▽ を 人   て 男 わ
て り   と で 言   に あ に   に た   の て   か 主     す に   行 に れ
      は は っ   望 な 言   席 の   で 行   ら 人     る 言   っ 出 た
互 感   な   て   ん た わ   に で     っ     は     座 い   て 会  
に 謝   い わ 置   で が れ   つ     過 て   そ 席     敷 な     う ¬
分 し    た く   い た た   い イ   越 み   こ の     は さ     で 市
け て     し が   た と     た エ   の る   に 整     ど い     あ 内
て 言     は       こ ¬     ス   食 と   用 え     こ       ろ に
飲 わ     二 神     の わ     は   事     意 ら     か △     う は
め れ     度 の     過 た     食   の イ   を れ       弟       い
  た     と 国     越 し     卓   用 エ   し た     と 子     そ っ
          で     の は     に   意 ス   な 二     先 た     の た
        こ 過     食 苦     つ   を が   さ 階     生 ち     人 ら
        の 越     事 し     か   し 言   い の     が と     が  
        過 が     を み     れ   た わ    広     言 一     は 水
        越         を           れ     間     っ 緒     い が
        の                     た     を     て に     る め
                              と                     を
 22 









        25       24     23       22       21          20           19          18  

者 そ そ   偉     し 弟   し 人   一 し   立 ¬ 食   た 与 与 ま   い 来 あ
た の こ   い そ   ょ 子   か の   緒 か   て こ 事   め え え た   っ る な
ち 民 で   だ れ   う た   し 子   に し   ら の の     る て パ   さ ま た
は の イ   ろ か   と ち   人 は   食     れ 杯 の   こ わ 言 ン   い で が
恩 上 エ   う ら   し は   の 定   卓 そ   る は ち   の た わ を   飲 は た
人 に ス   か     て     子 め   に こ   新       よ し れ 取   ま   に
と 君 が   と 自   い 自   を ら   手 に   し あ 杯   う の た り   な わ 言
呼 臨 言   言 分   る 分   裏 れ   を     い な も   に か       い た っ
ば し わ   っ た   の た   切 た   置 わ   契 た 同   行 ら ¬ 感    し て
れ   れ   て ち   だ ち   る と   い た   約 が じ   い だ こ 謝     は お
る ま た     の   ろ の   そ お   て し   で た 様   な で れ し     ぶ く
  た     争 中   う う   の り   い を   あ の に   さ あ は て     ど が
    ¬   論 で   と ち   人 に   る 裏   る た し   い る   こ     う  
  権 異   が だ     の   は       切     め て      あ れ     の 今
  力 邦   彼 れ   互 だ     去     る     に 言     わ な を     実 か
  を の   ら が   に れ   わ っ     者     流 わ     た た さ     か ら
  ふ 王   の い   論 が   ざ て     が     す れ     し が き     ら の
  る た   間 ち   じ     わ 行           わ た     を た       造 ち
  っ ち   に ば   は そ   い く     わ     た       記 の 弟     っ 神
  て は     ん   じ ん   で       た     し       念 た 子     た の
  い     起     め な   あ       し     の       す め た     も 国
  る     っ     た 事   る       と     血       る に ち     の が
        た       を                で           に     を  
 22 









           32       31        30          29       28        27             26  

や あ よ し   よ シ   さ ま わ   あ ゆ そ   一 あ   あ 食 食   の い か し
り な う か   う モ   ば た た   な だ れ   緒 な   な 卓 卓   よ ち え か
な た に し   に ン   か 位 し   た ね で   に た   た に に   う ば っ し
さ が       ふ     さ に の   が て     最 が   が つ つ   に ん て  
い 立 あ わ   る シ   せ 座 国   た く わ   後 た   た く く   な 若   あ
 ち な た   い モ   る し で   に だ た   ま は   の 人 人   る い あ な
  直 た し   に ン   で て 食   ゆ さ し   で     中 の と   べ 者 な た
  っ の は   か     あ イ 卓   だ っ の   忍 わ   で 方 給   き の た が
  た た あ   け 見   ろ ス に   ね た 父   ん た     で 仕   で よ が た
  と め な   る よ   う ラ つ     よ が   で し   給 は す   あ う た は
  き に た   こ       エ い     う 国   く の   仕 な る   る に の  
  に 祈 の   と サ     ル て     に の   れ 試   を い 者       中 そ
  は っ 信   を タ     の 飲       支   た 練   す か と     指 で う
    た 仰   願 ン     十 み     わ 配   人 の   る         導 い で
  兄   が   っ は     二 食     た を   た あ   者 し ど     す ち あ
  弟 そ な   て あ     の い     し わ   ち い   の か ち     る ば っ
  た れ く   許 な     部 を     も た   で だ   よ し ら     人 ん て
  ち で な   さ た     族 さ     そ し   あ     う   が     は 偉 は
  を   ら   れ が     を せ     れ に   る わ   に わ 偉     仕 い な
  力   な   た た             を       た   し た い     え 人 ら
  づ   い     を                     し   て し の     る は な
  け         麦                     と   い は か     者   い
  て         の                         る              
 22 









        38             37           36             35        34          33  

イ こ 弟   そ 成 数 あ   そ つ そ そ   ¬ 何 く     三 言 す   覚 ま シ
エ こ 子   う し え な   れ る れ こ   い か つ す   度 っ る   悟 た モ
ス に た   だ と ら た   を ぎ を で   い こ も る   わ て と   で 死 ン
は つ ち     げ れ が   買 の 持 言   え ま 持 と   た お イ   す に が
言 る が   わ ら た た   う な っ わ     っ た 彼   し く エ    至 言
わ ぎ 言   た れ ▽ に   が い て れ   何 た せ に   を   ス     る っ
れ が っ   し ね と 言   よ 者 行 た   も こ ず 言   知 き が     ま た
た 二 た   に ば し う   い は け     あ と に わ   ら ょ 言     で  
  振     係 な る が         ¬   り が あ れ   な う わ     も ¬
¬ り ¬   わ ら し       自 袋 し   ま あ な た   い   れ       主
そ ご 主   る な て △     分 も か   せ っ た     と 鶏 た     あ よ
れ ざ よ   こ い あ 彼     の 同 し   ん た が ¬   言 が       な  
で い     と   る は     上 様 今   で か た わ   う 鳴 ¬     た わ
よ ま ご   は   こ 罪     着 に は   い  を た   だ く ペ     と た
い す ら   成   と 人     を 持     た   つ し   あ ま テ     ご し
  ん   就   は の     売 っ 財    彼 か が   ろ で ロ     一 は
    な   し     ひ     っ て 布   と ら わ 財   う に よ     緒 獄
    さ   て   わ と     て 行 の   答 は し 布      あ     に に
    い   い   た り       け あ   え   た も     あ な     行 で
        る   し に         る   た   と 袋     な た     く も
           の         ま も       き も     た に        
            身         た の               は          
            に           は                          
 22 









     46          45      44      43             42      41      40       39  

よ 言   ご 行 祈   そ イ   力 そ   し わ わ ¬   と そ   ¬ い   行  
う わ   ら か を   し エ   づ の   て た た 父   こ こ   誘 つ   か イ
に れ   ん れ 終   て ス   け と   く し し よ   ろ で   惑 も   れ エ
  た   に る え     は   た き   だ の か     へ ご   に の   る ス
起     な と て   そ 苦         さ 思 ら み   退 自   陥 場   と は
き ¬   っ   立   の し     御   い い 取 こ   き 分   ら 所     出
て な   て 彼 ち   汗 み     使    で り こ     は   な に   弟 て
祈 ぜ     ら あ   が も     が     は の ろ   ひ     い 着   子  
っ 眠     は が   血 だ     天     な け な   ざ 石   よ い   た い
て っ     悲 り   の え     か     く て ら   ま を   う て   ち つ
い て     し     し て     ら       く ば   ず 投   に か   も も
な い     み 弟   た       あ     み だ     い げ   祈 ら   従 の
さ る     の 子   た ま     ら     こ さ ど   て て   り     っ よ
い の     は た   り す     わ     こ い う     と   な 彼   て う
 か     て ち   の ま     れ     ろ   ぞ   祈 ど   さ ら   行 に
        寝 の   よ す     て     が し     っ く   い に   っ オ
  誘     入 と   う 切     イ     成 か こ   て ほ    言   た リ
  惑     っ こ   に に     エ     る し の   言 ど     わ     ブ
  に     て ろ   地 祈     ス     よ   杯   わ 離     れ     山
  陥     い へ   に ら     を     う   を   れ れ     た     に
  ら     る     落 れ           に       た た            
  な     の     ち た                                  
  い     を     た                                    
 22 









        54         53          52            50         49      48             47  

行 の     ま 手 毎   強 長 そ   そ 言 そ そ   言 ¬ イ   も そ   近 い そ  
っ 邸 そ   た を 日   盗 老 れ   の わ の の   っ 主 エ   っ こ   づ う こ イ
た 宅 れ     か あ   に た か   僕 れ 右 う   て よ ス   て で   い 者 に エ
  へ か   や け な   む ち ら   の た の ち       の   人 イ   て が 群 ス
  つ ら   み な た   か に     耳   耳 の     つ そ   の エ   き 先 衆 が
  れ 人   の か が   う 対 自   に ¬ を ひ     る ば   子 ス   た 頭 が ま
  て 々   支 っ た   よ し 分   手 そ 切 と     ぎ に   を は     に 現 だ
  行 は   配 た と   う て に   を れ り り     で い   裏 言     立 れ そ
  っ イ   の   一   に 言 む   触 だ 落 が     切 た   切 わ     っ   う
  た エ   時 だ 緒   剣 わ か   れ け と       り 人   る れ     て 十 言
    ス   で が に   や れ っ   て で し 祭     つ た   の た       二 っ
  ペ を   あ   宮   棒 た て     や た 司     け ち   か       イ 弟 て
  テ 捕   る 今 に   を   来   お め   長     て は    ¬     エ 子 お
  ロ え    は い   持 ¬ る   い な イ の     や       ユ     ス の ら
  は       あ た   っ あ 祭   や さ エ 僕     り 事     ダ     に ひ れ
  遠 ひ     な 時   て な 司   し い ス に     ま の           接 と る
  く っ     た に   出 た 長   に  は 切     し な     あ     吻 り う
  か ぱ     が は   て が     な   こ り     ょ り     な     し で ち
  ら っ     た     き た 宮   っ そ れ つ     う い     た     よ ユ に
  つ て     の わ   た は 守   た し に け     か き     は     う ダ  
  い 大     時 た   の   が     て 対        を     接     と と  
  て 祭       し   か   し       し       と 見     吻     し    
    司       に       ら       て         て     を     て    
 22 









           61          60        59          58       57        56       55  

思 知 ペ 主   終 わ ペ   こ ¬ 約   言 ¬ し   知 ペ   一 い す   す 人
い ら テ は   ら た テ   の た 一   っ あ ば   ら テ   緒 る る   わ 々
出 な ロ 振   ぬ し ロ   人 し 時   た な ら   な ロ   に の と   っ が
し い は り   う に は   も か 間     た く   い は   い を     て 中
た と   む   ち わ 言   ガ に た   ¬ も し    そ   ま 見 あ   い 庭
  言 ¬ い   に か っ   リ こ っ   い 仲 て   と れ   し   る   た の
  う き て     ら た   ラ の て   や 間     言 を   た 彼 女   の ま
  で ょ ペ   た な     ヤ 人 か     の ほ   っ 打    を 中   で ん
  あ う テ   ち い ¬   人 も ら   そ ひ か   た ち   と 見 が     中
  ろ   ロ   ま  あ   な イ     れ と の     消   言 つ     ペ に
  う 鶏 を   ち   な   の エ ま   は り 人     し   っ め 彼   テ 火
   が 見     す た   だ ス た   ち だ が     て   た て が   ロ を
  と 鳴 つ   鶏 る が   か と 他   が  ペ             火   も た
  言 く め   が と た   ら 一 の   う   テ     ¬     ¬ の   そ い
  わ 前 ら   鳴   の    緒 者    す ロ     わ     こ そ   の て
  れ に れ   い 彼 言     だ が     る を     た     の ば   中  
  た   た   た が っ     っ 言     と 見     し     人 に   に 一
  主 三       ま て     た い     ペ て     は     も す   す 緒
  の 度 そ     だ い       張     テ 言     そ     イ わ   わ に
  お わ の     言 る       っ     ロ っ     の     エ っ   っ  
  言 た と     い こ       た     は た     人     ス て   た  
  葉 し き       と                     を     と        
  を を         は                                    
 22 









        70      69    66         67          66       65      64      63    62  

と イ 彼   座 し   ま   あ イ ¬   出 律     イ そ   だ 目   打     そ
お エ ら   す か   た   な エ あ   し 法 夜   エ の   れ か   ち イ   し
り ス は   る し       た ス な   て 学 が   ス ほ   か く   た エ   て
で は 言   で     わ   が は た   言 者 明   を か    し   た ス   外
あ 言 っ   あ 人   た   た 言 が   っ た け   愚     と を   き を   に
る わ た   ろ の   し   は わ キ   た ち た   弄 い   き し     監   出
 れ     う 子   が   信 れ リ     が と   し ろ   い て     視   て
  た ¬    は   た   じ た ス     集 き   た い   た       し    
    で     今   ず   な   ト     ま       ろ   り ¬     て   激
  ¬ は     か   ね   い ¬ な     り 人     な   し 言     い   し
  あ       ら   て   だ わ ら       民     事   た い     た   く
  な あ     の   も   ろ た       イ の     を     あ     人   泣
  た な     ち       う し そ     エ 長     言     て     た   い
  が た         答     が う     ス 老     っ     て     ち   た
  た は     全   え     言 言     を       て     み     は    
  の 神     納   な     っ っ     議 祭           よ          
  言 の     の   い     て て     会 司                 イ    
  う 子     神   で     も も     に 長           打     エ    
    な     の   あ       ら     引 た           っ     ス    
    の     右   ろ       い     き ち           た     を    
    か     に   う       た                   の     嘲    
                     い                   は     弄    
                                               し    
 22 









      6             5       4           3             2       1             71  

尋 ピ   煽 こ や と   ¬ そ   お で ピ   い ま 国 そ   と         る す
ね ラ   動 の ま こ   わ こ   答 あ ラ   る た 民 し   こ 群       か る
  ト   し 所 な ろ   た で   え る ト   と 自 を て   ろ 衆   ▲     と
  は   て ま か が   し ピ   に か は   こ 分 惑 訴   へ は   第   わ 彼
  こ   い で っ 彼   は ラ   な  イ   ろ こ わ え   連 み   2   れ ら
  れ   る   た ら   こ ト   っ   エ   を そ し 出   れ な   3   わ は
  を   の ユ   は   の は   た イ ス   目 王   て   て 立   章   れ 言
  聞   で ダ ¬     人 祭     エ に   撃 な 貢 言   行 ち   ▼   は っ
  い   す ヤ 彼 ま   に 司     ス 尋   し る ぎ っ   っ あ       直 た
  て    全 は す   な 長     は ね   ま キ を た   た が       接  
        国   ま   ん た     そ た   し リ カ       っ       彼 ¬
  こ     に ガ す   の ち     の     た ス イ ¬     て       の こ
  の     わ リ 言   罪 と     と ¬    ト ザ わ             口 れ
  人     た ラ い   も 群     う あ     だ ル た     イ       か 以
  は     っ ヤ つ   み 衆     り な     と に し     エ       ら 上
  ガ     て か の   と に     で た       納 た     ス       聞  
  リ     教 ら っ   め む     あ が     と め ち     を       い な
  ラ     え は て   な か     る ユ     な る は     ピ       た ん
  ヤ       じ     い っ      ダ     え こ       ラ       の の
  人     民 め      て     と ヤ     て と こ     ト       だ 証
  か     衆 て       言       人       を の     の       か 拠
  と     を         っ       の       禁 人             ら が
                  た       王       じ が              い
 23 









     14       13     12          11       10        9             8             7  

わ ¬   呼     こ ヘ   は イ ま   語 祭   お そ   何 見 か ヘ   ど い の そ
た お   び ピ   の ロ   な エ た   調 司   答 こ   か た ね ロ   け っ で し
し ま   集 ラ   日 デ   や ス ヘ   で 長   え で   奇 い て デ   た た   て
の え   め ト   親 と   か を ロ   イ た   に     跡 と イ は     の ち ヘ
と た   て は   し ピ   な 侮 デ   エ ち   な い   を 長 エ イ     を ょ ロ
こ ち   言     い ラ   着 辱 は   ス と   ら ろ   行 い ス エ     さ う デ
ろ は   っ 祭   仲 ト   物 し そ   を 律   な い   う あ の ス     い ど の
に     た 司   に と   を た の   訴 法   か ろ   の い こ を     わ こ 支
連 こ     長   な は   着 り 兵   え 学   っ と   を だ と 見     い の 配
れ の     た   っ 以   せ 嘲 卒   た 者   た 質   見 思 を て       こ 下
て 人     ち   た 前   て 弄 ど     た     問   た っ 聞 非     そ ろ の
き を     と     は   ピ し も     ち     を   い て い 常     ち   も
た 民     役     互   ラ た と     と     試   と い て に     ら ヘ の
の 衆     人     に   ト り 一     は     み   望 た い 喜     へ ロ で
で を     た     敵   へ し 緒     立     た   ん し た ん     イ デ あ
  惑     ち     視   送 た に     っ     が   で   の だ     エ が る
お わ     と     し   り あ な     て         い ま で       ス エ こ
ま す     民     て   か げ っ           イ   た た   そ     を ル と
え も     衆     い   え く て     激     エ   か イ 会 れ     送 サ を
た の     と     た   し         し     ス   ら エ っ は     り レ 確
ち と     を     が   た         い     は   で ス て       と ム か
の し                               何   あ が           に め
  て                               も   る               た
 23 









        22       21       20     19       18       17      16         15           

し ¬ ピ   彼 し   も ピ   獄 こ   ¬ と   や ∩   ゆ だ   死 わ ヘ   こ 面
た で ラ   を か   う ラ   に の   そ こ   る 祭   る か   に れ ロ   の 前
の は ト   十 し   一 ト   投 バ   の ろ   こ ご   し ら   当 わ デ   人 で
か   は   字 彼   度 は   ぜ ラ   人 が   と と   て     た れ も   に し
  こ 三   架 ら   か イ   ら バ   を     に に   や 彼   る に ま   少 ら
彼 の 度   に は   れ エ   れ は   殺 彼   な ピ   る を   よ 送 た   し べ
に 人 目   つ     ら ス   て     せ ら   っ ラ   こ む   う り み   も た
は は に   け わ   に を   い 都     は   て ト   と ち   な か と   み が
死   彼   よ め   呼 ゆ   た で   バ い   い が   に 打   こ え め   と  
に い ら    き   び る   者 起   ラ っ   た ひ   し っ   と し な   め 訴
当 っ に   と た   か し   で こ   バ せ     と   よ て   は て か   ら え
た た む   言 て   け て   あ っ   を い   ∪ り   う か   し き っ   れ 出
る い か   い て   た や   る た   ゆ に     の    ら   て た た   な て
罪   っ   つ ¬     り     暴   る 叫     囚         い       か い
は ど て   づ 十     た     動   し ん     人         な こ 現   っ る
全 ん 言   け 字     い     と   て で     を         い の に   た よ
く な っ   た 架     と     殺   く 言     ゆ         の 人 彼     う
み 悪 た     に     思     人   れ っ     る         で は は     な
と 事       つ     っ     と    た     し         あ な イ     罪
め を       け     て     の           て         る ん エ     は
ら         よ           か                       ら ス      
れ                     ど                         を      
                      で                                
 23 









        29            28      27          26          25      24    23          

い な △   子 む ¬ イ   群     負 ク     方 方 そ   決 ピ   と   や な
ま か 不   供 し エ エ   と 大   わ レ 彼   は を し   定 ラ   こ   る か
に っ 妊   た ろ ル ス   が ぜ   せ ネ ら   彼   て   し ト   ろ   こ っ
来 た の   ち   サ は     い     人 が   ら 彼     た は   が   と た
る 乳 女   の あ レ 女   イ の   そ が イ   に ら 暴     つ       に  
  房 と   た な ム た   エ 民   れ 郊 エ   引 の 動     い   彼   し だ
  と 子   め た の ち   ス 衆   を 外 ス   き 要 と     に   ら   よ か
  は を   に が 娘 の   に と   に か を   渡 求 殺     彼   は   う ら
    産   泣 た た 方   従     な ら ひ   し に 人     ら   大     
  さ ま   く 自 ち に   っ 悲   っ 出 い   て 応 と     の   声     む
  い な   が 身 よ 振   て し   て て て     じ の     願   を     ち
  わ か   よ の   り   行 み   イ き ゆ   そ て か     い   あ     打
  い っ   い た わ む   っ 嘆   エ た く   の ゆ ど     ど   そ     っ
  だ た     め た い   た い   ス の 途   意 る て     う   し     て
  ▽ 胎     に し て     て   の を 中   の し 獄     り   て     か
  と と       の 言     や   あ 捕     ま て に     に         ら
  言       ま た わ     ま   と え シ   ま や 投     す   そ     彼
  う ふ     た め れ     な   か て モ   に り ぜ     る   の     を
  日 く     自 に た     い   ら 十 ン   ま   ら     こ   声     ゆ
  が ま     分 泣       女   行 字 と   か イ れ     と   が     る
    せ     の く       た   か 架 い   せ エ た     を   勝     し
            な       ち   せ を う   た ス 者         っ     て
                    の   た         の の         た      
 23 









     36            35            34          33      32       31         30  

ぶ 兵   救 キ 言 民   く わ お そ   ひ そ さ   ほ さ   ど も   わ 倒 そ
ど 卒   う リ っ 衆   じ か ゆ の   と こ れ   か て   う し   れ れ の
う ど   が ス た は   引 ら る と   り で こ   に     さ     わ か と
酒 も   よ ト   立   き ず し き   は イ う   ふ イ   れ 生   れ か き
を も   い   ¬ っ   で に く     右 エ べ   た エ   る 木   に れ  
差 イ    選 彼 て   分 い だ イ   に ス と   り ス   こ で   お と 人
し エ     ば は 見   け る さ エ     を 呼   の と   と さ   お 言 々
出 ス     れ 他 て   合 の い ス   ひ 十 ば   犯 共   だ え   い い は
し を     た 人 い   っ で   は   と 字 れ   罪 に   ろ も   か   山
て の     者 を た   た す 彼 言   り 架 て   人 刑   う そ   ぶ ま に
言 の     で 救        ら わ   は に い   も を    う   さ た む
っ し     あ っ 役       は れ   左 つ る   引 受     さ   れ 丘 か
た り     る た 人     人 何 た   に け 所   か け     れ   と に っ
        な   た     々 を         に   れ る     る   言 む て
  近     ら も ち     は し ¬   十 犯 着   て た     な   い か  
  寄       し も     イ て 父   字 罪 く   い め     ら   出 っ わ
  っ     自 彼 あ     エ い よ   架 人 と   た に         す て れ
  て     分 が ざ     ス る     に た             枯   で   わ
  き     自 神 笑     の の 彼   つ ち 人           木   あ   れ
  て     身 の っ     着 か ら   け も 々           は   ろ   の
  酢     を   て     物   を   た   は               う   上
  い               を                               に
                                                   
 23 









     44          43         42         41         40            39       38    37  

失     あ は イ   く も そ   こ だ お   神 ¬ も   イ 自 ¬     札 イ   ¬
い 時   ろ き エ   だ っ し   の か 互   を お う   エ 分 あ 十   が エ   あ
  は   う ょ ス   さ て て   か ら は   恐 ま ひ   ス を な 字   か ス   な
全 も    う は   い お 言   た   自   れ え と   に 救 た 架   け の   た
地 う       言    い っ   は こ 分   な は り   悪 い は に   て 上   が
は 昼     わ わ     で た   何 う の   い 同 は   口   キ か   あ に   ユ
暗 の     た れ     に     も な や   の じ     を ま リ け   っ は   ダ
く 十     し た     な ¬   悪 っ っ   か 刑 そ   言 た ス ら   た     ヤ
な 二     と       る イ   い た た     を れ   い わ ト れ     ¬   人
っ 時     一 ¬     時 エ   こ の 事     受 を   つ れ で た     こ   の
て ご     緒 よ     に ス   と は の     け た   づ わ は 犯     れ   王
  ろ     に く     は よ   を 当 む     て し   け れ な 罪     は   な
三 で     パ 言           し 然 く     い な   た も い 人     ユ   ら
時 あ     ラ っ     わ あ   た だ い     な め     救 か の     ダ    
に っ     ダ て     た な   の   を     が て     っ   ひ     ヤ   自
及 た     イ お     し た   で し 受     ら 言     て そ と     人   分
ん が     ス く     を が   は か け       っ     み れ り     の   を
だ       に が     思 御   な し て       た     よ な が     王   救
  太     い       い 国   い   い              ら          い
  陽     る あ     出 の      る             と         と   な
  は     で な     し 権       の                       書   さ
  光       た     て 威                               い   い
  を               を                               た   
 23 









     52          51      50         49       48         47         46    45  

か こ   行 神 こ   正     こ 従 す   出 こ   言 ¬ 百   こ ¬ そ   そ
ら の   動 の の   し こ   れ っ べ   来 の   っ ほ 卒   う 父 の   し
だ 人   に 国 人   い こ   ら て て   事 光   た ん 長   言 よ と   て
の が   は を は   人 に   の き イ   を 景     と は   っ   き   聖
引 ピ   賛 待 ユ   で     こ た エ   見 を     う こ   て わ     所
取 ラ   成 ち ダ   あ ヨ   と 女 ス   て 見     に の   つ た イ   の
り ト   し 望 ヤ   っ セ   を た を     に       有   い し エ   幕
方 の   て ん の   た フ   見 ち 知   み 集     こ 様   に の ス   が
を と   い で 町     と   て も っ   な ま     の を   息 霊 は   ま
願 こ   な い ア     い   い   て   胸 っ     人 見   を を 声   ん
い ろ   か た リ     う   っ 遠 い   を て     は て   引 み 高   中
出 へ   っ   マ     議   た い た   打 き     正     き 手 く   か
て 行   た 彼 タ     員     所 者   ち た     し 神   と に 叫   ら
  っ     ら ヤ     が     に や   な 群     い を   ら ゆ ん   裂
  て     は の     い     立     が 衆     人 あ   れ だ で   け
        議 出     た     っ ガ   ら も     で が   た ね 言   た
  イ     会 身     が     て リ   帰       あ め     ま わ    
  エ     の で             ラ   っ こ     っ       す れ    
  ス     議       善       ヤ   て れ     た        た    
  の     決       良       か   い ら                   
        や       で       ら   っ の     と              
                            た                      
                                                   
 23 









      4        3    2       1                56          55       54     53  

着 そ   見 中   と   し         れ   そ   か あ イ   か こ   葬 そ
た の   当 に   こ   て 週       か   し   ら と エ   け の   っ れ
ふ た   た は   ろ   い の   ▲   ら   て   だ に ス   て 日   た を
た め   ら い   が   た 初   第   お   帰   が つ と   い は   こ 取
り 途   な っ       香 め   2   き   っ   納 い 一   た 準   と り
の 方   か て   石   料 の   4   て   て   め て 緒     備   の お
者 に   っ み   が   を 日   章   に       ら き に     の   な ろ
が く   た る   墓   携     ▼   従   香   れ て ガ     日   い し
  れ     と   か   え 夜       っ   料   る   リ     で     て
彼 て         ら   て 明       て   と   様 そ ラ     あ   岩 亜
ら い     主   こ     け       安   香   子 の ヤ     っ   を 麻
に る     イ   ろ   墓 前       息   油   を 墓 か     て   掘 布
現 と     エ   が   に に       日   と   見 を ら         っ に
れ       ス   し   行         を   を   と 見 き     安   て 包
た 見     の   て   っ 女       休   用   ど   た     息   造 み
  よ     か   あ   た た       ん   意   け ま 女     日   っ  
        ら   る     ち       だ   し   た た た     が   た ま
  輝     だ   の     は           た     イ ち     始   墓 だ
  い     が   で     用                 エ は     ま   に だ
  た               意                 ス       り   納 れ
  衣               を                 の           め も
  を                                             た  
                                                   
 24 









        12      11            10        9     8          7          6           5  

事 見 ∩   思 と   使 彼 ヨ こ   や 墓   そ   と 十 す   お の そ   な こ 女
の る ペ   わ こ   徒 女 ハ の     か   こ   仰 字 な   話 だ の   ぜ の た
次 と テ   れ ろ   た た ン 女   そ ら   で   せ 架 わ   に   か   生 ふ ち
第   ロ   て が   ち ち ナ た   の 帰   女   ら に ち   な ま た   き た は
を 亜 は         に と   ち   他 っ   た   れ つ     っ だ は   た り 驚
不 麻 立   そ 使   話 一 お と   み て   ち   た け 人   た ガ     方 の き
思 布 っ   れ 徒   し 緒 よ い   ん     は   で ら の   こ リ こ   を 者 恐
議 だ て   を た   た に び う   な こ   そ   は れ 子   と ラ こ   死 が れ
に け 墓   信 ち     い ヤ の   の れ   の   な   は   を ヤ に   人 言 て
思 が え   じ は     た コ は   人 ら   言   い そ 必   思 に は   の っ  
い そ 走   な       ほ ブ     に い   葉   か し ず   い お お   中 た 顔
な こ っ   か そ     か の マ   報 っ   を    て 罪   出 ら ら   に   を
が に て   っ れ     の 母 グ   告 さ   思     三 人   し れ れ   た ¬ 地
ら あ 行   た が     女 マ ダ   し い   い     日 ら   な た な   ず あ に
帰 っ き     愚     た リ ラ   た の   出     目 の   さ と い   ね な 伏
っ た       か     ち ヤ の     こ   し     に 手   い き     て た せ
て の か     な     も で マ     と         よ に       よ   い が て
行 で が     話       あ リ     を         み 渡     あ み   る た い
っ   ん     の     こ っ ヤ               が さ     な が   の は る
た   で     よ     の た       十         え れ     た え   か   と
    中     う     こ         一         る       が ら        
∪   を     に     と         弟                 た れ        
                を         子                 に た        
 24 









     20             19           18         17        16      15   14       13  

引 祭   力 神 言 ¬   ご あ ¬ そ   彼 合 イ   認 し   近 語   こ   七  
き 司   あ と っ そ   存 な あ の   ら っ エ   め か   づ り   の   マ こ
渡 長   る す た れ   じ た な ひ   は て ス   る し   い 合   い   イ の
し た   預 べ   は   な だ た と   悲 い は   こ     て い   っ   ル 日
  ち   言 て ¬     い け は り   し る 彼   と 彼   き 論   さ   ば  
十 や   者 の ナ ど   の が エ の   そ そ ら   が ら   て じ   い   か ふ
字 役   で 民 ザ ん   で   ル ク   う の に   で の     合   の   り た
架 人   し 衆 レ な   す こ サ レ   な 話 言   き 目   彼 っ   出   離 り
に た   た と の こ   か の レ オ   顔 は わ   な が   ら て   来   れ の
つ ち   が の イ と    都 ム パ   を な れ   か さ   と い   事   た 弟
け が     前 エ か     で に と   し ん た   っ え   一 る   に   エ 子
た       で ス      こ 泊 い   て の     た ぎ   緒 と   つ   マ が
の 死       の と     の ま う   立 こ ¬     ら   に     い   オ  
で 刑     わ こ 言     ご っ 者   ち と 歩     れ   歩 イ   て   と エ
す に     ざ と わ     ろ て が   ど な き     て   い エ   互   い ル
  処     に で れ     起 い     ま の な         て ス   に   う サ
  す     も す る     こ な 答   っ か が     イ   行 ご   語   村 レ
  る     言   と     っ が え   た  ら     エ   か 自   り   へ ム
  た     葉 あ       た ら て       互     ス   れ 身   合   行 か
  め     に の 彼     こ   言       に     を   た が   っ   き ら
  に     も か ら     と   っ       語               て   な  
          た は     を   た       り               い   が  
          は                                   た   ら  
 24 









        27       26        25          24          23        22             21  

あ 聖 こ   そ キ   信 ぶ そ   イ 見 そ   △ き イ   彼 わ と   き し あ わ
る 書 う   の リ   じ い こ   エ ま れ   イ ま エ   ら た こ   ょ か ろ た
事 全 言   栄 ス   ら た で   ス す で   エ し ス   が し ろ   う も う し
ど 体 っ   光 ト   れ め イ   は と     ス た の   朝 た が   が そ と た
も に て   に は   な   エ   見   わ   は が か   早 ち     三 の   ち
を わ     入 必   い 預 ス   当 果 た   生   ら   く を わ   日 上 望 は
  た モ   る ず   者 言 が   た た し   き そ だ   墓 驚 た   目 に み  
説 り |   は     た 者 言   り し た   て の が   に か し   な   を イ
き   セ   ず こ   ち た わ   ま て ち   お と 見   行 せ た   の こ か ス
あ ご や   で れ   よ ち れ   せ 女 の   ら き 当   き ま ち   で の け ラ
か 自 す   は ら     が た   ん た 仲   れ 御 ら   ま し の   す 事 て エ
さ 身 べ   な の     説     で ち 間   る 使 な   す た 仲     が い ル
れ に て   か 苦     い ¬   し が が   ▽ が い   と   間     起 ま を
た つ の   っ 難     た あ   た 言 数   と 現 の     と で     っ し 救
  い 預   た を     す あ    っ 人   告 れ で     い あ     て た う
  て 言   の 受     べ       た     げ て       う る     か   の
  し 者   か け     て 愚     と 墓   た   帰     の 数     ら   は
  る か    て     の か     う に   と   っ     は 人         こ
  し ら           事 で     り 行   申   て       の         の
  て は           を 心     で っ   す           女         人
    じ             の       て   の           が         で
    め             に           で                      
    て                         す                      
 24 









        35       34       33        32       31       30           29       28  

わ パ そ   現 ¬   十 そ   内 ま 彼   わ 彼   祝 一   泊 日 一 そ   イ そ
か ン こ   れ 主   一 し   に た ら   か ら   福 緒   ま も 緒 こ   エ れ
っ を で   な は   弟 て   燃 聖 は   っ の   し に   る は に で   ス か
た お ふ   さ     子     え 書 互   た 目   て 食   た や お     が ら
こ さ た   っ ほ   と す   た を に     が   さ 卓   め 傾 泊 し   な  
と き り   た ん   そ ぐ   で 説 言   す 開   き に   に い ま い   お 彼
な に の    い   の 立   は き っ   る け     つ     て り て   先 ら
ど な 者   と う   仲 っ   な 明 た   と て   彼 か   家 い 下 引   へ が
を る は   言 に   間 て   い し           ら れ   に ま さ き   進 行
話 様     っ よ   が エ   か て ¬   み そ   に た   は す い 止   み こ
し 子 途   て み   集 ル    く 道   姿 れ   渡 と   い    め   行 う
た で 中   い が   ま サ     だ 々   が が   し き   ら   も て   か と
    で   た え   っ レ     さ お   見 イ   て     れ イ う 言   れ し
  イ あ     っ   て ム     っ 話   え エ   お パ   た エ 夕 っ   る て
  エ っ     て   い に     た に   な ス   ら ン     ス 暮 た   様 い
  ス た         て 帰     と な   く で   れ を     は れ     子 た
  だ こ     シ     っ     き っ   な あ   る 取       に ¬   で 村
  と と     モ     て       た   っ る   う り     彼 な わ   あ に
    や     ン     見     お と   た こ   ち       ら っ た   っ 近
          に     る     互 き     と   に       と て し   た づ
                と     の       が           共 お た     い
                      心                   に り ち     た
                      が                       と     が
 24 









             44     43   42         41    40         39          38    37      36  

書 モ 話 ¬     イ   彼   イ 思 彼   ∩   あ さ わ   起 ¬ そ   彼   な こ
い | し わ そ   エ   ら   エ っ ら   こ   な わ た   す な こ   ら   っ う
て ゼ て た れ   ス   が   ス て は   う   た っ し   の ぜ で   は   た 話
あ の 聞 し か   は   焼   が い 喜   言   が て の   か お イ   恐     し
る 律 か が ら   そ   い   ¬ る び   っ   た 見 手     じ エ   れ   ∩ て
こ 法 せ 以 彼   れ   た   こ と の   て   が な や     惑 ス   驚   そ い
と と た 前 ら   を   魚   こ   あ       見 さ 足     っ が   い   し る
は 預 言 あ に   取   の   に   ま   手   る い を     て 言   て   て と
  言 葉 な 対   っ   一   何   り   と   と   見     い わ       ¬  
必 書 は た し   て   き   か       足   お 霊 な     る れ   霊   や イ
ず と   が て       れ   食   ま   と   り に さ     の た   を   す エ
こ 詩 こ た 言   み   を   物   だ   を     は い     か     見   か ス
と 篇 う と わ   ん   さ   が   信   お   わ 肉             て   れ が
ご と で 一 れ   な   し   あ   じ   見   た や ま     ど     い    彼
と に あ 緒 た   の   あ   る   ら   せ   し 骨 さ     う     る   と ら
く   っ に     前   げ   か   れ   に   に は し     し     の   言 の
成 わ た い     で   る      な   な   は な く     て     だ   わ 中
就 た   た     食   と   と   い   っ   あ い わ     心     と   れ に
す し す 時     べ       言   で   た   る が た     に     思   た お
る に な 分     ら       わ   不       の   し     疑     っ     立
 つ わ に     れ       れ   思   ∪   だ   な     い     た   ∪ ち
  い ち       た       た   議          の     を           に
  て                     に           だ                  
 24 









  53       52      51      50          49    48         47      46       45  

絶   エ 彼   ∩ 祝   連     あ に 見   あ   も 悔 そ   苦 言   開 そ
え   ル ら   天 福   れ そ   な 贈 よ   な   ろ 改 し   し わ   い こ
ず   サ は   に さ   て れ   た る     た   も め て   み れ   て で
宮   レ ∩   あ れ   行 か   が   わ   が   ろ が     を た     イ
に   ム イ   げ て   き ら   た だ た   た   の   そ   受       エ
い   に エ   ら お         は か し   は   国 エ の   け ¬     ス
て   帰 ス   れ ら   手 イ   都 ら の       民 ル 名   て こ     は
    り を   た れ   を エ   に   父   こ   に サ に     う      
神     拝     る   あ ス   と 上 が   れ   宣 レ よ   三       聖
を     し   ∪ う   げ は   ど か 約   ら   べ ム っ   日 し     書
ほ           ち   て 彼   ま ら 束   の   伝 か て   目 る     を
め     ∪     に   彼 ら   っ 力 さ   事   え ら 罪   に し     悟
た     非         ら を   て を れ   の   ら は の   死 て     ら
た     常     彼   を ベ   い 授 た   証   れ じ ゆ   人 あ     せ
え     な     ら   祝 タ   な け も   人   る ま る   の る     る
た     喜     を   福 ニ   さ ら の   で     っ し   中       た
      び     離   さ ヤ   し れ を   あ     て を   か キ     め
      を     れ   れ の   い る     る       得   ら リ     に
      も     て   た 近    ま あ           さ   よ ス     彼
      っ           く     で な           せ   み ト     ら
      て           ま     は た           る   が は     の
                  で       が               え       心
                          た               る       を
 24 [TOP]ヘ