【ローマ人への手紙】<口語訳> 
           [横書き]
      8        7    6      5        4    3    2    1   

感 よ に ま   ら わ ロ エ あ と を わ   こ も 聖 御 御 で こ れ キ ▼
謝 っ 言 ず     た | ス な 使 信 た   れ っ な 子 子   の   リ  
す て い 第   恵 し マ ・ た 徒 仰 し   が て る は に あ 福 召 ス 第
る   伝 一   み た に キ が の の た   わ 神 霊   関 ら 音 さ ト 一
  あ え に   と ち い リ た 務 従 ち   た の に 肉 す か は れ ・ 章
  な ら     平 の る ス も と 順 は   し 御 よ に る じ   て イ  
  た れ わ   安 父   ト ま を に     た 子 れ よ も め 神 使 エ ▲
  が て た   と な 神 に た 受 至 そ   ち と ば れ の 約 が 徒 ス  
  た い し   が る に 属   け ら の   の 定   ば で 束   と の  
  一 る は     神 愛 す 彼 た せ 御   主 め 死 ダ あ さ 預 な 僕  
  同 こ     あ お さ る ら の る 名   イ ら 人 ビ る れ 言 っ    
  の と あ   な よ れ 者 の で よ の   エ れ か デ   た 者 た 神  
  た を な   た び   と 中 あ う た   ス た ら の   も た パ の  
  め   た   が 主 召 な に り に め   ・   の 子   の ち ウ 福  
  に イ が   た イ さ っ あ   と に   キ   復 孫   で に ロ 音  
    エ た   に エ れ た っ         リ   活 か   あ よ か の  
  わ ス の   あ ス た の て   彼 す   ス   に ら   っ り ら た  
  た ・ 信   る ・ 聖 で     に べ   ト   よ 生   て   | め  
  し キ 仰   よ キ 徒 あ 召   よ て   で   り れ     聖 | に  
  の リ が   う リ 一 る さ   っ の   あ           書   選  
  神 ス 全   に ス 同 | れ   て 異   る   御       の   び  
  に ト 世     ト へ | て   恵 邦       力       中   別  
    に 界     か     イ   み 人       を           た  
 1 









  14             13       12       11 10             9 

者 わ   き 所 た わ こ 兄   ほ し そ   け あ わ ∩   え さ こ し え わ
に た   た に の た の 弟   か と れ   た な た 9   て る の て   た
も し     行 間 し こ た   な の は   い た し 節   仕 の こ   い し
無 に     こ で は と ち   ら お     か が は に   え は と あ つ は
知 は     う も ほ を よ   な 互 あ   ら た   合   て   に な か  
な       と 幾 か 知     い の な   で に あ 節   い わ つ た は 祈
者 ギ     し 分 の ら       信 た   あ 霊 な ∪   る た い が 御 の
に リ     ば か 異 ず       仰 が   る の た     神 し て た 旨 た
も シ     し の 邦 に       に た     賜 が     で が   の に び
  ヤ     ば 実 人 い       よ の     物 た     あ 霊 わ 所 か ご
果 人     企 を の て       っ 中     を に     る に た に な と
す に     て 得 間 も       て に     幾 会       よ し 行 っ に
べ も     た る で ら         い     分 う       り の け て  
き 未     が た 得 い       共 て     で こ         た る 道 絶
責 開       め た た       に       も と       御 め よ が え
任 の     今 に よ く       励 あ     分 を       子 に う 開 ず
が 人     ま   う な       ま な     け 熱       の あ に か あ
あ に     で あ に い       し た     与 望       福 か と れ な
る も     妨 な           合 が     え し       音 し 願   た
        げ た あ         う た     て て       を を っ ど が
  賢     ら が な         た と       い       宣 し て う た
  い     れ た た         め わ     力 る       べ て い に を
        て の が         に た     づ         伝 下 る か 覚
 1 









      20       19       18         17       16       15

彼 い と 神   た は な   啓 人 神   と こ 信 神   て そ わ   で い そ
ら て は の   の 明 ぜ   示 間 の   お れ 仰 の   信 れ た   あ る こ
に     見   で ら な   さ の 怒   り は に 義   じ は し   る あ で
は 明 天 え   あ か ら   れ あ り   で   至 は   る   は     な  
弁 ら 地 な   る で     る ら は   あ ¬ ら     者 ユ 福     た わ
解 か 創 い     あ 神     ゆ     る 信 せ そ   に ダ 音     が た
の に 造 性     り に     る 不     仰 る の     ヤ を     た し
余 認 こ 質       つ     不 義     に   福   救 人 恥     に と
地 め の       神 い     信 を     よ   音   を を と     も し
が ら か す     が て     心 も     る   の   得 は し       て
な れ た な     そ 知     と っ     義   中   さ じ な     福 の
い る   わ     れ り     不 て     人   に   せ め い     音 切
  か 被 ち     を う     義 真     は   啓   る         を な
  ら 造       彼 る     と 理     生   示   神 ギ       宣 る
  で 物 神     ら 事     に を     き   さ   の リ       べ 願
  あ に の     に が     対 は     る   れ   力 シ       伝 い
  る お 永     明 ら     し ば            で ヤ       え は
    い 遠     ら は     て も     と   信   あ 人       る  
  し て の     か         う     書   仰   る に       こ ロ
  た 知 力     に 彼     天 と     い   に     も       と |
  が ら と     さ ら     か す     て   始             な マ
  っ れ 神     れ に     ら る     あ   ま     す       の に
  て て 性                     る   り     べ          
 1 









    28         27      26       25     24     23 22       21

な た そ   身 き 互 男  然 す そ   永 被 彼   ら ゆ   う 不 彼   な が な
す の し   に こ に も  な な れ   遠 造 ら   だ え   も 朽 ら   り め ぜ
べ で て   受 と そ ま  も わ ゆ   に 物 は   を に   の の は     ず な
か       け を の た  の ち え   ほ を 神   互     の 神 自   そ   ら
ら 神 彼   た な 情 同  に       む 拝 の   に 神   像 の ら   の 感  
ざ は ら   の し 欲 じ  代 彼 神   べ み 真   は は   に 栄 知   無 謝 彼
る 彼 は   で   の よ  え ら は   き   理   ず     似 光 者   知 も ら
事 ら 神   あ そ 炎 う    の 彼   も こ を   か 彼   せ を と   な せ は
を を を   る し を に    中 ら   の れ 変   し ら   た 変 称   心 ず 神
な 正 認     て 燃 女    の を   で に え   め が   の え し   は   を
す し め     そ や と    女 恥   あ 仕 て   て 心   で て な   暗 か 知
に か る     の し の    は ず   る え 虚     の   あ   が   く え っ
任 ら こ     乱   自      べ     た 偽   汚 欲   る 朽 ら   な っ て
せ ぬ と     行 男 然    そ き   ア の と   す 情     ち     っ て い
ら 思 を     の は の    の 情   ァ で し   ま に     る 愚   た そ な
れ い 正     当 男 関    自 欲   メ あ     ま か     人 か   か の が
た に し     然 に 係    然 に   ン る 創   に ら     間 に   ら 思 ら
  わ い     の 対 を    の 任       造   任 れ     や な   で い  
  た と     報 し 捨    関 せ     創 者   せ       鳥 り   あ は 神
  し し     い て て    係 ら     造 の   ら 自     や     る む と
    な     を 恥 て    を れ     者 代   れ 分     獣       な し
    か       ず      不 た     こ り   た の     や       し て
    っ       べ      自       そ に     か     這       く あ
 1 









    3      2            1            32   31     30      29

あ し あ   者 わ   さ 罪 あ あ だ ▼     り う 彼     り 壮 そ  満 と す
な か あ   ど た   ば に な な か       で 神 ら   無   語 し  ち に な
た も     も し   く 定 た た ら 第     は の は   知   す る    あ わ
は 自 こ   の た   あ め は に   二     な 定         る 者  ま ふ ち
  ら の   上 ち   な て   は あ 章     く め こ   不   者    た れ  
神 同 よ   に は   た い 他 弁 あ         を う   誠     神      彼
の じ う   正     も る 人 解   ▲     そ よ し   実   悪 を  ざ ね ら
さ こ な   し 神       を の す       れ く た       事 憎  ん た は
ば と 事   く の   同   さ 余 べ       を 知 事   無   を む  言 み  
き を を   下 さ   じ   ば 地 て       行 り を   情   た 者  す と あ
を 行 行   る ば   こ   く が 人       う な 行       く    る 殺 ら
の う う   こ き   と   こ な を       者 が う   無   ら 不  者 意 ゆ
が 人 者   と が   を   と い さ       ど ら 者   慈   む 遜    と る
れ よ ど   を     行   に   ば       も   ど   悲   者 な    争 不
う   も     こ   っ   よ   く       を 自 も   な     者    い 義
る   を   知 の   て   っ   者       是 ら が   者   親      と と
と   さ   っ よ   い   て   よ       認 そ 死   と   に 高    詐 悪
思   ば   て う   る               さ れ に   な   逆 慢    欺 と
う   き   い な   か   自           え を 価   っ   ら な    と 貪
の   な   る 事   ら   分           し 行 す   て   う 者    悪 欲
か   が     を   で   自           て う る   い   者      念 と
    ら     行   あ   身           い ば と   る   と 大    と 悪
          う   る   を           る か い       な 言    に 意
 2 









  11     10   9      8      7      6        5        4 

あ な   ヤ 善 ヤ 悪   に 他 ち と す   る 神   に な あ   る 知 そ
る ぜ   人 を 人 を   従 方 が ほ な     は   神 た な   の ら れ
  な   に 行 に 行   う で 与 ま わ         の は た   か な と
  ら   も う も う   人 は え れ ち     お   怒   の     い も
        す   す   に   ら と       の   り 神 か     で  
  神   光 べ 患 べ     党 れ 朽 一     お   を の た       神
  に   栄 て 難 て   怒 派   ち 方     の     正 く     そ の
  は   と の と の   り 心   ぬ で     に   自 し な     の 慈
      ほ 人 苦 人   と を   も は         分 い な     慈 愛
  か   ま に 悩 に   激 い   の       そ   の さ       愛 が
  た   れ は と は   し だ   と 耐     の   身 ば 悔     と あ
  よ   と   が     い き   を え     わ   に き 改     忍 な
  り   平 ユ 与 ユ   憤     求 忍     ざ   積 の め     耐 た
  見   安 ダ え ダ   り 真   め ん     に   ん 現 の     と を
  る   と ヤ ら ヤ   と 理   る で     し   で れ な     寛 悔
  こ   が 人 れ 人   が に   人 善     た   い る い     容 改
  と   与 を   を   加 従   に を     が   る 怒 心     と め
  が   え は   は   え わ     行     っ   の り の     の に
  な   ら じ   じ   ら な   永 っ     て   で の ゆ     富 導
  い   れ め   め   れ い   遠 て     報   あ 日 え     を く
  か   る ギ   ギ   る で   の       い   る の に     軽 こ
  ら     リ   リ     不   い 光     ら     た       ん と
  で     シ   シ     義   の 栄     れ     め あ     じ も
 2 









  18    17       16         15       14     13       12

き 御  神 も   を 神 そ   の そ 現 彼   て 律 す   は な   よ な そ
ま 旨  を し   さ が し   で の し ら   も 法 な   な ぜ   っ し の
え を  誇 あ   ば キ て   あ 判   は     の わ   く な   て に わ
て 知  と な   か リ     る 断 そ 律   彼 命 ち     ら   さ 滅 け
お り  し た   れ ス こ     が の 法   ら じ     律     ば び は
り      が   る ト れ     互 こ の   に る 律   法 律   か    
  律        そ ・ ら     に と 要   と 事 法   を 法   れ 律 律
  法    自   の イ の     あ を 求   っ を を   行 を   る 法 法
  に    ら   日 エ こ     る 彼 が   て 行 持   う 聞     の な
  教    ユ   に ス と     い ら そ   は う た   者 く     も し
  え    ダ     に は     は の の   自 な な   が 者     と に
  ら    ヤ   明 よ       訴 良 心   分 ら い     が     で 罪
  れ    人   ら っ わ     え 心 に   自   異   義       罪 を
  て    と   か て た       も し   身 た 邦   と 神     を 犯
       称   に 人 し     あ 共 る   が と 人   さ の     犯 し
  な    し   さ 々 の     る に さ   律 い が   れ 前     し た
  す        れ の 福     い あ れ   法 律     る に     た 者
  べ    律   る 隠 音     は か て   な 法 自   か 義     者 は
  き    法   で れ に     弁 し い   の を 然   ら な     は  
  こ    に   あ た よ     明 を る   で 持 の   で る       ま
  と    安   ろ 事 れ     し し こ   あ た ま   あ も     律 た
  を    ん   う が ば     合 て と   る な ま   る の     法 律
  わ    じ     ら       う   を     く で     で     に 法
 2 









  26         25     24     23       22     21 20       19

そ だ   礼 し 役 も   た 聖   侮 律   の 偶 姦   盗 な ∩ る 愚 と さ
の か   と か に し   の 書   っ 法   か 像 淫   む ぜ 1 の か し ら
無 ら   な し 立     ゆ に   て を     を す   な   9 な な て に
割     っ   と あ   え 書   い 誇     忌 る   と 人 節 ら 者    
礼 も   て も う な   に い   る と     み な   人 を に   の 自 知
は し   し し   た     て   の し     き と   に 教 合   導 ら 識
割 無   ま 律   が   異 あ   か な     ら 言   説 え 節   き 盲 と
礼 割   う 法   律   邦 る     が     い っ   い て ∪   手 人 真
と 礼     を   法   人 と     ら     な て   て 自       の 理
見 の     犯   を   の お           が       分     幼 手 と
な 者     す   行   間 り     自     ら 自   自 を     な 引 が
さ が     な   う   で       ら       ら   ら 教     子 き 律
れ 律     ら   な   汚 ¬     は     自 は   は え     の   法
る 法         ら   さ 神     律     ら 姦   盗 な     教 や の
で の     あ       れ の     法     は 淫   む い     師 み 中
は 規     な   な   て 御     に     宮 す   の の     を に に
な 定     た   る   い 名     違     の る   か か     も お 形
い を     の   ほ   る は     反     物 の           っ る を
か 守     割   ど          し     を か           て 者 と
  る     礼         あ     て     か             任 の っ
  な     は   割     な           す             じ 光 て
  ら     無   礼     た     神     め             て   い
        割   は     が     を     る             い   る
 2 









      3        2      1            29     28       27

か そ も す   あ ま そ   ま で ▼     そ 文 か   ま と   し る か
  の し る   る ず れ   た は        の 字 え   た い   て 者 つ
  不   と     第 は   割   第     ほ に っ     う   い は  
  真 彼       一     礼 ユ 三     ま よ て   外 の   る   生
  実 ら ど     に い   の ダ 章     れ ら     見 は   あ 律 れ
  に の う       ろ   益 ヤ        は ず 隠   上     な 法 な
  よ う な     神 い   は 人 ▲     人 霊 れ   の 外   た の が
  っ ち る     の ろ   何 の       か に た   肉 見   を 文 ら
  て に の     言 の   か す       ら よ ユ   に 上     字 無
    不 か     が 点     ぐ       で る ダ   お の   さ と 割
  神 真       彼 で     れ       は 心 ヤ   け ユ   ば 割 礼
  の 実       ら 数     て       な の 人   る ダ   く 礼 の
  真 の       に 多     い       く 割 が   割 ヤ   の と 者
  実 者       ゆ く     る         礼 ユ   礼 人   で を で
  は が       だ あ     点       神 こ ダ   が が   あ 持 あ
  無 あ       ね る     は       か そ ヤ   割 ユ   る ち っ
  に っ       ら       何       ら 割 人   礼 ダ     な て
  な た       れ       か       来 礼 で   で ヤ     が 律
  る と       た               る で あ   も 人     ら 法
  で し       こ               の あ り   な で     律 を
  あ た       と               で っ     い は     法 全
  ろ ら       で               あ て ま     な     を う
  う                         る   た     く     犯 す
 3 









      8          7        6          5                4 

彼 る を む   か て そ し   る も 断   間 怒 に し         そ べ あ 断
ら と し し       う か   だ し じ   的 り す か         れ き ら じ
が   よ ろ     わ 明 し   ろ そ て   な を る し    あ ¬ は で ゆ て
罰 あ う       た ら     う う そ   言 下 と     と な あ   あ る そ
せ る で ¬     し か も   か で う   い す し も   書 た な   る 人 う
ら 人 は 善     は に し     あ で   方 神 た し   い が た     を で
れ 々 な を     な さ 神     っ は   で は ら わ   て さ が     偽 は
る は い き     お れ の     た な   は     た   あ ば 言     り な
の そ か た     も て 真     ら い   あ 不 な し   る き 葉     者 い
は し  ら     罪   実           る 義 ん た   と を を     と  
当 っ ∩ せ     人 神 が     神     ∪ で と ち   お 受 述     し  
然 て わ る     と の       は       あ 言 の   り け べ     て  
で い た た     し 栄 わ     こ       る う 不   で る る     も  
あ る し め     て 光 た     の       と べ 義   あ と と        
る ∪ た に     さ と し     世       言 き が   る き き     神  
    ち       ば な の     を       う か         は     を  
    が わ     か る 偽             の   神     勝       真  
    そ た     れ な り     ど       か   の     利 義     実  
    う し     る ら に     う       ∩   義     を と     な  
    言 た     の   よ     さ       こ   を     得 せ     も  
    っ ち     だ ど り     ば       れ   明     る ら     の  
    て は     ろ う い     か       は   ら     た れ     と  
    い 悪     う し っ     れ       人   か     め       す  
 3 









17   16 15   14     13       12     11     10           9 

そ   彼 彼   彼     彼   善 っ す     悟|    次   こ ユ 絶 わ す
し   ら ら   ら     ら   を て べ     り|    の   と ダ 対 た る
て   の の   の 彼 彼 の   行 い て     の|  ¬|よ   を ヤ に し と
    道 足   口 ら ら の   う る の   神|あ|  義|う     人 な た  
彼   に は   は の は ど   者   人   を|る|  人|に   わ も い ち ど
ら   は       く   は   は   は   求|人|  は|書   た ギ   に う
は     血   の ち そ     い   迷   め|は|  い|い   し リ   は な
平   破 を   ろ び の 開   な   い   る|い|  な|て   た シ   何 る
和   壊 流   い る 舌 い   い   出   人|な|  い|あ   ち ヤ   か の
の   と す   と に で た       て   は|い|   |る   は 人   ま か
道   悲 の   苦 は 人 墓   ひ       い|    ひ|    す も   さ  
を   惨 に   い   を で   と   こ   な|    と|    で     っ  
知   と 速   言 ま 欺 あ   り   と   い|    り|    に こ   た  
ら   が く   葉 む き り   も   ご         も|    指 と   と  
な   あ     と し       い   と         い|    摘 ご   こ  
い   る     で の       な   く         な|    し と   ろ  
          満 毒       い   無         い|    た く   が  
          ち が           益                 罪   あ  
          て あ           な                 の   る  
          い り           も                 下   の  
          る             の                 に   か  
                        に                 あ      
                        な                 る      
 3 









  24   23         22     21       20           19   18

エ 彼 を す   そ る 義 そ   と し   律 間 な   き そ 語 の さ   彼
ス ら 受 な   こ   で れ   預 か   法 は ぜ   に れ ら 言 て   ら
に は け わ   に   あ は   言 し   に 神 な   服 は れ う     の
よ   ら ち   は   っ     者 今   よ の ら   す   て と わ   目
る 価 れ     な   て イ   と や   っ 前     る す い こ た   の
あ な な す   ん     エ   に     て に 律   た べ る ろ し   前
が し く べ   ら   す ス   よ 神   は 義 法   め て   は た   に
な に な て   の   べ ・   っ の     と を   で の     ち   は
い   っ の   差   て キ   て 義   罪 せ 行   あ 口   律 が    
に 神 て 人   別   信 リ   あ が   の ら う   る が   法 知   神
よ の お は   も   じ ス   か     自 れ こ     ふ   の っ   に
っ 恵 り 罪   な   る ト   し 律   覚 な と     さ   も て   対
て み   を   い   人 を   さ 法   が い に     が   と い   す
義 に   犯       に 信   れ と   生 か よ     れ   に る   る
と よ   し       与 じ   て は   じ ら っ         あ よ   恐
さ り   た       え る     別   る で て     全   る う   れ
れ     た       ら 信   現 に   の あ は     世   者 に   が
る キ   め       れ 仰   さ     み る       界   た     な
の リ           る に   れ し   で   す     が   ち す   い
で ス   神       も よ   た か   あ   べ     神   に べ   
あ ト   の       の る     も   る   て     の   対 て    
る ・   栄       で 神     律       の     さ   し 律    
  イ   光       あ の     法       人     ば   て 法    
 3 









    30       29       28           27       26          25

に に ま   確 ま そ   信 人 わ   そ 行 な 全 す   を こ そ  て す そ も 神
義 よ こ   か た れ   仰 が た   う い ん く る   信 う れ  見 な れ っ は
と っ と   に   と   に 義 し   で の の な と   じ し は  の わ は て こ
さ て に     異 も   よ と た   は 法 法 い     る て    が ち 神 受 の
れ 義     異 邦     る さ ち   な 則 則   ど   者   今  し   の く キ
る と 神   邦 人 神   の れ は   く に に   こ   を 神 の  て 今 義 べ リ
の し は   人 の は   で る       よ よ   に   義 み 時  お ま を き ス
で   唯   の 神 ユ   あ の こ   信 っ っ   わ   と ず に  ら で 示 あ ト
あ ま 一   神 で ダ   る は う   仰 て て   た   さ か    れ に す が を
る た で   で あ ヤ       思   の か か   し   れ ら 神  た 犯 た な 立
    あ   も る 人     律 う   法       た   る が の  が さ め い て
  無 っ   あ の だ     法     則       ち   の 義 義    れ で の て
  割 て   る で け     の     に       の   で と を    た あ 供  
  礼       は の     行     よ       誇   あ な 示    罪 っ え そ
  の 割     な 神     い     っ       が   る り す    を た 物 の
  者 礼     い で     に     て       あ       た        と 血
  を の     か あ     よ     で       る     さ め    神   さ に
  も あ       ろ     る     あ       の     ら で    は   れ よ
  信 る       う     の     る       か     に あ    忍   た る
  仰 者       か     で                     っ    耐      
  の を             は                   イ た    を     信
  ゆ 信             な                   エ      も     仰
  え 仰             く                   ス      っ     を
 3 









    5      4        3        2      1  ▼           31

る た し   な い   そ ム な   し で も   場 そ       か 断 す す
  を か   く っ   れ は ぜ   か あ し   合 れ 第     え じ る る
  信 し     た   に 神 な   し れ ア   に で 四     っ て の と
  じ     当 い   よ を ら     ば ブ   つ は 章     て そ で  
  る 働   然     っ 信     神   ラ   い           う あ 信
  人 き   の 働   て じ 聖   の 彼 ハ   て 肉 ▲     そ で る 仰
  は は   支 く     た 書   み は ム   は に       れ は か の
    な   払 人   彼   は   ま 誇 が     よ       に な   ゆ
  そ く   い に   は   な   え る     な る       よ い   え
  の て   と 対   義   ん   で こ そ   ん わ       っ     に
  信 も   し す   と   と   は と の   と た       て      
  仰     て る   認   言     が 行   言 し       律     わ
  が 不   認 報   め   っ   で で い   っ た       法     た
  義 信   め 酬   ら   て   き き に   た ち       は     し
  と 心   ら は   れ   い   な よ よ   ら の       確     た
  認 な   れ     た   る   い う っ   よ 先       立     ち
  め 者   る 恩      か       て   い 祖       す     は
  ら を     恵   と           義   か ア       る     律
  れ 義     と   あ   ¬       と     ブ       の     法
  る と     し   る   ア       さ     ラ       で     を
  の す     て       ブ       れ     ハ       あ     無
  で る     で       ラ       た     ム       る     効
  あ か     は       ハ       の     の             に
 4 









      12        11       10         9    8      7     6 

た く 割 か  る 印 そ そ   割 割 そ   義 わ そ さ   罪   さ ¬  人 ダ
信   礼 つ  に で れ し   礼 礼 れ   と た れ て   を   い 不  の ビ
仰 わ の    至 あ は て   を を で   認 し と     主   わ 法  幸 デ
の れ 者 割  る っ       受 受 は   め た も こ   に   い を  福 も
足 ら と 礼  す て 無 ア   け け     ら ち   の   認   で ゆ  に ま
跡 の い の  べ   割 ブ   て て ど   れ は 無 幸   め   あ る  つ た
を 父 う 者  て 彼 礼 ラ   か か う   た 言 割 福   ら   る さ  い  
踏 ア の の  の が の ハ   ら ら い    う 礼 は   れ     れ  て 行
む ブ は 父  人   ま ム   で か う   の   の     な          い
人 ラ   と  の 無 ま は   は   場   で ¬ 者 割   い     罪  次 が
々 ハ 割 な  父 割 で 割   な そ 合   あ ア に 礼   人     を  の な
を ム 礼 る  と 礼 信 礼   く れ に   る ブ も の   は     お  よ く
も が を た  な の 仰 と     と そ     ラ 及 者         お  う て
さ 無 受 め  り ま に い   無 も う     ハ ぶ だ   さ     わ  に も
す 割 け な    ま よ う   割 受 認     ム の け   い     れ  言 神
の 礼 た の    で っ し   礼 け め     に か が   わ     た  っ に
で の 者 で    信 て る   の る ら     は   受   い     人  て 義
あ 時 ば あ    じ 受 し   時 前 れ         け   で     た  い と
る に か る    て け を   で か た     そ   る   あ     ち  る 認
  持 り      義 た 受   あ   の     の   の   る     は    め
  っ で      と 義 け   っ   か     信   か             ら
  て は      さ の た   た         仰                  れ
  い な      れ 証 が             が                  た
 4 









      18         17              16     15     14       13

で と そ 彼   呼 彼 と ¬  父 ア る の な そ こ   な い   仰 も   の ム な
あ 言 の は   び は 書 わ  で ブ   信 わ れ の   い っ   は し   で と ぜ
る わ た 望   出 こ い た  あ ラ   仰 ち は よ   と た   む     は そ な
  れ め み   さ の て し  っ ハ   に   恵 う   こ い   な 律   な の ら
  て に 得   れ 神 あ は  て ム   従 律 み な   ろ     し 法   く 子  
  い   な   る   る      は   う 法 に わ   に 律   く に     孫 世
  る ¬ い   神 す と あ        者 に よ け   は 法   な 立   信 と 界
  と あ の   を な お な    神   に 立 る で   違 は   り つ   仰 に を
  お な に   信 わ り た    の   も つ の     反 怒     人   の 対 相
  り た     じ ち で を    前     者 で す   な り   約 々   義 し 続
    の な   た   あ 立    で   こ だ あ べ   る を   束 が   に て さ
  多 子 お   の 死 る て        の け っ て   も 招   も 相   よ な せ
  く 孫 も   で 人   て    わ   約 に て は   の く   ま 続   る さ る
  の は 望   あ を   多    た   束 で   信   は も   た 人   か れ と
  国 こ み   る 生   く    し   が は す 仰   な の   無 で   ら た の
  民 う つ     か   の    た   保 な べ に   い で   効 あ   で の 約
  の な つ     し   国    ち   証 く て よ     あ   に る   あ は 束
  父 る 信         民    す   さ   の る     っ   な と   る   が
  と で じ     無   の    べ   れ ア 子 の     て   っ す     律  
  な あ た     か   父    て   る ブ 孫 で         て れ     法 ア
  っ ろ       ら   と    の   の ラ に あ     律   し ば     に ブ
  た う       有   し    者   で ハ   る     法   ま       よ ラ
  の        を   た    の   あ ム す       の   う 信     る ハ
 4 









    25       24    23   22     21     20       19

の わ 主   し ス わ  ラ し   だ   き 神 帰 せ 彼   を 死 す
で た は   た を た  ハ か   か   る は し ず は   認 ん な
あ し     ち 死 し  ム し   ら   と そ         め だ わ
る た わ   も 人 た  の ¬       確 の   か 神   な 状 ち
  ち た     の ち  た 義   彼   信 約   え の   が 態  
  が し   義 中 の  め と   は   し 束   っ 約   ら で お
  義 た   と か た  だ 認   義   た さ   て 束   も あ よ
  と ち   認 ら め  け め   と     れ   信 を     り そ
  さ の   め よ で  で ら   認     た   仰 不   な   百
  れ 罪   ら み も  は れ   め     こ   に 信   お ま 歳
  る 過   れ が あ  な た   ら     と   よ 仰   彼 た と
  た の   る え っ  く    れ     を   っ の   の   な
  め た   の ら て    と   た         て ゆ   信 サ っ
  に め   で せ      書   の     ま   強 え   仰 ラ て
    に   あ た わ    い   で     た   め に   は の  
  よ 死   る か た    て   あ     成   ら 疑   弱 胎 彼
  み に     た し    あ   る     就   れ う   ら が 自
  が 渡     を た    る         す     よ   な 不 身
  え さ     信 ち    の         る   栄 う   か 妊 の
  ら れ     じ の    は         こ   光 な   っ で か
  さ       る 主              と   を こ   た あ ら
  れ       わ イ    ア         が   神 と     る だ
  た       た エ    ブ         で   に は     の が
 4 









    7        6        5      4    3        2        1   

で う 正   で た わ   神 な そ   を 忍 な そ   栄 の わ   り た こ ▼
あ   し   あ っ た   の ぜ し     耐 ぜ れ   光 恵 た     の の  
ろ 善 い   る て し   愛 な て   知 は な だ   に み し   神 だ よ 第
う 人 人       た   が ら     っ 錬 ら け   あ に た   に か う 五
  の の     不 ち   わ   希   て 達   で   ず 信 ち   対 ら に 章
  た た     信 が   た わ 望   い を 患 は   か 仰 は   し      
  め め     心 ま   し た は   る 生 難 な   る に     て わ わ ▲
  に に     な だ   た し 失   か み は く   希 よ さ   平 た た  
  は 死     者 弱   ち た 望   ら 出 忍     望 っ ら   和 し し  
    ぬ     た か   の ち に   で し 耐 患   を て に   を た た  
  進 者     ち っ   心 に 終   あ   を 難   も 導 彼   得 ち ち  
  ん は     の た   に 賜 る   る 錬 生 を   っ き に   て の は  
  で       た こ   注 わ こ     達 み も   て 入 よ   い 主    
  死 ほ     め ろ   が っ と     は 出 喜   喜 れ り   る イ 信  
  ぬ と     に     れ て は     希 し ん   ん ら       エ 仰  
  者 ん     死 キ   て い な     望   で   で れ い     ス に  
  も ど     ん リ   い る い     を   い   い   ま     ・ よ  
  あ い     で ス   る 聖       生   る   る そ 立     キ っ  
  る な     下 ト   か 霊       み         し っ     リ て  
  い い     さ は   ら に       出         て て     ス 義  
  は で     っ     で よ       す           い     ト と  
  い あ     た 時   あ っ       こ         神 る     に さ  
  る ろ     の い   る て       と         の こ     よ れ  
 5 









  13         12       11         10       9        8 

が と   全 に 世 こ   よ さ そ   る て に も   ら て わ   し キ し
な い   人   に の   っ せ れ   で い よ し   救 い た   た リ か
け う   類 こ は よ   て て ば   あ る っ     わ る し   ち ス し
れ の   に う い う     下 か   ろ 今 て わ   れ の た   に ト  
ば は   は し り な   神 さ り   う は 神 た   る だ ち   対 が ま
      い て   わ   を っ で       と し   で か は   す 死 だ
罪 律   り   ま け   喜 た は     な の た   あ ら     る ん 罪
は 法   込 す た で   ぶ わ な     お 和 ち   ろ   キ   愛 で 人
罪 以   ん べ 罪     の た く     さ 解 が   う な リ   を 下 で
と 前   だ て に ひ   で し       ら を 敵     お ス   示 さ あ
し に   の の よ と   あ た わ       受 で     さ ト   さ っ っ
て も   で 人 っ り   る ち た     彼 け あ     ら の   れ た た
認 罪   あ が て の     の し     の た っ       血   た こ 時
め は   る 罪 死 人     主 た     い と た     彼 に   の と  
ら 世     を が に     イ ち     の す 時     に よ   で に わ
れ に     犯 は よ     エ は     ち れ で     よ っ   あ よ た
な あ     し い っ     ス       に ば さ     っ て   る っ し
い っ     た っ て     ・ 今     よ   え     て 今     て た
の た     の て       キ や     っ 和       神 は       ち
で が     で き 罪     リ 和     て 解 御     の 義     神 の
あ         た が     ス 解     救 を 子     怒 と     は た
る 律     死 よ こ     ト を     わ 受 の     り さ     わ め
  法     が う の     に 得     れ け 死     か れ     た に
 5 









        17           16           15         14

て ひ る て も   の 罪 な な か   豊 イ ん す し   こ 死 ア し
  と ば 死 し   人 に ぜ っ つ   か エ だ な か   の の ダ か
さ り か が     の 定 な て     に ス と わ し   ア 支 ム し
ら の り 支 ひ   罪 め ら い こ   多 ・ す ち     ダ 配 の  
に イ の 配 と   過 る   る の   く キ れ   恵   ム を 違 ア
力 エ 恵 す り   か こ さ   賜   の   ば も み   は 免 反 ダ
強 ス み る の   ら と ば   物   人 リ   し の     れ と ム
く ・ と に 罪     に き   は   々 ス ま ひ 賜   き な 同 か
支 キ 義 至 過   義 な の       に ト し と 物   た か じ ら
配 リ の っ に   と っ 場   ひ   満 の て り は   る っ よ モ
す ス 賜 た よ   す た 合   と   ち 恵   の 罪   べ た う |
る ト 物 と っ   る が は   り   あ み 神 罪 過   き   な セ
は を と す て   結       の   ふ に の 過 の   者   罪 ま
ず と を れ     果 恵 ひ   犯   れ よ 恵 の 場   の   を で
で お 受 ば そ   に み と   し   た る み た 合   型   犯 の
は し け   の   な の り   た   は 賜 と め と   で   さ 間
な   て ま ひ   る 場 の   罪   ず 物   に は   あ   な に
い い い し と   か 合 罪   の   で と ひ 多 異   る   か お
か の る て り   ら に 過   結   は は と く な       っ い
  ち 者   を   で は か   果   な   り の っ       た て
  に た あ と   あ   ら   と   い さ の 人 て       者 も
  あ ち ふ お   る 多     は   か ら 人 が い       も  
  っ は れ し     く     異     に   死 る          
 5 









    1              21         20       19         18

う 恵 で ▼     で ス 恵 そ   ま し め 律   て が す   で よ 人 こ
か み は       あ ・ み れ   す か で 法     罪 な   あ っ が の
  が   第     る キ も は   満 し あ が   多 人 わ   る て 罪 よ
  増 わ 六       リ ま     ち   る は   く と ち       に う
  し た 章       ス た 罪   あ 罪   い   の さ       い 定 な
  加 し         ト 義 が   ふ の   り   人 れ ひ     の め わ
  わ た ▲       に に 死   れ 増   込   が た と     ち ら け
  る ち         よ よ に   た し   ん   義 と り     を れ で
  た は         り っ よ     加   で   人 同 の     得 た  
  め             て っ     わ   き   と じ 人     さ よ ひ
  に な         永 支 て     っ   た   さ よ の     せ う と
    ん         遠 配 支     た   の   れ う 不     る に り
  罪 と         の し 配     と   は   る に 従     義   の
  に 言         い   す     こ       の   順     が ひ 罪
  と お         の わ る     ろ   罪   で ひ に     す と 過
  ど う         ち た に     に   過   あ と よ     べ り に
  ま か         を し 至     は   の   る り っ     て の よ
  る           得 た っ         増     の て     の 義 っ
  べ           さ ち た     恵   し     従       人 な て
  き           せ の よ     み   加     順 多     に る す
  で           る 主 う     も   わ     に く     及 行 べ
  あ           た イ に     ま   る     よ の     ぶ 為 て
  ろ           め エ       す   た     っ 人     の に の
 6 









        6        5            4          3        2 

や そ つ わ わ   く と も   新 ら そ ス す   の た キ そ   そ 罪 断
  れ け た た   な し し   し よ れ マ な   で し リ れ   の に じ
罪 は ら し し   る く わ   い み は に わ   あ た ス と   中 対 て
の   れ た た   で な た   い が   よ ち   る ち ト も   に し そ
奴 こ た ち ち   あ る し   の え キ っ       は ・     生 て う
隷 の   の は   ろ な た   ち ら リ て わ       イ あ   き 死 で
と 罪   内     う ら ち   に さ ス   た     彼 エ な   て ん は
な の   の こ       が   生 れ ト 彼 し     の ス た   お だ な
る か   古 の     さ     き た が と た     死 に が   れ わ い
こ ら   き 事     ら 彼   る よ 父 共 ち     に あ た   る た  
と だ   人 を     に に   た う の に は     あ ず は   だ し  
が が   は 知       結   め に 栄 葬       ず か 知   ろ た  
な 滅   キ っ     彼 び   で   光 ら そ     か る ら   う ち  
い び   リ て     の つ   あ わ に れ の     る バ な   か が  
た     ス い     復 い   る た よ た 死     バ プ い        
め わ   ト る     活 て     し っ の に     プ テ の     ど  
で た   と       の そ     た て で あ     テ ス か     う  
あ し   共       様 の     ち   あ ず     ス マ       し  
る た   に       に 死     も 死 る か     マ を       て  
  ち   十       も の     ま 人   る     を 受          
  が   字       ひ 様     た の   バ     受 け       な  
  も   架       と に       中   プ     け た       お  
  は   に       し ひ       か   テ     た わ          
 6 









        13    12       11       10       9      8      7 

さ 身 む さ ま  ゆ だ   る 者 こ   生 し な   知 死 キ   ま も   か そ
さ を し げ た  だ か   者 で の   き て ぜ   っ ぬ リ   た し   ら れ
げ 神 ろ て    ね ら   で あ よ   る 死 な   て こ ス   彼 わ   で は
る に   は あ  て     あ り う   の ん ら   い と ト   と た   あ  
が さ 死 な な    あ   る   に   だ だ     る が は   共 し   る す
よ さ 人 ら た  そ な   こ キ     か の キ   か な 死   に た     で
い げ の な が  の た   と リ あ   ら で リ   ら く 人   生 ち     に
    中 い た  情 が   を ス な   で あ ス   で   の   き が     死
  自 か   の  欲 た     ト た   あ り ト   あ 死 中   る       ん
  分 ら   肢  に の   認 ・ が   る   が   る は か   こ キ     だ
  の 生   体  従 死   む イ た     キ 死     も ら   と リ     者
  肢 か   を  わ ぬ   べ エ 自     リ ん     は よ   を ス     は
  体 さ   不  せ べ   き ス 身     ス だ     や み   信 ト      
  を れ   義  る き   で に も     ト の     彼 が   じ と     罪
  義 た   の  こ か   あ あ       が は     を え   る 共     か
  の 者   武  と ら   る っ 罪     生       支 ら     に     ら
  武 と   器  を だ     て に     き た     配 さ     死     解
  器 し   と  せ を     神 対     る だ     し れ     ん     放
  と て   し  ず 罪     に し     の 一     な て     だ     さ
  し     て    の     生 て     は 度     い       な     れ
  て 自   罪    支     き 死       罪     こ も     ら     て
  神 分   に    配     て ん     神 に     と は           い
  に 自   さ    に     い だ     に 対     を や           る
 6 









          19   18     17           16         15       14

な 肢 僕 あ が わ   罪 準 あ し   る て ら あ あ   断 わ 律 そ   ら 恵 な
い 体 と な た た   か に な か   従     な な   じ た 法 れ   で み ぜ
  を し た の し   ら 心 た し   順 死 あ た た   て し の で   あ の な
  義 て が 肉 は   解 か が     の に な が が   そ た 下 は   る 下 ら
  の さ た の 人   放 ら た 神   僕 至 た た た   う ち に       に  
  僕 さ は 弱 間   さ 服 は は   と る が 自 は   で は で ど     あ あ
  と げ   さ 的   れ 従 罪 感   も 罪 た 身 知   は 罪 は う     る な
  し て か の な     し の 謝   な の は が ら   な を な な     の た
  て 不 つ ゆ 言   義 て 僕 す   る 僕 自   な   い 犯 く の     で が
  さ 法 て え い   の   で べ   の と 分 だ い     す   か       た
  さ に 自 で 方   僕   あ き   で も の れ の     べ 恵       罪 は
  げ 陥 分 あ を   と   っ か   あ な 服 か か     き み       に 律
  て っ の る す   な   た な   る り 従 の       で の       支 法
    た 肢   る   っ   が         す 僕       あ 下       配 の
  き よ 体   が   た           あ る に       ろ に       さ 下
  よ う を           伝       る そ な       う あ       れ に
  く に 汚   そ       え       い の っ       か る       る あ
  な   れ   れ       ら       は 者 て         か       こ る
  ら 今 と   は       れ         の 服         ら       と の
  ね や 不           た       義 僕 従         と       は で
  ば 自 法   あ       教       に で す         い       な は
  な 分 と   な       の       い あ る         っ       い な
  ら の の   た       基       た っ な         て       か く
 6 









    2            1             23       22       21     20

し 律 す   あ 律 わ あ そ 第     ス し 罪   そ え し   そ そ そ   者 あ
か 法 な   る 法 た な れ 七     に か の   の   か   れ れ の   で な
し に わ     は し た と 章     お し 支   終 き し   ら は 時   あ た
  よ ち     人 は が も       け 神 払   極 よ 今   の   あ   っ が
夫 っ       を 律 た   ▲     る の う   は き や   も 今 な   た た
が て 夫     そ 法 は 兄       永 賜 報   永 に     の で た     が
死 彼 の     の を 知 弟       遠 物 酬   遠 至 あ   の は が     罪
ね に あ     生 知 ら た       の は は   の る な   終 恥 た     の
ば つ る     き っ な ち       い   死   い 実 た   極 と は     僕
  な 女     て て い よ       の わ で   の を が   は す       で
夫 が は     い い の         ち た あ   ち 結 た     る ど     あ
の れ       る る か         で し る   で ん は   死 よ ん     っ
律 て 夫     期 人           あ た     あ で 罪   で う な     た
法 い が     間 々           る ち     る い か   あ な 実     時
か る 生     だ に             の       る ら   る も を     は
ら   き     け 語             主         解     の 結      
解   て     支 る             キ         放     で ん     義
放   い     配 の             リ         さ     あ だ     と
さ   る     す で             ス         れ     っ の     は
れ   間     る あ             ト         て     た か     縁
る   は     も る             ・         神             の
          の が             イ         に             な
          で               エ         仕             い
 7 









      6        5                4          3 

っ の て し   て に と   あ わ か そ お こ わ   な ら は で
て 結 死 か     よ い   る た ら れ し の た   い 解 淫 あ
仕 果 ん し   わ る う     し よ は て よ し     か 婦 る
え   だ 今   た 罪 の     た み     う の     れ と か
て 古 の は   し の は     ち が あ 律 に 兄     る 呼 ら
い い で     た 欲       が え な 法   弟     の ば  
る 文   わ   ち 情 わ     神 ら た に あ た     で れ 夫
の 字 わ た   の が た     の れ が 対 な ち       る の
で に た し   肢   し     た た た し た よ     他 が 生
あ よ し た   体 死 た     め か が て が       の   存
る っ た ち   の の ち     に た 他 死 た       男 も 中
  て ち を   う た が     実 の の ん も       に し に
  で は つ   ち め 肉     を も 人 だ         行 夫 他
  は 律 な   に に に     結 の   の キ       っ が の
  な 法 い   働 実 あ     ぶ と す で リ       て 死 男
  く か で   い を っ     に な な あ ス       も ね に
    ら い   て 結 た     至 り わ る ト         ば 行
  新 解 た   い ば 時     る   ち   の       淫   け
  し 放 も   た せ に     た こ     か       婦 そ ば
  い さ の     よ は     め う 死   ら       と の  
  霊 れ に     う       な し 人   だ       は 律 そ
  に   対     と 律     の て の   を       な 法 の
  よ そ し     し 法     で   中   と       ら か 女
 7 









    12     11       10    9          8                   7 

あ り こ   欺 な   て そ わ  が わ   あ す 内 し   あ た す か し 断 律 そ
る   の   き ぜ   わ し た  来 た   る な に か   ろ ら な っ か じ 法 れ
  戒 よ     な   た て し  る し     わ 働 る   う   わ た し て は で
  め う   戒 ら   し   は  に は     ち い に     わ ち で   そ 罪 は
  も な   め     を い 死  及 か       て       た   あ 律 う な  
  聖 わ   に 罪   死 の ん  ん つ     律   罪     し も ろ 法 で の わ
  で け   よ は   に ち だ  で て     法 あ は     は し う に は か た
  あ で   っ 戒   導 に      は     が ら 戒     む 律   よ な   し
  っ     て め   い 導    罪       な ゆ め     さ 法   ら い   た
  て 律   わ に   て く    は 律     か る に     ぼ が   な     ち
    法   た よ   行 べ    生 法     っ む よ     り ¬   け     は
  正 そ   し っ   く き    き な     た さ っ     な む   れ      
  し の   を て   こ 戒    返 し     ら ぼ て     る さ   ば     な
  く も   殺 機   と め    り に       り 機     も ぼ         ん
    の   し 会   が そ      生     罪 を 会     の る   わ     と
  か は   た を   わ の      き     は 起 を     を な   た     言
  つ 聖   か 捕   か も      て     死 さ 捕     知    し     お
  善 な   ら え   っ の      い     ん せ え     ら と   は     う
  な る   で     た が      た     で た       な 言   罪     か
  る も   あ わ            が     い   わ     か わ   を      
  も の   る た     か            る   た     っ な   知      
  の で     し     え      戒     の   し     た か   ら      
  で あ     を     っ      め     で   の     で っ   な      
 7 









  17       16       15         14               13

な そ   こ わ も   っ な わ   売 し る わ   死 な す の そ か で
く こ   と た し   て ぜ た   ら か   た   に も な し れ   は
  で   に し     自 な し   れ し   し   至 の わ わ は 断  
わ     な は 自   分 ら は   て     た   ら と ち ざ む じ 善
た こ   る 律 分   の   自   い わ   ち   せ な   で し て な
し の     法 の   憎 わ 分   る た   は   た る 罪 あ ろ そ る
の 事     が 欲   む た の   の し       の た は る   う も
内 を     良 し   事 し し   で は   律   で め     罪 で の
に し     い な   を は て   あ 肉   法   あ に 戒   の は が
宿 て     も い   し 自 い   る に   は   る   め   罪 な  
っ い     の 事   て 分 る     つ   霊     善 に   た い わ
て る     で を   い の こ     け   的     な よ   る   た
い の     あ し   る 欲 と     る   な     る っ   こ   し
る は     る て   か す が     者   も     も て   と   に
罪       こ い   ら る       で   の     の     が   と
で も     と る   で 事 わ     あ   で     に は   現   っ
あ は     を と   あ は か     っ   あ     よ な   れ   て
る や     承 す   る 行 ら     て   る     っ は   る   死
  わ     認 れ     わ な         と     て だ   た   と
  た     し ば     ず い     罪   知     わ し   め   な
  し     て               の   っ     た く   の   っ
  で     い       か       下   て     し 悪       た
  は     る       え       に   い     を 性   罪   の
 7 









    24         23    22     21       20     19           18

る だ わ   見 る 法 わ  喜 す   い そ   宿 て も   て す   そ な い 善 わ
だ れ た   る 罪 則 た  ん な   り こ   っ い し   い な   れ ぜ る な た
ろ が し     の に し  で わ   込 で   て る     な わ   を な   る し
う   は     法 対 の  い ち   ん     い の 欲   い ち   す ら   も の
か こ       則 し 肢  る     で 善   る は し   悪     る     の 内
  の な     の て 体  が わ   い を   罪   な   は わ   力 善   が に
  死 ん     中 戦 に    た   る し   で も い     た   が を   宿  
  の と     に い は    し   と よ   あ は こ   こ し   な し   っ す
  か い       を 別    は   い う   る や と   れ の   い よ   て な
  ら う     わ い の        う と     わ を   を 欲   か う   い わ
  だ み     た ど 律    内   法 欲     た し   行 し   ら と   な ち
  か じ     し み 法    な   則 し     し て   っ て   で す   い  
  ら め     を   が    る   が て     で い   て い   あ る   こ わ
    な     と そ あ    人   あ い     は る   い る   る 意   と た
  わ 人     り し っ    と   る る     な と   る 善     志   を し
  た 間     こ て て    し   の わ     く す     は     は     の
  し な     に        て   を た       れ     し         わ 肉
  を の     し 肢 わ    は   見 し     わ ば     な     自   た の
  救 だ     て 体 た    神   る に     た       い     分   し 内
  っ ろ     い に し    の           し そ     で     に   は に
  て う     る 存 の    律     悪     の れ           あ   知 は
  く       の 在 心    法     が     内 を     欲     る   っ  
  れ       を す の    を     は     に し     し     が   て  
 7 









  5      4          3        2      1                25

者 な   た こ   し す っ 律   で 法 な   罪 こ ▼     る 仕 こ 感 わ
は ぜ   し れ     な た 法   あ 則 ぜ   に う         え の 謝 た
霊 な   た は   肉 わ 事 が   る は な   定 い 第       て よ す し
の ら   ち 律   に ち を 肉       ら   め う         い う べ た
こ     に 法   お     に     罪     ら わ 八       る に き ち
と 肉   お の   い 御 神 よ     と キ   れ け         が し か の
を に   い 要   て 子 は り     死 リ   る で 章         て な 主
思 従   て 求   罪 を な 無     と ス   こ           肉     イ
う う     が   を   し 力     の ト   と 今 ▲       で わ   エ
か 者   満     罰 罪 遂 に     法 ・   が や         は た   ス
ら は   た 肉   せ の げ な     則 イ   な キ         罪 し   ・
で 肉   さ に   ら 肉 て っ     か エ   い リ         の 自   キ
あ の   れ よ   れ の 下 て     ら ス     ス         律 身   リ
る こ   る ら   た 様 さ い     あ に     ト         法 は   ス
  と   た ず   の で っ る     な あ     ・         に     ト
  を   め 霊   で 罪 た た     た る     イ         仕 心   に
  思   で に   あ の   め     を い     エ         え で   よ
  い   あ よ   る た   に     解 の     ス         て は   っ
      る っ     め   な     放 ち     に         い 神   て
  霊     て     に   し     し の     あ         る の    
  に     歩     つ   得     た 御     る         の 律   神
  従     く     か   な     か 霊     者         で 法   は
  う     わ     わ   か     ら の     は         あ に    
 8 









          11       10           9    8        7      6 

ろ が あ ト 御 も   生 か も   人 も で ら し   ま   い す な   と 肉
う た な ・ 霊 し   き ら し   は し あ   か   た   の な ぜ   で の
  の た イ が     て だ     キ   る あ し       で わ な   あ 思
  死 が エ   イ   い は キ   リ キ   な     肉   あ ち ら   る い
  ぬ た ス あ エ   る 罪 リ   ス リ   た 神   に   る         は
  べ の を な ス   の の ス   ト ス   が の   あ     そ 肉     死
  き 内 死 た を   で ゆ ト   の ト   た 御   る     れ の     で
  か に 人 が 死   あ え が   も の   は 霊   者     は 思     あ
  ら 宿 の た 人   る に あ   の 霊   肉 が   は     神 い     る
  だ っ 中 の の     死 な   で を   に あ         の は     が
  を て か 内 中     ん た   は 持   お な   神     律 神      
  も い ら に か     で が   な た   る た   を     法 に     霊
    る よ 宿 ら     い た   い な   の が   喜     に 敵     の
  生 御 み っ よ     て の     い   で た   ば     従 す     思
  か 霊 が て み     も 内     人   は の   せ     わ る     い
  し に え い が       に     が   な 内   る     ず か     は
  て よ ら る え     霊 お     い   く に   こ       ら      
  く っ せ な ら     は ら     る     宿   と     否 で     い
  だ て た ら せ     義 れ     な   霊 っ   が       あ     の
  さ   か   た     の る     ら   に て   で     従 る     ち
  る あ た キ か     ゆ な         お い   き     い       と
  で な は リ た     え ら     そ   る る   な     得       平
  あ た   ス の     に       の   の な   い     な       安
 8 









      17     16           15     14         13         12

相 め 神 も   が 御   ぶ そ あ た あ   神 す   た し た な   の が わ そ
続 に の し   神 霊   の の る の な   の べ   が か は ぜ   で   た れ
人 苦 相 子   の み   で 霊   で た   子 て   た し 死 な   は 肉 し ゆ
な 難 続 で   子 ず   あ に   は が   で 神   は   ぬ ら   な に た え
の を 人 あ   で か   る よ   な た   あ の   生 霊 外     い 従 ち に
で も で れ   あ ら     っ   く は   る 御   き に は も     っ は  
あ 共 あ ば   る       て     再     霊   る よ な し     て   兄
る に っ     こ わ         子 び     に   で っ い       生 果 弟
  し て 相   と た     わ   た 恐     導   あ て か 肉     き す た
  て   続   を し     た   る れ     か   ろ か ら に     る べ ち
  い キ 人   あ た     し   身 を     れ   う ら で 従     責 き よ
  る リ で   か ち     た   分 い     て     だ あ っ     任 責  
  以 ス も   し の     ち   を だ     い     の る て     を 任  
  上 ト あ   し 霊     は   授 か     る     働   生     肉 を  
    と る   て と     ¬   け せ     者     き   き     に 負  
  キ 栄     下 共     ア   る る     は     を   る     対 っ  
  リ 光     さ に     バ   霊 奴           殺   な     し て  
  ス を     る           を 隷     す     す   ら     て い  
  ト 共       わ     父   受 の     な     な         負 る  
  と に       た     よ   け 霊     わ     ら   あ     っ 者  
  共 す       し        た を     ち         な     て で  
  同 る       た     と   の 受           あ   た     い あ  
  の た       ち     呼   で け           な   が     る る  
 8 









      23       22       21   20     19       18

れ 分 た そ   知 に 実   い て か に な   待 被   よ 今 わ
る を し れ   っ 産 に   る   つ よ ぜ   ち 造   う の た
こ 授 た だ   て み     か 神   る な   望 物   と こ し
と け ち け   い の 被   ら の 被 の ら   ん は   す の は
を ら 自 で   る 苦 造   で 子 造 で     で     る 時 思
待 れ 身 は     し 物   あ た 物 は 被   い 実   栄 の う
ち る も な     み 全   る ち 自 な 造   る に   光 苦  
望 こ   く     を 体     の 身 く 物         に し  
ん と 心       続 が     栄 に   が     切   比 み  
で   の 御     け       光 も 服 虚     な   べ は  
い す 内 霊     て 今     の   従 無     る   る    
る な で の     い に     自 滅 さ に     思   と や  
  わ う 最     る 至     由 び せ 服     い     が  
  ち め 初     こ る     に の た し     で   言 て  
    き の     と ま     入 な か た     神   う わ  
  か な 実     を で     る わ た の     の   に た  
  ら が を             望 め に は     子   足 し  
  だ ら 持     わ 共     み か よ       た   り た  
  の   っ     た に     が ら る 自     ち   な ち  
  あ 子 て     し う     残 解 の 分     の   い に  
  が た い     た め     さ 放 で の     出     現  
  な る る     ち き     れ さ あ 意     現     さ  
  わ 身 わ     は 共     て れ り 志     を     れ  
 8 









    28         27           26     25           24

う て 神   う な ろ そ   さ う な な 御   た も   人 な し あ わ
に 召 は   と ぜ が し   る め い ぜ 霊   ち し   が ぜ か る た
し さ     り な な て   か き が な も   は     あ な し   し
て れ 神   な ら ん     ら を   ら ま   忍 わ   ろ ら     た
下 た を   し   で 人   で も 御   た   耐 た   う   目   ち
さ 者 愛   を 御 あ の   あ っ 霊 わ 同   し し   か 現 に   は
る た す   し 霊 る 心   る て み た じ   て た     に 見    
こ ち る   て は か を       ず し よ     ち     見 え   こ
と と 者   下   を 探     わ か た う   そ が     て る   の
を 共 た   さ 聖 知 り     た ら ち に   れ 見     い 望   望
  に ち   る 徒 っ 知     し   は     を な     る み   み
わ 働     か の て る     た 言 ど 弱   待 い     事 は   に
た い す   ら た お か     ち 葉 う い   ち こ     を 望   よ
し て な   で め ら た     の に 祈 わ   望 と       み   っ
た   わ   あ に れ は     た あ っ た   む を     ど で   て
ち 万 ち   る   る       め ら た し   の 望     う は   救
は 事       神   御     に わ ら を   で む     し な   わ
知 を ご     の   霊     と せ よ 助   あ な     て い   れ
っ 益 計     御   の     り な い け   る ら           て
て と 画     旨   思     な い か て           な     い
い な に     に   う     し 切 わ 下     わ     お     る
る る 従     か   と     て な か さ     た     望     の
  よ っ     な   こ     下 る ら る     し     む     で
 8 









      34     33       32       31       30           29

て 神 キ だ   神 だ   御 て ご   た も そ   栄 た そ   め そ め の 神
下 の リ れ   は れ   子 の 自   し し れ   光 者 し   で れ て か は
さ 右 ス が   彼 が   の 者 身   た   で   を た て   あ は 下 た あ
る に ト     ら     み の の   ち 神 は   与 ち     っ   さ ち ら
の 座 ・ わ   を 神   な た 御   に が     え を あ   た 御 っ に か
で し イ た   義 の   ら め 子   敵 わ こ   て 更 ら     子 た 似 じ
あ   エ し   と 選   ず に を   し た れ   下 に か     を   た め
る ま ス た   さ ば   万 死 さ   得 し ら   さ 義 じ     多   も 知
  た は ち   れ れ   物 に え   よ た の   っ と め     く   の っ
      を   る た   を 渡 惜   う ち 事   た し 定     の   と て
  わ 死 罪   の 者   も さ し   か の に   の   め     兄   し お
  た ん に   で た   賜 れ ま     味 つ   で 義 た     弟   よ ら
  し で 定   あ ち   わ た な     方 い   あ と 者     の   う れ
  た   め   る を   ら か い     で て   る し た     中   と る
  ち 否 る     訴   な た で     あ       た ち     で   し 者
  の   の     え   い が       る な     者 を     長   て た
  た よ か     る   こ   わ     な ん     た 更     子     ち
  め み       の   と ど た     ら と     ち に     と   あ を
  に が       か   が う し       言     に 召     な   ら  
  と え           あ し た     だ お     は し     ら   か 更
  り っ           ろ て ち     れ う             せ   じ に
  な て           う   す     が か     更 召     る   め 御
  し             か   べ     わ       に し     た   定 子
 8 









      1            39      38       37       36         35

を わ 偽 わ ▼     ら わ 高  の 死 わ   余 わ し   い て ¬   剣 患 の だ
し た り た         た い  も も た   り た か   て お わ   か 難 か れ
て し は し 第     わ し も    生 し   が し し   あ り た     か   が
い の 言 は 九     た た の  力 も は   あ た     る   し          
る 良 わ キ 章     し ち も  あ   確   る ち わ   と ほ た     苦   キ
  心 な リ       た の 深  る 天 信     は た   お ふ ち     悩   リ
  も い ス ▲     ち 主 い  も 使 す       し   り ら は     か   ス
  聖   ト       を キ も  の も る     こ た   で れ あ         ト
  霊   に       引 リ の  も 支       れ ち   あ る な     迫   の
  に   あ       き ス も    配       ら を   る 羊 た     害   愛
  よ   っ       離 ト      者       す 愛     の の     か   か
  っ   て       す ・ そ    も       べ し     よ た         ら
  て   真       こ イ の            て て     う め     飢   わ
      実       と エ 他    現       の 下     に に     え   た
  わ   を       は ス ど    在       事 さ     見 終     か   し
  た   語       で に ん    の       に っ     ら 日         た
  し   る       き お な    も       お た     れ       裸   ち
  に           な け 被    の       い か     て 死     か   を
  こ           い る 造    も       て た     い に         離
  う           の 神 物    将       勝 に     る 定     危   れ
  あ           で の も    来       ち よ      め     難   さ
  か           あ 愛      の       得 っ     と ら     か   せ
  し           る か      も       て て     書 れ         る
 9 









  8          7       6          5       4        3      2 

む す   ば か が ま  な な し   メ 万 ス ま  け れ 彼   も た 実   心 す
し な   れ え 子 た  の ぜ か   ン 物 ト た  ら る ら   い し 際   に な
ろ わ   る っ で    で な し     の も 父  れ こ は   と の     絶 わ
約 ち   で て あ ア  は ら       上 ま 祖  る と イ   わ こ わ   え ち
束     あ ¬ る ブ  な   神     に た た  こ も ス   な の た   ざ  
の 肉   ろ イ の ラ  く イ の     い 彼 ち  と   ラ   い 身 し   る わ
子 の   う サ で ハ    ス 言     ま ら も  も 栄 エ     が の   痛 た
が 子    ク は ム    ラ が     す か 彼    光 ル     の 兄   み し
子 が     か な の    エ 無     神 ら ら  礼 も 人     ろ 弟   が に
孫 そ     ら い 子    ル 効     は 出 の  拝   で     わ     あ 大
と の     出 か 孫    か に       ら も  も も あ     れ 肉   る き
し ま     る ら だ    ら な     永 れ の    ろ っ     て に     な
て ま     者 で か    出 っ     遠 た で  数 も て       よ     悲
認 神     が あ ら    た た     に の あ  々 ろ       キ る     し
め の       る と    者 と     ほ で り  の の 子     リ 同     み
ら 子     あ   い    が い     む あ    約 契 た     ス 族     が
れ な     な   っ    全 う     べ る 肉  束 約 る     ト の     あ
る の     た   て    部 わ     き   に  も も 身     か た     り
の で     の        イ け     か   よ  彼   分     ら め      
で は     子   そ    ス で     な   れ  ら 律 を     離 な     わ
あ な     孫   の    ラ は         ば  の 法 授     さ ら     た
る く     と   全    エ な     ア   キ  も を け     れ       し
        呼   部    ル い     ァ   リ  の 授 ら     て わ     の
 9 









    15       14     13       12    11       10       9 

い う 神   断 神 で   あ ¬   の ¬ わ  神 ま   も し そ   そ ¬ 約
つ と は   じ の は   る わ   で 兄 ざ  の だ     た れ   し 来 束
く す モ   て 側     と た   あ は に  選 子   ま ち ば   て 年 の
し る |   そ に わ   お し   る 弟 よ  び 供   た の か     の 言
む 者 セ   う 不 た   り は     に ら  の ら   同 父 り   サ 今 葉
 を に   で 正 し   で ヤ     仕 ず  計 が   様 祖 で   ラ ご は
  あ 言   は が た   あ コ     え    画 生   で イ は   に ろ こ
  わ わ   な あ ち   る ブ     る 召  が れ   あ サ な   男   う
  れ れ   い る は     を     で し    も   る ク く   子 わ で
  み た     の な     愛     あ た    せ     に     が た あ
          か ん     し     ろ か    ず     よ ひ   与 し る
  い ¬       と     エ     う た          っ と   え は  
  つ わ       言     サ      に    善     て り   ら ま  
  く た       お     ウ     と よ    も     受 の   れ た  
  し し       う     を       っ    悪     胎 人   る 来  
  も は       か     憎     彼 て    も     し     で る  
  う 自             ん     女 行    し     た す   あ    
  と 分             だ     に わ    な     リ な   ろ    
  す の                  仰 れ    い     ベ わ   う    
  る あ             と     せ る    先     カ ち       
  者 わ             書     ら た    に     の          
  を れ             い     れ め          場 わ        
    も             て     た に          合 た        
 9 









  21           20       19       18           17     16

他 陶   し 造 の あ あ   だ も そ   で か だ   で ま す 立 聖   た ゆ
を 器   を ら か な あ   れ 人 こ   あ た か   あ た な て 書   だ え
卑 を   こ れ   た 人   が を で   る く ら   る   わ た は   神 に
し 造   の た   は よ     責       な      わ ち の パ   の  
い る   よ も         神 め あ     に 神     た   は ロ   あ そ
器 者   う の   神     の ら な     し は     し あ   に   わ れ
に は   に が   に     意 れ た     よ そ     の な こ こ   れ は
造     造 造   言     図 る は     う の     名 た の う   み 人
り 同   っ っ   い     に の 言     と あ     が に 事 言   に 間
あ じ   た た   逆     逆 か う     思 わ     全 よ の っ   よ の
げ 土   の 者   ら     ら   で     う れ     世 っ た て   る 意
る く   か に   う     い   あ     者 も     界 て め い   の 志
権 れ    向   と     得   ろ     を う     に わ で る   で や
能 か   と か   は     よ   う       と     言 た あ     あ 努
が ら   言 っ         う         か 思     い し る ¬   る 力
な     う て   い     か   ¬     た う     ひ の   わ     に
い 一   こ     っ        な     く 者     ろ 力   た     よ
の つ   と ¬   た         ぜ     な を     め を   し     る
で を   が な   い         神     に あ     ら あ   が     の
あ 尊   あ ぜ             は     な わ     れ ら   あ     で
ろ い   ろ     何               さ れ     る わ   な     は
う 器   う わ   者         な     る み     た し   た     な
か に   か た   な         お     の       め     を     く
 9 









      27         26         25       24       23       22

救 浜 ¬ ま   呼 彼 彼 あ   愛 わ ¬ そ   ら も 神   う さ か ば 怒 ら も
わ の た た   ば ら ら な   さ た わ れ   も   は   と れ つ   り せ し
れ 砂 と     れ は に た   れ し た は   召 ユ     さ た     の よ  
る の い イ   る 生 言 が   な の し     さ ダ こ   れ あ 栄   器 う 神
の よ   ザ   で け っ た   か 民 は ホ   れ ヤ の   た わ 光   を と が
は う イ ヤ   あ る た は   っ と   セ   た 人 あ   と れ に     思 怒
  で ス は   ろ 神 そ わ   た 呼 わ ア   の の わ   す み あ   大 わ り
残 あ ラ イ   う の の た   者 び た の   で 中 れ   れ の ず   い れ を
さ っ エ ス    子 場 し   を   し 書   あ か み   ば 器 か   な つ あ
れ て ル ラ     ら 所 の       の で   る ら の     に ら   る つ ら
た も の エ     で で 民   愛   民 も     だ 器   ど ご せ   寛 も わ
者   子 ル     あ   で   さ   で 言     け と   う 自 る   容   し
だ   ら に     る   は   れ   な わ     で し   で 身 た   を 滅  
け   の つ     と   な   る   い れ     は て   あ の め   も び か
で   数 い         い   者   者 て     な     ろ 栄 に   っ る つ
あ   は て         と   と   を い     く ま   う 光     て こ  
ろ     叫             呼     る       た   か の あ   忍 と ご
う     ん             ぶ     と     異 わ     富 ら   ば に 自
      で             で     お     邦 た     を か   れ な 身
      い             あ     り     人 し     知 じ   た っ の
      る             ろ     で     の た     ら め   と て 力
                    う     あ     中 ち     せ 用   す い を
                          る     か を     よ 意   れ る 知
 9 









      33         32     31       30           29     28

と そ つ     彼 う 信 な   そ し   信 義     ゴ わ 子 ¬ さ   地 主
書 れ ま ¬   ら に 仰 ぜ   の か   仰 を で   モ た 孫 も ら   上 は
い に ず 見   は   に で   律 し   に 追 は   ラ し を し に   に  
て よ き よ     追 よ あ   法     よ い     と た 残       な 御
あ り の     つ い ら る   に 義   る 求 わ   同 ち さ 万 イ   し 言
る 頼 石 わ   ま 求 な か   達 の   義 め た   じ は れ 軍 ザ   と を
と む   た   ず め い     し 律   を な し   よ ソ な の ヤ   げ き
お 者 さ し   き た で     な 法   得 か た   う ド か 主 は   ら び
り は ま は   の か       か を   た っ ち   に ム っ が 預   れ し
で   た シ   石 ら 行     っ 追     た は   な の た わ 言   る く
あ 失 げ オ   に で い     た い     異 な   っ よ な た し   で ま
る 望 の ン   つ あ に       求     邦 ん   た う ら し た   あ た
  に 岩 に   ま る よ       め     人 と   で に   た     ろ す
  終 を     ず   っ       て     は 言   あ な   ち     う み
  る 置     い   て       い       お   ろ り   に      や
  こ く     た   得       た     義 う   う             か
  と       の   ら       イ       か                に
  が       で   れ       ス     す                    
  な       あ   る       ラ     な                    
  い       る   か       エ     わ                    
             の       ル     ち                    
              よ       は                          
 9 









       7          6      5      4      3      2        1  

あ そ な ま   そ な た し   て モ   律 キ   立 な   し わ   彼 わ 兄 ▼
る れ  た   れ  は か   生 |   法 リ   て ぜ   す た   ら た 弟  
  は       は   心 し   き セ   の ス   よ な   る し   が し た 第
      ¬       の     る は   終 ト   う ら   が は   救 の ち  
  キ   だ   キ   う 信         り は   と           わ 心 よ 十
  リ   れ   リ   ち 仰   と 律   と     努 彼   そ 彼   れ の    
  ス   が   ス   で に   書 法   な す   め ら   の ら   る 願   章
  ト   底   ト     よ   い に   ら べ     は   熱 が   こ い    
  を   知   を   だ る   て よ   れ て   神 神   心 神   と     ▲
  死   れ   引   れ 義   い る   た 信   の の   は に   で 彼    
  人   ぬ   き   が は   る 義   の じ   義 義   深 対   あ ら    
  の   所   降   天       を   で る   に を   い し   る の    
  中   に   ろ   に こ     行   あ 者   従 知   知 て     た    
  か   下   す   上 う     う   る に   わ ら   識 熱     め    
  ら   る   こ   る 言     人     義   な な   に 心     に    
  引   で   と   で っ     は     を   か い   よ で     神    
  き   あ   で   あ て           得   っ で   る あ     に    
  上   ろ   あ   ろ い     そ     さ   た     も る     さ    
  げ   う   る   う る     の     せ   か 自   の こ     さ    
  る   か       か       義     る   ら 分   で と     げ    
  こ   と       と ¬     に     た   で の   は は     る    
  と   言       言 あ     よ     め   あ 義   な あ     祈    
  で   う       う な     っ     に   る を   い か     は    
 10 









  13       12     11     10        9            8

わ な   て 同 ユ   が 聖   救 な   え し す   言 こ あ ¬ で
れ ぜ   の 一 ダ   な 書   わ ぜ   ら   な   葉 の な 言 は
る な   人 の ヤ   い は   れ な   せ 自 わ   で 言 た 葉  
 ら   を 主 人        る ら   た 分 ち   あ 葉 の は な
と     豊 が と   と ¬   か     と の     る と 口 あ ん
あ ¬   か 万 ギ   言 す   ら 人   信 心 自     は に な と
る 主   に 民 リ   っ べ   で は   じ で 分       あ た 言
か の   恵 の シ   て て   あ 心   る   の     わ り の っ
ら 御   ん 主 ヤ   い 彼   る に   な 神 口     た   近 て
で 名   で で 人   る を     信   ら が で     し 心 く い
あ を   下 あ と     信     じ     死       た に に る
る 呼   さ っ の     じ     て   あ 人 イ     ち あ あ か
  び   る て 差     る     義   な の エ     が る る  
  求   か   別     者     と   た 中 ス     宣     
  め   ら 彼 は     は     さ   は か は     べ      
  る   で を な           れ   救 ら 主     伝      
  者   あ 呼 い     失         わ イ で     え      
  は   る び       望     口   れ エ あ     て      
        求       に     で   る ス る     い      
  す     め       終     告     を と     る      
  べ     る       る     白     よ 告     信      
  て     す       こ     し     み 白     仰      
  救     べ       と     て     が       の      
 10 









        18     17       16         15             14

そ ¬ 否 ろ し   こ し   と イ し   は ¬ ろ つ   ろ 宣 う 聞 る し
の そ   う か   と た   を ザ か    あ う か   う べ か い こ か
言 の む か し   は が   信 ヤ し   と あ か わ   か 伝   た と し
葉 声 し   わ   キ っ   じ は     書     さ     え   こ が  
は は ろ   た   リ て   ま   す   い 麗   れ     る   と あ 信
世 全     し   ス     し ¬ べ   て し   な     者   の ろ じ
界 地     は   ト 信   た 主 て   あ い   く     が   な う た
の に     言   の 仰   か よ の   る か   て     い   い か こ
は ひ     う   言 は      人   と な   は     な   者   と
て び         葉 聞   と だ が   お           く   を   の
に き     彼   か く   言 れ 福   り 良   ど     て       な
ま わ     ら   ら こ   っ が 音   で き   う     は   ど   い
で た     に   来 と   て わ に   あ お   し         う   者
及 り     は   る に   い た 聞   る と   て     ど   し   を
ん       聞   の よ   る し き     ず   宣     う   て    
だ       え   で る     た 従     れ   べ     し   信   ど
       な   あ の     ち っ     を   伝     て   じ   う
        か   る で     か た     告   え     聞   る   し
        っ     あ     ら の     げ   る     く   こ   て
        た     り     聞 で     る   こ     こ   と   呼
        の           い は     者   と     と   が   び
        で     聞     た な     の   が     が   あ   求
        あ     く     こ い     足   あ     あ   ろ   め
 10 









         1           21       20               19

ベ わ 断 あ そ ▼     た ず そ   に 求 イ   怒 無 国 ¬ ま で な
ニ た じ ろ こ        に し     め ザ   り 知 民 わ ず あ お
ヤ し て う で 第     と 反 て   自 な ヤ   を な で た モ ろ  
ミ も そ か   十     言 抗     分 い も   い 国 な し | う わ
ン イ う  わ 一     っ す イ   を 者 大   だ 民 い は セ か た
族 ス で   た 章     て る ス   現 た 胆   か に 者 あ は   し
の ラ は   し       い 民 ラ   し ち に   せ 対 に な 言   は
者 エ な   は ▲     る に エ   た に 言   る し 対 た っ   言
で ル い   問           ル    見 っ   で て し が て   う
あ 人     う         終 に     い て   あ   て た い    
る で               日 つ     だ い   ろ   ね に る   イ
  あ     ¬         わ い     さ る   う   た       ス
  り     神         た て     れ        み       ラ
        は         し は       ¬       を       エ
  ア     そ         の       わ わ       起       ル
  ブ     の         手 ¬     た た       さ       は
  ラ     民         を わ     し し       せ       知
  ハ     を         さ た     を は               ら
  ム     捨         し し     尋                 な
  の     て         伸 は     ね わ               か
  子     た         べ 服     な た               っ
  孫     の         て 従     い し               た
        で         い せ     者 を               の
 11 









       7          6      5        4        3            2

そ た イ で   あ そ の し   て そ   の ¬ し   れ の ¬   す が 聖 こ 神
し だ ス は   る う で か   残 れ   た バ か   た 祭 主   な た 書 と は
て 選 ラ       で は し   さ と   め ア し   の 壇 よ   わ は が は  
  ば エ ど     な な     れ 同   に ル     に を     ち 知 エ さ あ
他 れ ル う     い い 恵   た じ   残 に 彼     こ 彼     ら リ れ ら
の た は な     と   み   者 よ   し ひ に   彼 ぼ ら   彼 な ヤ な か
者 者 そ る         に   が う   て ざ 対   ら ち は   は い に か じ
た が の の     恵   よ   い に   お を す   は   あ   イ の つ っ め
ち   追 か     み   る   る     い か る   わ そ な   ス か い た 知
は そ い       は   の     今   た が 御   た し た   ラ   て   っ
か れ 求       も   で     の    め 告   し て の   エ   な   て
た を め       は   あ     時     な げ   の   預   ル   ん   お
く 得 て       や   れ     に     か は   い わ 言   を   と   ら
な た い       恵   ば     も     っ な   の た 者   神   言   れ
に   る       み               た ん   ち し た   に   っ   た
な   も       で   も     恵     七 で   を ひ ち   訴   て   そ
っ   の       な   は     み     千 あ   も と を   え   い   の
た   を       く   や     の     人 っ   求 り 殺   て   る   民
    得       な   行     選     を た   め が し   こ   か   を
    な       る   い     び       か   て 取     う        
    い       か   に     に     わ     い り あ   言   あ   捨
    で       ら   よ     よ     た     ま 残 な   っ   な   て
            で   る     っ     し     す さ た   た   た   る
 11 









    13         12           11     10        9        8

の わ そ   ろ 全 失 し   そ か 断 倒 そ   い 彼   つ ¬ ダ   い 耳 ¬
務 た こ   う 部 敗 か   れ え じ れ こ   つ ら   ま 彼 ビ   て と 神
を し で     救 が し   に っ て る で   ま の   ず ら デ   あ を は
光 自 わ     わ 異     よ て そ た     で 目   き の も   る 与  
栄 身 た     れ 邦 も   っ   う め わ   も は   と 食 ま   と え 彼
と は し     た 人 し   て 彼 で で た   曲     な 卓 た   お て ら
し 異 は     な の     イ ら は あ し   っ く   れ は 言   り   に
  邦       ら 富 彼   ス の な っ は   て ら       っ   で き 鈍
  人 あ       と ら   ラ 罪 い た 問   お ん   報 彼 て   あ ょ い
  の な     ど な の   エ 過   の う   れ で   復 ら い   る う 心
  使 た     ん っ 罪   ル に   か      見   と の る       と
  徒 が     な た 過   を よ    ¬     え   な わ       こ  
  な た     に と が   奮 っ     彼     な   れ な       の 見
  の 異     か す 世   起 て     ら     く     と       日 え
  で 邦     す れ の   さ       が     な     な       に な
  あ 人     ば ば 富   せ 救     つ     れ     れ       及 い
  る に     ら   と   る が     ま                   ん 目
  か 言     し ま な   た 異     ず     彼     網       で と
  ら う     い し り   め 邦     い     ら     と       い  
          こ て     で 人     た     の     な       る 聞
  わ       と 彼 彼   あ に     の     背     れ        え
  た       で ら ら   る 及     は     は             と な
  し       あ が の     び                         書 い
 11 









      20     19       18      17       16       15     14

高 ゆ 彼 ま   し す   で た あ  養 で し   も よ も   生 れ も   か ど
ぶ え ら さ   が る   は と な  分 あ か   し い し   き ば し   を う
っ に は に   つ と   な え た  に る し   根       返   彼   救 に
た 立 不     が     く 誇 は  あ あ     が   麦   る 彼 ら   お か
思 っ 信 そ   れ あ     る そ  ず な も   き   粉   こ ら の   う し
い て 仰 の   る な   根 と の  か た し   よ   の   と の 捨   と て
を い の と   た た   が し 枝  っ が あ   け   初   で 受 て   願 わ
い る ゆ お   め は   あ て に  て そ る   れ   穂   は け ら   っ た
だ の え り   で     な も 対  い れ 枝   ば   が   な い れ   て し
か で に で   あ ¬   た   し  る に が       き   い れ た   い の
な あ 切 あ   っ 枝   を あ て  と つ 切   そ   よ   か ら こ   る 骨
い る り る   た が   さ な 誇  す が り   の   け     れ と     肉
で   去      切   さ た っ  れ れ 去   枝   れ     る が     を
    ら     と り   え が て  ば   ら   も   ば     こ 世     奮
む   れ     言 去   て 根 は    オ れ   き         と の     起
し         う ら   い を な    リ て   よ   そ     は 和     さ
ろ   あ     で れ   る さ ら    ブ     い   の       解     せ
恐   な     あ た   の さ な    の 野       か     死 と      
れ   た     ろ の   で え い    根 生       た     人 な     彼
な   は     う は   あ て      の の       ま     の っ     ら
さ   信           る い      豊 オ       り     中 た     の
い   仰       わ     る      か リ       も     か と     幾
    の       た     の      な ブ       き     ら す     人
 11 









        25           24     23           22     21

人 一 こ あ 兄   で い つ か な   あ し   そ た も 神 神   た も
が 部 の な 弟   あ 枝 が ら ぜ   ろ か   う に し の の   を し
全 の 奥 た た   ろ は れ 切 な   う し   で 向 あ 峻 慈   惜 神
部 イ 義 が ち   う   た り ら     彼   な け な 厳 愛   し が
救 ス を た よ   か も と 取     神 ら   い ら た は と   む 元
わ ラ 知 が       っ す ら も   に も   と れ が 倒 峻   よ 木
れ エ ら 知       と れ れ し   は       る そ れ 厳   う の
る ル な 者       た ば   あ   彼 不   あ   の た と   な 枝
に 人 い だ       や   自 な   ら 信   な   慈 者 を   こ を
至 が で と       す ま 然 た   を 仰   た   愛 た 見   と 惜
る か い 自       く し の が   再 を   も   に ち よ   は し
時 た て 負         て 性 自   び 続   切   と に     な ま
ま く も す       元   質 然   つ け   り   ど 向     い な
で な ら る       の こ に の   ぐ な   取   ま け     で か
の に い こ       オ れ 反 ま   力 け   ら   っ ら     あ っ
こ な た と       リ ら し ま   が れ   れ   て れ     ろ た
と っ く の       ブ 自 て の   あ ば   る   い       う と
で た な な       に 然 良 野   る     で   る 神       す
あ の い い       つ の い 生     つ   あ   な の       れ
っ は   た       が ま オ の     が   ろ   ら 慈       ば
て     め       れ ま リ オ     れ   う     愛        
  異   に       な の ブ リ     る       あ は       あ
  邦           い 良 に ブ     で       な         な
 11 









  33     32       31   30   29       28     27           26

そ あ   て す   れ が 彼 は あ   神   た 神 福   対 そ   ヤ ¬ す う こ
の あ   の な   み た ら 彼 な   の   ち の 音   し し   コ 救 な   う
さ 深   人 わ   を の も ら た   賜   の 敵 に   て て   ブ う わ   し
ば い   を ち   受 受 今 の が   物   ゆ と つ   立     か 者 ち   て
き か   不     け け は 不 た   と   え さ い   て こ   ら が      
は な   従 神   る た 不 従 が   召   に れ て   る れ   不 シ 次   イ
窮     順 は   た あ 従 順     し     て 言   わ が   信 オ の   ス
め 神   の す   め わ 順 に か   と   神 い え   た     心 ン よ   ラ
が の   な べ   な れ に よ つ   は   に る ば   し 彼   を か う   エ
た 知   か て   の み な っ て       愛 が     の ら   追 ら に   ル
く 恵   に の   で に っ て は   変   せ   彼   契 の   い き 書   人
  と   閉 人   あ よ て あ 神   え   ら 選 ら   約 罪   払 て い   は
そ 知   じ を   る っ い わ に   ら   れ び は   で を   う   て    
の 識   込 あ     て る れ 不   れ   る に     あ 除   で   あ   す
道 と   め わ       が み 従   る   者 つ あ   る き   あ   る   べ
は の   た れ     彼   を 順   こ   で い な    去   ろ       て
測 富   の む     ら そ 受 で   と   あ て た     る   う       救
り は   で た     自 れ け あ   が   る 言 が     時           わ
が     あ め     身 は た っ   な     え た     に           れ
た     る に     も   よ た   い     ば の                 る
い             今 あ う が           ゆ     彼           で
        す     あ な に           父 え     ら           あ
        べ     わ た   今         祖 に     に           ろ
 11 









         2              1           36     35     34

き 喜 れ む あ   そ な あ に そ 兄 ▼     栄 の 万   そ ま   だ ¬
で ば   し な   れ る な 勧 う 弟       光 で 物   の た   れ だ
あ れ 何 ろ た   が 供 た め い た 第     が あ は   報     が れ
る   が   が     え が る う ち 十     と る     い だ     が
  か 神 心 た   あ 物 た   わ よ 二     こ   神   を れ   主  
  つ の を は   な と の   け   章     し   か   受 が   の 主
  全 御 新     た し か   で         え   ら   け     計 の
  き 旨 た こ   が て ら       ▲     に   い   る ま   画 心
  こ で に の   た さ だ   神         神   で   で ず   に を
  と あ す 世   の さ を   の         に       あ 主   あ 知
  で る る と   な げ     あ         あ   神   ろ に   ず っ
  あ か こ 妥   す な 神   わ         る   に   う 与   か て
  る   と 協   べ さ に   れ         よ   よ   か え   っ い
  か 何 に し   き い 喜   み         う   っ    て   た た
  を が よ て   霊   ば   に         に   て         か か
    善 っ は   的   れ   よ             成            
  わ で て な   な   る   っ         ア   り            
  き あ   ら   礼       て         ァ                
  ま っ 造 な   拝   生   あ         メ   神            
  え て り い   で   き   な         ン   に            
  知   か     あ   た   た             帰            
  る 神 え     る       が             す            
  べ に ら         聖   た             る            
 12 









11     10    9        8   7       6      5    4            3

熱   し 兄 悪 愛   者 く 勧  奉  れ そ こ   か わ そ な   慎 神 思 が わ
心   合 弟 は に   は 寄 め  仕  が れ の   ら た れ ぜ   み が う た た
で   い の 憎 は   快 附 を  で  預 ぞ よ   だ し ら な   深 各 べ ひ し
    な 愛 み 偽   く し す  あ  言 れ う   で た の ら   く 自 き と は
う   さ を 退 り   慈   る  れ  で 異 に   あ ち 肢     思 に 限 り  
む   い も け が   善 指 者  ば  あ な     り も 体 一   う 分 度 び 自
こ     っ   あ   を 導 で  奉  れ っ わ     数 が つ   べ け を と 分
と     て 善 っ   す す あ  仕  ば た た   ま は み の   き 与 越 り に
な     互 に て   べ る れ  を    賜 し   た 多 な か   で え え に 与
く     に は は   き 者 ば  し  信 物 た   各 い 同 ら   あ ら て 言 え
      い 親 な   で は 勧     仰 を ち   自 が じ だ   る れ 思 う ら
霊     つ し ら   あ 熱 め  ま  の 持 は   は   働 に     た い   れ
に     く み な   る 心    た  程 っ 与   互 キ き た     信 あ   た
燃     し 結 い     に 寄  教  度 て え   に リ を く     仰 が   恵
え     み び       指 附  え  に い ら   肢 ス し さ     の る   み
                導 す  る  応 る れ   体 ト て ん     量 こ   に
主     進         し る  者  じ の た   だ に は の     り と   よ
に     ん           者  で  て で 恵   か あ い 肢     に な   っ
仕     で         慈 は  あ  預   み   ら っ な 体     し く   て
え     互         善 惜  れ  言 も に   で て い が     た      
      に         を し  ば  を し よ   あ 一 よ あ     が む   あ
      尊         す み  教  し   っ   る つ う る     っ し   な
      敬         る な  え    そ て     の に が     て ろ   た
 12 









          19     18     17       16   15     14   13   12

わ 復 な さ 自 愛   し あ   に だ   自 ず 互   喜   祝 あ   貧   望
た 讐 ぜ い 分 す   な な   対 れ   分   に   ぶ   福 な   し   み
し は な   で る   さ た   し に   が か 思   者   し た   い   を
自 わ ら   復 者   い が   て 対   知 え う   と   て が   聖   い
身 た     讐 た     た   善 し   者 っ こ   共     た   徒   だ
が し ¬   を ち     は   を て   だ て と   に   の を   を   い
報 の 主   し よ         図 も   と 低 を   喜   ろ 迫   助   て
復 す が   な       で   り 悪   思 い ひ   び   っ 害   け   喜
す る 言   い       き   な を   い 者 と       て す       び
る こ わ   で       る   さ も   あ た つ   泣   は る   努    
 と れ           限   い っ   が ち に   く   な 者   め   患
と で る   む       り     て   っ と し   者   ら を   て   難
書 あ     し       す     悪   て 交     と   な 祝   旅   に
い る     ろ       べ     に   は わ 高   共   い 福   人   耐
て               て     報   な る ぶ   に     し   を   え
あ       神       の     い   ら が っ   泣     な   も    
る       の       人     ず   な よ た   き     さ   て   常
か       怒       と         い い 思   な     い   な   に
ら       り       平     す       い   さ         し   祈
で       に       和     べ       を   い         な   り
あ       任       に     て       い             さ   な
る       せ       過     の       だ             い   さ
        な       ご     人       か                 い
 12 









         3        2          1         21         20

そ そ あ な い   そ 者 し   だ し な す ▼     か 悪   る そ せ む
う れ な く っ   む で た   か て ぜ べ       え に   炭 う   し
す で た   た   く あ が   ら い な て 第     っ 負   火 す か ろ
れ は は 悪 い   者 る っ   で る ら の 十     て け   を る わ  
ば   権 事     は   て   あ 権   人 三       て   積 こ く ¬
  善 威 を 支           る 威 神 は 章     善 は   む と な も
彼 事 を す 配   自   権     は に         を い   こ に ら し
か を 恐 る 者   分   威       よ 上 ▲     も け   と よ   あ
ら す れ 者 た   の   に     す ら に       っ な   に っ 彼 な
ほ る な に ち   身   逆     べ な 立       て い   な て に た
め が い こ は   に   ら     て い つ       悪     る   飲 の
ら よ こ そ     さ   う     神 権 権       に     の あ ま 敵
れ い と 恐 善   ば   者     に 威 威       勝     で な せ が
る   を 怖 事   き   は     よ は に       ち     あ た な 飢
で   願 で を   を         っ な 従       な     る は さ え
あ   う あ す   招   神     て く う       さ      彼 い る
ろ   の る る   く   の     立   べ       い       の   な
う   か   者   こ   定     て お き               頭   ら
        に   と   め     ら お で               に    
        は   に   に     れ よ あ               燃   彼
        恐   な   そ     た そ る               え   に
        怖   る   む     も 存                 さ   食
        で       く     の 在                 か   わ
 13 









     8            7          6      5              4

人 な 互   者 べ す さ あ   っ 彼 あ あ   良 だ   怒 彼 彼 な し 彼
を ら に   は き な い な   て ら る な   心 か   り は は ら か は
愛 な 愛   敬 者 わ   た   い は   た   の ら   を 神 い な し  
す い し   い に ち   が   る 神   が   た     も の た い   あ
る   合   な は     た   の に   た   め た   っ 僕 ず   も な
者   う   さ 税 貢   は   で 仕   が   に だ   て で ら   し た
は   こ   い を を       あ え   貢   も 怒   報 あ に   あ に
    と     納 納   彼   る る   を   従 り   い っ 剣   な 益
律   の     め む   ら     者   納   う を   る て を   た を
法   外       べ   す     と   め   べ の   か   帯   が 与
を   は     恐 き   べ     し   る   き が   ら 悪 び   悪 え
全         る 者   て     て   の   で れ   で 事 て   事 る
う   何     べ に   に         も   あ る   あ を い   を た
す   人     き は   対     も       る た   る 行 る   す め
る   に     者 貢   し     っ   ま     め     う の   れ の
の   も     は を   て     ぱ   た     だ     者 で   ば 神
で   借     恐 納         ら   同     け     に は     の
あ   り     れ め   義     こ   じ     で     対 な   恐 僕
る   が           務     の   理     は     し い   れ な
    あ     敬 税   を     務   由     な     て     な の
    っ     う を   果     に   か     く     は     け で
    て     べ 納   し     携   ら                 れ あ
    は     き む   な     わ   で                 ば る
 13 









  14       13       12             11     10          9

肉 あ   か 捨 そ   光 そ 夜   り な す す 特 な   だ 愛   言 愛 そ 姦
の な     て し   の れ は   も ぜ で な に お   か は   葉 す の 淫
欲 た     て て   武 だ ふ     な に わ       ら 隣   に る ほ す
を が           具 か け   も ら き ち こ あ     り   帰 よ か る
満 た     昼 宴   を ら     っ 今 て   の な   愛 人   す う に な
た は     歩 楽   着   日   と は い あ 事 た   は に   る に    
す       く と   け わ が   近   る な を が   律 害     あ ど 殺
こ 主     よ 泥   よ た 近   づ わ   た 励 た   法 を     な ん す
と イ     う 酔   う し づ   い た   が ま は   を 加     た な な
に エ     に     で た い   て し   た ね 時   完 え     の 戒  
心 ス       淫   は ち て   い た   の ば を   成 る     隣 め 盗
を ・     つ 乱   な は い   る ち   眠 な 知   す こ     り が む
向 キ     つ と   い   る   か の   り ら っ   る と     人 あ な
け リ     ま 好   か や     ら 救   か な て   も は     を っ  
て ス     し 色     み     で が   ら い い   の な     愛 て む
は ト     く       の     あ     さ   る   で い     せ も さ
な を     歩 争     わ     る 初   め   の   あ       よ   ぼ
ら 着     こ い     ざ       め   る   だ   る        結 る
な な     う と     を       信   べ   か           と 局 な
い さ     で ね     捨       じ   き   ら           い ¬ 
  い     は た     て       た   時               う 自 な
        な み     て       時   が               こ 分 ど
        い を             よ                   の を  
 13 









       5            4        3      2      1  

あ 各 と ま   主 し 彼 か 他   神 い 食   い あ   た 信 ▼
る 自 考 た   は か が   人   は 者 べ   る る   だ 仰  
  は え     彼 し 立   の   彼 も る   が 人     の 第
  そ   あ   を   つ   僕   を 食 者     は   意 弱 十
  れ ほ る   立 彼 の   を   受 べ は   弱     見 い 四
  ぞ か 人   た は も   さ   け る 食   い 何   を 者 章
  れ の は   せ 立 倒   ば   い 者 べ   人 を   批 を  
  心 人     る つ れ   く   れ を な   は 食   評 受 ▲
  の は こ   こ よ る   あ   て さ い   野 べ   す け  
  中 ど の   と う の   な   下 ば 者   菜 て   る い  
  で の 日   が に も   た   さ い を   だ も   た れ  
    日 が   で な     は   っ て 軽   け さ   め な  
  確 も か   き る そ       た は ん   を し   で さ  
  信 同 の   る   の   い   の な じ   食 つ   あ い  
  を じ 日   か   主   っ   で ら て   べ か   っ    
  持 だ よ   ら   人   た   あ な は   る え   て    
  っ と り   で   に   い   る い な     な   は    
  て 考 も   あ   よ       か   ら     い   な    
  お え 大   る   る   何   ら   ず     と   ら    
  る る 事       の   者             信   な    
  べ   で       で   で       食     じ   い    
  き   あ       あ   あ       べ     て        
  で   る       る   る       な              
 14 









      10      9          8        7            6

あ わ あ そ   め な   は だ も わ   者 め す   そ 食 神 ま 日
る た な れ   に ぜ   主 か 主 た   は に な   し べ に た を
  し た だ     な   の ら の し   な 生 わ   て な 感 食 重
  た は の   死 ら   も   た た   い き ち     い 謝 べ ん
  ち   に   ん     の 生 め ち     る     神 者 し る じ
  は な     で キ   な き に は     者 わ   に も て 者 る
  み ぜ あ   生 リ   の る 死       は た   感 主 食 も 者
  な 兄 な   き ス   で に ぬ 生     な し   謝 の べ 主 は
    弟 た   返 ト   あ し   き     く た   す た る の  
  神 を は   ら は   る て   る       ち   る め か た 主
  の 軽     れ       も   の     だ の     に ら め の
  さ ん な   た 死     死   も     れ う     食 で に た
  ば じ ぜ   か 者     ぬ   主     ひ ち     べ あ 食 め
  き る 兄   ら と     に   の     と       な る べ に
  の の 弟   で 生     し   た     り だ     い   る 重
  座 か を   あ 者     て   め     自 れ           ん
  の   さ   る と     も   に     分 ひ           じ
  前   ば     の         生     の と           る
  に   く     主     わ   き     た り            
  立   の     と     た         め 自            
  つ   か     な     し   死     に 分            
  の         る     た   ぬ     死 の            
  で         た     ち   の     ぬ た            
 14 









      15         14           13     12             11

キ あ も も   い た そ わ   い と む を そ   分 だ   と す す わ ¬ す
リ な は し   る だ れ た     な し や れ   の か   書 べ べ た 主 な
ス た や 食   の   自 し     る ろ め ゆ   言 ら   い て て し が わ
ト の 愛 物   で そ 体 は     物   よ え   い     て の の は 言 ち
は 食 に の   あ れ         を あ う     ひ わ   あ 舌 ひ 生 わ  
彼 物 よ ゆ   る が 汚 主     兄 な   今   ら た   る は ざ き れ  
の に っ え     汚 れ イ     弟 た   後   き し       は て る  
た よ て に     れ て エ     の が   わ   を た     神   い    
め っ 歩 兄     て い ス     前 た   た   す ち     に わ る    
に て い 弟     い る に     に は   し   べ ひ     さ た      
も   て を     る も あ     置     た   き と     ん し      
  兄 い 苦     と の っ     か 妨   ち   で り     び に      
死 弟 る し     考 は て     な げ   は   あ び     を 対      
な を の め     え 一 知     い と       る と     さ し      
れ 滅 で る     る つ り     こ な   互     り     さ て      
た ぼ は な     人 も か     と る   に     は     げ か      
の し な ら     に な つ     に 物   さ           る が      
で て い       だ い 確       や   ば     神     で み      
あ は   あ     け   信     決     き     に     あ        
る な   な         し     め つ   合     対     ろ        
  ら   た     汚   て     る ま   う     し     う        
  な   は     れ   い     が ず   こ     て             
  い         て   る     よ き   と     自              
 14 









      22     21         20     19     18     17     16

い 自 身 あ   せ 肉   な た す 食   め こ   人 こ   る 神   の そ
人 ら に な   な を   る だ べ 物   る う   に う   喜 の   種 れ
は 良 持 た   い 食       て の   こ い   も し   び 国   に だ
  い っ の   の わ     そ の こ   と う   受 て   と は   な か
さ と て 持   は ず     れ 物 と   を わ   け キ   で 飲   ら ら
い 定 い っ           を は で     け   い リ   あ 食   ぬ  
わ め な て   良 酒     食 き     追 で   れ ス   る で   よ あ
い た さ い   い を     べ よ 神   い     ら ト     は   う な
で こ い る   こ 飲     て い の   求 平   れ に     な   に た
あ と   信   と ま     人   み   め 和   る 仕     く   し が
る に   仰   で ず     を   わ   よ に   の え         な た
  つ   を   あ       つ   ざ   う 役   で る     義   さ に
  い       る そ     ま   を   で 立   あ 者     と   い と
  て   神     の     ず   破   は つ   る は           っ
      の     ほ     か   壊   な こ           平     て
  や   み     か     せ   し   い と     神     和     良
  ま   ま     兄     る   て   か や     に     と     い
  し   え     弟     者   は           喜           事
  い   に     を     に   な     互     ば     聖     が
  と         つ     は   ら     の     れ     霊      
  思   自     ま         な     徳           に     そ
  わ   分     ず     悪   い     を     か     お     し
  な   自     か     と         高     つ     け     り
 14 









   5          4          3      2        1           23

ス ど   あ る 教 こ   り む っ キ   め わ   な う わ ▼     す ら し
ト う   る 忍 の れ   か し た リ   に た   ら べ た       べ   か
・ か     耐 た ま   か ろ   ス     し   な き し 第     て 罪 し
イ       と め で   っ ¬   ト   そ た   い で た 十     信 に  
エ 忍     慰 に に   た あ   さ   の ち     あ ち 五     仰 定 疑
ス 耐     め 書 書    な   え   益 ひ     っ 強 章     に め い
に と     と か か   と た       を と     て い       よ ら な
な 慰     に れ れ   書 を   ご   図 り       者 ▲     ら れ が
ら め     よ た た   い そ   自   っ び     自 は       な る ら
っ と     っ の 事   て し   身   て と     分         い   食
て の     て で が   あ る   を   彼 り     だ 強       こ   べ
互 神       あ ら   る 者   喜   ら は     け く       と   る
に が     望 っ は   と の   ば   を       を な       は   者
同       み て     お そ   せ   喜 隣     喜 い           は
じ あ     を   す   り し   る   ば り     ば 者       罪    
思 な     い そ べ   で り   こ   す 人     せ た       で   信
い た     だ れ て   あ が   と   べ の     る ち       あ   仰
を が     か は わ   っ     は   き 徳     こ の       る   に
い た     せ 聖 た   た わ   な   で を     と 弱           よ
だ に     る 書 し     た   さ   あ 高     を さ           ら
か       た の た     し   ら   る め     し を           な
せ キ     め 与 ち     に   な     る     て に           い
  リ     で え の     降   か     た     は な           か
 15 









    11     10              9       8        7        6

も ¬ ま   ¬ ま   と ま あ ¬ た 異  そ た わ   神 て こ   下 ち こ
ろ す た   異 た   書 た な そ め 邦  れ め た   の 下 う   さ の う
も べ     邦     い   た れ で 人  は に し   栄 さ い   る 主 し
ろ て     人 こ   て 御 に ゆ あ も  父   は   光 っ う   よ イ て
の の     よ う   あ 名 さ え る あ  祖 割 言   を た わ   う エ  
民 異       言   る を ん     わ  た 礼 う   あ よ け   に ス 心
よ 邦     主 っ   と ほ び わ   れ  ち の     ら う で     ・ を
  人     の て   お め を た   み  の あ キ   わ に       キ 一
主 よ     民 い   り 歌 さ し   を  受 る リ   す   キ     リ つ
を       と る   で う さ は   受  け 者 ス   べ あ リ     ス に
ほ 主     共     あ  げ     け  た の ト   き な ス     ト し
め を     に     る     異   て  約 僕 は   で た ト     の  
た ほ     喜           邦   神  束 と 神   あ が も     父 声
た め     べ           人   を  を な の   る た わ     な を
え ま                の   あ  保 ら 真     も た     る 合
よ つ                 中   が  証 れ 実     互 し     神 わ
 れ                 で   め  す た を     に た     を せ
                        る  る   明     受 ち     あ て
                        よ  と   ら     け を     が  
                        う  共   か     い 受     め わ
                        に  に   に     れ け     さ た
                        な      す     て い     せ し
                        る      る       れ     て た
 15 









        16         15         14       13         12

る に の め こ   い そ め し   わ 満 あ さ   あ 平 ど   異 異 ¬ ま
た よ た に の   た れ に か   た た な て   な 安 う   邦 邦 エ た
め っ め キ よ   の は   し   し さ た     た と か   人 人 ッ イ
で て に リ う   で   と     は れ が わ   が を     は を サ ザ
あ き 祭 ス に   あ 神 こ わ   堅   た た   た   望   彼 治 イ ヤ
る よ 司 ト 恵   る か ろ た   く そ 自 し   を あ み   に め の は
  め の ・ み     ら ど し   信 し 身 の     な の   望 る 根 言
  ら 役 イ を     わ こ は   じ て が 兄   望 た 神   み た か っ
  れ を エ 受     た ろ あ   て 互   弟   み が が   を め ら て
  た 勤 ス け     し   な   い に 善 た   に た     お に 芽 い
    め に た     に か た   る 訓 意 ち   あ に 信   く 立 が る
  御   仕 の     賜 な が     戒 に よ   ふ 満 仰   で ち 出  
  旨 こ え は     わ り た     し あ     れ た か   あ 上 て  
  に う る       っ 思 の     合 ふ     さ し ら   ろ が    
  か し 者 わ     た い 記     う れ     せ   来   う る    
  な て と た     恵 き 憶     力       て 聖 る    者    
  う 異 な し     み っ を     の あ     下 霊 あ     が    
  さ 邦 り が     に て 新     あ ら     さ の ら     来    
  さ 人   異     よ 書 た     る ゆ     る 力 ゆ     る    
  げ を 神 邦     っ い に     こ る     よ に る          
  物   の 人     て た す     と 知     う よ 喜          
  と 聖 福 の         る     を 恵     に っ び          
  す 霊 音 た     書   た       に       て と          
 15 









  22         21         20             19    18     17

と こ   る 聞 ¬ す   っ だ の そ   し ぐ こ わ て し  わ わ   ・ だ
を う   と い 彼 な   た 唱 上 の   て っ う な 下 る  た た   イ か
  い   お て の わ     え に 際   き て し い さ し  し し   エ ら
た う   り い こ ち     ら 建     た イ て   っ と  を は   ス  
び わ   で な と       れ て わ     ル     た 不  用     に わ
た け   あ か を       て る た     リ わ   こ 思  い 異   あ た
び で   る っ 宣       い こ し     コ た   と 議  て 邦   っ し
妨       た べ       な と の     に し   の と    人   て は
げ わ     人 伝       い を 切     至 は   外 の  言 を   誇 神
ら た     々 え       所 し に     る エ   に 力  葉 従   り へ
れ し     が ら       に な 望     ま ル   は    と 順   う の
て は     悟 れ       福 い ん     で サ     聖  わ に   る 奉
き あ     る て       音 で だ       レ   あ 霊  ざ す   の 仕
た な     で い       を   と     キ ム   え の    る   で に
  た     あ な       宣 キ こ     リ か   て 力    た   あ つ
  が     ろ か       べ リ ろ     ス ら   何 に    め   る い
  た     う っ       伝 ス は     ト 始   も よ    に     て
  の      た       え ト       の ま   語 っ          は
  所     と 人       る の 他     福 り   ろ て    キ      
  に     書 々       こ 御 人     音     う      リ     キ
  行     い が       と 名 の     を 巡   と 働    ス     リ
  く     て 見       で が 土     満 り   は か    ト     ス
  こ     あ         あ ま 台     た め   思 せ    が     ト
 15 









    28           27       26     25         24      23

ニ を そ   当 た と し た   賛 レ な   は し   る た 願 そ  こ か し
ヤ 手 こ   然 と い か し   成 ム ぜ   エ か     に い の  と つ か
に 渡 で   だ す う し か   し に な   ル し     送 が 途  を イ し
行 し わ   か れ の 同 に   た お ら   サ 今     ら あ 中    ス 今
こ た た   ら ば は 時     か る     レ の     れ な あ  多 パ で
う 後 し   で     に 彼   ら 聖 マ   ム 場     て た な  年 ニ は
と   は   あ 肉 も   ら   で 徒 ケ   に 合     そ が た    ヤ  
思 あ     る の し 彼 は   あ の ド   行       こ た が  熱 に こ
う な こ     物 異 ら 賛   る 中 ニ   こ 聖     へ に た  望 赴 の
  た の     を 邦 は 成     の ヤ   う 徒     行 よ に  し く 地
  が 仕     も 人 か し     貧 と   と た     く っ 会  て 場 方
  た 事     っ が の た     し ア   し ち     こ て い  い 合 に
  の を     て 彼 人       い カ   て に     と 満    た   は
  所 済     彼 ら 々       人 ヤ   い 仕     を た ま  の あ も
  を ま     ら の に       々 と   る え       さ ず  で な は
  と せ     に 霊 負       を の     る     望 れ 幾    た や
  お て     仕 の 債       援 人     た     ん た 分  | が 働
  っ 彼     え 物 が       助 々     め     で ら で  | た く
  て ら     る に あ       す は     に     い   も    の 余
    に     の あ る       る             る あ わ    所 地
  イ こ     は ず         こ エ     わ     の な た    に が
  ス の       か         と ル     た     で た し    行 な
  パ 実       っ         に サ     し     あ が の    く く
 15 









   1         33       32     31           30     29

フ ケ ▼     う ど   っ 所 ま   た れ す   っ ど の わ 兄   ち そ
ィ ン       に う   て に た  ち   な   て う 愛 た 弟   あ し
ベ ク 第       か   も 行    に そ わ   ほ か に し た   ふ て
を レ 十     ア     ら き 神  受 し ち   し   よ た ち   れ あ
  ヤ 六     ァ 平   い   の  け て     い 共 っ ち よ   る な
あ に 章     メ 和   た 共 御  い エ わ     に て の     祝 た
な あ       ン の   い に 旨  れ ル た     力   主     福 が
た る ▲       神     な に  ら サ し     を あ イ     を た
が 教         が     ぐ よ  れ レ が     つ な エ     も の
た 会         あ     さ り  る ム ユ     く た ス     っ 所
に の         な     め    も に ダ     し が ・     て に
紹 執         た     合 喜  の 対 ヤ     て た キ     行 行
介 事         が     う び  と す に       に リ     く く
す           た     こ を  な る お     わ お ス     こ 時
る わ         一     と も  る わ る     た 願 ト     と に
  た         同     が っ  よ た 不     し い に     と は
  し         と     で て  う し 信     の す よ        
  た         共     き あ  に の の     た る り     信 キ
  ち         に     る な    奉 徒     め         じ リ
  の         い     よ た    仕 か     に   か     て ス
  姉         ま     う が    が ら     神   つ     い ト
  妹         す     に た    聖 救     に   御     る の
            よ     祈 の    徒 わ     祈   霊       満
 16 









       7      6        5          4      3            2

り 彼 こ わ   よ あ   彼 わ ま   べ 彼 さ 彼   ア キ   援 彼 こ 迎 ど
も ら と た   ろ な   は た た   て ら え ら   ク リ   助 女 と え う
先 は の し   し た     し     の に 差 は   ラ ス   者 は が   か
に 使 あ の   く が   キ の 彼   教 対 し     と ト   で 多 あ そ  
キ 徒 る 同   言 た   リ 愛 ら   会 し 出 わ   に ・   も く れ し 聖
リ た ア 族   っ の   ス す の   も て し た     イ   あ の ば て 徒
ス ち ン で   て た   ト る 家     は て し   よ エ   っ 人     た
ト の デ あ   ほ め   に エ の   感   く の   ろ ス   た の 何 彼 る
を 間 ロ っ   し に   さ パ 教   謝 わ れ い   し に     援 事 女 に
信 で ニ て   い 一   さ ネ 会   し た た の   く あ     助 で が ふ
じ 評 コ       方   げ ト に   て し の ち   言 る     者 も あ さ
た 判 と わ     な   ら に も   い だ で を   っ わ     で   な わ
人 が ユ た     ら   れ       る け あ 救   て た     あ 助 た し
々 よ ニ し     ず   た よ よ     で る う   ほ し     り け が く
で く ア と     労   ア ろ ろ     は   た   し の       て た  
あ   ス 一     苦   ジ し し     な   め   い 同     ま あ に 主
る か と 緒     し   ヤ く く     く   に     労     た げ し に
  つ に に     た   の 言                 者     わ て て あ
      投     マ   初 っ       異   自     プ     た ほ も っ
  わ よ 獄     リ   穂 て       邦   分     リ     し し ら て
  た ろ さ     ヤ   で ほ       人   の     ス     自 い い 彼
  し し れ     に   あ し       の   首     カ     身   た 女
  よ く た         る い       す   を     と     の   い を
 16 









    14       13         12     11     10      9    8

し ヘ ア   彼 く 主   よ 主 よ 主   ナ 同   ア キ   愛 キ   主
く ル ス   の   に   ろ に ろ に   ル 族   リ リ   す リ   に
  マ ン   母   あ   し あ し あ   キ の   ス ス   る ス   あ
  ス ク   は   っ   く っ く っ   ソ ヘ   ト ト   ス ト   っ
  お リ       て     て   て   の ロ   ブ に   タ に   て
  よ ト   わ   選     一   労   家 デ   ロ あ   キ あ   愛
  び     た   ば     方   苦   の オ   の っ   ス る   す
  彼 フ   し   れ     な   し     ン   家 て   と わ   る
  ら レ   の   た     ら   て   主 に   の 錬   に た   ア
  と ゴ   母   ル     ず   い   に     人 達     し   ム
  一 ン   で   ポ     労   る   あ よ   た な   よ た   プ
  緒     も   ス     苦   ツ   る ろ   ち ア   ろ ち   リ
  に ヘ   あ   と     し   ル   人 し   に ペ   し の   ア
  い ル   る         た   パ   た く     レ   く 同   ト
  る メ       彼     愛   ナ   ち     よ に     労   に
  兄 ス       の     す   と   に     ろ       者    
  弟         母     る   ツ         し よ     ウ   よ
  た パ       と     ペ   ル   よ     く ろ     ル   ろ
  ち ト       に     ル   ポ   ろ       し     バ   し
  に ロ             シ   サ   し       く     ノ   く
    バ       よ     ス   と   く             と    
  よ         ろ     に   に                      
  ろ         し                                
 16 









      19         18           17       16       15

さ し り あ   ら 美 ス な   か つ あ あ さ   く キ き   ち オ ピ
と か   な   で 辞 ト ぜ   る ま な な て     リ よ   に ル ロ
く し そ た   あ と に な   が ず た た 兄     ス い     ン ロ
    れ が   る を 仕 ら   よ き が が 弟     ト 接   よ パ ゴ
悪 わ を た     も え     い を た た た     の 吻   ろ に と
に た あ の     っ な こ     与 が に ち     す を   し   ユ
は し な 従     て い う     え 学 勧 よ     べ も   く ま リ
  の た 順       で し     る ん 告       て っ   言 た ヤ
う 願 が は     純   た     人 だ す       の て   っ 彼 と
と う た       朴 自 人     々 教 る       教     て ら に
く と の す     な 分 々     を に         会 互   ほ と  
あ こ た べ     人 の は     警 そ         か に   し 一 ま
っ ろ め て     々 腹       戒 む         ら あ   い 緒 た
て は に の     の に わ     し い           い     に ネ
ほ   喜 人     心 仕 た       て         あ さ     い レ
し あ ん 々     を え し     か 分         な つ     る オ
い な で の     欺   た     つ 裂         た を     す と
こ た い 耳     く そ ち     彼 を         が か     べ そ
と が る に     者 し の     ら 引         た わ     て の
で た   達     ど て 主     か き         に し     の 姉
あ が   し     も 甘 キ     ら 起         よ な     聖 妹
る 善   て     だ 言 リ     遠 し         ろ さ     徒 と
  に   お     か と       ざ           し い     た に
 16 









    27 26            25    24         23    22     21         20
ア に す ∩  て も の た と 願  た ∩   た 市 よ わ  て ∩   ソ わ   た ど 下 平
ァ よ な 2    ろ 神 が に わ  が わ   に の ろ た  あ こ   シ た   と う に 和
メ り わ 5  あ も の   よ く  た た   よ 会 し し  な の   パ し   共 か 踏 の
ン   ち 節  な ろ 命 今 り は  一 し   ろ 計 く と  た 手   テ の   に   み 神
  栄   に  た の 令 や      同 た   し 係   全  が 紙   ロ 同   あ わ 砕 は
  光 唯 合  が 国 に あ か わ  と ち   く エ   教  た を   か 労   る た く  
  が 一 節  た 人 従 ら つ た  共 の     ラ   会  に 筆   ら 者   よ し で サ
  永 の ∪  を に い わ   し  に 主     ス   と  あ 記     テ   う た あ タ
  遠 知    力 告   さ 長 の  あ イ     ト   の  い し   あ モ   に ち ろ ン
  よ 恵    づ げ 信 れ き 福  る エ     と   家  さ た   な テ     の う を
  り 深    け 知 仰   世 音  よ ス     兄   主  つ わ   た お     主   す
  永 き    る ら の 預 々 と  う ・     弟   ガ  の た   が よ     イ   み
  遠 神    こ さ 従 言 に イ  に キ     ク   イ  言 し   た び     エ   や
  に に    と れ 順 の わ エ    リ     ワ   オ  葉 テ   に 同     ス   か
  あ      の た に 書 た ス  ア ス     ル   か  を ル   よ 族     の   に
  る イ    で 奥 至 を っ ・  ァ ト     ト   ら  お テ   ろ の     恵   あ
  よ エ    き 義 ら と て キ  メ の     か      く オ   し ル     み   な
  う ス    る の せ お   リ  ン 恵     ら   あ  る も   く キ     が   た
  に ・    か 啓 る し 隠 ス    み         な          オ         が
    キ    た 示 た て さ ト  ∪ が     あ   た  ∪ 主           あ   た
    リ      に め   れ の          な   が    に     ヤ     な   の
    ス      よ に 永 て 宣    あ     た   た    あ     ソ     た   足
    ト      っ   遠 い 教    な     が   に    っ     ン     が   の
 16 [Top] ----<おわり>-----